世論調査

「勤労意識に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和57年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    最近,我が国の雇用慣行の変化,技術革新に伴う労働内容の変化等が言われている。このような状況を踏まえ,国民の勤労意識,職業観,企業意識,職業能力観などの意識動向を調査し,社会変化に対応した雇用対策や能力開発対策などの参考に資する。

  • 調査項目
    (1)勤労意識
    (2)職業観
    (3)企業意識
    (4)技術革新への適応及び対処方法など
    (5)定年後の就労意向

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上65歳未満の有職者
    (2) 標本数 3,446人(約3,000人の有職者を得るために4,500人を抽出した結果得られた標本数)
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和57年12月15日〜昭和57年12月21日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,679人(77.7%)
    (2) 調査不能数(率) 767人(22.3%)

    −不能内訳−
    転居 66 長期不在 73 一時不在 402
    住所不明 25 拒否 174 その他
    27

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたのご職業をおきかせください。・・・・・・お勤めですか,事業をなさっていますか。・・・・・・どんな内容のお仕事ですか。具体的に記入して該当番号に○をする。
    <被傭者>
    ( 2.8) 管理職
    ( 0.5) 専門技術職
    (23.2) 事務職
    (38.0) 労務職
    <自営者(家族従業者)>
    (12.8) 農林漁業
    (21.4) 商工サービス業
    ( 1.2) 自由業
    無職 →調査打切りへ

    Q2  あなたは,ふだんの生活の中で,生きがいや張り合いといえるようなものを持っていますか。
    (81.9) 持っている →SQへ
    (18.1) 持っていない(わからない) →Q3へ

    SQ 〔回答票1〕 では,その生きがいや張り合いを持っているのは,仕事ですか,それとも仕事以外のことですか。この中ではどうでしょうか。
    (N=2,195)
    (28.4) (ア) 仕事
    (17.8) (イ) どちらかといえば仕事
    (27.4) (ウ) どちらも同じくらい
    (11.7) (エ) どちらかといえば仕事以外
    (14.4) (オ) 仕事以外
    ( 0.4) わからない

    Q3 〔回答票2〕 ところで,人は何のために働くことが大切だと思いますか。あなたの考えに最も近いものをこの中から1つだけあげてください。
    (56.7) (ア) お金を得るために働く
    (23.7) (イ) 社会の一員として,務めを果たすために働く
    (14.9) (ウ) 自分の才能や能力を発揮するために働く
    ( 2.1) その他
    ( 2.6) わからない

    Q4  では,あなたは人並み以上に仕事をしたいと思いますか,それとも人並みで十分だと思いますか。
    (34.6) 人並み以上に仕事をしたい
    (63.5) 人並みで十分
    ( 1.8) わからない

    Q5 〔回答票3〕 あなたが現在の職業を決めたのはどうしてでしょうか。最も大きな動機はどんなことでしょうか。この中から1つだけ選んでください。
    ( 5.0) (ア) 給料やその他の収入(利益)が多いから
    ( 3.1) (イ) 勤務(労働)時間が短い(残業が少ない,休日が多い,休暇が多くとれる)から
    ( 2.3) (ウ) その他の労働条件(職場環境・厚生施設など)がよいから
    ( 1.0) (エ) 仕事がきれいで,感じがよいから
    ( 5.8) (オ) 技術を身につけることができるから
    (19.1) (カ) 自分の能力・資格や性格に合っているから
    ( 4.6) (キ) 社会的に意義がある仕事(職業)だから
    ( 7.8) (ク) 職場が安定しているから(安定した職業だから)
    ( 2.3) (ケ) 職場に将来性があるから(将来性のある職業だから)
    ( 7.5) (コ) 家から通勤できるから(通勤に便利など)
    ( 8.6) (サ) 縁故があったり知人が働いていたから,人からすすめられたから
    ( 5.7) (シ) その他に就職口がなかったから
    (21.8) (ス) 親,兄弟や夫・妻などの家業・事業であるから
    ( 3.6) その他
    ( 1.6) わからない

