世論調査

「婦人に関する世論調査(II)」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和59年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    婦人に関する意識の現状と推移を把握し,婦人関係諸施策立案のための基礎資料とする。

  • 調査項目
    (1)関心,生きがい
    (2)職業
    (3)社会活動,その他

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の女性
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化二段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和59年9月27日〜10月3日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,397人(79.9%)
    (2) 調査不能数(率) 603人(20.1%)

    −不能内訳−
    転居 54 長期不在 51 一時不在 216
    住所不明 9 拒否 254 その他
    19

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたは,現在職業をおもちですか。パートタイムや内職の仕事も「職業」に入ります。
    (54.7) もっている
    (45.3) もっていない

    SQ  どのような職業ですか。具体的に
    <自営者>
    ( 1.7) 農林漁業 →Q2へ
    ( 3.9) 商工サービス業 →Q2へ
    ( 1.1) 自由業 →Q2へ
    <内職>
    ( 5.5) 内職 →Q2へ
    <家族従業者>
    ( 5.5) 農林漁業 →Q2へ
    ( 8.5) 商工サービス・自由業 →Q2へ
    <被傭者>
    ( 0.1) 管理職 →Q3へ
    ( 0.1) 専門技術職 →Q3へ
    (11.5) 事務職 →Q3へ
    (16.9) 労務職 →Q3へ
    <無職>
    (40.8) 主婦 →Q7へ
    ( 0.9) 学生 →Q7へ
    ( 3.6) その他 →Q7へ

    Q2  あなたのふだん1日の働く時間はどの位ですか。
    (N=628)
    (18.8) 4時間未満 →Q4へ
    (25.6) 4時間以上6時間未満 →Q4へ
    (23.7) 6時間以上8時間未満 →Q4へ
    (31.8) 8時間以上 →Q4へ

    Q3  あなたの勤務時間はパートタイムですか,フルタイムですか。
    (N=684)
    (34.2) パートタイム →SQ1へ
    (65.8) フルタイム →SQ1へ

    SQ1  あなたは,今の職場で何か悩んでいることや不満に思っていることがありますか。
    (N=684)
    (29.7) ある →SQ2へ
    (70.3) ない →Q4へ

    SQ2  それは,どのようなことですか。(F.A.)(M.A.)
    (N=203)
    ( 8.9) 残業が多い
    (16.3) 休みがとれない
    (22.7) 疲れる
    (30.5) 給料が安い
    (23.6) 人間関係
    ( 8.4) 男女差別
    ( 5.9) 上司の無理解
    ( 4.9) 仕事がむかない
    ( 2.5) 深夜業・残業についての法制上の制約
    (15.8) その他
    ( 1.5) わからない
    (M.T.=140.9)


    Q4 〔回答票1〕 今のあなたのお仕事はやりがいのある仕事だと思いますか,それともやりがいのない仕事だと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,312)
    (44.7) (ア) やりがいのある仕事
    (24.4) (イ) まあやりがいのある仕事
    (21.5) (ウ) どちらともいえない
    ( 6.9) (エ) あまりやりがいのない仕事
    ( 1.6) (オ) やりがいのない仕事
    ( 1.0) わからない

    Q5  あなたが今の仕事を続けていく上で,何か障害を感じていますか。
    (N=1,312)
    (28.2) 感じている →SQへ
    (69.1) 感じていない →Q6へ
    ( 2.7) わからない →Q6へ

    SQ 〔回答票2〕 一番大きな障害はどのようなことでしょうか。この中ではどうでしょうか。
    (N=370)
    ( 1.9) (ア) 職場に結婚退職,出産退職の制度や慣行がある
    ( 4.6) (イ) 保育施設が整備されていない
    ( 3.0) (ウ) 家族の同意,協力が得にくい
    (12.7) (エ) 賃金,仕事の内容などの面で,男性と同等の待遇がされていない
    (16.2) (オ) 仕事がきつい,仕事がむいていない
    ( 3.8) (カ) 職場の人間関係がうまくいかない
    (22.4) (キ) 自分の健康が思わしくない
    (30.8) その他
    ( 4.6) わからない

    Q6  あなたは,将来もずっと職業についていたいと思いますか,当分の間は続けたいと思いますか,それともやめたいと思いますか。
    (N=1,312)
    (57.4) 将来もずっと続けたい →Q9へ
    (34.2) 当分の間は続けたい →SQへ
    ( 5.0) やめたい →SQへ
    ( 3.4) わからない →Q9へ

