世論調査

「エイズに関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和62年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    エイズに対する国民の意識を調査し,今後のエイズの関係施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)エイズについての見聞き
    (2)エイズについての知識
    (3)エイズの感染に対する認識
    (4)エイズ対策

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 10,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和62年5月20日〜昭和62年6月2日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 7,971人(79.7%)
    (2) 調査不能数(率) 2,029人(20.3%)

    −不能内訳−
    転居 208 長期不在 214 一時不在 727
    住所不明 72 拒否 748 その他
    60

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  エイズウイルスに侵されることにより,健康を保つために必要な身体の抵抗力が壊されてしまう病気があります。このエイズという病気のことを今までに見聞きしたことがありますか。
    (96.1) ある →SQへ
    ( 2.6) ない →フェース・シートへ
    ( 1.2) わからない →フェース・シートへ

    SQ 〔回答票1〕 それは何によって見聞きしましたか。この中からいくつでも選んでください。(M.A.)
    (N=7,663)
    (96.4) (ア) テレビ
    (82.3) (イ) 新聞
    (22.2) (ウ) ラジオ
    (31.3) (エ) 週刊誌
    ( 6.0) (オ) ポスター
    ( 7.6) (カ) パンフレット
    (17.4) (キ) 人づてに聞く
    ( 0.6) その他
    ( 0.1) わからない
    (M.T.=263.8)


    Q2 〔回答票2〕 今後,我が国でもエイズ患者が増加していくと思いますか,それともそうは思いませんか。
    (N=7,663)
    (17.1) (ア) 非常に増加する
    (55.2) (イ) やや増加する
    (15.9) (ウ) あまり増加しない
    ( 1.4) (エ) ほとんど(全く)増加しない
    (10.5) わからない

    Q3(1) 〔回答票3〕 エイズは次のようなことによって感染すると思いますか,それともそうは思いませんか。((1)〜(6)まで順に質問する)(1)患者や感染者の咳やくしゃみを吸い込む
    (N=7,663)
    (12.6) (ア) そう思う
    (75.9) (イ) そうは思わない
    (11.5) わからない

    Q3(2) 〔回答票3〕 (2)患者や感染者と握手する
    (N=7,663)
    ( 3.3) (ア) そう思う
    (88.3) (イ) そうは思わない
    ( 8.5) わからない

    Q3(3) 〔回答票3〕 (3)患者や感染者と職場や学校で一緒に過ごす
    (N=7,663)
    ( 7.0) (ア) そう思う
    (82.0) (イ) そうは思わない
    (10.9) わからない

    Q3(4) 〔回答票3〕 (4)患者や感染者と性行為をする
    (N=7,663)
    (95.2) (ア) そう思う
    ( 0.9) (イ) そうは思わない
    ( 3.9) わからない

    Q3(5) 〔回答票3〕 (5)患者や感染者と風呂,トイレを共用する
    (N=7,663)
    (29.8) (ア) そう思う
    (53.6) (イ) そうは思わない
    (16.5) わからない

    Q3(6) 〔回答票3〕 (6)患者や感染者を刺した蚊に刺される
    (N=7,663)
    (52.2) (ア) そう思う
    (27.4) (イ) そうは思わない
    (20.4) わからない

    Q4 〔回答票4〕 将来,ご自分がエイズに感染する不安がありますか。それともありませんか。
    (N=7,663)
    ( 1.1) (ア) 大変不安がある
    (13.1) (イ) ある程度の不安はある
    (27.1) (ウ) あまり不安はない
    (55.3) (エ) 全く不安はない
    ( 3.4) わからない

    Q5 〔回答票5〕 万一,仮にあなたの配偶者がエイズに感染したら,あなたはどうすると思いますか。
    (N=7,663)
    (29.3) (ア) 従来と同様の生活をする
    (27.7) (イ) 同居するが,生活を区分する
    ( 9.6) (ウ) 直ちに別居する
    ( 4.0) (エ) 離婚する
    ( 0.4) その他
    (29.0) わからない

    Q6(1) 〔回答票6〕 エイズに関する次の見方にあなたは同感しますか,それとも同感しませんか。((1)〜(3)まで順に質問する)(1)エイズは外国の病気であり,日本人には関係ない
    (N=7,663)
    ( 7.1) (ア) 同感する
    (87.7) (イ) 同感しない
    ( 5.2) わからない

    Q6(2) 〔回答票6〕 (2)エイズは一部の特定の人だけがかかる病気である
    (N=7,663)
    (25.9) (ア) 同感する
    (65.3) (イ) 同感しない
    ( 8.8) わからない

    Q6(3) 〔回答票6〕 (3)エイズは感染力が弱い病気だから通常の生活の中では感染しない
    (N=7,663)
    (59.6) (ア) 同感する
    (25.3) (イ) 同感しない
    (15.1) わからない

    Q7 〔回答票7〕 エイズ対策として,あなたが必要と思われることはなんですか。この中からいくつでもあげてください。(M.A.)
    (N=7,663)
    (71.1) (ア) 感染予防薬,治療薬等の研究開発
    (23.1) (イ) 患者や感染者の隔離
    (35.5) (ウ) 医師による患者や感染者の届出
    (72.0) (エ) 正しい知識の普及
    (31.1) (オ) 患者や感染者のプライバシーの保護
    (22.8) (カ) 全国民に対する検査義務付け
    (28.4) (キ) 患者や感染者(外国人)の我が国への入国制限
    (19.4) (ク) 匿名検査の導入
    ( 0.5) その他
    ( 4.2) わからない
    (M.T.=307.8)


    <フェース・シート>ご意見をおうかがいするのはこれで終わりですが,この結果を統計的に分析するために,あなたご自身のことについて少しおたずねします。
    F1  〔性別〕
    (45.9)
    (54.1)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 4.4) 20〜24歳
    ( 6.2) 25〜29歳
    ( 8.7) 30〜34歳
    (13.6) 35〜39歳
    (11.9) 40〜44歳
    (11.3) 45〜49歳
    (11.9) 50〜54歳
    (10.2) 55〜59歳
    ( 8.0) 60〜64歳
    ( 6.4) 65〜69歳
    ( 7.2) 70歳以上

    F3 〔回答票8〕 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどれですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    ( 5.0) (ア) 小卒
    (29.0) (イ) 旧高小・新中卒
    (47.3) (ウ) 旧中・新高卒
    (18.1) (エ) 旧高専・大,新大卒
    ( 0.6) 不明

    F4  〔本人職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入して下の該当する項目に○をつける)
    <自営者>
    ( 4.4) 農林漁業
    (10.0) 商工サービス業
    ( 0.9) 自由業
    <被傭者>
    ( 2.4) 管理職
    ( 0.8) 専門・技術職
    (16.2) 事務職
    (21.8) 労務職
    <家族従業者>
    ( 3.3) 農林漁業
    ( 4.9) 商工サービス業
    ( 0.2) 自由業
    <無職>
    (23.8) 無職の主婦
    ( 0.7) 学生
    (10.6) その他の無職

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和62年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)