世論調査

「わが国の平和と安全に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和63年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    わが国の平和と安全を確保するためには,防衛面のみならず,経済,外交等を含めた広い角度からの努力が必要であるとの考え方に立って,安全保障のための政策が推進されている。このような状況を踏まえ,わが国の平和と安全に関する国民の意識を調査し,今後の行政の参考とする。

  • 調査項目
    (1)国際情勢
    (2)安全保障の考え方
    (3)外交活動
    (4)防衛
    (5)資源・エネルギー及び食糧の安定確保
    (6)軍事大国についての意識

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  平成元年1月12日〜平成元年1月22日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,281人(76.0%)
    (2) 調査不能数(率) 719人(24.0%)

    −不能内訳−
    転居 67 長期不在 53 一時不在 226
    住所不明 24 拒否 304 その他
    45

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1(1) 〔回答票1〕 (1)わが国は戦後40年以上,外国から侵略を受けることなく平和を維持してきましたが,あなたは,この理由は何だと思いますか。この中からいくつでもお答えください。(M.A.)(2)また,そのうち主なものを1つお答えください。(1)平和を維持してきた理由
    (64.0) (ア) 平和憲法の存在
    (31.9) (イ) わが国の外交努力
    (45.3) (ウ) わが国の経済や社会の安定
    ( 8.8) (エ) 自衛隊の存在
    (43.8) (オ) 日米安全保障体制
    (24.3) (カ) 国連の存在
    ( 1.3) その他
    ( 7.5) わからない
    (M.T.=226.9)


    Q1(2) 〔回答票1〕 (2)主な理由
    (39.3) (ア) 平和憲法の存在
    ( 8.5) (イ) わが国の外交努力
    (19.3) (ウ) わが国の経済や社会の安定
    ( 1.1) (エ) 自衛隊の存在
    (17.8) (オ) 日米安全保障体制
    ( 4.6) (カ) 国連の存在
    ( 0.6) その他
    ( 8.9) わからない

    Q2 〔回答票2〕 あなたは,日本をとりまく最近の国際情勢の動きをどうお考えですか。厳しくなってきていると思いますか,それとも改善されてきていると思いますか。この中ではどうですか。
    (65.6) (ア) 厳しくなってきている
    (10.7) (イ) 以前と変わらない
    (12.7) (ウ) 改善されてきている
    ( 4.8) 一概に言えない
    ( 0.0) その他
    ( 6.2) わからない

    Q3 〔回答票3〕 日本の平和と安全を確保するためには,防衛力の整備だけではなく,平和外交の推進,経済協力の拡充,資源・エネルギー及び食糧の確保などの施策を総合的に進めていくことが必要だという考え方があります。あなたは,このような考え方は必要だと思いますか。この中ではどうですか。
    (71.4) (ア) おおいに必要だと思う
    (20.3) (イ) 少しは必要だと思う
    ( 2.3) (ウ) あまり必要だとは思わない
    ( 0.4) (エ) 全く必要だとは思わない
    ( 0.1) その他
    ( 5.5) わからない

    Q4 〔回答票4〕 日本の平和と安全を確保するためには,防衛政策の他に,非軍事面における基本政策として次のようなことが考えられます。次のそれぞれの基本政策について,あなたはどの程度強化するべきだと思いますか。この中ではどうですか。a)平和外交を積極的に推進すること
    (60.8) (ア) おおいに強化するべきだ
    (22.9) (イ) ある程度強化するべきだ
    (11.3) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.1) その他
    ( 4.9) わからない

    Q4 〔回答票4〕 b)開発途上国への経済協力を拡充すること
    (31.7) (ア) おおいに強化するべきだ
    (39.0) (イ) ある程度強化するべきだ
    (21.8) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.4) その他
    ( 7.0) わからない

    Q4 〔回答票4〕 c)世界経済の安定化,活性化に貢献すること
    (40.7) (ア) おおいに強化するべきだ
    (35.3) (イ) ある程度強化するべきだ
    (16.2) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.1) その他
    ( 7.7) わからない

    Q4 〔回答票4〕 d)資源やエネルギーを安定的に確保すること
    (54.1) (ア) おおいに強化するべきだ
    (27.9) (イ) ある程度強化するべきだ
    (12.5) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.1) その他
    ( 5.4) わからない

    Q4 〔回答票4〕 e)食糧を安定的に確保すること
    (49.2) (ア) おおいに強化するべきだ
    (28.1) (イ) ある程度強化するべきだ
    (18.3) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.2) その他
    ( 4.2) わからない

    Q4 〔回答票4〕 f)国民生活の安定及び充実を図ること
    (60.2) (ア) おおいに強化するべきだ
    (22.8) (イ) ある程度強化するべきだ
    (12.8) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.0) その他
    ( 4.2) わからない

    Q4 〔回答票4〕 g)国際的に強い技術力,経済力を維持,強化すること
    (39.0) (ア) おおいに強化するべきだ
    (33.8) (イ) ある程度強化するべきだ
    (19.6) (ウ) 現状程度でよい
    ( 0.2) その他
    ( 7.4) わからない

