世論調査内閣府

世論調査 >  令和2年度 >  気候変動に関する世論調査 > 3 調査票

気候変動に関する世論調査

令和2年11月

(n=1,767)


全員の方が【資料1】を読んでから右の段の 問1 以降をお答えください

【資料1】
気候変動とは、人の活動に伴って発生する二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることによって地球の気温が上昇する「地球温暖化」や、自然の要因などによって気温や降水量などが変動することをいいます。
気候変動は、農作物の品質低下、野生生物の生息域の変化、大雨の頻発化に伴う水害リスクの増加、熱中症搬送者の増加といった形で、私たちの暮らしの様々なところに影響を与えています。
 そのため、温室効果ガスの排出量を減らす努力などの地球温暖化への対策に加えて、気候変動の影響(以下「気候変動影響」といいます。)に対応して、被害を防止・軽減する気候変動への適応(以下「気候変動適応」といいます。)に取り組むことが重要になっています。

地球温暖化についておうかがいします

問1. あなたは、地球の温暖化、オゾン層の破壊、熱帯林の減少などの地球環境問題に関心がありますか。それとも関心がありませんか。(○は1つ)

(45.6)1.関心がある
(42.8)2.ある程度関心がある
(7.9)3.あまり関心がない
(1.4)4.全く関心がない
(2.4)無回答


問2. あなたは、2015年にフランスのパリで開催された国際会議「COP(コップ)21」で採択された、温室効果ガス削減などのための国際的な枠組みである「パリ協定」を知っていますか。(○は1つ)

(19.1)1.内容まで知っている
(64.9)2.名前は聞いたことがある
(13.3)3.知らない
(2.7)無回答


全員の方が【資料2】を読んでから下の 問3、問4 にお答えください

【資料2】
菅内閣総理大臣は令和2年10月26日の所信表明演説において、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち「脱炭素社会」の実現を目指すと述べました。
「脱炭素社会」とは、人の活動による温室効果ガスの排出量と森林などによる吸収量が等しくなり、排出実質ゼロとなる社会をいいます。

問3. あなたは、「脱炭素社会」について知っていましたか。(○は1つ)

(33.2)1.知っていた
(35.1)2.言葉だけは知っていた
(31.1)3.知らなかった
(0.6)無回答


問4. あなたは、「脱炭素社会」の実現に向け、一人一人が二酸化炭素などの排出を減らす取組について、どのようにお考えですか。(○は1つ)

(24.8)1.積極的に取り組みたい→問5へ
(67.1)2.ある程度取り組みたい→問5へ
(5.7)3.あまり取り組みたくない→問7へ
(1.5)4.全く取り組みたくない→問7へ
(1.0)無回答→問8へ


問4で「1.積極的に取り組みたい」、「2.ある程度取り組みたい」と答えた方への質問

問5. 「脱炭素社会」の実現に向け、日常生活の中で、現在、取り組んでいることは何かありますか。(○はいくつでも)
(n=1,623)

(70.9)1.軽装や重ね着などにより、冷暖房の設定温度を適切に管理
(70.7)2.こまめな消灯、家電のコンセントを抜くなどによる電気消費量の削減
(57.2)3.冷蔵庫、エアコン、照明器具などの家電製品を購入する際に、省エネルギー効果の高い製品を購入
(27.2)4.宅配便の1回での受取り又は宅配ボックスでの受取りなどによる再配達の防止
(16.2)5.部屋の温度を快適に保つ高断熱などの省エネ住宅への居住、又はリフォームの施工
(9.4)6.太陽光発電パネルの設置による自家発電、又は自宅の電気を再生可能エネルギーに切替え
(35.2)7.移動時に徒歩・自転車・公共交通機関の利用
(24.2)8.電気自動車などのエコカーの選択やゆっくり加速・減速などのエコドライブの実践
(15.3)9.地球温暖化への対策に取り組む企業の商品の購入やサービスの利用
(5.9)10.地球温暖化への対策に取り組む団体・個人への応援・支援
(2.6)11.その他
(3.5)12.現在は取り組んでいない
(1.7)無回答
(M.T.=340.0)


