世論調査

「人権擁護に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和63年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    人権意識,人権思想の普及状況,人権侵害の例,人権擁護に必要なこと等を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)人権擁護に対する意識
    (2)人権擁護に必要なこと
    (3)人権侵害の例
    (4)法律扶助制度の利用

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和63年7月7日〜昭和63年7月17日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,320人(77.3%)
    (2) 調査不能数(率) 680人(22.7%)

    −不能内訳−
    転居 72 長期不在 55 一時不在 234
    住所不明 15 拒否 272 その他
    32

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたは,基本的人権は侵すことのできない永久の権利として,憲法で保障されていることを知っていますか。
    (83.9) 知っている
    (16.1) 知らない

    Q2 〔回答票1〕 あなたは,基本的人権を守るために一番重要なことはどのようなことだと思いますか。この中から1つだけあげてください。
    (24.4) (ア) 個人が権利意識を持つ
    (39.0) (イ) 他人に対する思いやりを持つ
    (28.5) (ウ) 法律や制度で人権を保護する
    ( 2.2) (エ) 同じ立場の人が団結する
    ( 0.1) その他
    ( 5.7) わからない

    Q3 〔回答票2〕 次のようなことは基本的人権にかかわることですが,もし,あなたがこのようなことをされた場合,特に「許せない」と思うのはどのようなことですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (70.4) (ア) 事実と異なる不利な噂を立てられる
    (21.2) (イ) 自分の容貌を侮辱される
    (56.9) (ウ) 暴力を振るわれる
    (48.8) (エ) 万引きの疑いをかけられる
    (36.5) (オ) 無断で手紙を読まれる
    (28.8) (カ) 寄付を強要される
    (23.0) (キ) 信仰の邪魔をされる
    (37.1) (ク) 無断で写真を撮られ雑誌などに掲載される
    ( 0.6) その他
    ( 3.7) わからない
    (M.T.=326.9)


    Q4(1) 〔回答票3〕 あなたは,次のようなことは人権の侵害になると思いますか,ならないと思いますか。〔まず,(1)「教師が服装・態度の校則違反を理由に体罰を加える」についてはどうですか。以下(2)〜(6)について聞く。〕(1)教師が服装・態度の校則違反を理由に体罰を加える
    (39.3) (ア) 人権侵害になる
    (32.2) (イ) 人権侵害にならない
    (22.4) どちらともいえない
    ( 6.0) わからない

    Q4(2) 〔回答票3〕 (2)会社が単身赴任せざるを得ないような配置転換を命ずる
    (19.4) (ア) 人権侵害になる
    (51.0) (イ) 人権侵害にならない
    (20.3) どちらともいえない
    ( 9.3) わからない

    Q4(3) 〔回答票3〕 (3)団地等の共同作業に非協力的な人に対して,申し合わせて除け者にする
    (56.2) (ア) 人権侵害になる
    (19.2) (イ) 人権侵害にならない
    (16.9) どちらともいえない
    ( 7.8) わからない

    Q4(4) 〔回答票3〕 (4)住民に迷惑となる騒音や振動,悪臭を出す
    (64.9) (ア) 人権侵害になる
    (15.2) (イ) 人権侵害にならない
    (13.0) どちらともいえない
    ( 6.9) わからない

    Q4(5) 〔回答票3〕 (5)警察官が挙動不審であるとして,強制的に所持品の検査をする
    (57.5) (ア) 人権侵害になる
    (22.3) (イ) 人権侵害にならない
    (13.8) どちらともいえない
    ( 6.4) わからない

    Q4(6) 〔回答票3〕 (6)女性であるという理由で不採用にする
    (64.5) (ア) 人権侵害になる
    (12.6) (イ) 人権侵害にならない
    (13.9) どちらともいえない
    ( 9.0) わからない

