世論調査

世論調査報告概要
平成14年12月調査

社会意識に関する世論調査

<お願い>

本概要の内容を引用された場合、その掲載部分の
写しを下記あてにご送付ください。

内閣府大臣官房政府広報室
世論調査担当

〒100-8914  東京都千代田区永田町1−6−1
電話 03(5253)2111  内線82780〜82783

目次

本報告書を読む際の注意

1 調査の概要

2 調査結果の概要

1. 社会に対する意識について
 (1)社会志向か個人志向か
 (2)社会への貢献意識
   ア 社会への貢献内容
 (3)国民全体の利益か個人の利益か
 (4)明るいイメージ
 (5)暗いイメージ
 (6)地位と報酬
   ア 現実に高い地位と多くの報酬を得ている人
   イ 高い地位と多くの報酬を得る望ましい人

2. 国に対する意識
 (1)国の政策への民意の反映程度
   ア 国の政策への民意の反映方法
 (2)日本の誇り
 (3)国を愛する気持ちの程度
 (4)国を愛する気持ちを育てる必要性
 (5)良い方向に向かっている分野
 (6)悪い方向に向かっている分野

3. 社会の在り方等に対する意識
 (1)理想の子供の数
 (2)持てる子供の数
 (3)子育てを楽しいと感じるか辛いと感じるか
   ア 子育ての辛さの内容
 (4)子育てにおいて今以上に大きな役割を担うもの
 (5)青少年の成長や自立に必要なこと
   ア 安定した仕事をもつ
   イ 親元を離れて暮らす
   ウ 結婚する
   エ 子育てをする
   オ 親,その他の人の世話や介護をする
 (6)高齢者に対する一律な配慮への賛否
 (7)高齢期の生活の支え
 (8)信頼できる人の有無
   ア 誰を信頼するか
 (9)家族に係る意見について
   ア 家族の物質的なつながりと精神的なつながり
   イ 家族との時間と家族以外との時間
   ウ 遺産相続や社会保障制度などの個人単位化
   エ 家庭内人権問題の他人や社会の介入
 (10)現在の地域での付き合いの程度
 (11)望ましい地域での付き合いの程度
 (12)女性の社会進出の影響
   ア 女性の社会進出の社会への影響
   イ 女性の社会進出の家庭への影響

3 調査票


4 標本抽出方法




世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 平成14年度調査インデックスへ
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)