世論調査内閣府

3 調査票  基本的法制度に関する世論調査 





平成21年12月


Q1 あなたは,今までに,裁判所を見学したり,裁判を傍聴したりしたことがありますか。

(12.9)ある
(87.1)ない

Q2〔回答票1〕 死刑制度に関して,このような意見がありますが,あなたはどちらの意見に賛成ですか。

(5.7)(ア)どんな場合でも死刑は廃止すべきである→SQa1へ
(85.6)(イ)場合によっては死刑もやむを得ない→SQb1へ
(8.6)わからない・一概に言えない→Q3へ

(Q2で「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と回答した方に)

Q2SQa1〔回答票2〕 「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」という意見に賛成の理由はどのようなことですか。この中から,あなたの考えに近いものをいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=111)

(30.6)(ア)人を殺すことは刑罰であっても人道に反し,野蛮である
(42.3)(イ)国家であっても人を殺すことは許されない
(43.2)(ウ)裁判に誤りがあったとき,死刑にしてしまうと取り返しがつかない
(18.9)(エ)凶悪な犯罪を犯した者でも,更生の可能性がある
(29.7)(オ)死刑を廃止しても,そのために凶悪な犯罪が増加するとは思わない
(55.9)(カ)生かしておいて罪の償いをさせた方がよい
(0.9)その他
(−)わからない
(M.T.=221.6)

Q2SQa2〔回答票3〕 死刑を廃止する場合には,すぐに全面的に廃止するのがよいと思いますか,それともだんだんに死刑を減らしていって,いずれ全面的に廃止する方がよいと思いますか。

(35.1)(ア)すぐに,全面的に廃止する
(63.1)(イ)だんだん死刑を減らしていき,いずれ全面的に廃止する
(1.8)わからない

(Q2で「場合によっては死刑もやむを得ない」と回答した方に)

Q2SQb1〔回答票4〕 「場合によっては死刑もやむを得ない」という意見に賛成の理由はどのようなことですか。この中から,あなたの考えに近いものをいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=1,665)

(53.2)(ア)凶悪な犯罪は命をもって償うべきだ
(54.1)(イ)死刑を廃止すれば,被害を受けた人やその家族の気持ちがおさまらない
(51.5)(ウ)死刑を廃止すれば,凶悪な犯罪が増える
(41.7)(エ)凶悪な犯罪を犯す人は生かしておくと,また同じような犯罪を犯す危険がある
(0.4)その他
(1.1)わからない
(M.T.=201.9)

Q2SQb2〔回答票5〕 将来も死刑を廃止しない方がよいと思いますか,それとも,状況が変われば,将来的には,死刑を廃止してもよいと思いますか。

(60.8)(ア)将来も死刑を廃止しない
(34.2)(イ)状況が変われば,将来的には,死刑を廃止してもよい
(5.0)わからない

(全員の方に)

Q3 死刑がなくなった場合,凶悪な犯罪が増えるという意見と増えないという意見がありますが,あなたはどのようにお考えになりますか。

(62.3)増える
(9.6)増えない
(28.0)わからない・一概には言えない

(資料1を提示して,対象者によく読んでもらってから質問する。)

Q4 あなたは,公訴時効制度について知っていますか。

(76.1)知っている
(23.9)知らない

Q5〔回答票6〕 殺人など死刑が科されることがある最も刑の重い犯罪の時効になるまでの期間が,25年とされていることについて,あなたはどう思いますか。この中から1つだけお答えください。

(6.0)(ア)長すぎる→SQaへ
(4.0)(イ)どちらかといえば長すぎる→SQaへ
(22.5)(ウ)これくらいでよい→SQaへ
(19.8)(エ)どちらかといえば短すぎる→SQb1,SQb2へ
(35.1)(オ)短すぎる→SQb1,SQb2へ
(12.6)わからない・一概には言えない→SQb2へ

(Q5で「長すぎる」,「どちらかといえば長すぎる」,「これくらいでよい」と回答した方に)

Q5SQa〔回答票7〕 あなたが,殺人など死刑が科されることがある最も刑の重い犯罪について,25年では「長すぎる」,「どちらかといえば長すぎる」又は「これくらいでよい」と思う理由は何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=631)

(49.4)(ア)時間の経過とともに,正しい裁判を行うための証拠が集めにくくなる
(17.6)(イ)時間の経過とともに,犯人を処罰してほしいと思う被害者の気持ちが薄れる
(19.3)(ウ)時間の経過とともに,犯人を処罰するべきであるという社会的な要請が弱まる
(12.7)(エ)犯人が処罰されずに一定の期間が過ぎたという状態を尊重するべきである
(36.6)(オ)いつまでも捜査を行うこととすると,人手や費用がかかりすぎる
(28.5)(カ)犯人が処罰される機会を広げても,凶悪な犯罪を減らすことにはつながらない
(1.4)その他
(5.1)わからない
(M.T.=170.7)

(Q5で「どちらかといえば短すぎる」,「短すぎる」と回答した方に)

Q5SQb1〔回答票8〕 あなたが,殺人など死刑が科されることがある最も刑の重い犯罪について,25年では「短すぎる」または「どちらかといえば短すぎる」と思う理由は何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
(N=1,068)