問4で「1.積極的に取り組みたい」、「2.ある程度取り組みたい」と答えた方への質問

問6. 「脱炭素社会」の実現に向け、日常生活の中で、現在取り組んでいないことで、今後、新たに取り組んでみたいと思うことはありますか。(○はいくつでも)
(n=1,623)

(12.4)1.軽装や重ね着などにより、冷暖房の設定温度を適切に管理
(15.4)2.こまめな消灯、家電のコンセントを抜くなどによる電気消費量の削減
(22.2)3.冷蔵庫、エアコン、照明器具などの家電製品を購入する際に、省エネルギー効果の高い製品を購入
(20.4)4.宅配便の1回での受取り又は宅配ボックスでの受取りなどによる再配達の防止
(14.0)5.部屋の温度を快適に保つ高断熱などの省エネ住宅への居住、又はリフォームの施工
(13.2)6.太陽光発電パネルの設置による自家発電、又は自宅の電気を再生可能エネルギーに切替え
(16.8)7.移動時に徒歩・自転車・公共交通機関の利用
(24.1)8.電気自動車などのエコカーの選択やゆっくり加速・減速などのエコドライブの実践
(30.1)9.地球温暖化への対策に取り組む企業の商品の購入やサービスの利用
(12.1)10.地球温暖化への対策に取り組む団体・個人への応援・支援
(1.5)11.その他
(14.4)無回答
(M.T.=196.5)


問4で「3.あまり取り組みたくない」、「4.全く取り組みたくない」と答えた方への質問

問7. 取り組みたくない理由は何ですか。(○はいくつでも)
(n=126)

(19.0)1.経済的なコストが掛かるから
(18.3)2.手間が掛かるから
(45.2)3.どのような基準で選択し、どのように取り組めばよいか情報が不足しているから
(27.8)4.日常生活の中で常に意識して行動するのが難しいから
(48.4)5.地球温暖化への対策としてどれだけ効果があるのかわからないから
(15.1)6.地球温暖化への対策のための取組を行う必要性を感じないから
(12.7)7.その他
(5.6)8.特にない
(4.0)無回答
(M.T.=196.0)


ここからは、気候変動影響についておうかがいします

ここからは全員の方がお答えください

問8. 気候変動は、農作物の品質低下、野生生物の生息域の変化、大雨の頻発化に伴う水害リスクの増加、熱中症搬送者の増加といった形で、私たちの暮らしの様々なところに影響を与えています。あなたは、地球温暖化などの気候変動により、このような様々な影響が出ることを知っていましたか。(○は1つ)

(93.6)1.知っていた→問9へ
(6.3)2.知らなかった→問10へ
(0.1)無回答→問10へ


問8で「1.知っていた」と答えた方への質問

問9. 気候変動影響について何で知りましたか。(○はいくつでも)
(n=1,654)

(93.0)1.テレビ・ラジオ
(66.9)2.新聞・雑誌・本
(7.3)3.環境省のポスター・パンフレット
(10.5)4.地方公共団体や民間企業などのポスター・パンフレット
(12.8)5.学校などの教育機関
(12.9)6.家族・知人・友人
(2.2)7.シンポジウムなどのイベント
(2.2)8.環境省のホームページ
(4.0)9.地方公共団体・民間企業のホームページ
(9.9)10.Twitter や FacebookなどのSNS
(2.1)11.その他
(0.2)無回答
(M.T.=223.9)


ここからは全員の方がお答えください

問10. あなたが、日常生活の中で気候変動影響を感じることは何ですか。(○はいくつでも)

(81.6)1.雨の降り方の激しさ
(89.8)2.夏の暑さ
(36.8)3.冬の寒さや雪の降り方
(24.1)4.セミの種類・鳴き声など身近な動物の変化
(38.5)5.桜の開花時期など身近な植物の変化
(5.9)6.その他
(1.4)7.特に感じない
(0.9)無回答
(M.T.=279.0)


