世論調査

「更生保護事業に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和54年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    更生保護制度についての周知度および関連する諸活動への協力度等を調査し,施策の参考資料とする。

  • 調査項目
    (1)犯罪者についての一般的な意識
    (2)更生保護活動の周知度および協力度
    (3)「社会を明るくする運動」の周知度および協力度

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和54年12月1日〜昭和54年12月7日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,437人(81.2%)
    (2) 調査不能数(率) 563人(18.8%)

    −不能内訳−
    転居 51 長期不在 80 一時不在 273
    住所不明 27 拒否 112 その他
    20

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 あなたは,近所づきあいをどの程度していらっしゃいますか。この中ではどうでしょうか。
    (49.7) (ア) 親しくつき合っている
    (33.6) (イ) つき合いはしているがあまり親しくはない
    (13.5) (ウ) あまりつき合っていない
    ( 2.8) (エ) つき合いはしていない
    ( 0.4) わからない

    Q2  それでは,あなたは,日頃,社会の一員として,何か社会のために役立ちたいと思っていらっしゃいますか,あまりそのようなことは考えていらっしゃいませんか。
    (34.5) 思っている
    (29.3) 多少は思っている
    (20.6) 思ってはいるが余裕がない
    (11.9) 思っていない
    ( 3.7) わからない

    Q3  ところで,あなたは「保護司」という言葉を見聞きしたことがありますか。
    (61.3) ある →SQへ
    (38.7) ない(わからない) →Q4へ

    SQ 〔回答票2〕 では,「保護司」の仕事だと思うものをこの中から1つだけ選んで下さい。
    (N=1,494)
    (12.5) (ア) 生活困窮者の世話をする
    ( 0.7) (イ) 離婚や遺産相続など家族の争いの調停をする
    ( 2.5) (ウ) 地域の住民間の人権をめぐる争いの調停をする
    (60.2) (エ) 犯罪者や非行少年の更生を助け,犯罪予防の活動をする
    (14.3) (オ) 児童の保護,保健その他の福祉について援助と指導をする
    ( 1.2) (カ) 献血を呼びかけ,地域の保健と医療サービスをする
    ( 8.5) わからない

    Q4  あなたは日常生活の中で,犯罪や非行の被害を受けそうな不安を感じることがよくありますか,ときどきありますか,それともそのようなことはありませんか。
    ( 2.5) よくある →SQへ
    (18.1) ときどきある →SQへ
    (73.9) ない →Q5へ
    ( 4.3) 一概にいえない →Q5へ
    ( 1.2) わからない →Q5へ

    SQ 〔回答票3〕 それはどんなときですか。この中からあてはまるものをいくつでも選んでください。(M.A.)
    (N=501)
    (44.5) (ア) 家を留守にするとき
    (20.4) (イ) 盛り場などで知らない人にからまれたり,声をかけられたりするとき
    (10.0) (ウ) 乗り物の中で体にさわられるなど危害を加えられそうになったとき
    (12.8) (エ) 銀行等で大金を引き出したり,持ち歩いたりするとき
    (51.9) (オ) 自分や家族が夜遅く1人で歩くとき
    (10.6) その他
    ( 1.8) わからない
    (M.T.=151.9)


    Q5  次に,犯罪者や非行少年についてお伺いします。犯罪や非行を犯す人には,「生まれつき犯罪をおかしやすい性質を持っている人」と,「生まれつきではなく環境などが悪いために,だんだん犯罪を犯すようになる人」と,どちらが多いと思いますか。
    ( 4.7) 生まれつきの者が多い
    (76.9) 生まれつきではなく環境などによる者が多い
    (14.4) 一概にいえない(犯罪の内容によるから)
    ( 4.0) わからない

    Q6  一度犯罪を犯した人の中には,その後も犯罪を繰り返す人が多いと思いますか,それとも何回も犯罪を繰り返す人は少ないと思いますか。
    (47.5) 繰り返す人が多い
    (13.0) 繰り返す人は少ない
    (33.1) 一概にいえない(犯罪の内容によるから)
    ( 6.4) わからない

    Q7 〔回答票4〕 かりに,あなたが人を雇う立場として考えた場合,過去に犯罪を犯した者や非行少年が職を求めてきたらどうしますか。次の中から1つだけ選んでください。
    (18.1) (ア) 過去に犯罪を犯した者や非行少年は雇いたくない
    (53.5) (イ) 本人の真面目に働く気持ちや人柄によっては雇ってもよい
    ( 5.2) (ウ) 本人の更生に役立つから,積極的に雇いたい
    (15.5) 一概にいえない(犯した犯罪の種類や程度にもよるから)
    ( 0.1) その他
    ( 7.6) わからない

