世論調査

「婦人に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和59年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    婦人に関する意識の現状と推移を把握し,婦人関係諸施策立案のための基礎資料とする。

  • 調査項目
    (1)結婚
    (2)家族・家庭
    (3)地位,職業,その他

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 10,000人
    (3) 抽出方法 層化二段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和59年5月14日〜昭和59年5月23日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 8,031人(80.3%)
    (2) 調査不能数(率) 1,969人(19.7%)

    −不能内訳−
    転居 181 長期不在 280 一時不在 789
    住所不明 40 拒否 612 その他
    67

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたは,結婚なさっていらっしゃいますか。
    ( 9.1) 未婚 →Q2へ
    (82.9) 既婚(有配偶) →SQ1へ
    ( 8.0) 既婚(離死別) →Q2へ

    SQ1 〔回答票1〕 あなたの家庭では,子供のしつけは主にどなたがなさいますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=6,658)
    ( 3.8) (ア)
    (50.3) (イ)
    (34.8) (ウ) 夫婦
    ( 2.0) (エ) その他の人
    ( 7.8) (オ) 子供はいない
    ( 1.3) わからない

    SQ2 〔回答票2〕 それでは,子供の進学については主にどなたがお決めになりますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=6,658)
    (12.1) (ア)
    ( 8.8) (イ)
    (54.0) (ウ) 夫婦
    (10.9) (エ) その他の人
    ( 7.8) (オ) 子供はいない
    ( 6.5) わからない

    SQ3(1) 〔回答票3〕 お宅では,これから申し上げるようなことを最終的に決定するのはどなたですか。この中からお答え下さい。まず「ふだんの家計費の管理」についてはいかがですか。(以下(2)と(3)を聞く。)(1)ふだんの家計費の管理
    (N=6,658)
    ( 6.7) (ア)
    (83.0) (イ)
    ( 5.9) (ウ) 夫婦
    ( 1.8) (エ)
    ( 1.5) (オ) 子供
    ( 0.8) その他
    ( 0.2) わからない

    SQ3(2) 〔回答票3〕 (2)家具,大型の家庭電気製品の購入
    (29.9) (ア)
    (16.8) (イ)
    (47.9) (ウ) 夫婦
    ( 1.5) (エ)
    ( 2.0) (オ) 子供
    ( 1.1) その他
    ( 0.8) わからない

    SQ3(3) 〔回答票3〕 (3)土地,家屋の購入
    (38.5) (ア)
    ( 2.1) (イ)
    (48.5) (ウ) 夫婦
    ( 3.0) (エ)
    ( 1.6) (オ) 子供
    ( 1.0) その他
    ( 5.2) わからない

    Q2  あなたは,子どものしつけ方について,男の子は男らしく,女の子は女らしくしつけたほうがよいと思いますか,それとも同じようにしつけたほうがよいと思いますか。
    (73.0) 男の子は男らしく,女の子は女らしくしつけたほうがよい
    (21.7) 同じようにしつけたほうがよい
    ( 0.9) その他
    ( 4.4) わからない

    Q3(1)  あなたは,子どもの教育について,男の子の場合はどの程度まで受けさせたらよいと思いますか。・・・・・・それでは,女の子の場合はどうでしょうか。(1)男の子の場合
    ( 0.2) 中学
    (12.3) 高校
    ( 2.4) 短大・高専
    (51.1) 大学
    ( 0.5) その他
    (28.2) 子ども次第
    ( 5.3) わからない

    Q3(2)  (2)女の子の場合
    ( 0.3) 中学
    (27.2) 高校
    (18.8) 短大・高専
    (18.9) 大学
    ( 0.5) その他
    (28.7) 子ども次第
    ( 5.6) わからない

    Q4  あなたは,もし生まれかわることができるとしたら,男に生まれたいと思いますか,それとも,女に生まれたいと思いますか。
    (52.6)
    (30.9)
    (12.0) どちらでもよい
    ( 4.4) わからない

