このページの本文へ移動

世論調査内閣府

2 調査結果の概要


  1. 病気についての感じ方

     次の各々の病気について,どのように感じているか聞いた結果,「怖い病気だと思う」(「少し怖い病気だと思う」+「非常に怖い病気だと思う」)と答えた者の割合は,「がん」が96.5%と高く,以下,「脳卒中」(95.4%),「心筋梗塞・狭心症」(95.3%),「肝臓病(脂肪肝も含む)」(92.6%),「糖尿病」(92.3%),「高血圧」(90.1%),「胃潰瘍」(86.8%),「骨粗しょう症」(84.7%),「肥満」(77.6%),「高脂血症」(76.5%)の順となっている。(図16

    (1) 高血圧についての感じ方
     高血圧について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が7.8%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が90.1%(「少し怖い病気だと思う」37.6%+「非常に怖い病気だと思う」52.5%)となっている。
     性別に見ると,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性で高くなっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性の70歳以上で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代で,それぞれ高くなっている。(図17表16

    (2) 高脂血症についての感じ方
     高脂血症について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が7.7%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が76.5%(「少し怖い病気だと思う」38.9%+「非常に怖い病気だと思う」37.6%)となっている。なお,「わからない」と答えた者の割合は15.8%となっている。
     性別に見ると,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性で高くなっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性の40歳代で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代,60歳代で,それぞれ高くなっている。(図18表17

    (3) 糖尿病についての感じ方
     糖尿病について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が5.8%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が92.3%(「少し怖い病気だと思う」21.4%+「非常に怖い病気だと思う」71.0%)となっている。(図19表18

    (4) 肝臓病(脂肪肝も含む)についての感じ方
     肝臓病について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が4.4%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が92.6%(「少し怖い病気だと思う」26.6%+「非常に怖い病気だと思う」66.0%)となっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代で高くなっている。(図20表19

    (5) 胃潰瘍についての感じ方
     胃潰瘍について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が10.9%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が86.8%(「少し怖い病気だと思う」46.3%+「非常に怖い病気だと思う」40.5%)となっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男女とも20歳代で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代で,それぞれ高くなっている。(図21表20

    (6) がんについての感じ方
     がんについて,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が2.8%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が96.5%(「少し怖い病気だと思う」7.1%+「非常に怖い病気だと思う」89.4%)となっている。(図22表21

    (7) 脳卒中についての感じ方
     脳卒中について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が2.9%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が95.4%(「少し怖い病気だと思う」10.5%+「非常に怖い病気だと思う」84.9%)となっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代で高くなっている。(図23表22

    (8) 心筋梗塞・狭心症についての感じ方
     心筋梗塞・狭心症について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が2.7%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が95.3%(「少し怖い病気だと思う」14.0%+「非常に怖い病気だと思う」81.3%)となっている。(図24表23

    (9) 骨粗しょう症についての感じ方
     骨粗しょう症について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が11.0%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が84.7%(「少し怖い病気だと思う」43.1%+「非常に怖い病気だと思う」41.7%)となっている。
     性別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性で,それぞれ高くなっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性の40歳代,60歳代で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の20歳代から60歳代で,それぞれ高くなっている。(図25表24

    (10)肥満についての感じ方
     肥満について,どのように感じているか聞いたところ,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合が19.7%,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合が77.6%(「少し怖い病気だと思う」49.1%+「非常に怖い病気だと思う」28.4%)となっている。
     性別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性で,それぞれ高くなっている。
     性・年齢別に見ると,「怖い病気とは思わない」と答えた者の割合は,男性の20歳代,30歳代,60歳代で,「怖い病気だと思う」と答えた者の割合は,女性の30歳代,60歳代で,それぞれ高くなっている。(図26表25


目次戻る次へ

Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)