このページの本文へ移動

世論調査内閣府

1 調査の概要


  1. 調査の目的
    交通安全に関する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  2. 調査項目
    (1) シートベルトの着用について
    (2) 交通事故現場における応急手当てについて
    (3) 自転車の利用について
    (4) 踏切における交通安全
    (5) 反射材について
    (6) 若者の運転による自動車事故の防止について
    (7) 高齢者の交通事故の防止について
    (8) 高齢者交通安全マークについて
    (9) 高速道路における自動二輪車の二人乗りについて
    (10) 交通安全普及啓発活動の周知について

  3. 調査対象
    (1) 母集団  全国20歳以上の者
    (2) 標本数  3,000 人
    (3) 抽出法  層化2段無作為抽出法

  4. 調査時期  平成11年11月18日〜11月28日

  5. 調査方法  調査員による面接聴取

  6. 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,147 人(71.6%)
    (2) 調査不能数(率)  853 人(28.4%)

    −不能内訳−
    転居84 長期不在64 一時不在375
    住所不明18 拒否279 その他33

  7. 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果

      (参考) 過去に実施した交通安全に関する世論調査

    調査年月  標本数  有効回収数
    昭和45年11月調査3,000人2,572人
    昭和51年 6月調査5,000人4,132人
    昭和55年 2月調査3,000人2,501人
    昭和57年 6月調査3,000人2,499人
    昭和59年 8月調査3,000人2,407人
    昭和62年11月調査3,000人2,368人
    平成 2年 6月調査3,000人2,268人
    平成 4年 5月調査10,000人7,504人
    平成 6年 9月調査3,000人2,211人
    平成 9年 2月調査3,000人2,283人

目次次へ

Copyright© Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府大臣官房政府広報室 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(代表)