このページの本文へ移動

世論調査内閣府

5.「イランカラテ」キャンペーンについて

(1) 「イランカラテ」キャンペーンの周知度

 「イランカラテ」キャンペーンについて知っていたか聞いたところ,「知っていた」とする者の割合が3.0%(「知っていた」1.1%+「言葉だけは聞いたことがある」1.9%),「知らなかった」と答えた者の割合が95.1%となっている。
 都市規模別に見ると,大きな差異は見られない。
 年齢別に見ると,「知らなかった」と答えた者の割合は30歳代で高くなっている。(図12表12(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

 ア 「イランカラテ」キャンペーンについて知ったきっかけ

 「イランカラテ」キャンペーンを「知っていた」,「言葉だけは聞いたことがある」と答えた者(53人)に,「イランカラテ」キャンペーンを何で知ったか聞いたところ,「テレビ・ラジオ」を挙げた者の割合が39.6%,「雑誌,書籍,パンフレットなど」を挙げた者の割合が24.5%,「新聞」を挙げた者の割合が20.8%,「アイヌの人々との交流,イベントなど」を挙げた者の割合が11.3%などの順となっている。なお,「その他」と答えた者の割合が17.0%となっている。(複数回答,上位4項目)(図13表13(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

(2) 「イランカラテ」キャンペーンの取組について

 「イランカラテ」キャンペーンという取組は,アイヌ文化の普及啓発の推進に有効であると思うか聞いたところ,「有効であると思う」とする者の割合が67.0%(「有効であると思う」30.0%+「どちらかというと有効であると思う」37.0%),「有効ではないと思う」とする者の割合が17.3%(「どちらかというと有効ではないと思う」11.5%+「有効ではないと思う」5.8%)となっている。なお,「わからない」と答えた者の割合が15.6%となっている。
 都市規模別に見ると,「有効であると思う」とする者の割合は中都市で高くなっている。
 性別に見ると,「有効ではないと思う」とする者の割合は男性で高くなっている。
 年齢別に見ると,「有効ではないと思う」とする者の割合は20歳代から40歳代で高くなっている。(図14表14(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)