    それでは,具体的に外交活動についてお伺いします。
    Q5 〔回答票5〕 日本の平和と安全を確保するためにどのような外交活動が大切だと思いますか。この中から2つまでお答えください。(2M.A.)
    (20.1) (ア) 世界各地における紛争解決のための調停など,政治面での積極的な活動をすること
    (43.2) (イ) 国連平和維持活動への協力や軍縮など,国連を通じた活動をすること
    (23.6) (ウ) 世界経済の諸問題の解決に貢献し,自由主義経済体制の維持強化を図ること
    (25.0) (エ) 開発途上国に対して経済協力を行い,その経済発展に貢献すること
    (27.9) (オ) 資源保有国との友好協力関係の強化を通じて資源・エネルギーの安定的確保を図ること
    (24.6) (カ) 文化交流や広報活動を通じて,相互理解の増進に努めること
    ( 0.2) その他
    (11.8) わからない
    (M.T.=176.4)


    Q6 〔回答票6〕 では,今後,どの諸国との関係に一層力を入れて,外交活動を行っていくべきだと思いますか。この中から3つまでお答えください。(3M.A.)
    (73.3) (ア) アメリカ
    ( 5.3) (イ) カナダ
    (18.2) (ウ) 西ヨーロッパ諸国
    (38.4) (エ) ソ連
    ( 4.3) (オ) 東ヨーロッパ諸国
    (63.7) (カ) 中国
    (21.5) (キ) 韓国
    ( 9.8) (ク) アセアン諸国
    ( 3.9) (ケ) 大洋州諸国
    (10.4) (コ) 中近東諸国
    ( 1.9) (サ) 中南米諸国
    ( 3.6) (シ) アフリカ諸国
    ( 0.8) その他
    ( 7.5) わからない
    (M.T.=262.4)


    Q7 〔回答票7〕 世界の平和と安全のために,国連の平和維持軍などに自衛隊が参加することについてどう思いますか。この中ではどうですか。
    ( 8.3) (ア) 賛成
    (14.1) (イ) どちらかといえば賛成
    (22.0) (ウ) どちらかといえば反対
    (24.5) (エ) 反対
    (21.5) (オ) 一概に言えない
    ( 9.6) わからない

    Q8 〔回答票8〕 それでは,外国で災害などがあった場合に自衛隊を派遣し,災害救助活動を行うことについてはどう思いますか。この中ではどうですか。
    (39.5) (ア) 賛成
    (32.7) (イ) どちらかといえば賛成
    (12.3) (ウ) どちらかといえば反対
    ( 7.6) (エ) 反対
    ( 7.8) わからない

    Q9  あなたは,わが国で今後石油危機がまた起こると思いますか,そうは思いませんか。
    (74.6) 起こると思う(起こるかもしれない)
    (12.2) そうは思わない
    (13.2) わからない

    Q10 〔回答票9〕 わが国のエネルギーを安定的に確保するために,あなたはどのような政策が必要だと思いますか。この中ではどうですか。(M.A.)
    (67.8) (ア) 石油に代わる他のエネルギー(原子力,石炭,天然ガス,太陽熱等)の開発を進める
    (25.1) (イ) 輸入先を多方面に広げるなど輸入の安定化を図る
    (15.0) (ウ) 石油の備蓄を増やす
    (29.8) (エ) 産油国との経済協力を進める
    (29.1) (オ) 産油国との友好関係を強化する
    (40.3) (カ) 省エネルギーを推進する(技術の開発,考え方のPRなど)
    ( 5.9) (キ) 船舶等の輸送手段及び輸送経路の安全を確保する
    ( 0.3) その他
    ( 6.2) わからない
    (M.T.=219.6)


    Q11  あなたは,わが国で今後食糧の不足が起こると思いますか,そうは思いませんか。
    (65.3) 起こると思う(起こるかもしれない)
    (25.4) そうは思わない
    ( 9.3) わからない

    Q12 〔回答票10〕 わが国の食糧を安定的に確保するためには,次のような政策が考えられます。あなたはこれらの中で,どのような政策が必要だと思いますか。この中からいくつでもお答えください。(M.A.)
    (70.7) (ア) 国内の自給力を強化する
    (32.8) (イ) 輸入先を多方面に広げるなど輸入の安定化を図る
    (28.3) (ウ) 食糧輸出国との友好関係を強化する
    (14.9) (エ) 食糧の備蓄を増やす
    (40.1) (オ) 開発途上国への農業技術協力などによって,世界的な食糧の増産に貢献する
    (36.0) (カ) 国内生産できるものを中心とした食生活を普及させる
    ( 4.8) (キ) 船舶等の輸送手段及び輸送経路の安全を確保する
    ( 0.4) その他
    ( 3.1) わからない
    (M.T.=231.0)


