このページの本文へ移動

世論調査内閣府

1 調査の概要


1.調査目的
 
現在の生活や今後の生活についての意識,家族・家庭についての意識など,国民の生活に関する意識や要望を種々の観点でとらえ,広く行政一般の基礎資料とする。
この調査は,昭和33年から実施しており,今年で51回目になる。
 
2.調査項目
 
(1)現在の生活について(生活の向上感、満足度等)
(2)今後の生活について(生活の見通し、力点等)
(3)生き方、考え方について
(4)政府に対する要望について
 
3.関係省庁
 
内閣府(政府広報室)
 
4.調査対象
 
(1) 母集団全国20歳以上の者
(2) 標本数10,000人
(3) 抽出方法層化2段無作為抽出法
 
5.調査時期
 
平成19年7月 5日〜 7月22日
 
6.調査方法
 
調査員による個別面接聴取
 
7.調査実施委託機関
 
社団法人 中央調査社
 
8.回収結果
 
(1) 有効回収数(率)6,086人(60.9%)
(2) 調査不能数(率)3,914人(39.1%)
   −不能内訳−
   転居367 長期不在275 一時不在1,325
  住所不明154 拒否1,566 その他227
(病気など) 
 
9.性・年齢別回収結果
 

性・年齢別回収結果表



目次戻る次へ

Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)