    Q6 〔回答票4〕 あなたは,仕事の上では,どんな時に一番”生きがい”を感じますか。この中から,あなたのお気持ちに近いものを1つだけあげてください。
    (25.6) (ア) 自分の仕事を達成した時
    (15.2) (イ) 業績や売り上げが良かった時
    ( 1.1) (ウ) 良い上役に恵まれた時
    (10.9) (エ) 自分の仕事が重要だと認められた(認めた)時
    ( 4.5) (オ) 客にほめられた時
    ( 9.0) (カ) 仕事に責任をもたされた(もった)時
    ( 1.8) (キ) 新しい方法を考え出した時
    ( 5.0) (ク) 自分が進歩向上していると感じる時
    ( 9.1) (ケ) 仕事が面白いと感じる時
    ( 6.0) (コ) 仲間同士がしっくりいっている時
    ( 1.0) (サ) 賃金,福利厚生施設,職場環境等が良い時
    ( 0.4) (シ) 昇進する時
    ( 1.3) (ス) 会社(家業・事業)に将来性があると感じる時
    ( 0.8) その他
    ( 6.9) 特にない
    ( 1.3) わからない

    Q7 〔回答票5〕 世の中には,仕事のコース(職業キャリア)がいろいろあります。一般的にいって,「男性の歩むコース」で最も望ましいと思うものを,この中から1つあげてください。
    (28.8) (ア) 1つの企業に長く勤め,だんだん管理的な地位になっていくコース
    ( 7.1) (イ) いくつかの企業を経験して,だんだん管理的な地位になっていくコース
    (17.3) (ウ) 1つの企業に長く勤め,ある仕事の専門家になるコース
    ( 9.6) (エ) いくつかの企業を経験して,ある仕事の専門家になるコース
    (15.9) (オ) 若い頃は雇われて働き,後に独立して仕事をする,あるいは家業・事業を引き継ぐコース
    ( 9.5) (カ) 若い頃から独立して仕事をする,あるいは家業・事業を引き継ぐコース
    ( 0.5) その他
    (11.3) わからない

    Q8 〔回答票6〕 一般的にいって,女性の生涯にわたる生活の中で,就職(業)のあり方として最も望ましい形態はどれでしょうか。この中ではどれでしょうか。
    (10.9) (ア) 就職(業)し,長く働くのが望ましい →SQ1へ
    (35.2) (イ) 就職(業)し,結婚や出産などで,一時期家庭に入るにしても,再び働くのが望ましい →SQ2へ
    (37.7) (ウ) 就職(業)し,結婚や出産などを契機として家庭に入るのが望ましい →Q9へ
    (10.0) (エ) 就職(業)しないのが望ましい →Q9へ
    ( 0.8) その他 →Q9へ
    ( 5.4) わからない →Q9へ

    SQ1 〔回答票5〕 では,一般的にいって「女性が働き続けるコース」で最も望ましいと思うものを,この中から1つあげてください。
    (N=293)
    (18.4) (ア) 1つの企業に長く勤め,だんだん管理的な地位になっていくコース
    ( 2.0) (イ) いくつかの企業を経験して,だんだん管理的な地位になっていくコース
    (35.5) (ウ) 1つの企業に長く勤め,ある仕事の専門家になるコース
    (10.2) (エ) いくつかの企業を経験して,ある仕事の専門家になるコース
    ( 8.9) (オ) 若い頃は雇われて働き,後に独立して仕事をする,あるいは家業・事業を引き継ぐコース
    ( 9.9) (カ) 若い頃から独立して仕事をする,あるいは家業・事業を引き継ぐコース
    ( 1.0) その他
    (14.0) わからない

    SQ2 〔回答票7〕 では,女性が再び働きに出る場合には,どのような点を重視して仕事を選ぶことが大切だと考えますか。(M.A.)
    (N=942)
    (22.7) (ア) 能力が発揮できること
    (16.8) (イ) 収入が良いこと
    (80.4) (ウ) 家庭生活との両立ができやすいこと
    ( 9.6) (エ) 会社が安定していて,長く勤められること
    (10.4) (オ) 簡単にできる仕事であること
    ( 9.2) (カ) 社会のために役立つ仕事であること
    ( 1.5) (キ) 縁故があったり,知人が働いていること
    ( 0.2) その他
    ( 1.3) わからない
    (M.T.=152.0)


