このページの本文へ移動

世論調査内閣府

2 調査結果の概要


3.スポーツに関するボランティア活動について

 (1) スポーツに関するボランティア活動の経験の有無・意向
 この1年間ぐらいの間に,スポーツの指導やイベントへの協力など,スポーツに関するボランティア活動を行ったか,また,行わなかった場合,今後,あなたはスポーツに関するボランティア活動を行いたいと思うか,そうは思わないか聞いたところ,「行った」と答えた者の割合が7.9%,「行っていない」とする者の割合が90.4%(「ぜひ行いたい」1.6%+「できれば行いたい」18.5%+「あまり行いたいとは思わない」32.7%+「全然(全く)行いたいとは思わない」37.7%)となっている。
 性別に見ると,「行っていない」とする者の割合は女性で高くなっている。
 また,「行っていない」とする者のうち「行いたい」(以下,『「行っていないが行いたい」とする者』という。)とする者の割合が20.0%(「ぜひ行いたい」1.6%+「できれば行いたい」18.5%),「行いたいとは思わない」(『「行っていないし,行いたいとも思わない」とする者』という。)とする者の割合が70.4%(「あまり行いたいとは思わない」32.7%+「全然(全く)行いたいとは思わない」37.7%)となっている。
 年齢別に見ると,「行っていないが行いたい」とする者の割合は20歳代,30歳代で,「行っていないし,行いたいとは思わない」とする者の割合は70歳以上で,それぞれ高くなっている。(図14表14参考1参考2

  ア  ボランティア活動の内容
 この1年間ぐらいの間に,スポーツの指導やイベントへの協力など,スポーツに関するボランティア活動を「行いたい」とする者(370人)に,どのようなボランティア活動か聞いたところ,「スポーツの指導」と答えた者の割合が10.5%,「スポーツ活動などの運営や世話(クラブ,スポーツ団体(NPOを含む)での定期的な活動)」と答えた者の割合が30.0%,「スポーツイベントのボランティア(スポーツ大会などの不定期的な活動)」と答えた者の割合が52.4%となっている。
 都市規模別に見ると,「スポーツ活動などの運営や世話(クラブ,スポーツ団体(NPOを含む)での定期的な活動)」と答えた者の割合は大都市で高くなっている。
 性別に見ると,「スポーツの指導」と答えた者の割合は男性で,「スポーツイベントのボランティア(スポーツ大会などの不定期的な活動)」と答えた者の割合は女性で,それぞれ高くなっている。(図15表15参考1参考2




目次戻る次へ
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)