    SQ 〔回答票3〕 将来,再就職したいと思いますか,したいと思いませんか。
    (N=515)
    (22.5) (ア) 再就職したい →Q9へ
    (41.4) (イ) 再就職はしたくない →Q9へ
    ( 3.7) (ウ) 自分で事業をしたい →Q9へ
    ( 3.9) (エ) 内職をしたい →Q9へ
    ( 8.2) (オ) 家業の手伝いをしたい →Q9へ
    (20.4) わからない →Q9へ

    Q7  では,以前に職業(アルバイトは除く)をもっていたことがありますか。
    (N=1,085)
    (71.5) ある →SQ1へ
    (28.5) ない →Q8へ

    SQ1  それは,どのような職業でしたか。具体的に
    (N=776)
    <自営者>
    ( 1.2) 農林漁業
    ( 3.7) 商工サービス業
    ( 0.6) 自由業
    <内職>
    ( 1.9) 内職
    <家族従業者>
    ( 4.8) 農林漁業
    ( 3.2) 商工サービス・自由業
    <被傭者>
    ( 0.1) 管理職
    ( 0.4) 専門技術職
    (49.0) 事務職
    (35.1) 労務職

    SQ2 〔回答票4〕 職業をやめた一番大きな理由はなんでしょうか。この中ではどうでしょうか。
    (N=776)
    ( 8.4) (ア) 職場に結婚退職,出産退職の制度や慣行があった
    ( 0.6) (イ) 保育施設が整備されていなかった
    ( 2.4) (ウ) 家族の同意,協力が得にくかった
    ( 0.6) (エ) 賃金,仕事の内容などの面で,男性と同等の待遇がされていなかった
    ( 1.4) (オ) 仕事がきつかった,仕事がむいていなかった
    ( 0.5) (カ) 職場の人間関係がうまくいかなかった
    ( 8.5) (キ) 自分の健康が思わしくなかった
    (12.2) (ク) 年をとった,定年になった
    (49.7) (ケ) 出産や結婚のためにやめた
    (14.7) その他
    ( 0.8) わからない

    Q8  あなたは,今後職業をもちたいと思いますか,もちたいとは思いませんか。
    (N=1,085)
    (37.2) もちたい →SQ1へ
    (52.5) もちたくない →Q9へ
    (10.2) わからない →Q9へ

    SQ1  お勤めをしたいのですか,それともご自分で事業をしたいのですか。
    (N=404)
    (12.1) 自営者 →Q9へ
    ( 8.4) 内職 →Q9へ
    ( 1.5) 家族従業者 →Q9へ
    (74.3) 被傭者 →SQ2へ
    ( 3.7) わからない →Q9へ

    SQ2  勤務時間としては,パートタイムがよいですか,フルタイムがよいですか。
    (N=300)
    (62.3) パートタイム
    (27.0) フルタイム
    ( 7.3) どちらでもよい
    ( 3.3) わからない

    (全員に)
    Q9  今の日本では,女性が職業をもつのに必要な条件は整っていると思いますか,整っていないと思いますか。
    (24.6) 整っている →Q10へ
    (47.2) 整っていない →SQへ
    (28.2) わからない →Q10へ

    SQ  それは,どのようなことですか。具体的にお聞かせ下さい。(F.A.)(M.A.)
    (N=1,132)
    (22.8) 労働時間,休暇など
    (33.2) 給料,仕事の差別
    (13.7) 適職が少ない
    ( 0.8) 職業訓練機会の不足
    ( 2.5) 福利厚生施設の不備・不足
    (18.9) 保育施設の不備・不足
    (11.7) 年齢の制限
    (36.0) 家事・育児
    ( 2.5) 親の看護
    ( 5.1) 家族の無理解
    ( 2.0) 女性の無自覚
    ( 8.7) 男性の無理解
    ( 4.2) その他
    ( 2.9) わからない
    (M.T.=165.0)


    Q10  あなたは,現在「生きがい」といえるようなものを何かおもちですか。
    (73.9) もっている →SQへ
    (26.1) もっていない →Q11へ