    Q5 〔回答票4〕 最近,あなたを含めあなたの周囲で,人権を侵害されている例を見たり,聞いたりしたことがありますか。この中ではどうでしょうか,いくつでもあげてください。(M.A.)
    ( 7.5) (ア) 姑の嫁いびり
    ( 8.1) (イ) 妻に対する暴力
    (11.2) (ウ) 老いた親に対する冷たい仕打ち
    ( 5.6) (エ) 幼児に対するせっかん
    ( 3.6) (オ) 離婚の強要
    ( 8.8) (カ) 隣近所からの不当な干渉
    ( 6.6) (キ) 中高年者に対する退職の強要
    (17.7) (ク) 校内暴力やいじめ
    ( 8.5) (ケ) 教師による体罰
    ( 6.7) (コ) 借家人に対する強制立ち退き
    ( 8.5) (サ) 警察官による暴行
    ( 0.4) その他
    (58.1) 見たり,聞いたりしたことはない
    ( 4.0) わからない
    (M.T.=155.2)


    Q6  あなたは,今までに,ご自分の人権が侵害されたと思ったことがありますか,そういうことはありませんか。
    (17.8) ある
    (82.2) ない

    Q7 〔回答票5〕 もし,あなたが,ご自分の人権を侵害された場合,まずどのような対応をしますか。この中から1つだけあげてください。
    ( 7.2) (ア) 黙って我慢する
    (27.6) (イ) 相手に抗議する
    (32.0) (ウ) 身近な人に相談する
    ( 3.5) (エ) 有力者に相談する
    ( 6.8) (オ) 弁護士に相談する
    (15.6) (カ) 公的機関に相談する
    ( 0.6) その他
    ( 6.6) わからない

    Q8 〔回答票6〕 もし,あなたが,ご自分の人権を侵害され,公的機関に相談するようなことになった場合,どこに行こうと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (23.8) (ア) 人権擁護委員
    (32.7) (イ) 人権相談所
    (28.1) (ウ) 市役所や町役場
    ( 5.7) (エ) 法務局
    (24.9) (オ) 警察
    ( 1.3) (カ) 検察庁
    (13.6) (キ) 裁判所
    ( 0.8) その他
    (13.7) わからない
    (M.T.=144.7)


    Q9  あなたは,家屋の明渡し,債権の取立て,離婚,損害賠償等で法律上の争いが生じ,話し合いがつかない場合は裁判に訴えたいと思いますか,思いませんか。
    (65.3) 思う
    (11.9) 思わない
    (22.9) わからない

    Q10  法律扶助制度というのは,裁判に必要な費用を立て替えてくれる制度です。ところであなたは,仮に裁判によって解決したい問題があったときには,このような法律扶助制度を利用したいと思いますか,そうは思いませんか。
    (62.3) 利用したいと思う
    (12.9) 利用したいとは思わない
    (24.8) わからない

    Q11 〔回答票7〕 あなたは,児童・生徒の人権を守るのに必要なことはどのようなことだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (35.5) (ア) 児童・生徒の困りごと相談所を開設する
    (15.4) (イ) 体罰禁止を徹底させる
    (15.8) (ウ) 校則や規則を緩やかなものにする
    (54.1) (エ) 成績だけを重んじる教育の在り方を改める
    (32.6) (オ) 親や教師に,子供が独立した人格であることを教育する
    (44.1) (カ) 教師の人間性,資質を高める
    (45.8) (キ) 家庭内の人間関係を安定させる
    (51.3) (ク) 児童・生徒に,他人に対する思いやりを教える
    (32.3) (ケ) 児童・生徒の個性を尊重する
    ( 0.4) その他
    ( 2.7) 特にない
    ( 4.9) わからない
    (M.T.=334.8)


    Q12 〔回答票8〕 高齢者に関する事柄で,人権上問題があると思われるのはどのようなことですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (28.9) (ア) 経済的に自立が困難なこと
    (42.7) (イ) 働ける能力を発揮する機会が少ないこと
    (33.3) (ウ) 悪徳商法の被害者が多いこと
    (36.2) (エ) 高齢者の生活に対する福祉・援助態勢が整っていないこと
    (16.0) (オ) 病院での看護や養護施設での扱いが悪いこと
    (33.8) (カ) 高齢者を邪魔者扱いし,つまはじきにすること
    (27.0) (キ) 高齢者の意見や行動を尊重しないこと
    ( 0.1) その他
    ( 6.4) 特にない
    ( 4.7) わからない
    (M.T.=229.1)


