世論調査内閣府

世論調査 >  令和2年度 >  薬局の利用に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

5.健康サポート薬局に求める役割について

(1) 健康サポート薬局の認知度

 健康サポート薬局について知っていたか聞いたところ、「よく知っていた」と答えた者の割合が1.5%、「言葉だけは知っていた」と答えた者の割合が6.5%、「知らなかった」と答えた者の割合が91.4%となっている。
 都市規模別に見ると、「知らなかった」と答えた者の割合は大都市で高くなっている。
 性別に見ると、大きな差異は見られない。
 年齢別に見ると、「知らなかった」と答えた者の割合は18~29歳、30歳代で高くなっている。(図16表16(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

 

 ア 健康サポート薬局の認知方法

 健康サポート薬局について「よく知っていた」と答えた者(29人)に、健康サポート薬局について何から知ったか聞いたところ、「薬剤師など、薬局の職員」を挙げた者の割合が37.9%、「医師や看護師など、病院や診療所の職員」を挙げた者の割合が27.6%、「家族・友人・知人」を挙げた者の割合が10.3%などの順となっている。なお、「その他」を挙げた者の割合が20.7%となっている。(複数回答、上位3項目)(図17表17(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

 

 イ 健康サポート薬局への相談

 健康サポート薬局について「よく知っていた」と答えた者(29人)に、健康サポート薬局に自分の健康に関して相談したことがあるか聞いたところ、「ある」と答えた者の割合が31.0%、「ない」と答えた者の割合が62.1%となっている。(図18表18(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

 

 ウ 健康サポート薬局の取組への関心事項

 健康サポート薬局について「言葉だけは知っていた」、「知らなかった」と答えた者と、健康サポート薬局に自分の健康に関して相談したことが「ない」と答えた者(1,921人)に、健康サポート薬局が行っている取組で関心のあることは何か聞いたところ、「土・日曜日も相談に対応」を挙げた者の割合が41.6%、「健康維持や向上に関する取組を支援するための専門知識を持っている薬剤師が相談に対応」を挙げた者の割合が40.5%、「相談内容に応じて、連携体制を取っている地域の病院や診療所、介護施設などを紹介」を挙げた者の割合が40.5%と高く、以下、「プライバシーに配慮した相談窓口を設置し、相談しやすい環境を整備」(25.0%)などの順となっている。なお、「特にない」と答えた者の割合が14.7%となっている。(複数回答、上位4項目)
 性別に見ると、「相談内容に応じて、連携体制を取っている地域の病院や診療所、介護施設などを紹介」、「プライバシーに配慮した相談窓口を設置し、相談しやすい環境を整備」を挙げた者の割合は女性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「土・日曜日も相談に対応」を挙げた者の割合は18~29歳から50歳代で、「健康維持や向上に関する取組を支援するための専門知識を持っている薬剤師が相談に対応」、「相談内容に応じて、連携体制を取っている地域の病院や診療所、介護施設などを紹介」、「プライバシーに配慮した相談窓口を設置し、相談しやすい環境を整備」を挙げた者の割合は60歳代で、それぞれ高くなっている。(図19表19(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

 

 エ 健康サポート薬局で相談しようと思うか

 健康サポート薬局について「言葉だけは知っていた」、「知らなかった」と答えた者と、健康サポート薬局に自分の健康に関して相談したことが「ない」と答えた者(1,921人)に、今後、健康サポート薬局で自分の健康に関して相談しようと思うか聞いたところ、「思う」と答えた者の割合が31.3%、「思わない」と答えた者の割合が61.4%となっている。
 性別に見ると、大きな差異は見られない。
 年齢別に見ると、「思う」と答えた者の割合は60歳代、70歳以上で、「思わない」と答えた者の割合は18~29歳から40歳代で、それぞれ高くなっている。(図20表20(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

 

 オ 健康サポート薬局で相談しようと思わない理由

 今後、健康サポート薬局で自分の健康に関して相談しようと「思わない」と答えた者(1,180人)に、健康サポート薬局で相談しようと思わない理由は何か聞いたところ、「自分の健康に関して相談したいときは病院や診療所に相談するため」を挙げた者の割合が58.4%と最も高く、以下、「健康サポート薬局についての情報がないため」(39.9%)などの順となっている。(複数回答、上位2項目)
 性別に見ると、「自分の健康に関して相談したいときは病院や診療所に相談するため」を挙げた者の割合は女性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「自分の健康に関して相談したいときは病院や診療所に相談するため」を挙げた者の割合は70歳以上で、「健康サポート薬局についての情報がないため」を挙げた者の割合は40歳代、60歳代で、それぞれ高くなっている。(図21表21(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)