    SQ  それはどんなことですか。(F.A.)(M.A.)
    (N=1,771)
    (26.0) 趣味
    (49.0) 子ども,孫
    ( 5.4) 夫(恋人)
    (16.8) 自分の職業(仕事)
    (18.3) 家族・家庭
    ( 0.7) 恋愛・結婚
    ( 1.5) マイホームの建築
    ( 2.5) 家事
    ( 2.0) 市民活動,社会奉仕などの社会参加
    ( 2.9) 宗教活動
    ( 1.9) 学習
    ( 3.8) 友人
    ( 2.5) その他
    ( 1.0) わからない
    (M.T.=134.3)


    Q11  あなたは,現在何か学んだり習ったりしていらっしゃいますか。
    (28.7) している →SQへ
    (71.3) していない →Q12へ

    SQ  それは,どのようなことですか。(F.A.)(M.A.)
    (N=687)
    (26.8) 和裁,洋裁,編物,手芸など
    (32.9) お茶,お花,舞踊,詩吟など
    ( 6.3) 料理
    (22.9) 音楽,絵画,書道,文芸など
    ( 2.6) 理容,美容,着付など
    (19.8) スポーツ
    ( 2.2) コンピュータ関係,タイプ,簿記など
    ( 2.9) 英語などの外国語
    ( 3.3) 人文・社会・自然科学などの学習
    ( 7.0) その他
    ( 0.1) わからない
    (M.T.=126.8)


    Q12  (現在やっているものも含めて)今後何か学んだり習ったりしたいと思うものがありますか。〔注:Q11で「している」と答えた者には,質問の最初に「現在やっているものも含めて」という言葉をつける。〕
    (58.7) ある →SQ1へ
    (41.3) ない →Q13へ

    SQ1  それは,どのようなことですか。(F.A.)(M.A.)
    (N=1,408)
    (33.1) 和裁,洋裁,編物,手芸など
    (24.0) お茶,お花,舞踊,詩吟など
    (10.0) 料理
    (24.0) 音楽,絵画,書道,文芸など
    ( 5.3) 理容,美容,着付など
    (18.0) スポーツ
    ( 4.5) コンピュータ関係,タイプ,簿記など
    ( 5.9) 英語などの外国語
    ( 2.8) 人文・社会・自然科学などの学習
    ( 6.6) その他
    ( 3.1) わからない
    (M.T.=137.4)


    SQ2 〔回答票5〕 あなたがそれを学んだり習ったりしたいのはどのような理由からですか。(M.A.)
    (N=1,408)
    ( 6.5) (ア) 現在やっている仕事に役立てるため
    ( 8.4) (イ) 将来仕事につく時のため
    (29.6) (ウ) 日常生活に役立てるため
    (54.8) (エ) 趣味を豊かにするため
    (20.5) (オ) 教養を身につけるため
    (11.9) (カ) 精神修養のため
    (26.0) (キ) 健康のため
    ( 6.0) その他
    ( 0.4) わからない
    (M.T.=164.1)


    SQ3  どういう方法で,それを学んだり習ったりしたいと思いますか。(F.A.)(M.A.)
    (N=1,408)
    ( 0.5) 大学や短大へ行く
    ( 7.1) 専修学校や各種学校へ行く
    ( 5.0) 通信教育(講座)をうける
    ( 1.1) 職業訓練校や企業が行う訓練をうける
    (17.3) 婦人学級・老人学級・婦人団体などの講座に参加する
    (11.7) カルチャーセンターなどの講座に参加する
    (27.4) 個人教授につく
    (25.7) 同好会,サークルなどに参加する
    (13.6) 友人と集まってする
    ( 9.7) 独学(ラジオ,テレビ,本などで)
    ( 3.0) その他
    ( 4.0) わからない
    (M.T.=126.2)


    Q13  育児についてお伺いします。あなたは,未就学児を保育所または幼稚園に入れるとしたら,どちらがよいと思いますか。
    (34.2) 保育所 →SQへ
    (45.4) 幼稚園 →SQへ
    ( 1.6) どちらにも通わせない →Q14へ
    (18.9) わからない →Q14へ