    Q5 〔回答票4〕 ところで,女性の結婚についていろいろな考え方がありますが,あなたはどうお考えになりますか,この中ではどうでしょうか。
    (31.5) (ア) なんといっても女の幸福は結婚にあるのだから結婚したほうがよい
    (21.3) (イ) 精神的にも経済的にも安定するから結婚したほうがよい
    (19.6) (ウ) 人間である以上当然のことだから結婚したほうがよい
    (19.9) (エ) 1人立ちできればあえて結婚しなくてもよい
    ( 0.4) (オ) 結婚は女性の自由を束縛するから,一生結婚しないほうがよい
    ( 7.3) わからない

    Q6 〔回答票5〕 「結婚しても相手に満足できないときは,いつでも離婚すればよい」という考え方がありますが,あなたはどう思いますか,この中ではどうでしょうか。
    ( 3.7) (ア) 共鳴できる
    (26.6) (イ) ある程度理解できる
    (48.8) (ウ) あまり賛成できない
    (16.7) (エ) まったく反対である
    ( 4.2) わからない

    Q7 〔回答票6〕 話は変わりますが,一般的に女性が職業を持つことについて,どのようにお考えになりますか。この中ではどうでしょうか,1つだけあげてください。
    (18.1) (ア) 職業をもち,結婚や出産の後も仕事を続けるほうがよい
    (41.2) (イ) 職業をもち,結婚や出産などで一時期家庭に入り,育児が終わると再び職業をもつほうがよい
    (13.5) (ウ) 職業をもち,結婚を契機として家庭に入るほうがよい
    (11.9) (エ) 職業をもち,出産を契機として家庭に入るほうがよい
    ( 7.8) (オ) 職業をもたないほうがよい
    ( 7.6) わからない

    Q8  ところで,「男は仕事,女は家庭」という考え方がありますが,あなたはこの考え方に同感する方ですか,それとも同感しない方ですか。
    (55.2) 同感する
    (44.8) 同感しない

    Q9  あなたは,女性が職業をもつことは,女性の地位を高めるのに役立つと思いますか,それとも,役立つとは思いませんか。
    (48.3) 役立つと思う
    (18.3) 役立つとは思わない
    (28.7) 一概にいえない
    ( 4.7) わからない

    Q10 〔回答票7〕 このような仕事に,現在,女性は十分に進出していると思いますか,それとも,そうは思いませんか。
    (18.9) 十分に進出していると思う →Q11へ
    (67.2) 十分に進出しているとは思わない →SQへ
    (13.9) わからない →Q11へ

    SQ 〔回答票8〕 今後,このような仕事に,女性が進出する方がよいと思いますか,それとも,そうは思いませんか。[○国会,県議会,市町村議会の議員 ○官公庁,民間企業などの管理職 ○審議会委員,家事調停委員,保護司などの公職 ○PTAや町内会の会長や商工会などの団体役員]
    (N=5,398)
    (66.4) 進出する方がよいと思う
    (22.3) 進出する方がよいとは思わない
    (11.3) わからない

    Q11  ところで,今の日本では男女の地位が平等になっていると思いますか,それともまだ平等になっていないと思いますか。
    (16.9) 平等になっている →Q12へ
    (73.9) 平等になっていない →SQへ
    ( 9.2) わからない →Q12へ

    SQ 〔回答票9〕 それはどういう点ですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=5,931)
    (22.9) (ア) 家庭の中で
    (59.5) (イ) 職場の中で
    (64.7) (ウ) 社会通念や風潮で
    (19.1) (エ) 法律や制度の上で
    ( 0.5) その他
    ( 1.5) わからない
    (M.T.=168.2)


    Q12 〔回答票10〕 今後男女が,社会のあらゆる分野でもっと平等になるために最も重要と思われるものは何ですか。この中ではどうでしょうか。
    (11.8) (ア) 法律や制度の面で見直しをすること
    (36.7) (イ) 女性自身が能力や経済力の向上をはかること
    (35.9) (ウ) 女性に対する一般の認識や社会通念を改めていくこと
    ( 0.6) その他
    ( 5.9) 特にない
    ( 9.1) わからない

