世論調査

「交通安全に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和62年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    交通安全に関する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)交通事故に対する不安
    (2)交通取締りに対する意識
    (3)交通安全教育についての考え方
    (4)交通情報に関する要望
    (5)交通安全対策に関する要望

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和62年11月12日〜昭和62年11月22日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,368人(78.9%)
    (2) 調査不能数(率) 632人(21.1%)

    −不能内訳−
    転居 79 長期不在 54 一時不在 233
    住所不明 18 拒否 195 その他
    53

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたは,ふだん道を歩いている時に,自分が交通事故にあいはしないかと不安に思うことがかなりありますか,時々ありますか,そういうことは別にありませんか。
    (14.7) かなりある
    (51.5) 時々ある
    (33.8) 別に(ほとんど)ない

    Q2 〔回答票1〕 歩行者として不満に思っていること,困っていることがありますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (23.6) (ア) 歩道が少ない
    (35.6) (イ) 歩道が歩きにくい(幅が狭い,段差が多い,障害物が多い等)
    (10.4) (ウ) 横断歩道が少ない
    (13.7) (エ) 照明,歩行者用信号機が少ない
    (26.6) (オ) 自転車が歩道を通り危ない
    ( 5.7) (カ) 歩道橋を渡らなければならないことが多い
    (30.8) (キ) 運転の乱雑な人が多い
    (31.5) (ク) 規則やマナーを守らない歩行者や自転車が多い
    ( 8.7) (ケ) 標識が見にくい,わかりにくい
    (15.6) (コ) 住宅地域に入る車が多すぎる
    ( 2.8) その他
    (15.5) 特にない
    ( 1.3) わからない
    (M.T.=221.9)


    Q3 〔回答票2〕 あなたは,どんな種類の運転免許をお持ちですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    ( 5.0) (ア) 大型免許 →SQ2へ
    (50.3) (イ) 普通免許 →SQ2へ
    (11.3) (ウ) 自動二輪免許 →SQ1へ
    ( 3.7) (エ) 原動機付自転車免許 →Q4へ
    ( 1.2) (オ) 大型特殊免許(ブルドーザーなど) →Q4へ
    ( 0.2) (カ) 小型特殊免許(耕運機など) →Q4へ
    (39.6) 免許を持っていない →Q4へ
    (M.T.=111.4)


    〔Q3で(ウ)を答えた者に〕
    SQ1 〔回答票3〕 あなたは,日頃どのくらいオートバイを運転しますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=268)
    (15.3) (ア) ほとんど毎日 →Q4へ
    (10.4) (イ) 週に2〜3日 →Q4へ
    ( 9.3) (ウ) 月に1〜4日 →Q4へ
    (64.9) (エ) ほとんど(全く)運転しない →Q4へ

    〔Q3で(ア),(イ)を答えた者に〕
    SQ2 〔回答票3〕 あなたは,日頃どのくらい自動車を運転しますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,311)
    (63.4) (ア) ほとんど毎日 →SQ3へ
    (16.9) (イ) 週に2〜3日 →SQ3へ
    ( 9.1) (ウ) 月に1〜4日 →SQ3へ
    (10.6) (エ) ほとんど(全く)運転しない →Q4へ

    〔SQ2で(ア),(イ),(ウ)を答えた者に〕
    SQ3  あなたは,ふだん自動車を運転していて,事故にあいはしないかと不安に思うことがかなりありますか,時々ありますか,そういうことは別にありませんか。
    (N=1,172)
    (18.2) かなりある
    (64.2) 時々ある
    (17.7) 別に(ほとんど)ない

    SQ4 〔回答票4〕 運転者として交通安全上不満に思っていることは何ですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=1,172)
    (44.3) (ア) 道路が狭い
    (12.2) (イ) 中央分離帯,ガードレール,照明等の安全施設が不十分である
    (55.1) (ウ) 規則やマナーを守らない歩行者や自転車が多い
    (35.1) (エ) 運転の乱雑・悪質な人が多い
    (19.6) (オ) 技術の未熟な運転者が多い
    (11.4) (カ) 案内標識が少ない
    (15.8) (キ) 道路標識や道路標示が見にくい,わかりにくい
    (12.9) (ク) 交差点で右折しにくい
    (31.8) (ケ) 渋滞が多い
    (34.5) (コ) 駐車が困難である
    ( 3.4) その他
    ( 4.1) 特にない
    ( 2.6) わからない
    (M.T.=282.8)


    Q4  現在の交通取締り一般についてはどう思いますか。もっと厳しくすべきだと思いますか,現在程度でよいと思いますか,それとも厳しすぎると思いますか。
    (25.6) もっと厳しくすべきだ
    (59.3) 現在程度でよい
    ( 7.6) 厳しすぎる
    ( 7.5) わからない