    SQ 〔回答票6〕 それはどのような理由からですか。この中では,どうでしょうか。(M.A.)
    (N=1,907)
    (16.3) (ア) 遊び場や遊び友達が不足しているから
    ( 9.3) (イ) 社会環境の変化に伴い家庭での教育が不十分になったため
    (25.6) (ウ) 基本的生活習慣を身につけさせるため
    (54.8) (エ) 集団生活を体験させ,社会性を身につけさせるため
    (15.4) (オ) 小学校へ入学するとき学習等の面で有利だから
    ( 6.7) (カ) 皆が行かせるから
    (21.8) (キ) 母親が仕事をするため
    ( 7.4) その他
    ( 2.0) わからない
    (M.T.=159.5)


    Q14  子供のしつけ方についてお伺いします。あなたは,男の子にも女の子と同様に,簡単な食事をつくったり,ボタンつけ程度の身のまわりのことができるようにしつける方がよいと思いますか,それとも男の子にはそういうことは必要ではないと思いますか。
    (86.7) しつける方がよい
    ( 8.6) 必要ではない
    ( 4.7) わからない

    Q15  女の子も,将来,職業人として自立できるような教育が必要だと思いますか,一般的な教養を身につける教育でよいと思いますか。
    (68.7) 職業人としての教育が必要
    (18.6) 一般的な教養を身につける教育でよい
    (10.1) 一概にいえない
    ( 2.6) わからない

    Q16 〔回答票7〕 現在,高等学校では,女子は家庭科を必ず学ぶことになっています。あなたは,これからの高校での家庭科教育についてどのように思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (21.8) (ア) 家庭生活についての知識や技術を身につけるため,女子だけ高校で家庭科を学ぶ
    (33.0) (イ) 家庭生活についての知識や技術を身につけるため,男女とも高校で家庭科を学ぶ
    (35.0) (ウ) 高校で家庭科を学ぶかどうかは,男女とも本人の選択にまかせる
    ( 2.9) (エ) 男女とも高校で家庭科を学ぶ必要はない
    ( 7.4) わからない

    Q17  「男は仕事,女は家庭」という考え方がありますが,あなたはこの考え方に同感する方ですか,それともしない方ですか。
    (35.9) 同感する
    (41.3) 同感しない
    (22.8) どちらともいえない

    Q18 〔回答票8〕 ところで,あなたは,現在このような社会活動をしていらっしゃいますか。
    (22.8) している →SQへ
    (77.2) していない →Q19へ

    SQ 〔回答票8〕 それはどのようなことでしょうか。(M.A.)
    (N=547)
    ( 9.7) (ア) 社会福祉施設への訪問,手助け
    ( 5.5) (イ) 点訳,募金などの社会福祉施設外での奉仕活動
    ( 4.2) (ウ) 老人家庭,母子家庭,かぎっ子などの世話
    (26.5) (エ) 自治会,町内会の世話
    (45.2) (オ) 青少年グループ・子供会の世話,婦人会・PTAなどの活動
    ( 7.7) (カ) 消費者団体,生活協同組合などの活動,住民運動
    ( 2.9) (キ) 労働組合のための活動
    ( 1.6) (ク) 政党のための活動
    (12.1) (ケ) 宗教団体のための活動
    (10.4) (コ) 趣味の集まりの世話
    ( 1.1) その他
    ( 0.9) わからない
    (M.T.=127.8)


    Q19 〔回答票8〕 あなたは,今後(も)このような社会活動をしたいと思いますか,それともそういうことはしたくないと思いますか。
    (39.7) したい →SQ1へ
    (60.3) したくない →SQ2へ

    SQ1 〔回答票8〕 どのようなことをしたいと思いますか。(M.A.)
    (N=951)
    (28.3) (ア) 社会福祉施設への訪問,手助け
    (10.3) (イ) 点訳,募金などの社会福祉施設外での奉仕活動
    (15.7) (ウ) 老人家庭,母子家庭,かぎっ子などの世話
    (12.5) (エ) 自治会,町内会の世話
    (28.3) (オ) 青少年グループ・子供会の世話,婦人会・PTAなどの活動
    ( 6.5) (カ) 消費者団体,生活協同組合などの活動,住民運動
    ( 0.8) (キ) 労働組合のための活動
    ( 0.9) (ク) 政党のための活動
    ( 7.9) (ケ) 宗教団体のための活動
    (20.3) (コ) 趣味の集まりの世話
    ( 1.7) その他
    ( 5.2) わからない
    (M.T.=138.4)