    Q8 〔回答票5〕 かりに,あなたに結婚適齢期のお子さんがあり,婚約しようとしているとき,その婚約相手がお子さんやあなた方御両親に対して,自分には犯罪歴があると打ち明けたとします。この場合,あなたは親としてその婚約に賛成すると思いますか,それとも反対すると思いますか,この中ではどうでしょうか。
    (33.7) (ア) 反対して結婚をあきらめるよう子供を説得する
    (29.1) (イ) 一応反対するが,本人同士が気に入っているならしかたがないとあきらめる
    (10.9) (ウ) 犯罪歴があっても,これからまじめにやっていけばいいのだから賛成する
    (16.4) 一概にいえない(犯した犯罪の種類や程度にもよるから)
    ( 0.5) その他
    ( 9.4) わからない

    Q9(1)  以前に犯罪を犯した人が,就職や結婚をするときには,犯罪歴はなるべくかくしておいた方がよいと思いますか,それとも,事前に打ち明けるべきだと思いますか。まず就職についてはどうですか。(「就職」をきいたあとに「結婚」をきく。)1)就職
    (16.1) なるべくかくしておいた方がよい
    (53.6) 事前に打ち明けるべきだ
    (20.9) 一概にいえない
    ( 9.4) わからない

    Q9(2)  2)結婚
    ( 7.8) なるべくかくしておいた方がよい
    (62.4) 事前に打ち明けるべきだ
    (18.1) 一概にいえない
    ( 7.8) わからない

    Q10 〔回答票6〕 犯罪や非行には,いろいろな原因があると言われていますが,その大きな原因は何だと思いますか。この中からいくつでも選んでください。(M.A.)
    (45.5) (ア) 本人自身の性格や資質
    (67.0) (イ) 家庭環境
    (38.5) (ウ) 友人関係
    (10.1) (エ) 学校や職場での不適応
    (32.3) (オ) 社会環境(社会の風潮,政治など)
    ( 0.1) その他
    ( 4.4) 一概にいえない
    ( 3.2) わからない
    (M.T.=201.3)


    Q11 〔回答票7〕 あなたは,犯罪者や非行少年を立ち直らせるためには,どんなことが重要だと思いますか。次の中から,重要だと思うものをいくつでも選んでください。(M.A.)
    (65.8) (ア) 家族の愛情やしつけ
    (35.5) (イ) 良い友達や健全な余暇利用
    (29.0) (ウ) 学校や職場での適切な指導や思いやり
    (12.1) (エ) 専門家や民間人による指導や援助
    ( 8.0) (オ) 刑務所や少年院での矯正教育
    (26.0) (カ) 地域社会や一般社会の環境の改善
    (57.9) (キ) 本人自身の自覚や努力
    ( 0.4) その他
    ( 4.8) わからない
    (M.T.=239.4)


    Q12  あなたは,非行少年や犯罪者を立ち直らせるために協力してみる気持ちはありますか。
    (46.1) ある →SQへ
    (29.5) ない →Q13へ
    (24.4) わからない →Q13へ

    SQ 〔回答票8〕 では,具体的には,次のうちどんな形で協力したいと思われますか。1つだけ選んでください。
    (N=1,123)
    (15.5) (ア) 犯罪者や非行少年に直接会って,継続的に指導や援助をする
    (68.1) (イ) 特に依頼されたときだけに,自分にできることで協力する
    ( 6.2) (ウ) 犯罪者の更生保護のためにお金や品物などを寄付する
    ( 1.8) その他
    ( 8.4) わからない

    Q13 〔回答票9〕 犯罪者や非行少年を立ち直らせる仕事や,犯罪や非行を予防する仕事は,役所と民間のどちらでやる方が効果があると思いますか。効果があがると思うやり方をこの中から1つだけ選んでください。
    ( 7.6) (ア) 役所がすべて行う
    (42.3) (イ) 役所が主になり,民間が協力して行う
    (30.0) (ウ) 民間が主になり,役所が協力して行う
    ( 5.8) (エ) 民間がすべて行う
    ( 0.7) その他
    (13.5) わからない

    Q14 〔回答票10〕 では,次にあげる制度の中で,名前を見聞きしたことがあるものはどれとどれですか。(M.A.)
    (78.5) (ア) 仮出獄
    (68.4) (イ) 恩赦
    (22.4) (ウ) 更生保護婦人会
    (61.9) (エ) 保護観察
    ( 4.9) (オ) BBS運動
    (34.6) (カ) 保護観察所
    (23.6) (キ) 地方更生保護委員会
    (41.7) (ク) 保護観察官
    (21.4) (ケ) 更生保護会
    (10.5) ない(わからない)
    (M.T.=367.7)


