世論調査

世論調査 >  平成30年度 >  NPO法人に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

1.NPO法人に関する認知度と利用

(1) NPO法人の認知度

 NPO法人を知っているか聞いたところ、「知っている」とする者の割合が89.2%(「よく知っている」21.7%+「言葉だけは知っている」67.5%)、「知らない」と答えた者の割合が10.2%となっている。
 都市規模別に見ると、「知っている」とする者の割合は町村で、「知らない」と答えた者の割合は小都市で、それぞれ高くなっている。
 年齢別に見ると、「知っている」とする者の割合は30歳代、50歳代で、「知らない」と答えた者の割合は70歳以上で、それぞれ高くなっている。(図1表1(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます表1-参考1(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表1-参考2(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

(2) NPO法人に対する信頼

 NPO法人を信頼できるか聞いたところ、「信頼できる」とする者の割合が71.5%(「信頼できる」17.1%+「どちらかといえば信頼できる」54.3%)、「信頼できない」とする者の割合が14.4%(「どちらかといえば信頼できない」11.4%+「信頼できない」3.0%)となっている。なお、「わからない」と答えた者の割合が14.2%となっている。
 性別に見ると、「信頼できない」とする者の割合は男性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「信頼できる」とする者の割合は18~29歳で高くなっている。(図2表2(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます表2-参考1(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表2-参考2(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

(3) NPO法人による支援やサービスを受けた分野

 直近3年間において、NPO法人が提供する支援やサービスを受けたことがあるか、それはどのような分野か聞いたところ、「支援やサービスを受けたことがある」とする者の割合が13.1%となっている。なお、「支援やサービスを受けたことがない」と答えた者の割合が84.5%となっている。
 性別に見ると、「支援やサービスを受けたことがある」とする者の割合は女性で高くなっている。
 年齢別に見ると、「支援やサービスを受けたことがある」とする者の割合は30歳代、40歳代で高くなっている。(図3表3(CSV形式:3KB)別ウインドウで開きます

 ア NPO法人による支援やサービスを受けた理由

 NPO法人が提供する「支援やサービスを受けたことがある」とする者(219人)に、NPO法人が提供する支援やサービスを受けた理由について聞いたところ、「個々の事情に応じてくれるから」を挙げた者の割合が36.1%、「活動の目的や趣旨に共感したから」を挙げた者の割合が30.6%、「安く利用できるから」を挙げた者の割合が24.2%、「興味や関心に合っていたから」を挙げた者の割合が23.3%などの順となっている。(複数回答、上位4項目)(図4表4(CSV形式:3KB)別ウインドウで開きます

 イ NPO法人による支援やサービスの満足度

 NPO法人が提供する「支援やサービスを受けたことがある」とする者(219人)に、NPO法人が提供する支援やサービスに、どの程度満足しているか聞いたところ、「満足」とする者の割合が90.0%(「満足している」27.4%+「ある程度満足している」62.6%)、「満足していない」とする者の割合が4.1%(「あまり満足していない」3.7%+「満足していない」0.5%)となっている。(図5表5(CSV形式:2KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)