    <フェース・シート>
    F1  〔性別〕
    (44.8)
    (55.2)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 5.1) 20〜24歳
    ( 8.6) 25〜29歳
    (12.8) 30〜34歳
    (13.3) 35〜39歳
    (12.7) 40〜44歳
    (11.0) 45〜49歳
    (10.2) 50〜54歳
    ( 8.2) 55〜59歳
    ( 6.7) 60〜64歳
    ( 4.9) 65〜69歳
    ( 6.5) 70歳以上

    F3  〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
    ( 5.6) 小卒
    (30.8) 旧高小・新中卒
    (46.2) 旧中・新高卒
    (16.5) 旧高専大・新大卒
    ( 0.9) 不明

    F4  〔本人職業〕あなたのご職業は何ですか。(具体的に記入して下の該当する項目に○をつける)
    <自営者>
    ( 5.7) 農林漁業
    (10.1) 商工サービス業
    ( 0.9) 自由業
    <被傭者>
    ( 2.2) 管理職
    ( 0.9) 専門技術職
    (15.9) 事務職
    (22.4) 労務職
    <家族従業者>
    ( 3.4) 農林漁業
    ( 4.5) 商工サービス業
    ( 0.2) 自由業
    <無職>
    (24.9) 無職の主婦
    ( 0.7) 学生
    ( 8.3) その他の無職

    F5  〔未・既婚〕(調査員確認:Q1を参照して分類する。)
    ( 9.1) 未婚
    (82.9) 既婚(有配偶)
    ( 8.0) 既婚(離・死別)

    F6  〔家族人数〕ご家族は,あなたも含めて,何人ですか。(使用人は含めない)
    ( 5.2) 1人
    (14.8) 2人
    (18.6) 3人
    (30.7) 4人
    (15.6) 5人
    ( 9.6) 6人
    ( 5.5) 7人以上

    F7 〔回答票11〕 〔世帯構成〕お宅のご家族は,このように分類した場合どれにあたりますか。
    ( 5.2) (ア) 1人世帯
    (12.1) (イ) 1世代世帯(夫婦だけ)
    (57.3) (ウ) 2世代世帯(親と子)
    (22.8) (エ) 3世代世帯(親と子と孫)
    ( 0.8) その他の世帯(祖父母と孫)
    ( 1.9) その他の世帯

    F8  〔世帯内の地位〕あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが・・・・・・。主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,ほかのかたですか。
    (44.7) 対象者本人(実質上の世帯主) →F10へ
    (55.3) 対象者本人以外 →F9へ

    F9  〔世帯主職業〕(主として)お宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。
    (N=4,442)
    <自営者>
    (10.7) 農林漁業
    (17.0) 商工サービス業
    ( 2.4) 自由業
    <被傭者>
    ( 5.5) 管理職
    ( 5.7) 専門技術職
    (23.4) 事務職
    (29.9) 労務職
    ( 5.2) 無職

    F10  〔家事担当者〕家計のきりもりをしているのはあなたですか。ほかのかたですか。
    (51.7) 対象者本人(家事担当者)
    (48.3) 対象者本人以外

    F11 〔回答票12〕 〔本人収入〕あなたご自身の収入は,去年1年間で,およそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    (16.0) (ア) 100万円未満
    (15.0) (イ) 100万円〜200万円未満
    (12.7) (ウ) 200万円〜300万円未満
    (10.6) (エ) 300万円〜400万円未満
    ( 6.3) (オ) 400万円〜500万円未満
    ( 3.8) (カ) 500万円〜600万円未満
    ( 1.7) (キ) 600万円〜700万円未満
    ( 0.7) (ク) 700万円〜800万円未満
    ( 1.7) (ケ) 800万円以上
    (23.9) 収入なし
    ( 7.6) わからない

    F12 〔回答票13〕 〔世帯収入〕では,お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    ( 3.0) (ア) 100万円未満
    ( 7.8) (イ) 100万円〜200万円未満
    (14.7) (ウ) 200万円〜300万円未満
    (17.2) (エ) 300万円〜400万円未満
    (14.6) (オ) 400万円〜500万円未満
    ( 9.8) (カ) 500万円〜600万円未満
    ( 5.8) (キ) 600万円〜700万円未満
    ( 3.2) (ク) 700万円〜800万円未満
    ( 7.4) (ケ) 800万円以上
    (16.6) わからない

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和59年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)