問11. 地球温暖化などの気候変動は、将来にわたって自然や人間生活に以下のような様々な影響を与えることが予測されています。あなたは、どのような影響を問題だと思いますか。(○はいくつでも)

(83.8)1.農作物の品質や収穫量の低下、漁獲量が減少すること
(37.0)2.水質が悪化すること
(37.7)3.渇水が増加すること
(64.6)4.野生生物や植物の生息域が変化すること
(79.5)5.洪水、高潮・高波などによる気象災害が増加すること
(53.8)6.熱中症が増加すること
(38.0)7.デング熱などの蚊を媒介とする感染症が増加すること
(42.4)8.気象災害による工場の被災など社会・経済に被害が発生すること
(73.9)9.豪雨や暴風による停電や交通まひなどインフラ・ライフラインに被害が出ること
(45.0)10.生活環境の快適さが損なわれること
(1.8)11.その他
(0.6)12.特に問題はない
(1.3)無回答
(M.T.=559.5)


ここからは、気候変動適応についておうかがいします

問12. 気候変動は私たちの生活にも影響を与えています。その影響に対処することを「気候変動適応」といいます。あなたは、気候変動適応という言葉、その取組を知っていましたか。(○は1つ)

(11.9)1.知っていた
(29.9)2.言葉は知っていたが、取組は知らなかった
(7.7)3.言葉は知らなかったが、取組は知っていた
(47.7)4.知らなかった
(2.7)無回答


問13. あなたが、気候変動適応について知りたい情報は何ですか。(○はいくつでも)

(61.6)1.対処が必要な気候変動の影響
(47.0)2.熱中症対策などの個人でできる取組
(51.3)3.気象災害への防災対策、熱中症対策などの政府における気候変動適応の取組
(44.9)4.気象災害への防災対策、熱中症対策などの地方公共団体における気候変動適応の取組
(26.0)5.気象災害への防災対策、熱中症対策などの企業における気候変動影響を低減させる取組事例
(28.6)6.気候変動適応を促進する製品やサービスを提供する企業の取組事例
(1.2)7.その他
(2.3)無回答
(M.T.=262.9)


問14. あなたは、気候変動適応に関する知識や情報を何によって提供されたら良いと思いますか。(○はいくつでも)

(90.6)1.テレビ・ラジオ
(65.6)2.新聞・雑誌・本
(15.6)3.環境省のポスター・パンフレット
(18.7)4.地方公共団体や民間企業などのポスター・パンフレット
(37.4)5.学校などの教育機関
(8.1)6.家族・知人・友人
(6.3)7.シンポジウムなどのイベント
(10.9)8.環境省のホームページ
(10.4)9.地方公共団体・民間企業のホームページ
(24.3)10.Twitter や FacebookなどのSNS
(2.4)11.その他
(2.2)無回答
(M.T.=292.6)


問15. あなたが、現在、実践している気候変動適応への取組は何ですか。(○はいくつでも)

(5.7)1.農家や漁業者の支援
(17.9)2.雨水利用や節水などの水資源の保全
(1.2)3.サンゴや高山の動植物などの保全活動
(43.2)4.ハザードマップなどを活用した水災害リスク及び避難経路などの事前確認
(68.7)5.塩分・水分補給や空調の適切な使用による熱中症対策
(26.1)6.蚊の育つ水たまりを作らないなどの、デング熱などの蚊を媒介とする感染症の予防
(7.6)7.身近な動植物への気候変動影響の観察・情報共有
(14.4)8.気候変動影響や気候変動適応についての情報の入手
(0.6)9.その他
(15.0)10.特にない
(2.7)無回答
(M.T.=203.1)


問16. あなたが、現在、取り組んでいないことで、今後、新たに実践したいと思う気候変動適応への取組は何ですか。(○はいくつでも)