(36.9)(ア)その程度の期間が経過しても,十分な証拠が集められ,犯人が判明する場合がある
(55.2)(イ)その程度の期間が経過しても,犯人を処罰してほしいと思う被害者の気持ちが薄れることはない
(24.9)(ウ)その程度の期間が経過しても,犯人を処罰するべきであるという社会的な要請が弱まることはない
(79.8)(エ)時間の経過によって,犯人が処罰されなくなるというのはおかしい
(30.2)(オ)捜査をする労力をかけてでも事件の真相を明らかにする必要がある
(36.4)(カ)犯人が処罰される機会を広げて,凶悪な犯罪を減らすことにつなげる必要がある
(1.0)その他
(0.7)わからない
(M.T.=265.3)

(Q5で「どちらかといえば短すぎる」,「短すぎる」または「わからない・一概には言えない」と回答した方に)

Q5SQb2〔回答票9〕 それでは,殺人など死刑が科されることがある最も刑の重い犯罪の公訴時効制度について,どのように見直すのがよいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
(N=1,313)

(45.1)(ア)死刑が科されることがある最も刑の重い犯罪(殺人など)の公訴時効制度を廃止する
(19.8)(イ)事情にかかわらず,時効になるまでの期間を25年よりも長くする
(25.7)(ウ)一定の事情がある場合には,時効になるまでの期間を25年よりも長くできるようにする
(0.5)その他
(9.0)わからない

(全員の方に)

(資料2を提示して,対象者によく読んでもらってから質問する。)

Q6〔回答票10〕 あなたは,更生保護という言葉をお聞きになったことがありますか。この中から1つだけお答えください。

(44.4)(ア)言葉の意味を知っている
(26.6)(イ)意味は知らないが,言葉は聞いたことがある
(28.0)(ウ)聞いたこともない
(0.9)わからない

Q7〔回答票11〕 更生保護は,あなたが生活する地域の安全・安心につながる活動だと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(29.6)(ア)そう思う
(36.6)(イ)どちらかといえばそう思う
(14.2)(ウ)どちらかといえばそう思わない
(7.5)(エ)そう思わない
(12.1)わからない

Q8〔回答票12〕 更生保護の観点から,犯罪を犯した人の再犯を防止するためには,具体的には,どのようなことが必要だと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)

(60.6)(ア)保護観察官や保護司による一人一人の問題性に応じたきめ細やかな指導を充実強化する
(36.1)(イ)家庭や学校の教育・指導機能を向上する
(33.8)(ウ)犯罪を地域の問題として捉え,地域ぐるみで立ち直りを援助する
(29.9)(エ)企業や事務所における雇用を促進する
(38.4)(オ)被害者の心情を理解させる
(0.3)その他
(1.9)特にない
(6.9)わからない
(M.T.=207.9)

Q9〔回答票13〕 あなたご自身は,犯罪を犯した人の立ち直りを支援し,再犯を防止する更生保護活動に協力したい気持ちはありますか。この中から1つだけお答えください。

(11.9)(ア)ある
(29.8)(イ)どちらかといえばある
(28.3)(ウ)どちらかといえばない
(22.8)(エ)ない
(7.2)わからない

(資料3を提示して,対象者によく読んでもらってから質問する。)

Q10〔回答票14〕 あなたは,「社会を明るくする運動」という言葉をお聞きになったことがありますか。この中から1つだけお答えください。

(16.4)(ア)言葉の意味を知っている
(22.7)(イ)意味は知らないが,言葉は聞いたことがある
(60.2)(ウ)聞いたこともない
(0.7)わからない

<フェース・シート>

F1 【性】

(45.0)男性
(55.0)女性

F2 【年齢】あなたのお年は満でおいくつですか。

(4.0)20〜24歳
(4.2)25〜29歳
(6.2)30〜34歳
(7.9)35〜39歳
(7.9)40〜44歳
(9.3)45〜49歳
(8.7)50〜54歳
(8.6)55〜59歳
(11.7)60〜64歳
(10.9)65〜69歳
(20.6)70歳以上

F3〔回答票23〕 【従業上の地位】あなたのお仕事についてお伺いします。あなたは,この中のどれにあたりますか。

(45.1)(ア)雇用者(役員を含む)→SQaへ
(10.0)(イ)自営業主(家庭内職者を含む)→SQaへ
(2.1)(ウ)家族従業者→SQaへ
(42.8)(エ)無職(主婦,学生を含む)→SQbへ

F3SQa 【職業】あなたのお仕事の内容は何ですか。
(N=1,111)

(具体的に記入して,下の該当する項目に○をする)
[                               ]
(5.5)管理職
(13.4)専門・技術職
(21.2)事務職
(31.6)販売・サービス・保安職
(4.9)農林漁業職
(23.5)生産・輸送・建設・労務職

F3SQb 【主婦,その他の無職】あなたは主婦ですか。
(N=833)

(58.0)主婦
(42.0)その他の無職

〔資料1〕Q4

資料1 Q4


〔資料2〕Q6

資料2 Q6


〔資料3〕Q10

資料3 Q10




目次戻る次へ
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)