世論調査

「薬物乱用防止対策に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和63年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    覚せい剤など薬物乱用の弊害に関する国民の認識や不安感及び薬物乱用防止対策に関する意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)中毒性薬物に関する意識
    (2)覚せい剤に関する意識
    (3)覚せい剤乱用防止対策

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和63年7月7日〜昭和63年7月17日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,320人(77.3%)
    (2) 調査不能数(率) 680人(22.7%)

    −不能内訳−
    転居 72 長期不在 55 一時不在 234
    住所不明 15 拒否 272 その他
    32

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 あなたは医者の指示や処方による場合は別として,睡眠薬や鎮痛剤を使ってみたいと思うことがありますか。この中ではどうですか。
    ( 0.6) (ア) しばしばある
    (10.1) (イ) たまにある
    (86.0) (ウ) 全くない
    ( 3.3) わからない

    Q2 〔回答票2〕 この中で,あなたがご存じの名前がありましたら,いくつでも結構ですからあげてください。(M.A.)
    (90.4) (ア) 大麻(マリファナ)
    (81.0) (イ) モルヒネ
    (83.2) (ウ) ヘロイン
    (61.9) (エ) コカイン
    (26.3) (オ) L.S.D.
    (85.8) (カ) あへん
    ( 5.0) (キ) メタカロン
    (92.2) (ク) シンナー
    (36.7) (ケ) トルエン
    (10.6) (コ) キシレン
    ( 2.3) ない・わからない
    (M.T.=575.4)


    Q3  あなたは覚せい剤という言葉をご存じですか。
    (97.9) 知っている →SQ1へ
    ( 2.1) 知らない →フェースシートへ

    SQ1 〔回答票3〕 あなたは何によって覚せい剤という言葉を知りましたか。この中からいくつでもお答えください。(M.A.)
    (N=2,271)
    (90.4) (ア) 新聞
    (95.6) (イ) テレビ,ラジオ
    (49.3) (ウ) 本,雑誌
    (35.1) (エ) ポスター,パンフレット
    (29.7) (オ) 国,地方自治体,警察の広報紙(誌)
    ( 8.1) (カ) 講演会,座談会など
    (27.9) (キ) 人の話
    ( 0.6) その他
    ( 0.6) 覚えていない・わからない
    (M.T.=337.1)


    SQ2 〔回答票4〕 それはどのような内容のものでしたか。この中からいくつでもお答えください。(M.A.)
    (N=2,271)
    (36.8) (ア) 覚せい剤の薬としての働き(薬理作用)について
    (74.4) (イ) 覚せい剤の身体に及ぼす弊害について
    (71.5) (ウ) 覚せい剤の中毒者について
    (59.5) (エ) 覚せい剤の密売人や密輸ルートについて
    (56.2) (オ) 覚せい剤犯罪の発生や取締りについて
    (61.1) (カ) 覚せい剤乱用者による殺人,放火,強盗・窃盗などの二次犯罪について
    ( 0.4) その他
    ( 4.0) 覚えていない・わからない
    (M.T.=363.8)


    SQ3 〔回答票5〕 あなたは覚せい剤についてどう思いますか。この中ではどうですか。
    (N=2,271)
    (92.3) (ア) 非常に恐ろしいものだと思う
    ( 6.4) (イ) どちらかと言えば恐ろしいものだと思う
    ( 0.4) (ウ) あまり恐ろしいものだとは思わない
    ( 0.1) (エ) 全然恐ろしいものだとは思わない
    ( 0.7) わからない

    SQ4 〔回答票6〕 あなたは覚せい剤についてどのようなことをご存じですか。テレビや新聞,雑誌などで得た知識で結構ですから,この中から知っていることをすべてあげてください。(M.A.)
    (N=2,271)
    (75.0) (ア) 覚せい剤は無色の結晶または白色の粉末である。
    (42.2) (イ) 覚せい剤は注射するほかに,飲んだり塗ったりする使用方法もある
    (68.4) (ウ) 覚せい剤を使うと,一時的に気分がスッキリし,疲労がとれたような感じになる
    (58.1) (エ) 覚せい剤が切れると倦怠感や疲労感に襲われる
    (76.3) (オ) 覚せい剤は一度使うと繰り返し使うようになる
    (75.9) (カ) 覚せい剤を長期間使うと,幻覚や妄想がひどくなり,錯乱状態になる場合がよくある
    (36.8) (キ) 覚せい剤は長期間使用をやめていても,何らかのショックで幻覚や妄想に襲われることがある
    ( 3.5) ない・わからない
    (M.T.=436.2)


