世論調査

世論調査 >  平成26年度 >  基本的法制度に関する世論調査 > 2 調査結果の概要

1.基本的法制度に対する関心

(1) 裁判所の見学や裁判の傍聴の有無

 今までに,裁判所を見学したり,裁判を傍聴したりしたことがあるか聞いたところ,「ある」と答えた者の割合が13.4%,「ない」と答えた者の割合が86.6%となっている。
 前回の調査結果(平成21年12月調査をいう,以下同じ)と比較してみると,大きな変化は見られない。
 性別に見ると,「ある」と答えた者の割合は男性で,「ない」と答えた者の割合は女性で,それぞれ高くなっている。
 年齢別に見ると,「ある」と答えた者の割合は70歳以上で,「ない」と答えた者の割合は20歳代,50歳代で,それぞれ高くなっている。(図1表1-1(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます表1-2(CSV形式:1KB)別ウインドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]
Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)