このページの本文へ移動

世論調査内閣府

世論調査 >  世論調査(全調査)  >  令和3年度 >  道路に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

4.環境

(1) 自動車の通行により迷惑に感じていること

 お住まいの近くでの自動車の通行により、迷惑に感じていることはあるか聞いたところ、「交通事故の危険」を挙げた者の割合が38.2%と最も高く、以下、「住宅地などの生活道路への通過交通(抜け道として利用する自動車)の流入」(33.9%)、「ゴミなどのポイ捨て」(30.7%)、「路上駐車」(30.6%)などの順となっている。なお、「特にない」と答えた者の割合が17.8%となっている。(複数回答、上位4項目)
 都市規模別に見ると、「住宅地などの生活道路への通過交通(抜け道として利用する自動車)の流入」を挙げた者の割合は中都市で、「ゴミなどのポイ捨て」を挙げた者の割合は小都市で、「路上駐車」を挙げた者の割合は大都市で、それぞれ高くなっている。
 性別に見ると、大きな差異は見られない。
 年齢別に見ると、「交通事故の危険」、「路上駐車」を挙げた者の割合は40歳代で、「ゴミなどのポイ捨て」を挙げた者の割合は70歳以上で、それぞれ高くなっている。(図8表8(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます表8-参考1(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考2(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考3(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考4(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考5(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考6(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考7(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考8(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表8-参考9(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

(2) 脱炭素社会の実現のために必要な道路施策

 脱炭素社会の実現に向け、温室効果ガスの排出量を削減するためには、道路施策の面からどのような対策が必要だと思うか聞いたところ、「電気自動車など次世代自動車の普及を促進する」を挙げた者の割合が61.5%と最も高く、以下、「渋滞を減らして自動車の走行をスムーズにする」(42.7%)、「公共交通機関の利用を促進する」(31.9%)、「LED道路照明の普及を促進する」(30.7%)、「太陽光など再生可能エネルギーでの発電に道の駅やサービスエリアなどの道路空間を活用する」(28.1%)などの順となっている。(複数回答、上位5項目)
 都市規模別に見ると、「渋滞を減らして自動車の走行をスムーズにする」を挙げた者の割合は中都市で高くなっている。
 性別に見ると、「渋滞を減らして自動車の走行をスムーズにする」、「公共交通機関の利用を促進する」を挙げた者の割合は男性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「電気自動車など次世代自動車の普及を促進する」を挙げた者の割合は60歳代で、「渋滞を減らして自動車の走行をスムーズにする」を挙げた者の割合は30歳代、40歳代で、「公共交通機関の利用を促進する」を挙げた者の割合は70歳以上で、それぞれ高くなっている。(図9表9(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます表9-参考1(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考2(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考3(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考4(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考5(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考6(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考7(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表9-参考8(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます表9-参考9(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)