    SQ2 〔回答票9〕 したくないと思うのはどのような理由からですか。(M.A.)
    (N=1,446)
    (45.4) (ア) 時間的余裕がない
    ( 6.1) (イ) 経済的余裕がない
    ( 2.7) (ウ) 家族が反対する
    (29.2) (エ) 自分に適さない
    ( 1.0) (オ) 社会活動の意義を認めない
    (21.4) (カ) 関心がない
    ( 7.7) その他
    ( 6.2) わからない
    (M.T.=119.6)


    Q20 〔回答票10〕 ところで,あなたは政治についてどの程度関心をもっていらっしゃいますか。この中ではどうでしょうか。
    ( 3.2) (ア) 非常に関心をもっている
    ( 9.1) (イ) かなり関心をもっている
    (58.7) (ウ) 多少関心をもっている
    (27.0) (エ) ほとんど(全く)関心がない
    ( 2.0) わからない

    Q21  あなたは,10年くらい前と比べて女性の政治についての意識が高くなったと思いますか,そうは思いませんか。
    (67.0) そう思う
    (18.6) そうは思わない
    (14.4) わからない

    Q22 〔回答票11〕 女性の意見を政治や行政に十分反映させるためには,どのようになれば最も効果があると思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (37.5) (ア) 国会,県議会,市町村議会に婦人議員が多くなる
    (11.6) (イ) 官公庁で女性管理職が多くなる
    (10.0) (ウ) 審議会委員などのような公職につく婦人が多くなる
    ( 8.0) (エ) 団体役員につく婦人が多くなる
    ( 1.0) その他
    (32.0) わからない

    Q23 〔回答票12〕 ところで,あなたは,今後このような公共的な仕事をしてみたいと思いますか。いくつでもあげて下さい。(M.A.)
    ( 1.0) (ア) 国会・都道府県議会・市町村議会議員
    ( 0.2) (イ) 都道府県知事,市町村長
    ( 0.3) (ウ) 公共機関の審議会委員
    ( 0.5) (エ) 官公庁の管理職
    ( 0.8) (オ) 国連など国際機関の職員
    ( 1.2) (カ) 人権擁護委員
    ( 2.7) (キ) 保護司
    ( 7.7) (ク) 民生委員・児童委員
    ( 1.7) (ケ) 家裁調停委員・参与員
    ( 1.3) (コ) 社会教育委員
    ( 0.7) (サ) 選挙管理委員
    ( 1.8) (シ) 教育委員会委員
    ( 0.1) その他
    (74.1) したいものはない
    (11.6) わからない
    (M.T.=105.7)


    Q24  主としてお宅の生活を支えていらっしゃる人(生計保持者)はあなたですか,ほかの方ですか。
    ( 7.6) 対象者本人 →Q25へ
    (92.4) 対象者本人以外 →SQへ

    SQ  仮りの話で恐れ入りますが,お宅の生活を支えていらっしゃる方が,万一倒れて働けなくなった場合,お宅では,主にどのようにして生活を支えることになると思いますか。
    (N=2,214)
    (13.8) 対象者本人の現在の職業を続ける
    ( 8.7) 対象者本人が代って家業を続ける
    (36.0) 対象者本人が働きに出る
    (16.9) 他の家族が生活を支える
    ( 5.6) 社会保障で生活する
    ( 8.1) 財産や保険金で生活する
    ( 0.5) 実家,親戚の世話になる
    ( 0.4) その他
    ( 9.9) わからない

    Q25 〔回答票13〕 あなたは,現在どの公的年金に加入していらっしゃいますか。
    (21.5) (ア) 厚生年金保険,共済組合など勤め先で加入する年金 →SQ1へ
    (56.8) (イ) 国民年金 →SQ1へ
    (19.3) 加入していない →Q26へ
    ( 2.4) わからない →Q26へ

    SQ1 〔回答票14〕 あなたは,ご自分の年金だけで老後の生活ができると思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,877)
    ( 7.1) (ア) 年金で老後の生活は大体足りる →Q26へ
    (21.8) (イ) 年金で老後の生活は半分くらいまかなえる →SQ2へ
    (36.5) (ウ) 年金は生活費の一部にあてるが,主として他の収入で暮らす →SQ2へ
    (20.9) (エ) 年金は生活費としてはあてにしていない →SQ2へ
    ( 0.1) その他 →Q26へ
    (13.6) わからない →Q26へ