    SQ3 〔回答票8〕 女性が職業人として職場で能力を発揮するために必要な事柄について,重要と思われるものをいくつかあげてください。(M.A.)
    (N=1,235)
    (41.9) (ア) 女性が職業人としての自覚をもつこと
    (35.7) (イ) 仕事に必要な職業能力を身につけること
    (16.0) (ウ) 男は仕事,女は家庭という社会通念が変わること
    (13.8) (エ) 採用,職場配置,研修などにおいて男女の機会均等が確保されること
    (23.6) (オ) 職業能力や実績に応じた評価がなされること
    ( 8.2) (カ) 女性の時間外労働の制限,深夜業の禁止等の規制を緩和すること
    (24.8) (キ) 育児のため雇用関係を継続しつつ,一定期間休業できるようにすること
    (21.2) (ク) 結婚,出産等によりいったん退職した女性が,同一の企業に再雇用されるようにすること
    ( 0.2) その他
    ( 6.3) わからない
    (M.T.=191.7)


    Q9 〔回答票9〕 ところで,あなたは現在の仕事に満足していますか,それとも不満がありますか。あなたのお仕事全体を考えてみて,あなたのお考えに近いものをこの中からお選びください。
    (26.2) (ア) 満足 →Q10へ
    (52.7) (イ) まあ満足 →Q10へ
    (15.8) (ウ) やや不満 →SQへ
    ( 3.6) (エ) 非常に不満 →SQへ
    ( 1.7) わからない →Q10へ

    SQ  不満に思っているのはどのようなことですか。(F.A.−M.A.)具体的に記入して,該当番号に○をする。
    (N=521)
    (46.1) 給料,収入(利益)が少ない
    (16.5) 勤務(労働)時間が長い(残業が多い,休日が少ない,休みがとれないなど)
    ( 7.5) 仕事にやりがいがない
    ( 7.7) 思うように仕事がはかどらない
    ( 5.2) 仕事が自分の能力や性格に合わない
    ( 6.7) 自分の能力や実績が評価されない
    ( 7.5) 人間関係がうまくいかない
    ( 4.0) 厚生施設,その他の労働条件が悪い
    ( 3.3) 地位や身分が安定していない
    (12.1) 仕事がつらい,きつい,忙しい
    ( 6.5) 職業や勤め先の将来性がない
    ( 2.7) 昇進など将来性がない
    ( 3.1) ただなんとなく不満である
    ( 7.5) その他
    ( 1.3) わからない
    (M.T.=137.6)


    Q10  あなたは,今よりいい仕事をみつけて転職(転業も含む)しょうという気がありますか,ありませんか。
    (18.4) 転職(転業)しょうという気がある
    (77.5) 転職(転業)する気はない
    ( 4.1) わからない

    Q11  あなたは,だいたい何歳ぐらいまで働きたいと思いますか。
    ( 5.9) 50才くらい
    ( 8.1) 55才くらい
    (21.4) 60才くらい
    (10.5) 65才くらい
    ( 2.9) 70才くらい
    (43.4) 働ける限りずっと
    ( 2.6) その他
    ( 5.2) わからない

    Q12  最近,定年が60歳に延長されつつありますが,これについて,あなたは賛成ですか,反対ですか。
    (78.7) 賛成
    ( 8.2) 反対
    (13.0) わからない

    〔Q13〜Q24は,Q1で「被傭者」と答えた者に聞く『自営者(家族従業者)』はフェースシートへ〕
    Q13 〔回答票10〕 あなたは,現在の勤め先の将来性について,どのようにお考えでしょうか。この中からあなたのお考えに近いものをお選びください。
    (N=1,729)
    (29.8) (ア) 将来性は大いにある
    (40.3) (イ) 将来性は多少ある
    (19.9) (ウ) 将来性はあまり(全く)ない
    (10.1) わからない

    Q14 〔回答票11〕 日本人は会社などに対する愛社精神や忠誠心が強いといわれます。あなたは自分の生活を犠牲にしても会社などのために尽くしたいと思いますか,そうは思いませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    ( 4.9) (ア) おおいにそう思う →SQへ
    (31.1) (イ) ある程度そう思う →SQへ
    (44.6) (ウ) あまりそうは思わない →Q15へ
    (14.8) (エ) 全くそうは思わない →Q15へ
    ( 4.6) わからない →Q15へ

    SQ  そのように会社などのために尽くしたいと思うのはどのような理由からでしょうか。(F.A.−M.A.)具体的に記入して,該当番号に○をつける。
    (N=622)
    (19.0) 社会への貢献に結びつくから
    (30.7) 自分の生活向上と結びつくから
    (12.1) 自分の能力発揮と結びつくから
    (23.2) 社員の務めだから
    (21.4) ごく自然な気持ちから
    ( 2.3) 上司,同僚など皆がそうしているから
    ( 4.5) その他
    ( 4.5) わからない
    (M.T.=117.5)


