世論調査

「環境問題に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和62年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    近年,複雑化,多様化してきている環境問題に対する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)環境保護活動
    (2)環境と経済
    (3)地球的規模の環境問題
    (4)野生生物の取引

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和63年1月7日〜昭和63年1月17日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,362人(78.7%)
    (2) 調査不能数(率) 638人(21.3%)

    −不能内訳−
    転居 29 長期不在 74 一時不在 241
    住所不明 28 拒否 245 その他
    21

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 近年,マイクロエレクトロニクス,バイオテクノロジー等のいわゆる先端技術産業が盛んになっていますが,あなたはこのような技術の進歩に伴う環境問題についてどのように思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (28.8) (ア) 先端技術産業は,今までに経験したことのない新たな環境汚染を起こすのではないかと大変心配だ
    (21.3) (イ) 先端技術産業は,今後の日本の経済を支えるものであり,ある程度の汚染はやむを得ない
    (23.0) (ウ) 先端技術産業は,環境汚染の少ないクリーンな技術であると思うので心配していない
    ( 0.4) その他
    (26.5) わからない

    Q2 〔回答票2〕 東南アジアなどの開発途上国では,経済の発展に伴い様々な環境問題が現れてきています。これらの国々と関係の深い我が国としては,企業進出や開発援助をしようとする場合にはどのように対処するのがよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (17.5) (ア) 環境問題が起こった場合は,現地の政府などが対応する
    (60.3) (イ) 環境問題が生じないように,あらかじめ我が国において十分なチェックを行う必要がある
    ( 2.1) (ウ) 企業進出や開発援助は開発途上国では必要なものであり,環境問題が起こっても特に何もしなくてよい
    ( -) その他
    (20.1) わからない

    Q3 〔回答票3〕 経済の発展と環境や自然資源の保護について,次のような意見のうちあなたのお考えに最も近いものはどれですか。
    ( 6.9) (ア) 経済の発展は,環境の保護や自然資源の保全より優先する
    (51.8) (イ) 経済の発展と環境の保護や自然資源の保全とを十分に比較・検討した上で,慎重に決めなければならない
    (27.7) (ウ) 環境の保護や自然資源の保全は,経済発展のための必要条件である
    (13.7) わからない

    Q4 〔回答票4〕 自然と人間との関係について,あなたのお考えに最も近いものはどれですか。
    (35.7) (ア) 人工的な手を加えることなく,生物や自然は生の営みのままにまかせる
    (45.4) (イ) 生物や自然の営みに従いつつ,人間の役に立つよう利用する
    (10.9) (ウ) 人間が生物や自然をコントロールする
    ( 8.0) わからない

    Q5(1) 〔回答票5〕 次に示すそれぞれの環境問題について,あなたはどの程度心配に思いますか。この中ではどうでしょうか。(1)野生の動植物の種類の減少
    (26.2) (ア) 大変心配である
    (50.9) (イ) ある程度心配である
    (16.7) (ウ) あまり心配はない
    ( 2.3) (エ) 全く心配はない
    ( 3.9) わからない

    Q5(2) 〔回答票5〕 (2)熱帯林の減少や砂漠化など自然資源の減少
    (29.8) (ア) 大変心配である
    (40.7) (イ) ある程度心配である
    (16.9) (ウ) あまり心配はない
    ( 2.8) (エ) 全く心配はない
    ( 9.9) わからない

    Q5(3) 〔回答票5〕 (3)石炭,石油等の消費に伴う二酸化炭素の増加による気象変動
    (32.0) (ア) 大変心配である
    (42.1) (イ) ある程度心配である
    (14.4) (ウ) あまり心配はない
    ( 2.2) (エ) 全く心配はない
    ( 9.4) わからない

    Q5(4) 〔回答票5〕 (4)スプレーなどに使われるフロンガスの使用に伴うオゾン層の破壊
    (29.2) (ア) 大変心配である
    (38.3) (イ) ある程度心配である
    (17.0) (ウ) あまり心配はない
    ( 2.2) (エ) 全く心配はない
    (13.3) わからない

    Q5(5) 〔回答票5〕 (5)開発途上国の大気汚染や水質汚濁などの公害・環境問題
    (28.5) (ア) 大変心配である
    (45.4) (イ) ある程度心配である
    (13.8) (ウ) あまり心配はない
    ( 2.0) (エ) 全く心配はない
    (10.3) わからない

    Q5(6) 〔回答票5〕 (6)酸性雨による森林の枯死や湖水の酸性化
    (35.6) (ア) 大変心配である
    (38.4) (イ) ある程度心配である
    (13.6) (ウ) あまり心配はない
    ( 1.7) (エ) 全く心配はない
    (10.7) わからない