    SQ5 〔回答票7〕 では,覚せい剤の犯罪の状況等についてどのようなことをご存じですか。この中から知っていることをすべてあげてください。(M.A.)
    (N=2,271)
    (82.9) (ア) 覚せい剤のほとんどは外国から密輸入されたものである
    (88.3) (イ) 覚せい剤の密売には暴力団が絡み,これが主要な資金源となっている
    (12.4) (ウ) 覚せい剤事犯の検挙者は毎年2万人以上いる
    (25.1) (エ) 覚せい剤の押収量はここ4年間連続して史上最高記録を更新している
    (66.4) (オ) 覚せい剤の購入資金を手に入れるために,強盗・窃盗や売春などの犯罪を犯す者が多い
    (57.9) (カ) 覚せい剤を使う者は一般家庭や青少年にまで及んでいる
    ( 2.6) ない・わからない
    (M.T.=335.6)


    SQ6  ここ3年くらいの間に,あなたの周囲で覚せい剤を使っている人がいるようなことを見たり聞いたりしたことがありますか,ありませんか。
    (N=2,271)
    ( 7.4) 見聞きしたことがある
    (88.4) 見聞きしたことはない
    ( 4.2) 答えたくない・わからない

    SQ7 〔回答票8〕 仮の話で恐れ入りますが,もしも,友人や知人が覚せい剤に関係したり,関係がありそうだと知った場合,あなたはまずどのようにすると思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=2,271)
    ( 3.4) (ア) そのまま放っておく
    ( 7.9) (イ) しばらく様子をみる
    (50.9) (ウ) やめるように説得する
    ( 4.7) (エ) 保健所に届ける
    (22.0) (オ) 警察に届ける
    ( 1.1) その他
    (10.1) わからない

    SQ8 〔回答票9〕 あなたは覚せい剤の乱用を防ぐ対策について,どのようにお考えになりますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=2,271)
    (24.0) (ア) 覚せい剤の恐ろしさについて啓発活動を推進する
    (31.6) (イ) 密輸入の取締りを強化する
    (24.0) (ウ) 暴力団などの密売人の取締りを強化する
    ( 4.6) (エ) 乱用者の取締りを強化する
    (11.1) (オ) 違反者の処罰を厳しくする
    ( 0.2) その他
    ( 0.6) 特にない
    ( 3.9) わからない

    SQ9 〔回答票10〕 覚せい剤乱用者が殺人,放火,強盗・窃盗などの二次犯罪を起こすことがありますが,これを防止するにはどうしたらよいと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=2,271)
    (54.8) (ア) 覚せい剤乱用者の早期検挙に努める
    (20.5) (イ) 覚せい剤中毒者の治療や保護に力を入れる
    (10.0) (ウ) 保健衛生機関や警察などの相談機能を充実させる
    ( 8.7) (エ) 二次犯罪に対する処罰を強化する
    ( 0.1) その他
    ( 0.6) 特にない
    ( 5.3) わからない

    SQ10 〔回答票11〕 覚せい剤が一般家庭にまで及ばないようにするためには,どのようなことが重要だと思いますか。この中から1つだけお答えください。
    (N=2,271)
    (28.6) (ア) 家庭で覚せい剤の恐ろしさをとり上げる
    (11.2) (イ) 自治会・町内会など地域で覚せい剤の恐ろしさをとり上げる
    (11.8) (ウ) 学校で覚せい剤の恐ろしさをとり上げる
    ( 0.5) (エ) 職場で覚せい剤の恐ろしさをとり上げる
    (43.7) (オ) 新聞,テレビ,ラジオなどのマスコミで覚せい剤の恐ろしさをとり上げる
    ( 0.6) その他
    ( 0.8) 特にない
    ( 2.8) わからない

    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (46.9) 男性
    (53.1) 女性

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 6.2) 20〜24歳
    ( 6.9) 25〜29歳
    ( 9.2) 30〜34歳
    (13.1) 35〜39歳
    (11.3) 40〜44歳
    (11.3) 45〜49歳
    (10.7) 50〜54歳
    ( 9.1) 55〜59歳
    ( 8.4) 60〜64歳
    ( 5.9) 65〜69歳
    ( 7.9) 70歳以上

    F3 〔回答票12〕 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    (28.8) (ア) 小・高小・新中卒
    (51.8) (イ) 旧中・新高卒
    (19.0) (ウ) 旧高・高専・大卒
    ( 0.4) 不明

    F4  〔職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入して,下の該当する項目に○をする)
    <自営業主>
    ( 5.3) 農林漁業
    ( 9.1) 商工サービス業
    ( 0.7) 自由業
    <家族従業者>
    ( 3.7) 農林漁業
    ( 3.4) 商工サービス業自由業
    <被傭者>
    ( 2.2) 管理職
    ( 0.8) 専門技術職
    (15.5) 事務職
    (20.0) 労務職
    <無職>
    (27.7) 主婦
    ( 1.1) 学生
    (10.5) その他の無職

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和63年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)