世論調査

「広告に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和54年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    国民の広告に関する意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)広告のイメージ
    (2)広告についての関心
    (3)広告の必要性
    (4)広告に対する問題点

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和55年2月23日〜昭和55年2月29日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,424人(80.8%)
    (2) 調査不能数(率) 576人(19.2%)

    −不能内訳−
    転居 49 長期不在 63 一時不在 268
    住所不明 24 拒否 141 その他
    31

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1  あなたは広告といった場合に,何に(どんな媒体に)出ている広告を思いうかべますか。(M.A.)
    (41.1) 新聞
    ( 6.5) 雑誌
    (47.9) テレビ
    ( 3.0) ラジオ
    (46.4) 折り込み・チラシ
    ( 6.8) 看板・ネオン
    ( 1.7) ダイレクトメール
    ( 8.0) ポスター・車内広告
    ( 0.1) その他
    (10.4) 思いうかぶものはない
    (M.T.=171.9)


    Q2  それでは,広告といったときに,どんな商品やサービスの広告を思いうかべますか。(M.A.)
    (10.3)
    (18.0) 化粧品
    (14.0) 家庭用洗剤,漂白剤など
    (23.0) 電気製品
    (22.7) 衣料品
    (37.9) 飲・食料品
    ( 4.2) 書籍・雑誌
    ( 0.8) 金融・証券
    ( 2.8) 映画・演劇
    (16.4) 自動車
    (17.6) 土地・家屋
    ( 4.6) 求人
    ( 1.9) 農機具・肥料・農薬
    (19.6) デパート・スーパー関係
    ( 1.7) 機械・器具
    ( 0.8) 健康器具(美容器具)
    ( 0.5) 教育器機(外国語カセット再生機など)
    ( 6.1) 家具
    ( 2.4) その他
    (17.2) 思いうかぶものはない
    (M.T.=222.6)


    Q3 〔回答票1〕 あなたが日頃から関心を持ってみる広告は何に(どんな媒体に)出ている広告ですか。この中ではどれでしょうか。(M.A.)
    (31.4) (ア) 新聞
    ( 5.4) (イ) 雑誌
    (32.7) (ウ) テレビ
    ( 1.2) (エ) ラジオ
    (40.3) (オ) 折り込み・チラシ
    ( 2.1) (カ) 看板・ネオン
    ( 1.3) (キ) ダイレクトメール
    ( 3.9) (ク) ポスター・車内広告
    ( 0.1) その他
    (25.7) 特にない(わからない)
    (M.T.=144.3)


    Q4  あなたは,広告をみるのが好きですか,嫌いですか。
    (34.3) 好き
    (12.1) 嫌い
    (51.7) 好きでも嫌いでもない
    ( 1.9) わからない

    Q5  広告の中には見ていて楽しいと思うものがありますか。
    (26.7) ある
    (38.5) 多少はある
    (29.7) ない
    ( 5.1) わからない

    Q6  最近の広告は知りたいことは大体出ていると思いますか。
    (43.9) 出ている
    (20.1) 出ていない
    (35.9) わからない

    Q7 〔回答票2〕 一般的にいって,広告はあなたにとって,かなり必要なものだと思いますか,それともあまり必要はないものだと思いますか。この中ではどうですか。
    (12.8) (ア) かなり必要なものだ →SQ1へ
    (45.6) (イ) まあ必要なものだ →SQ1へ
    (30.5) (ウ) あまり必要はないものだ →SQ2へ
    ( 5.0) (エ) まったく必要はないものだ →SQ2へ
    ( 6.0) わからない →Q8へ

    SQ1 〔回答票3〕 広告が必要だと思われるのはどんな理由からですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=1,416)
    (54.9) (ア) 少しでも安いものを買うために必要な情報だから
    (45.6) (イ) 消費者にいろいろな商品知識を教えてくれるから
    (56.2) (ウ) 消費者が商品を選ぶときの参考になるから(便利だから)
    ( 9.3) (エ) 質のよい広告は生活にうるおいを与えてくれるから(楽しいから)
    ( 8.2) (オ) 商品のことばかりでなく,社会全般のことについて教えられることが多いから
    ( 2.5) (カ) 広告が好きだから
    ( 1.1) その他
    ( 1.1) わからない
    (M.T.=178.7)


