世論調査

世論調査報告書
平成18年7月調査

道路に関する世論調査

<お願い>

本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分
の写しを下記宛に御送付下さい。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電 話 03(3581)0070   
F A X 03(3580)1186   


http://survey.gov-online.go.jp/

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1.渋滞
 (1) 一般道路の交通渋滞
 (2) 交通渋滞を解決する方法

2.交通安全
 (1) 道路の安全性向上のための対策
 (2) 高齢歩行者等に対する配慮

3.防災
 (1) 近隣道路の安全性
 (2) 災害発生時の対策
 (3) 災害時のおける不便の内容

4.環境
 (1) 道路や自動車の通行による迷惑の内容
 (2) 迷惑をなくすための対策
 (3) 二酸化炭素(CO2)の削減対策

5.ネットワーク
 (1) 活力ある地域づくりのための道路整備

6.空間機能
 (1) 道路空間の快適な利用において重要なこと

7.ITS
 (1) 利用したい道路交通システム(ITS)

8.維持管理
 (1) 今後の道路整備のバランス

9.財源
 (1) 道路整備の費用負担の周知度
 (2) 道路整備の費用負担の考え方

10.高速道路の料金
 (1) 高速道路の通行料金
 (2) ETC利用者の料金割引制度
 (3) ETC利用者の利用機会

11.施策ニーズ
 (1) 今後の道路整備の重点

3 調査票

4 集計表






世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成18年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)