    Q15  ところで,あなたは今までに,「社会を明るくする運動」という言葉を,見聞きしたことがありますか。
    (67.2) ある →SQ1へ
    (32.8) ない(わからない) →Q16へ

    SQ1 〔回答票11〕 では,その「社会を明るくする運動」をどんなとき(機会)に知りましたか。あてはまるものを,いくつでも結構ですから選んでください。(M.A.)
    (N=1,637)
    (13.5) (ア) 自分の職業や地域での仕事を通じて知っている
    ( 8.9) (イ) ”社会を明るくする運動”の講演会や座談会などに参加した
    (11.1) (ウ) ”社会を明るくする運動”について,人から聞いたことがある
    (33.2) (エ) ポスターや立看板などを見たことがある
    (18.9) (オ) パンフレット,ビラ,チラシなどをもらったことがある
    (55.2) (カ) テレビ,ラジオ(有線放送を含む),新聞,広報紙,回覧板などで見聞きした
    ( 9.4) (キ) 街頭でパレード,宣伝車などを見た
    ( 1.5) その他
    ( 7.8) 覚えていない(わからない)
    (M.T.=159.4)


    SQ2 〔回答票12〕 では,この中から「社会を明るくする運動」の目的などを表わしているものを,1つだけ選んでみてください。
    (N=1,637)
    ( 8.7) (ア) 交通事故の遺族を援助し,交通事故をなくす運動
    (31.2) (イ) 小さなことでも親切な行為を積み重ね,住民の連帯を増す運動
    ( 6.3) (ウ) 物質偏重を反省し,人間の善意など精神的なものを呼び起こす運動
    (31.0) (エ) 犯罪の防止と犯罪者の更生について理解を深め,協力しあう運動
    ( 9.2) (オ) 地域社会から差別などの人権侵害をなくそうとする運動
    (13.6) わからない

    SQ3 〔回答票13〕 「社会を明るくする運動」には実施期間が決められていますが,それはこの中のどれだと思われますか。1つだけ選んでください。
    (N=1,637)
    ( 5.3) (ア) 10月1日から1週間
    ( 2.0) (イ) 7月中の1ヵ月間
    ( 9.6) (ウ) 7月20日から8月中の夏休みの間
    (10.4) (エ) 学校の春,夏,及び冬休みの間
    ( 2.3) (オ) 5月1日から2週間
    (70.4) わからない

    Q16  「社会を明るくする運動」は,犯罪防止と,犯罪者の更生についてみんなが理解を深め,協力し合う運動です。この運動の一環として,あなたの住んでおられる地域でいろいろな活動や行事を行うとしたら,あなたは参加なさいますか。
    (19.3) 参加する →SQへ
    (36.5) 都合がついたら参加する →SQへ
    (18.8) 参加したくない →Q17へ
    (13.2) 一概にいえない →Q17へ
    (12.2) わからない →Q17へ

    SQ 〔回答票14〕 では,この中から,参加してみたいと思われるものを,いくつでも選んでください。(M.A.)
    (N=1,359)
    (44.3) (ア) 講演会
    (22.7) (イ) 映画会
    (37.2) (ウ) 座談会
    (16.6) (エ) 非行や犯罪の事例をもとに,話し合う公開事例研究会
    (29.6) (オ) 非行や子供のしつけについての相談に応じる相談所
    ( 8.5) (カ) 非行少年や犯罪者の更生のための金品の寄付
    ( 0.3) その他
    ( 8.3) わからない
    (M.T.=252.2)


    Q17 〔回答票15〕 次に,犯罪予防についておたずねします。あなたの家庭や地域から犯罪や非行をなくすには,どうすればよいと思いますか。この中から,重要だと思うことをいくつでも選んでください。(M.A.)
    (58.8) (ア) 鍵をかける,深夜の1人歩きを避けるなど,1人1人が気をつける
    (33.4) (イ) パトロールなど,警察活動を強化する
    (13.7) (ウ) 犯罪や非行に対する刑罰を重くする
    (41.5) (エ) 犯罪や非行をしないよう,また,されないように家庭や学校で指導する
    (19.7) (オ) 悪い人達とつきあわない
    (44.1) (カ) 留守にするときは隣近所に声をかけるなど,住民の連帯意識を高める
    (34.8) (キ) 不健全な遊び場やポルノ雑誌などをなくすなど,社会の環境を浄化する
    ( 0.9) その他
    ( 5.3) わからない
    (M.T.=252.2)


    <フェース・シート>
    F1  〔性別〕
    (44.6)
    (55.4)

    F2  〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
    (16.2) 20〜29歳
    (25.7) 30〜39歳
    (22.9) 40〜49歳
    (17.2) 50〜59歳
    (11.1) 60〜69歳
    ( 6.9) 70歳以上