    SQ2 〔回答票4〕 広告が必要ではないと思われるのはどんな理由からですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=862)
    (37.6) (ア) 実際よりもよい面だけを強調しているものが多いから
    (75.3) (イ) 消費者に必要以上のものを買わせるから(浪費を強いるから)
    ( 5.3) (ウ) 低俗なものが多く,教育上も好ましくないものが多いから
    ( 4.2) (エ) 情緒的で意味のわからないものが多いから
    (25.4) (オ) 広告費の分だけ商品の値段を下げた方がよいから(無駄だから)
    (11.4) (カ) 広告が嫌いだから
    ( 3.8) その他
    (15.8) わからない
    (M.T.=128.8)


    Q8 〔回答票5〕 店先に同じ種類の商品でよく広告で見かけるものと,そうでないものと並べられていた場合に,あなたはどちらの方を選ぶと思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (36.1) (ア) 広告でよく見かける方を選ぶと思う。
    (25.9) (イ) 品質表示が同じならこだわらないと思う。
    (31.1) そのときにならなければわからない(一概にいえない)
    ( 6.9) わからない。

    Q9 〔回答票6〕 広告には,大きく分けると①「商品の品質や値段,またはサービスの内容や値段などを知らせている」ものと,②「商品やサービスの内容よりも,会社の名前や商品のイメージを写真や絵で表わしている」ものとがあります。あなたは,どちらの広告の方が消費者に与える影響が強いと思いますか。
    (52.0) (ア) 商品の品質や値段,またはサービスの内容や値段を知らせている広告
    (18.6) (イ) 商品やサービスの内容よりも,会社や商品のイメージを強調している広告
    (18.2) 一概にいえない
    (11.3) わからない

    Q10(1) 〔回答票7〕 次に,新聞,テレビのコマーシャル,折り込み・チラシについてそれぞれ伺います。(1)新聞の広告は商品を選ぶときに役立っていると思いますか。「役立っている」,「多少は役立っている」,「役立っていない」に分けるとどれに近いでしょうか。(テレビのコマーシャル,折り込み・チラシについても同様に聞く)〔新聞広告〕
    (22.9) (ア) 役立っている
    (45.1) (イ) 多少は役立っている
    (20.5) (ウ) 役立っていない
    (11.5) 一概にいえない(わからない)

    Q10(1) 〔回答票7〕 〔テレビのコマーシャル〕
    (20.5) (ア) 役立っている
    (45.3) (イ) 多少は役立っている
    (23.0) (ウ) 役立っていない
    (11.2) 一概にいえない(わからない)

    Q10(1) 〔回答票7〕 〔折り込み・チラシ〕
    (31.7) (ア) 役立っている
    (42.1) (イ) 多少は役立っている
    (16.3) (ウ) 役立っていない
    ( 9.9) 一概にいえない(わからない)

    Q10(2) 〔回答票8〕 新聞の広告は,「多すぎる」と思いますか,「適当な量だ」と思いますか,「まだ少ない」と思いますか。(テレビのコマーシャル,折り込み・チラシについても同様にきく)〔新聞広告〕
    (52.3) (ア) 多すぎる
    (33.3) (イ) 適当な量だと思う
    ( 1.4) (ウ) まだ少ない
    (13.1) 一概にいえない(わからない)

    Q10(2) 〔回答票8〕 〔テレビのコマーシャル〕
    (78.4) (ア) 多すぎる
    (13.5) (イ) 適当な量だと思う
    ( 0.6) (ウ) まだ少ない
    ( 7.5) 一概にいえない(わからない)

    Q10(2) 〔回答票8〕 折り込み・チラシ
    (55.8) (ア) 多すぎる
    (29.5) (イ) 適当な量だと思う
    ( 2.3) (ウ) まだ少ない
    (12.4) 一概にいえない(わからない)

    Q11  あなたは,最近広告の内容と実際とがくい違っていると思ったことがありますか。
    (30.1) ある →SQ1へ
    (69.9) ない →Q12へ

    SQ1  それは何についての広告でしたか。一番印象に残っているものを1つだけおっしゃってください。
    (N=729)
    ( 5.3)
    ( 2.2) 化粧品
    (16.6) 家庭用洗剤・漂白剤など
    ( 6.7) 電気製品
    (12.9) 衣料品
    (14.7) 飲・食料品
    ( 0.3) 書籍・雑誌
    ( 0.1) 金融・証券
    ( 0.7) 映画・演劇
    ( 1.2) 自動車
    (14.3) 土地・家屋
    ( 1.5) 求人
    ( 0.4) 農機具・肥料・農薬
    ( 6.7) デパート・スーパー関係
    ( 0.8) 機械・器具
    ( 1.1) 健康器具(美容器具)
    ( 0.4) 教育器機(外国語カセット再生機など)
    ( 1.2) 家具
    ( 4.0) その他
    ( 8.8) 思いうかぶものはない