    Q13 〔回答票11〕 わが国の食糧の安定確保につて,次のようなA,B2つの意見があります。あなたのお考えは2つのうちどちらに近いですか。[A:国内で自給が可能なものは,できるだけ自給するようにした方がよい B:国産品より安ければ,外国産のものを輸入するようにした方がよい]
    (53.2) (ア) Aの意見に賛成だ
    (17.9) (イ) どちらかと言えばAの意見に賛成だ
    ( 9.3) (ウ) どちらかと言えばBの意見に賛成だ
    (12.9) (エ) Bの意見に賛成だ
    ( 5.3) どちらとも言えない
    ( 1.4) わからない

    Q14 〔回答票12〕 現在,日本は国連の場などを通じて軍縮を推し進める努力を行っていますが,あなたは,このような努力が世界の平和に役立っていると思いますか。この中ではどうですか。
    (18.2) (ア) 大いに役立っている
    (46.3) (イ) 少しは役立っている
    (20.1) (ウ) あまり役立っていない
    ( 2.1) (エ) 全く役立っていない
    ( 0.1) その他
    (13.2) わからない

    Q15 〔回答票13〕 あなたはアメリカやソ連を含め全世界的な軍縮が実現できると期待していますか,期待していませんか。この中ではどうですか。
    (17.4) (ア) 非常に期待している
    (42.5) (イ) ある程度は期待している
    (27.6) (ウ) あまり期待していない
    ( 4.1) (エ) 全く期待していない
    ( 0.2) その他
    ( 8.3) わからない

    Q16  1987年の12月にアメリカとソ連の間で,両国の中距離核兵器を廃棄する条約が取り決められましたが,あなたはこのことを知っていますか。
    (72.4) 知っている →SQへ
    (27.6) 知らない →Q17へ

    SQ 〔回答票14〕 では,この条約についてどう思いますか。この中ではどうですか。
    (N=1,652)
    (41.1) (ア) 核兵器を廃棄するという究極目標への第一歩を踏み出したもので,高く評価できる
    (49.6) (イ) 大部分の核兵器についてはまだ具体的な取り決めがないことを考慮すると,不十分である
    ( 0.3) その他
    ( 5.0) どちらとも言えない
    ( 3.9) わからない

    Q17  あなたは,軍事大国という言葉を聞いたことがありますか。
    (88.6) ある
    (11.4) ない

    Q18 〔回答票15〕 あなたは,軍事大国とはどのような国だと思いますか。この中からあなたのお考えに近いものをいくつでもお答えください。(M.A.)
    (66.1) (ア) 核兵器を保有している国
    (52.5) (イ) 大規模な兵力を持っている国
    (50.8) (ウ) 国防費が巨額な国
    (25.7) (エ) 質の高い装備を持っている国
    (23.0) (オ) 軍国主義思想を持った国
    (16.7) (カ) 海外に多くの兵力を派遣している国
    ( 0.2) その他
    ( 6.8) わからない
    (M.T.=241.9)


    Q19  あなたが,軍事大国と思う国をいくつでも挙げてください。(F.A.,M.A.)(具体的に記入し,下記の該当項目に○をつける
    (88.3) ソ連
    (85.4) アメリカ
    (22.0) 中国
    ( 7.8) フランス
    ( 6.5) 日本
    ( 7.3) イギリス
    ( 4.4) 東ドイツ
    ( 4.4) 西ドイツ
    ( 3.3) 韓国
    ( 0.9) インド
    ( 3.6) イラン
    ( 3.2) イラク
    ( 1.9) イスラエル
    ( 0.3) 南アフリカ
    ( 1.1) キューバ
    ( 1.5) その他
    ( 7.6) わからない
    (M.T.=249.7)


    Q20  あなたは,安全保障問題に関心がありますか,ありませんか。
    (67.0) ある
    (33.0) ない

    〈フェース・シート〉
    F1  〔性〕
    (48.1) 男性
    (51.9) 女性

    F2  〔年齢〕 あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 5.6) 20〜24歳
    ( 6.4) 25〜29歳
    (10.3) 30〜34歳
    (12.3) 35〜39歳
    (11.4) 40〜44歳
    (11.0) 45〜49歳
    (10.8) 50〜54歳
    ( 9.1) 55〜59歳
    ( 8.1) 60〜64歳
    ( 6.7) 65〜69歳
    ( 8.4) 70歳以上

    F3 〔回答票16〕 〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどれですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    (27.0) (ア) 小・高小・新中卒
    (49.9) (イ) 旧中・新高卒
    (22.8) (ウ) 旧高・高専・大卒
    ( 0.2) (エ) 不明

    F4  〔職業〕 あなたのご職業は何ですか。(職業の内容を具体的に記入してから,下の該当する項目に○をつける)
    <自営業主>
    ( 4.3) 農林漁業
    (10.0) 商工サービス業
    ( 1.0) 自由業
    <家族従業者>
    ( 2.9) 農林漁業
    ( 3.9) 商工サービス・自由業
    <被傭者>
    ( 2.5) 管理職
    ( 0.6) 専門技術職
    (16.2) 事務職
    (18.6) 労務職
    <無職>
    (26.7) 主婦
    ( 2.2) 学生
    (11.1) その他の無職

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和63年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)