    SQ2 〔回答票15〕 老後の生活設計として,年金以外には何でやっていこうと考えていますか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=1,486)
    (48.5) (ア) 貯金,恩給,財産収入
    (24.9) (イ) 自分の就労収入
    (24.8) (ウ) 夫の就労収入
    (18.8) (エ) 子供の扶養(仕送りを含む)
    ( 5.7) (オ) 年金以外の社会保障
    ( 1.1) その他
    ( 6.7) わからない
    (M.T.=130.6)


    Q26  あなたは,結婚していらっしゃいますか。
    ( 7.0) 未婚 →Q27へ
    (84.3) 既婚(有配偶) →SQ1へ
    ( 8.7) 既婚(離死別) →Q27へ

    SQ1 〔回答票16〕 あなたのご主人は,現在どの公的年金に加入していらっしゃいますか。
    (N=2,021)
    (64.3) (ア) 厚生年金保険,共済組合など勤め先で加入する年金 →SQ2へ
    (30.6) (イ) 国民年金 →SQ2へ
    ( 4.6) 加入していない →Q27へ
    ( 0.5) わからない →Q27へ

    SQ2 〔回答票17〕 あなたは,ご自分とご主人との年金を合わせたものについて,どのように考えていますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,918)
    (23.7) (ア) 年金で老後の生活は大体足りる
    (30.9) (イ) 年金で老後の生活は半分くらいまかなえる
    (23.6) (ウ) 年金は生活費の一部にあてるが,主として他の収入で暮らす
    ( 9.5) (エ) 年金は生活費としてはあてにしていない
    ( 0.1) その他
    (12.3) わからない

    Q27  現在の法律では,結婚した夫婦は同じ姓(みょうじ)を名のることになっていますが,多くの場合女性の方が姓(みょうじ)を変えています。働く婦人の中には,「姓(みょうじ)を変えると仕事をする上で不便なので,夫婦が別々の姓(みょうじ)を名のることを認めてほしい」という意見をもつ人もいます。あなたは,夫婦が別々の姓(みょうじ)を名のることを認めた方がよいと思いますか,それとも現在のように別々の姓(みょうじ)は認めない方がよいと思いますか。
    (19.4) 別姓を認める
    (57.4) 別姓を認めない
    (23.2) わからない

    Q28  あなたは,離婚した女性が結婚中の姓(みょうじ)を名のってもよいことをご存知ですか。
    (57.7) 知っている
    (42.3) 知らない

    Q29  あなたは,この10年くらいの間に日本の女性の地位は向上したと思いますか,そうは思いませんか。
    (73.1) そう思う
    (15.3) そうは思わない
    (11.6) わからない

    Q30  あなたは,「国連 婦人の十年」という言葉を見たり聞いたりしたことがありますか。
    (42.5) ある
    (47.6) ない
    ( 9.9) わからない

    Q31(1) 〔回答票18〕 「国連 婦人の十年」昭和51年から始まり,来年(昭和60年)最終年を迎えます。我が国では,この「国連 婦人の十年」の間,次のようなことを行ってきましたが,これらのことをご存知ですか。((1)〜(5)を順にきく)(1)配偶者の相続分が引き上げられたこと
    (50.5) 知っている
    (41.5) 知らない
    ( 8.0) わからない

    Q31(2) 〔回答票18〕 (2)出生による国籍取得について,父又は母が日本国民であれば,その子供は日本国籍を取得することができるようになったこと
    (47.6) 知っている
    (43.6) 知らない
    ( 8.8) わからない

    Q31(3) 〔回答票18〕 (3)雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇を確保するための法律案が国会に提出されたこと
    (26.3) 知っている
    (62.3) 知らない
    (11.3) わからない

    Q31(4) 〔回答票18〕 (4)男女平等と婦人の社会参加を促進するため,「国内行動計画」が作られたこと
    (11.4) 知っている
    (76.2) 知らない
    (12.4) わからない

    Q31(5) 〔回答票18〕 (5)「婦人に関するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」に署名したこと
    (16.2) 知っている
    (71.3) 知らない
    (12.4) わからない

