このページの本文へ移動

世論調査内閣府

2 調査結果の概要


6.婚姻適齢に関する意識

 (1)成年年齢を引き下げた場合の婚姻適齢の在り方に関する意識
 民法の成年年齢が18歳に引き下げられ,18歳,19歳の者が婚姻をする際に父母の同意が要らなくなった場合,婚姻をすることができる年齢についても見直すべきであると思うか聞いたところ,「現状のままでよい(男性18歳,女性16歳)」と答えた者の割合が60.9%,「女性の婚姻年齢を引き上げて,男女とも父母の同意なく18歳(成年)で婚姻できることにするのがよい」と答えた者の割合が30.3%,「男性の婚姻年齢を引き下げて,男女とも父母の同意を得て16歳(未成年)で婚姻できることにするのがよい」と答えた者の割合が4.2%となっている。
 性別に見ると,「現状のままでよい(男性18歳,女性16歳)」と答えた者の割合は男性で,「女性の婚姻年齢を引き上げて,男女とも父母の同意なく18歳(成年)で婚姻できることにするのがよい」と答えた者の割合は女性で,それぞれ高くなっている。
 性・年齢別に見ると,「現状のままでよい(男性18歳,女性16歳)」と答えた者の割合は男性の60歳代で,「女性の婚姻年齢を引き上げて,男女とも父母の同意なく18歳(成年)で婚姻できることにするのがよい」と答えた者の割合は男性の20歳代,女性の30歳代,40歳代で,それぞれ高くなっている。
 職業別に見ると,「現状のままでよい(男性18歳,女性16歳)」と答えた者の割合は自営業主で,「女性の婚姻年齢を引き上げて,男女とも父母の同意なく18歳(成年)で婚姻できることにするのがよい」と答えた者の割合は管理・専門技術・事務職で,それぞれ高くなっている。(図19表19参考


目次戻る次へ

Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)