    SQ2  どんな点がくい違っていると思いましたか,くわしくおきかせください。(M.A.)(発言内容を記入し,該当項目に○をする)
    (N=729)
    (19.1) 値段や料金
    (57.5) 品質,性能,効能
    ( 1.2) 使い方
    (22.5) おとり商品・早期売切れ
    ( 2.2) 取引条件(アフター・サービス,支払方法など)
    ( 1.8) 雇用条件
    (11.2) 立地条件(不動産)
    ( 2.3) その他
    (M.T.=117.8)


    SQ3  その広告は何に出ていましたか。(M.A.)
    (N=729)
    (21.3) 新聞
    ( 4.7) 雑誌
    (31.3) テレビ
    ( 0.5) ラジオ
    (54.7) 折り込み・チラシ
    ( 0.8) 看板・ネオン
    ( 0.5) ダイレクトメール
    ( 0.8) ポスター・車内広告
    ( 2.7) その他
    (M.T.=117.4)


    SQ4  あなたは,そのことでどこかへ苦情を申し出ましたか。
    (N=729)
    ( 7.7) 苦情を申し出た →SQ5へ
    (91.6) 申し出なかった →Q12へ
    ( 0.7) わからない →Q12へ

    SQ5  どこに申し出ましたか。
    (N=56)
    (69.6) 広告主(広告を出した店や会社)
    (19.6) メーカー
    ( -) 関係官庁
    ( -) 新聞社
    ( 1.8) 放送局
    ( 3.6) 消費者団体
    ( 5.4) 国民生活センター・消費者センターなどの公共機関
    ( -) その他

    Q12 〔回答票9〕 あなたは,一般的にいって広告に不信感を持っていますか,それともそのようなことはありませんか。この中ではどうでしょうか。
    (37.6) (ア) 不信感は持っていない
    (39.7) (イ) 一部の広告には不信感を持っている
    ( 3.4) (ウ) 全部の広告に不信感を持っている
    (12.4) 一概にいえない
    ( 6.9) わからない

    Q13  広告業界には,よくない広告を出さないための申し合わせがあると思いますか,ないと思いますか。
    (40.6) あると思う
    (15.2) ないと思う
    (44.2) わからない(知らない)

    Q14  あなたは,以前と比べて,いわゆる誇大広告(大げさな広告)は増えてきていると思いますか,減ってきていると思いますか
    (39.8) 増えてきている
    (23.6) 増えも減りもしない
    (13.2) 減ってきている
    (23.4) わからない

    Q15  誇大広告は,「買う人の判断を誤まらせるおそれがあるので,もっと取締りを強化すべきだ」と思いますか,それとも「こんなことは広告につきものだから今のままでよい」と思いますか。
    (56.0) もっと取締りを強化すべきだ
    (19.7) 今のままでよい
    (11.0) 一概にいえない
    (13.3) わからない

    〔フェース・シート〕
    F1  〔性別〕
    (45.4)
    (54.6)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    (16.2) 20〜29歳
    (26.3) 30〜39歳
    (21.1) 40〜49歳
    (17.6) 50〜59歳
    (11.5) 60〜69歳
    ( 7.3) 70歳以上

    F3  〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学を含む)
    ( 4.9) 小卒(未就学)
    (37.2) 旧高小・新中卒
    (43.2) 旧中・新高卒
    (13.7) 旧高専大・新大卒
    ( 1.0) 不明

    F4  〔本人職業〕あなたのご職業は何ですか。・・・・・・お勤めですか,事業をなさっていますか。・・・・・・どんな内容のお仕事ですか。(具体的に記入して下の該当する項目に○をする)
    <自営者>
    ( 6.1) 農林漁業
    (11.2) 商工サービス業
    ( 0.7) 自由業
    <被傭者>
    ( 1.7) 管理職
    ( 0.5) 専門技術職
    (12.2) 事務職
    (18.9) 労務職
    <家族従業者>
    ( 4.7) 農林漁業
    ( 3.6) 商工サービス業 自由業
    <無職>
    (29.5) 無職の主婦
    ( 1.6) 学生
    ( 9.2) その他の無職

    F5 〔回答票10〕 〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答え下さい。
    ( 2.7) (ア) 100万円未満
    ( 3.5) (イ) 100万円〜150万円未満
    ( 7.9) (ウ) 150万円〜200万円未満
    (11.6) (エ) 200万円〜250万円未満
    (14.4) (オ) 250万円〜300万円未満
    (16.9) (カ) 300万円〜400万円未満
    ( 8.7) (キ) 400万円〜500万円未満
    (10.4) (ク) 500万円以上
    (23.9) わからない

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和54年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)