    Q5 〔回答票5〕 今後,シートベルトの着用についてどうすべきだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (12.1) (ア) 非着用に対する罰則の強化
    (10.9) (イ) 後部座席の者にも着用の義務化
    ( 8.7) (ウ) 子供もチャイルドシートに乗せる
    (11.1) (エ) シートベルト着用キャンペーンの強化
    (58.1) (オ) 今のままでよい
    ( 3.2) その他
    ( 8.4) わからない
    (M.T.=112.5)


    Q6  事故の間接原因となる違法駐車の取締りについてどう思いますか。もっと厳しくすべきだと思いますか,現在程度でよいと思いますか,それとも厳しすぎると思いますか。
    (41.8) もっと厳しくすべきだ
    (45.6) 現在程度でよい
    ( 6.2) 厳しすぎる
    ( 6.4) わからない

    Q7 〔回答票6〕 暴走族対策についてどうすればいと思いますか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (17.2) (ア) 学校における教育・指導の徹底
    (31.4) (イ) 家庭における教育・指導の徹底
    (48.6) (ウ) 取締りの強化
    (40.5) (エ) 厳しい処罰
    (11.7) (オ) 夜間通行禁止,中央分離帯の設置等の暴走しにくい道路交通環境の整備
    (17.4) (カ) 車両の不正改造等の防止のため自動車整備業者,部品販売店への指導の強化
    ( 7.1) (キ) 暴走族追放のための広報活動の推進
    ( 0.7) その他
    ( 5.4) わからない
    (M.T.=180.0)


    Q8 〔回答票7〕 交通情報の提供方法についてはどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 4.7) (ア) 電話サービスを充実する
    (14.1) (イ) 常時,必要な情報が聴ける放送局を設ける
    (27.5) (ウ) ラジオ,テレビの放送回数を増やす
    (10.3) (エ) 情報板の数を増やす
    (31.3) (オ) 現状でよい
    ( 0.1) その他
    (12.0) わからない

    Q9 〔回答票8〕 幼児を交通事故から守るための交通安全教育や指導の中で,あなたが大切だと思うのはどのようなことですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (67.1) (ア) 家庭における交通安全教育
    (45.2) (イ) 保育所・幼稚園で,幼児に行う交通安全教育
    (27.0) (ウ) 保育所・幼稚園で,保護者に行う交通安全指導
    ( 9.2) (エ) 自治会,町内会などで行う交通安全教育・指導
    (33.5) (オ) 運転する人に対して行う交通安全指導
    ( 0.4) その他
    ( 2.5) わからない
    (M.T.=185.0)


    Q10 〔回答票9〕 高齢者を交通事故から守るための交通安全指導の中で,あなたが大切だと思うのはどのようなことですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (39.6) (ア) 家庭における話し合い
    (50.6) (イ) 老人クラブなどの団体で,高齢者に行う交通安全指導
    (17.7) (ウ) 自治会,町内会などで行う交通安全指導
    (42.4) (エ) 運転する人に対して行う交通安全指導
    ( 1.7) その他
    ( 3.5) わからない
    (M.T.=155.5)


    Q11 〔回答票10〕 高齢者の運転免許についてどう思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (31.3) (ア) 一定の年齢で制限する
    (49.7) (イ) 免許更新時に視力,聴力,運動能力などの衰えを把握できるように厳密な検査をする
    (15.9) (ウ) 免許更新期間を短縮する
    ( 3.5) (エ) 高齢者の特例を設け,免許を取りやすくする
    (20.6) (オ) 今のままでよい
    ( 0.4) その他
    ( 5.6) わからない
    (M.T.=126.9)


    Q12 〔回答票11〕 高齢者の歩行中や自転車乗用中の事故を防ぐためには,どうすべきだと思いますか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (43.3) (ア) 高齢者への交通安全指導の強化
    (30.7) (イ) 高齢者を保護するよう運転する人への指導の強化
    (33.5) (ウ) 歩道,自転車道の整備
    (17.3) (エ) 照明,歩行者用信号機等の交通安全施設の整備
    (18.9) (オ) 歩行者優先の生活道路の建設
    (14.8) (カ) 高齢者の安全確保のためのシルバーゾーン設定
    (30.9) (キ) 自転車利用や夜間の歩行などを避けるよう高齢者への指導の強化
    ( 0.8) その他
    ( 3.2) わからない
    (M.T.=193.5)


