世論調査

世論調査 >  平成29年度 >  科学技術と社会に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

4.科学技術の発展のために必要な政策

(1) 科学技術の発展のために必要な政策

 科学技術の発展に、国の政策として必要なことはどのようなことだと思うか聞いたところ、「若手の科学者や技術者の育成」を挙げた者の割合が71.0%と最も高く、以下、「研究や開発資金の支援」(59.5%)、「研究開発成果の事業化や実用化の推進」(43.0%)、「学生の大学授業料の減免や生活費の補助」(34.6%)、「外国人の科学者等の受け入れ、日本の科学者や留学生の派遣など、国際化の推進」(30.9%)などの順となっている。(複数回答、上位5項目)
 都市規模別に見ると、「研究や開発資金の支援」、「学生の大学授業料の減免や生活費の補助」を挙げた者の割合は大都市で高くなっている。
 性別に見ると、「若手の科学者や技術者の育成」、「研究や開発資金の支援」、「研究開発成果の事業化や実用化の推進」、「外国人の科学者等の受け入れ、日本の科学者や留学生の派遣など、国際化の推進」を挙げた者の割合は男性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「若手の科学者や技術者の育成」を挙げた者の割合は60歳代で、「研究や開発資金の支援」を挙げた者の割合は50歳代、60歳代で、「研究開発成果の事業化や実用化の推進」、「学生の大学授業料の減免や生活費の補助」を挙げた者の割合は40歳代で、「外国人の科学者等の受け入れ、日本の科学者や留学生の派遣など、国際化の推進」を挙げた者の割合は18~29歳、50歳代で、それぞれ高くなっている。(図14表14(CSV形式:4KB)別ウインドウで開きます表14-参考(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)