    Q15(1) 〔回答票11〕 職場で,上層部から命令されなくても職場改善意欲の強いことが,事務の効率化や生産性の向上につながっているといわれますが,あなたはそう思いますか,それともそうは思いませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (25.1) (ア) おおいにそう思う
    (42.6) (イ) ある程度そう思う
    (11.8) (ウ) あまりそうは思わない
    ( 2.7) (エ) 全くそうは思わない
    ( 8.8) 一概に言えない
    ( 9.0) わからない

    Q15(2) 〔回答票12〕 では,あなた自身,職場において職場改善を行っていますか,それとも行っていませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (13.6) (ア) おおいに行っている
    (39.8) (イ) ある程度行っている
    (28.5) (ウ) あまり行っていない
    (13.0) (エ) 全く行っていない
    ( 5.1) わからない

    Q16  あなたは,会社などに勤めてからこれまでに,配置換え(人事異動)の経験がありますか。それともありませんか。
    (N=1,729)
    (41.3) 経験がある →SQへ
    (58.7) 経験はない →Q17へ

    SQ 〔回答票13〕 あなたの経験してきた配置換え(人事異動)は,あなた自身の知識や技術・技能などの職業能力の形成にどのように役立ったとお考えですか。この中ではどうでしょうか。
    (N=714)
    (25.6) (ア) 特定の専門的な知識や技術・技能が身につくような配置換えであった。
    (25.4) (イ) 専門性には欠けるが,幅広い知識や技術・技能が身につくような配置換えであった
    (14.8) (ウ) 管理的な能力が身につくような配置換えであった。
    (21.7) (エ) どちらかというと会社の都合によって左右されるもので,自分自身の知識や技術・技能の習得にはあまり役立っていない配置換えであった。
    ( 4.1) (オ) 自分自身の知識や技術・技能の習得には全く役に立たない配置換えであった
    ( 1.7) その他
    ( 6.7) わからない

    Q17  最近,一部の企業では,従来の年功序列中心の賃金制から個人の能力を中心とする賃金制に切換えられつつあります。あなたは,この賃金制の切換えについて好ましい傾向だと思いますか,好ましくない傾向だと思いますか。
    (N=1,729)
    (51.5) 好ましい傾向
    (14.1) 好ましくない傾向
    (28.3) どちらともいえない
    ( 6.1) わからない

    Q18(1) 〔回答票14〕 高齢化社会を迎え,これから先,昇進のスピードが鈍くなることや,ポストが少なくなることにより昇進も難しくなるといわれています。あなたの職場全体では,これから先の昇進についてはどのような状態になると予測しますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    ( 2.5) (ア) 昇進は容易であろう
    ( 8.3) (イ) 昇進は比較的容易であろう
    (44.7) (ウ) 昇進はなかなか難しいであろう
    (20.2) (エ) 昇進はかなり難しいであろう
    (24.3) わからない

    Q18(2) 〔回答票15〕 では,あなた自身の昇進についてはどのようにしたいと考えていますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (10.5) (ア) 人一倍の努力をして昇進したい
    (17.7) (イ) 人並みの努力をして昇進したい
    (28.2) (ウ) 知識や技術・技能をいかして,能力を発揮できさえすれば,昇進にはこだわらない。
    ( 5.7) (エ) 努力しても昇進させてくれない
    (25.1) (オ) 特に昇進したいとは思わない
    ( 1.6) その他
    (11.2) わからない

    Q19 〔回答票16〕 あなたは,業績や生産などが少しくらい落ちても,勤め先が雇用を守ってくれるといった信頼感をお持ちですか,それとも信頼感は持っていませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (18.7) (ア) 信頼感を非常に持っている
    (44.8) (イ) 信頼感をある程度持っている
    (17.5) (ウ) 信頼感はあまり持っていない
    ( 5.7) (エ) 信頼感は全く持っていない
    ( 4.6) 勤務先は企業ではない
    ( 8.7) わからない

    Q20 〔回答票17〕 労働者(労働組合)と使用者(会社)の関係について,次のような意見がありますが,この中であなたのお考えに一番近いのはどれでしょうか。
    (N=1,729)
    ( 6.5) (ア) 労使は親子のような関係だから,労働者は使用者を信頼し,まかせておけばよい
    (55.1) (イ) 労使は一体となって協力すべき間柄であるから,お互いの立場を理解しあい,仲よくやっていくべきである。
    (19.3) (ウ) 労使は対等の立場で労働力を売買しているのだから,利害が対立するのは当然であり,必要な時は争うのが当然である。
    ( 2.5) (エ) 労使は根本的に対立しており,敵対関係にあるから,労働者は徹底的にたたかうべきだ
    (16.7) わからない