    F3  〔本人職業〕あなたの職業は何ですか。((注)具体的に記入したうえ,下の該当する項目に○をつける。)
    <自営業>
    ( 4.6) 農林漁業
    ( 9.6) 商工サービス業
    ( 1.2) 自由業
    <家族従業>
    ( 3.2) 農林漁業
    ( 5.6) 商工サービス業
    ( 0.1) 自由業
    <被傭者>
    ( 1.9) 管理職
    ( 0.2) 専門技術職
    (14.2) 事務職
    (20.4) 労務職
    <無職>
    (28.1) 主婦
    (10.8) その他

    F4  〔世帯主職業〕お宅の生計をおもに支えているのはあなたですか。
    はい(世帯主) →F5へ
    いいえ →SQへ

    SQ  〔世帯主職業〕主としてお宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。((注)具体的に記入したうえ,下の該当する項目に○をつける。)
    <自営業>
    (10.3) 農林漁業
    (20.8) 商工サービス業
    ( 1.8) 自由業
    <被傭者>
    ( 4.4) 管理職
    ( 0.7) 専門技術職
    (23.2) 事務職
    (31.1) 労務職
    ( 7.7) 無職

    F5  〔子供の有無〕あなたには,お子さんがありますか。
    (81.5) ある →SQへ
    (18.5) ない →F6へ

    SQ 〔回答票16〕 あなたのお子さんは,この中のどれにあたりますか。(M.A.)
    (20.6) (ア) 就学前(乳幼児)
    (29.9) (イ) 小学生中学生
    (11.4) (ウ) 高校生
    ( 6.0) (エ) 大学生(高専・短大を含む)
    (33.9) (オ) 学校は卒業した
    (M.T.=101.8)


    F6  〔家族人数〕ご家族は,あなたも含めて,何人ですか。(使用人は含めない)
    ( 4.2) 1人
    (13.5) 2人
    (19.1) 3人
    (29.7) 4人
    (16.2) 5人
    (11.2) 6人
    ( 6.0) 7人以上

    F7  〔役職経験〕あなたはこの中〔回答票17〕のどれかの役員をなさっていますか。いままでになさったことのあるものもあげてください。(M.A.)
    ( 0.4) (ア) 地方公共団体関係の役職(知事,副知事,市町村長,県・市町村会議員)
    ( 1.9) (イ) 教育委員,選挙管理委員,農業委員,民生委員,裁判所の調停委員,保護司
    ( 1.7) (ウ) 各種共同組合,商工会議所等の役員
    ( 4.1) (エ) 労働組合の役員
    (24.2) (オ) 町内会,部落会,自治会等の役員及び消防団の役員
    (18.3) (カ) PTAの役員
    ( 2.0) その他
    (61.1) 役職経験なし
    (M.T.=113.6)


    F8  〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。〔中退・在学中は卒業とする〕
    ( 4.7) 小卒(未就学)
    (36.1) 旧高小・新中卒
    (42.3) 旧中・新高卒
    (16.3) 旧高専大・新大卒
    ( 0.7) 不明

    F9 〔回答票18〕 〔本人収入〕では,あなたご自身の収入は,去年1年間で,およそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    ( 5.5) (ア) 50万円未満
    ( 3.6) (イ) 50万円〜70万円未満
    ( 4.2) (ウ) 70万円〜100万円未満
    ( 8.1) (エ) 100万円〜150万円未満
    ( 7.9) (オ) 150万円〜200万円未満
    ( 6.8) (カ) 200万円〜250万円未満
    ( 6.9) (キ) 250万円〜300万円未満
    ( 7.6) (ク) 300万円〜400万円未満
    ( 3.2) (ケ) 400万円〜500万円未満
    ( 3.5) (コ) 500万円以上
    (31.5) (サ) 収入はない
    (11.3) 不明

    F10 〔回答票19〕 〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間で,およそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答えください。
    ( 0.7) (ア) 50万円未満
    ( 2.4) (イ) 50万円〜100万円未満
    ( 4.4) (ウ) 100万円〜150万円未満
    ( 6.5) (エ) 150万円〜200万円未満
    ( 9.8) (オ) 200万円〜250万円未満
    (11.2) (カ) 250万円〜300万円未満
    (16.5) (キ) 300万円〜400万円未満
    (11.0) (ク) 400万円〜500万円未満
    (15.7) (ケ) 500万円以上
    (21.9) 不明

    F11  〔居住地〕(調査員判断)
    (63.5) 住宅の多い地区
    ( 1.6) 工場の多い地区
    (10.6) 商店・その他の事業所の多い地区
    (23.8) 農山漁村地区
    ( 0.5) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和54年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)