    Q13 〔回答票12〕 オートバイの事故を防ぐにはどうすればよいと思いますか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (31.7) (ア) オートバイの特性,事故防止対策等についての交通安全教育を充実する
    (31.6) (イ) 高校生は事故を起こしやすいので,できるだけオートバイに乗せない
    (30.5) (ウ) 試験を難しくしたり,免許年齢を引き上げるなど免許を取りにくくする
    (16.1) (エ) 二輪車レーンの設置など道路交通環境を整備する
    (30.4) (オ) オートバイの交通規制や取締りを強化する
    (24.8) (カ) オートバイの構造上,過度のスピードが出ないようにする
    ( 0.8) その他
    ( 4.5) わからない
    (M.T.=170.5)


    Q14 〔回答票13〕 交通事故を防止するために,国や都道府県などに特に力を入れてもらいたいことは何でしょうか。このように分類した場合はどうでしょうか。3つまであげてください。(3M.A.)
    (44.1) (ア) 歩道の整備
    (20.1) (イ) 横断歩道や歩道橋の整備
    (27.6) (ウ) 自転車道の整備
    (14.6) (エ) 信号機の整備
    (10.1) (オ) その他の安全施設の整備
    (36.2) (カ) 駐車の場所の整備
    (15.6) (キ) 道路の立体化
    (14.1) (ク) 大型自動車の通行禁止
    (20.9) (ケ) 速度規制の強化
    (19.9) (コ) 交通安全教育の充実や指導の強化
    (11.9) (サ) 右折専用レーンの設置
    ( 8.6) (シ) 安全な自動車の開発,普及
    ( 0.9) その他
    ( 4.1) 特にない
    ( 2.5) わからない
    (M.T.=251.2)


    Q15 〔回答票14〕 では,このような分類の場合はどうでしょうか。交通事故を防止するために,国や都道府県などに特に力を入れてもらいたいことを,3つまであげてください。(3M.A.)
    (31.2) (ア) 一般の人に交通規則を教えたり,交通安全のための実地教育をする
    (26.6) (イ) 事故を起こした運転者の再教育に力を入れる
    (21.7) (ウ) 運転免許試験を厳しくする
    (48.1) (エ) 悪質な違反をしたり,重大な事故を起こした運転者は免許を取り上げるなど,違反者の処罰を強化する
    (53.6) (オ) スピード違反や無免許運転,酔っぱらい運転など重い交通違反を厳しく取り締まる
    (13.9) (カ) 徐行違反,一時停止違反や駐車違反など一般的な交通違反を厳しく取り締まる
    (12.2) (キ) 交通違反に対する罰金や反則金を高くする
    (21.9) (ク) 警察官を多く街頭に出して,交通整理・指導を行う
    (13.7) (ケ) 運転者を使っている事業主の監督を厳重にする
    ( 0.5) その他
    ( 3.4) 特にない
    ( 2.3) わからない
    (M.T.=249.1)


    Q16 〔回答票15〕 交通対策全般の中で,重点的に進めたら良いと思うものは何ですか。この中から2つまであげてください。(2M.A.)
    (65.2) (ア) 交通安全対策
    (23.1) (イ) 交通公害対策
    (50.2) (ウ) 交通の円滑化対策
    (21.1) (エ) 都市交通対策
    ( 0.4) その他
    ( 6.4) わからない
    (M.T.=166.3)


    <フェース・シート>
    F1  〔性〕
    (47.0)
    (53.0)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 6.6) 20〜24歳
    ( 7.0) 25〜29歳
    ( 9.9) 30〜34歳
    (12.8) 35〜39歳
    (11.3) 40〜44歳
    (11.3) 45〜49歳
    (10.8) 50〜54歳
    ( 9.0) 55〜59歳
    ( 7.9) 60〜64歳
    ( 6.1) 65〜69歳
    ( 7.2) 70歳以上

    F3 〔回答票16〕 〔学歴〕あなたが,最後に卒業された学校はどれですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    (29.4) (ア) 小・旧高小・新中卒
    (51.5) (イ) 旧中・新高卒
    (17.7) (ウ) 旧高専・大卒
    ( 1.3) 不明

    F4  〔職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入の上,下の該当する番号に○をする。)
    <自営者>
    ( 4.1) 農林漁業
    (10.9) 商工サービス業
    ( 1.4) 自由業
    <被傭者>
    ( 1.8) 管理職
    ( 0.4) 専門技術職
    (16.2) 事務職
    (20.6) 労務職
    <家族従業者>
    ( 2.2) 農林漁業
    ( 4.5) 商工サービス業
    ( 0.1) 自由業
    <無職>
    (26.1) 無職の主婦
    ( 1.6) 学生
    (10.1) その他の無職

    F5  〔居住地区〕(調査員判断)
    (66.1) 住宅の多い地区
    (12.4) 商店その他の事業所の多い地区
    (20.8) 農山漁村地区
    ( 0.7) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和62年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)