    Q21 〔回答票18〕 あなたは,最近,企業では事務管理部門に小型コンピューター(パソコン・オフコン)など新しい事務用機器が導入され,生産部門には産業用ロボットなど新しい自動化機械の導入が進んでいることを,知っていますか,それとも知りませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (43.6) (ア) よく知っている →SQ1へ
    (41.5) (イ) ある程度知っている →SQ1へ
    (12.7) (ウ) あまり(全く)知らない →Q22へ
    ( 2.2) わからない →Q22へ

    SQ1 〔回答票19〕 では,今後,このような新しい事務用機器や新しい自動化機械の導入は進むと思いますか,それとも進まないと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,471)
    (56.4) (ア) 導入はかなり進むと思う
    (40.2) (イ) 導入はある程度進むと思う
    ( 1.2) (ウ) 導入はほとんど(全く)進まないと思う
    ( 2.2) わからない

    SQ2 〔回答票20〕 こうした導入の動きについて,あなたは良いことだと思いますか,それとも良いことだと思いませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,471)
    (35.0) (ア) 良いことだと思う →SQ3aへ
    (50.9) (イ) 良いことだとは思うが不安もある →SQ3bへ
    ( 7.3) (ウ) 良いことだとは思わない →SQ3cへ
    ( 6.7) わからない →SQ4へ

    SQ3a 〔回答票21〕 ではそのように思う理由をこの中からお聞かせください。(M.A.)
    (N=515)
    (74.4) (ア) 仕事の能率向上が図られる
    (26.0) (イ) 仕事が簡単にできるようになる
    (19.4) (ウ) 品質の向上が図られる
    (21.0) (エ) 単純反復作業や危険作業が機械に任せられるようになる
    (24.1) (オ) コストの切り下げになる
    (26.8) (カ) 労働時間の短縮につながる
    (16.7) (キ) 人手不足が解消される
    ( 7.4) (ク) 雇用の安定や労働条件の改善が図られるようになる
    (13.8) (ケ) 導入は世の中の流れである
    ( -) その他
    ( 1.0) わからない
    (M.T.=230.5)


    SQ3b 〔回答票22〕 ではそのように思う理由をこの中からお聞かせください。(M.A.)
    (N=749)
    (45.5) (ア) 人間が機械に使われるようになる
    ( 6.0) (イ) 仕事への緊張感が増す
    ( 8.5) (ウ) 仕事の密度が高くなる
    (26.0) (エ) 従来の技能や知識が不用になる
    (10.9) (オ) 仕事への適応が困難になる
    (59.7) (カ) 人員削減につながる
    (12.7) (キ) 職場の人員が少なくなり,孤立感を覚えるようになる
    ( 0.4) その他
    ( 1.1) わからない
    (M.T.=170.9)


    SQ3c 〔回答票22〕 ではそのように思う理由をこの中からお聞かせください。(M.A.)
    (N=108)
    (39.8) (ア) 人間が機械に使われるようになる
    ( 4.6) (イ) 仕事への緊張感が増す
    ( 4.6) (ウ) 仕事の密度が高くなる
    (20.4) (エ) 従来の技能や知識が不用になる
    (13.9) (オ) 仕事への適応が困難になる
    (75.9) (カ) 人員削減につながる
    ( 7.4) (キ) 職場の人員が少なくなり,孤立感を覚えるようになる
    ( 1.9) その他
    ( -) わからない
    (M.T.=168.5)


    SQ4 〔回答票23〕 ところであなた自身,新しい事務用機器や新しい自動化機械などを使いこなす立場になったら,使いこなすことができる(使いこなしている)と思いますか,それともできない(使いこなしていない)と思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,471)
    (12.8) (ア) すぐ使いこなせる(使いこなしている)と思う
    (54.9) (イ) 学習によって使いこなせる(使いこなしている)と思う
    (18.0) (ウ) なかなか難しく,使いこなせない(使いこなしていない)と思う
    ( 7.0) (エ) 全く使いこなせない(使いこなしていない)と思う
    ( 7.3) わからない