    《フェースシート》
    F1  〔未・既婚〕(調査員確認 Q26を参照して分類する。)
    ( 7.0) 未婚
    (84.3) 既婚(有配偶)
    ( 8.7) 既婚(離・死別)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 5.6) 20〜24歳
    ( 9.1) 25〜29歳
    (12.8) 30〜34歳
    (14.4) 35〜39歳
    (11.7) 40〜44歳
    (11.3) 45〜49歳
    (10.6) 50〜54歳
    ( 9.2) 55〜59歳
    ( 6.6) 60〜64歳
    ( 4.4) 65〜69歳
    ( 4.3) 70歳以上

    (既婚者(有配偶)のみに)
    F3  〔配偶者学歴〕あなたのご主人が最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学を含み,各種学校は除く)
    (N=2,021)
    ( 3.0) 小卒(未就学)
    (30.1) 旧高小・新中卒
    (44.5) 旧中・新高卒
    (21.8) 旧高専大・新大卒
    ( 0.7) 不明

    (全員に)
    F4  〔本人学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学を含み,各種学校は除く。)
    ( 5.1) 小卒(未就学)
    (32.1) 旧高小・新中卒
    (48.7) 旧高女・新高卒
    (13.7) 旧高専大・新大卒
    ( 0.4) 不明

    F5  〔生計保持者〕あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが,主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのは,どなたですか。
    ( 7.6) 対象者本人 →F6へ
    (78.8) →SQへ
    (13.6) 親・その他 →SQへ

    SQ  その方のご職業は何ですか。具体的に
    (N=2,214)
    <自営者>
    (10.2) 農林漁業
    (19.7) 商工サービス業
    ( 2.4) 自由業
    <被傭者>
    ( 5.2) 管理職
    ( 1.8) 専門技術職
    (24.4) 事務職
    (29.9) 労務職
    <無職>
    ( 6.3) 無職

    F6  〔子供のときの家庭〕あなたが育った家庭はどういう家庭でしたか。サラリーマンの家庭でしたか,農家でしたか,それとも自営業でしたか。
    (36.2) サラリーマンの家庭
    (36.5) 農家
    (24.8) 自営業
    ( 2.5) その他

    F7  〔子供の有無〕あなたは,お子さんがありますか。
    (87.5) ある →SQへ
    (12.5) ない →F8へ

    SQ 〔回答票19〕 あなたのお子さんは,この中のどれにあたりますか。(M.A.)
    (N=2,098)
    (13.8) (ア) 就学前で保育所,幼稚園等に通っていない
    ( 6.2) (イ) 保育所
    ( 8.0) (ウ) 幼稚園
    (35.2) (エ) 小学生中学生
    (20.3) (オ) 高校生・大学生(高専・短大を含む)
    (44.7) (カ) 学校は卒業した
    (M.T.=128.2)


    F8  〔家族人数〕ご家族は,あなたも含めて,何人ですか。(使用人は含めない)
    ( 3.4) 1人
    (13.8) 2人
    (18.7) 3人
    (30.6) 4人
    (16.0) 5人
    (10.9) 6人
    ( 6.5) 7人以上

    F9  〔家事担当者〕家計のきりもりをしているのは,あなたですか,ほかのかたですか。
    (85.6) 対象者本人(家事担当者)
    (14.4) 対象者本人以外

    F10 〔回答票20〕 〔本人収入〕では,あなたご自身の収入は,去年1年間で,およそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    (27.3) (ア) 100万円未満
    (13.4) (イ) 100万円〜200万円未満
    ( 6.9) (ウ) 200万円〜300万円未満
    ( 2.0) (エ) 300万円〜400万円未満
    ( 0.7) (オ) 400万円〜500万円未満
    ( 0.5) (カ) 500万円〜600万円未満
    ( 0.2) (キ) 600万円〜700万円未満
    ( 0.0) (ク) 700万円〜800万円未満
    ( 0.1) (ケ) 800万円以上
    (41.2) 収入なし
    ( 7.8) わからない

    F11 〔回答票20〕 〔世帯収入〕では,お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間で,およそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    ( 3.0) (ア) 100万円未満
    ( 6.1) (イ) 100万円〜200万円未満
    (11.5) (ウ) 200万円〜300万円未満
    (16.4) (エ) 300万円〜400万円未満
    (14.5) (オ) 400万円〜500万円未満
    ( 9.8) (カ) 500万円〜600万円未満
    ( 5.2) (キ) 600万円〜700万円未満
    ( 4.1) (ク) 700万円〜800万円未満
    ( 6.7) (ケ) 800万円以上
    (22.7) わからない

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和59年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)