(19.1)1.農家や漁業者の支援
(25.9)2.雨水利用や節水などの水資源の保全
(9.4)3.サンゴや高山の動植物などの保全活動
(24.1)4.ハザードマップなどを活用した水災害リスク及び避難経路などの事前確認
(8.7)5.塩分・水分補給や空調の適切な使用による熱中症対策
(22.0)6.蚊の育つ水たまりを作らないなどの、デング熱などの蚊を媒介とする感染症の予防
(18.4)7.身近な動植物への気候変動影響の観察・情報共有
(35.1)8.気候変動影響や気候変動適応についての情報の入手
(1.1)9.その他
(3.8)10.取り組みたいと思わない
(9.3)無回答
(M.T.=176.9)


問17. あなたが、ご自身で気候変動適応を実践するに当たり、どのような課題があると思いますか。(○はいくつでも)

(37.4)1.経済的なコストが掛かること
(26.3)2.手間が掛かること
(63.3)3.どのような基準で選択し、どのように取り組めばよいか情報が不足していること
(32.9)4.日常生活の中で常に意識して行動するのが難しいこと
(44.6)5.気候変動適応としてどれだけ効果があるのかわからないこと
(3.6)6.気候変動適応のための取組を行う必要性を感じないこと
(1.8)7.その他
(2.5)8.特にない
(2.5)無回答
(M.T.=214.8)


問18. あなたは、今後、気候変動適応に関して、政府にどのような取組を期待しますか。(○はいくつでも)

(64.1)1.農作物の品質や収穫量、漁獲量への対策
(41.1)2.水質の改善や保全対策
(49.3)3.渇水対策や水資源の保全対策
(39.9)4.野生生物や植物の保全対策
(68.3)5.洪水、高潮・高波などへの防災対策
(32.2)6.熱中症対策
(32.7)7.デング熱などの蚊を媒介とする感染症対策
(33.1)8.屋上や壁面の緑化などのヒートアイランド対策
(52.9)9.気候変動影響や気候変動適応の取組についての情報提供
(15.1)10.気候変動影響や気候変動適応についてのセミナーやシンポジウムの開催による普及啓発
(2.0)11.その他
(2.5)12.特にない
(1.6)無回答
(M.T.=434.8)


ご回答を統計的に分析するために、あなたご自身のことをおうかがいします

F1. あなたは男性ですか、女性ですか。(○は1つ)

(48.3)1.男性
(51.7)2.女性


F2. あなたのお年は満でおいくつですか。年齢をお書きください。

(2.2)18~19歳
(4.1)20~24歳
(4.4)25~29歳
(5.5)30~34歳
(5.1)35~39歳
(7.7)40~44歳
(8.9)45~49歳
(7.2)50~54歳
(8.5)55~59歳
(8.9)60~64歳
(8.9)65~69歳
(11.8)70~74歳
(7.3)75~79歳
(9.5)80歳以上


F3. あなたのお仕事についておうかがいします。あなたは、この中のどれに当たりますか。どれに当てはまるかわからない場合には、「8.」に○をつけ、「その他」の欄にできるだけ具体的にお書きください。(○は1つ)

(32.7)1.正規の職員・従業員(役員を含む)
(16.0)2.非正規の職員・従業員(期間従業員、契約社員、派遣社員を含む)
(7.7)3.自営業主・自由業(自分で、または共同で事業を営んでいる)
(2.4)4.家族従業者(家族が営んでいる事業を手伝っている)
(16.1)5.主婦・主夫
(3.5)6.学生
(18.1)7.無職
(2.1)8.その他
(1.5)無回答


今後の調査実施の参考とするため、ここからは今回の調査についておうかがいします

問A. 今回の調査の答えやすさはどうでしたか。(○は1つ)

(60.6)1.答えやすかった
(9.3)2.答えにくかった
(29.0)3.どちらともいえない
(1.1)無回答


問B. 今回の調査の分量はどうでしたか。(○は1つ)

(6.4)1.少ないと感じた
(80.8)2.適当と感じた
(11.3)3.多いと感じた
(1.5)無回答


問C. 今回の調査への回答に要した時間は、およそどれくらいでしたか。(○は1つ)

(45.2)1.15分未満
(46.7)2.15~30分程度
(7.6)3.30分以上
(0.5)無回答


[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)