    Q22 〔回答票24〕 あなたは,定年退職するとしたら,その後も働きたいと思いますか,思いませんか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (25.8) (ア) ぜひ働きたい
    (32.3) (イ) よい仕事があれば働きたい
    (16.2) (ウ) 働きたくはないが,生活のために必要であれば働く
    (17.6) (エ) 働きたくない
    ( 0.9) その他
    ( 7.2) わからない

    Q23 〔回答票25〕 仮に,定年後も働くとしたら,どのような職場で働きたいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=1,729)
    (16.6) (ア) 今と同じ職場(会社)に勤められるなら,仕事内容が変ってもよい
    (52.6) (イ) 自分の経験や能力が生かせる仕事なら,他の職場(会社)でもよい
    (14.6) (ウ) 自分で独立して働きたい
    ( 1.9) その他
    (14.3) わからない

    Q24 〔回答票26〕 定年後も働くとしたら,どのような働き方がよいと思いますか。この中から1つ選んでください。
    (N=1,729)
    (29.7) (ア) 今までと同様に,毎日働きたい
    (27.2) (イ) 1日の労働時間は短い方がよい
    (19.3) (ウ) 週に何日か定期的に働きたい
    ( 2.1) (エ) シルバー人材センター(高齢者事業団)のようなところに登録しておいて,要請があった時だけ働きたい
    (11.4) (オ) 内職程度に働きたい
    ( 0.8) その他
    ( 9.5) わからない

    <フェース・シート>
    F1  〔性別〕
    (59.8)
    (40.2)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    ( 6.1) 20〜24歳
    ( 9.7) 25〜29歳
    (15.3) 30〜34歳
    (13.4) 35〜39歳
    (14.1) 40〜44歳
    (14.6) 45〜49歳
    (12.4) 50〜54歳
    ( 8.6) 55〜59歳
    ( 5.7) 60〜64歳

    F3  〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退,在学中は卒業とみなす)
    ( 2.2) 小卒
    (31.7) 旧高小・新中卒
    (49.7) 旧中・新高卒
    (16.0) 旧高専大・新大卒
    ( 0.4) 不明

    F4  〔労働時間〕あなたのふだんの日の労働時間(残業も含む)は平均何時間ぐらいでしょうか。
    (13.3) 7時間未満
    ( 6.5) 7時間
    (39.3) 8時間
    (14.9) 9時間
    (14.0) 10時間
    ( 9.3) 11時間以上
    ( 2.7) 不明

    F5  〔勤め先の産業〕あなたはどんなところにお勤めですか。具体的に記入して,該当番号に○をする。
    <民間>
    (13.1) 農林(水産)業 →SQへ
    ( 0.3) 鉱業 →SQへ
    ( 9.1) 建設業 →SQへ
    <民間(製造業)>
    ( 2.4) 食料品製造業 →SQへ
    ( 5.0) 繊維工業・繊維製品製造業 →SQへ
    ( 4.3) 木・パルプ・化学・石油・ゴム製品製造業 →SQへ
    ( 1.6) 出版・印刷工業 →SQへ
    (12.7) 金属・機械製品製造業 →SQへ
    ( 1.9) その他 →SQへ
    <民間>
    (19.8) 卸小売・飲食店・金融保険・不動産業 →SQへ
    ( 4.8) 運輸通信・電気・ガス・水道業 →SQへ
    (12.7) サービス業 →SQへ
    <公務>
    ( 1.6) 国家公務 →F6へ
    ( 7.8) 地方公務 →F6へ
    ( 2.2) 三公社五現業・地方公営企業体 →F6へ
    ( 0.4) 公社・公団 →F6へ
    <その他>
    ( 0.3) その他 →F6へ

    SQ  〔従業員数〕あなたが働いていらっしゃる勤め先の従業員は全体で何人ほどですか。(本社,出張所,その他企業全体の合計)
    (41.4) 1〜5人
    (17.2) 6〜29人
    (11.7) 30〜99人
    ( 7.4) 100〜299人
    ( 3.2) 300〜499人
    ( 3.5) 500〜999人
    (11.8) 1,000人以上
    ( 3.8) わからない

    F6  〔勤続年数〕あなたは,現在の勤め先に就職(業)して,何年位になりますか。
    ( 5.5) 1年未満
    (20.1) 1年以上〜5年未満
    (19.0) 5年以上〜10年未満
    (25.9) 10年以上〜20年未満
    (16.8) 20年以上〜30年未満
    ( 9.5) 30年以上〜40年未満
    ( 3.2) 40年以上

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和57年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)