    Q13 〔回答票9〕 生活上のいろいろな面で,外国人は差別されていると言われていますが,外国人の人権擁護についてあなたの意見は次のどちらに近いですか。
    (61.8) (ア) 日本の国籍を持たない人でも,日本人と同じように人権は守るべきだ
    (16.7) (イ) 日本の国籍を持たない人は日本人と同じような権利を持っていなくても仕方がない
    (12.3) どちらともいえない
    ( 9.2) わからない

    Q14 〔回答票10〕 外国人が不利益な取扱いを受けることがありますが,あなたはこのことについてどう思いますか。この中から1つだけあげてください。
    (32.7) (ア) 外国人に対する差別だ
    (31.3) (イ) 風俗・習慣や経済状態が違うのでやむを得ない
    (15.7) (ウ) 日本の事情に慣れるまでトラブルがあっても仕方がない
    ( 2.1) (エ) 外国人だから不利益な取扱いを受けても仕方がない
    ( 0.5) その他
    (17.6) わからない

    Q15  新聞やテレビなどで,”人権問題だ”とか”人権が侵害された”というニュースが報道されることがありますが,この5〜6年の間に,人権が侵害されるようなことは次第に少なくなってきたと思いますか,あまり変わらないと思いますか,それとも次第に多くなってきたと思いますか。
    (10.3) 少なくなってきた
    (40.9) あまり変わらない
    (32.4) 多くなってきた
    (16.4) わからない

    Q16 〔回答票11〕 「近ごろ,人権尊重がさけばれる一方では,権利のみ主張して,他人の迷惑を考えない人が増えてきた」という意見がありますが,あなたはどう思われますか。この中ではどうでしょうか。
    (23.3) (ア) 非常にそう思う
    (51.4) (イ) かなりそう思う
    (16.3) (ウ) あまりそうは思わない
    ( 0.9) (エ) 全くそうは思わない
    ( 8.1) わからない

    Q17 〔回答票12〕 基本的人権にかかわる条約等で,あなたが見聞きしたものはどれですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (38.7) (ア) 世界人権宣言
    (17.8) (イ) 国際人権規約
    (34.8) (ウ) 女子差別撤廃条約(女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約)
    (25.9) (エ) 難民条約(難民の地位に関する条約)
    ( 0.0) その他
    (21.0) 見聞きしたものはない
    (14.4) わからない
    (M.T.=152.6)


    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (46.9) 男性
    (53.1) 女性

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 6.2) 20〜24歳
    ( 6.9) 25〜29歳
    ( 9.2) 30〜34歳
    (13.1) 35〜39歳
    (11.3) 40〜44歳
    (11.3) 45〜49歳
    (10.7) 50〜54歳
    ( 9.1) 55〜59歳
    ( 8.4) 60〜64歳
    ( 5.9) 65〜69歳
    ( 7.9) 70歳以上

    F3 〔回答票13〕 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    (28.8) (ア) 小・高小・新中卒
    (51.8) (イ) 旧中・新高卒
    (19.0) (ウ) 旧高・高専・大卒
    ( 0.4) 不明

    F4  〔職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入して,下の該当する項目に○をする)
    <自営業主>
    ( 5.3) 農林漁業
    ( 9.1) 商工サービス業
    ( 0.7) 自由業
    <家族従業者>
    ( 3.7) 農林漁業
    ( 3.4) 商工サービス業自由業
    <被傭者>
    ( 2.2) 管理職
    ( 0.8) 専門技術職
    (15.5) 事務職
    (20.0) 労務職
    <無職>
    (27.7) 主婦
    ( 1.1) 学生
    (10.5) その他の無職

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和63年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)