    Q6 〔回答票6〕 あなたは,こうした地球的規模の環境問題に対して何か協力をしたいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 7.9) (ア) 国連や政府に対策を働きかける運動に参加・協力したい
    ( 7.3) (イ) 民間団体の援助活動などに少しでもお金を出したい
    (44.2) (ウ) フロンガスを使ったスプレーの使用を控えるなど,自分の身の回りの生活に注意したい
    (32.0) (エ) 特に何かしようとは思わない
    ( 0.3) その他
    ( 8.3) わからない

    Q7 〔回答票7〕 地球的規模の環境問題に対して,我が国はどのように対応したらよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (35.3) (ア) 率先して積極的な対応をすべきだ
    (34.7) (イ) 他の先進国なみの対応をすべきだ
    (11.6) (ウ) 国連等の国際機関の対応に適宜協力する程度でよい
    ( 4.5) (エ) 特に力を入れる必要はない
    ( 0.0) その他
    (13.8) わからない

    Q8  絶滅のおそれのある貴重な野生生物やその製品の不正な取引が問題になっていますが,あなたは,装飾品やペットの中に輸入や取引が規制されているものがあることを知っていますか。
    (73.2) 知っている
    (26.8) 知らない

    Q9 〔回答票8〕 取引が規制されている野生生物が装飾品やペットとして売られていますが,あなたはこのような製品を買うことがありますか。この中ではどうでしょうか。
    (81.9) (ア) そのようなものは買わない
    ( 6.6) (イ) 取引が規制されている製品だとわかる場合は,気をつけて買わないようにしている
    ( 6.7) (ウ) 特に気にしていないので,知らずに買っている可能性がある
    ( 0.4) (エ) 珍しい動植物や,それらから作られた製品は,財産的価値が高いので積極的に買っている
    ( 0.0) その他
    ( 4.3) わからない

    Q10 〔回答票9〕 あなたは日常生活で,公害防止や自然保護等の環境を守るために気をつけていますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 9.4) (ア) 非常に気をつけている
    (57.5) (イ) どちらかと言えば気をつけている
    (24.5) (ウ) どちらかと言えば気をつけていない
    ( 6.4) (エ) 全然気をつけていない
    ( 2.3) わからない

    Q11  あなたは,最近5年間に公害防止や自然保護などの環境を守るための活動に参加したり,協力したことがありますか。
    (17.8) ある
    (80.1) ない
    ( 2.1) わからない

    Q12 〔回答票10〕 今後,公害防止や自然保護などの環境を守るための活動に参加したり,協力したいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 8.6) (ア) 積極的に参加・協力したい
    (57.7) (イ) どちらかと言えば参加・協力したい
    (19.4) (ウ) どちらかと言えば参加・協力したくない
    ( 5.2) (エ) 全然参加・協力したくない
    ( 9.2) わからない

    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (46.2)
    (53.8)

    F2  あなたの年齢は満でおいくつですか。
    ( 5.6) 20〜24歳
    ( 7.4) 25〜29歳
    (23.5) 30〜39歳
    (21.8) 40〜49歳
    (20.4) 50〜59歳
    (14.0) 60〜69歳
    ( 7.2) 70歳以上

    F3 〔回答票11〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中も卒業とみなす)
    (30.1) (ア) 小・高小・新中卒
    (48.7) (イ) 旧中・新高卒
    (20.2) (ウ) 旧高・高専・大卒
    ( 1.0) 不明

    F4  あなたの御職業は何ですか。(具体的に記入の上,該当する項目に○をつける)
    <自営業者>
    ( 5.2) 農林漁業
    (10.5) 商工サービス業
    ( 1.0) 自由業
    <家族従業者>
    ( 2.8) 農林漁業
    ( 3.7) 商工サービス・自由業
    <被傭者>
    ( 2.1) 管理職
    ( 0.6) 専門技術職
    (16.2) 事務職
    (20.6) 労務職
    <無職>
    (26.0) 主婦
    ( 1.1) 学生
    (10.2) その他の無職

    F5  〔居住形態〕(調査員判断)
    (77.1) 一戸建て
    (22.9) 共同住宅

    F6  〔居住地区〕(調査員判断)
    (19.3) 住宅の多い地区(密集地区)
    (46.4) 住宅の多い地区(その他)
    (10.0) 商店その他の事業所の多い地区
    ( 2.0) 工場の多い地区
    (22.2) 農山漁村地区
    ( 0.0) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和62年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)