このページの本文へ移動

世論調査内閣府

2 調査結果の概要


  1. 薬物乱用に関する意識について

    (1) 薬物乱用の見聞きの有無
     ここ3年くらいの間に,自分の周囲で薬物を使っている人がいるようなことを見聞きしたことがあるか聞いたところ,「見聞きしたことがある」と答えた者の割合が10.0%(「1年以内に見聞きしたことがある」5.2%+「1年以上前に見聞きしたことがある」3.2%+「1年以内にも1年以上前にも見聞きしたことがある」1.6%),「見聞きしたことはない」と答えた者の割合が89.5%となっている。(図15)
     前回の調査結果と比較して見ると, 大きな変化は見られない。
     年齢別に見ると,「見聞きしたことがある」と答えた者の割合は,15歳〜19歳,20歳代で,それぞれ高くなっている。(表16)

    ア 薬物乱用者が使用していた薬物名
     続いて, 薬物を使用しているのを「見聞きしたことがある」と答えた者(354人) に,その際見聞きした薬物はどのようなものだったか聞いたところ,「シンナー」を挙げた者の割合が51.4%と最も高く,以下,「覚せい剤 (エス, スピード, シャブ) 」(34.7%),乾燥大麻 (マリファナ) 」(17.8%) などの順となっている。(複数回答, 図16)
     前回の調査結果と比較して見ると, 大きな変化は見られない。(表17)


    (2) 薬物使用を誘われた経験
     ここ5年くらいの間に,人から薬物を使ってみないかと誘われたことがあるか聞いたところ,「誘われたことがある」と答えた者の割合が1.1% (「1年以内に誘われたことがある」0.5%+「1年以上前に誘われたことがある」0.5%+「1年以内にも1年以上前にも誘われたことがある」0.1%),「誘われたことはない」と答えた者の割合が98.6%となっている。(図17)
     前回の調査結果と比較して見ると, 大きな変化は見られない。 (表18)

    ア 薬物使用を誘われた相手
     続いて, 人から薬物を使ってみないかと「誘われたことがある」と答えた者(38人)に,その際誘った相手は誰か聞いたところ,「友人」(42.1%),「知人」(31.6%),「外国人の密売人」(23.7%)などとなっている。(複数回答, 表19)

    イ 薬物使用を誘われた際の薬物名
     さらに, 人から薬物を使ってみないかと「誘われたことがある」と答えた者(38人)に,その際に,使ってみないかと誘われた薬物はどのようなものか聞いたところ,「乾燥大麻( マリファナ)」(52.6%),「覚せい剤 (エス,スピード,シャブ)」(21.1%),「シンナー」(18.4%)などとなっている。(複数回答,表20)


    (3) 薬物を使ってみたいと思ったことの有無
     いままでに,一度でも薬物を使ってみたいと思ったことがあるか聞いたところ,「ある」と答えた者の割合が 2.2%,「ない」と答えた者の割合が 97.1%となっている。(図18, 表21)

    ア 薬物を使ってみたいと思った理由
     続いて,いままでに,一度でも薬物を使ってみたいと思ったことが「ある」と答えた者(77人)に,薬物を使ってみたいと思った理由を聞いたところ,「好奇心」(74.0%),「面白半分」(40.3%),「疲れをいやすため」(13.0%),「ダイエットのため」(10.4%)などとなっている。(複数回答, 表22)

    イ 薬物を使ってみたいと思った際の薬物名
     さらに,一度でも薬物を使ってみたいと思ったことが「ある」と答えた者(77人)に,使ってみたいと思った薬物はどのようなものだったか聞いたところ,「乾燥大麻(マリファナ)」(33.8%),「覚せい剤(エス,スピード,シャブ)」(23.4%),「シンナー」(15.6%) などとなっている。(複数回答, 表23)


目次戻る次へ
Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)