世論調査

世論調査報告概要
平成13年12月調査

捕鯨問題に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

  1. クジラや捕鯨問題について
    (1)クジラや捕鯨問題についての見聞き
    (2)クジラの肉の利用
    (3)クジラの肉を食べた経験の有無

  2. 国際捕鯨委員会等について
    (1)国際捕鯨委員会の周知度

  3. クジラの資源管理と捕鯨等について
    (1)鯨類資源が減少した歴史
    (2)南氷洋におけるクジラの生息状況調査
    (3)南氷洋のミンク鯨の資源量
    (4)クジラ資源の増加能力
    (5)クジラを特別視する考え方があることの周知度
    (6)クジラを特別視する考え方に対する賛否
    (7)日本における捕鯨の歴史・文化
    (8)科学的根拠に基づく日本の沿岸捕鯨に対する賛否
    (9)科学的根拠に基づく各国の捕鯨に対する賛否

  4. 鯨類捕獲調査(クジラと漁業の競合)について
    (1)クジラの餌の生態についての周知度
    (2)鯨類の日本沿岸調査の必要性
    (3)鯨類捕獲調査の内容

  5. 捕鯨政策について
    (1)クジラや捕鯨問題について知りたい情報
    (2)日本の捕鯨問題に対する基本的立場の重要度


3 調査票





世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成13年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)