世論調査

「省エネルギーに関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和54年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    省エネルギーについての認識や政府の省エネルギー政策に対する要望,室内暖房温度の目安の周知状況を調査し,施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)省エネルギーについての関心
    (2)日常生活での省エネルギー
    (3)エネルギー政策に対する要望
    (4)室内暖房温度のめやすの周知状況

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和54年11月27日〜昭和54年12月3日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,438人(81.3%)



    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 話は変わりますが,次にエネルギーの節約についてお伺いします。最近,エネルギーの節約(省エネルギー)について,いろいろいわれていますが,あなたは,このことについて関心がありますか。
    (N=2,438)
    (36.4) (ア) 非常に関心がある
    (53.5) (イ) 関心がある
    ( 8.4) (ウ) あまり関心がない
    ( 1.1) (エ) まったく関心がない
    ( 0.5) わからない

    Q2 〔回答票2〕 では,あなたは日常生活の中で,このようなことを心がけていますか,心がけていませんか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=2,438)
    (56.5) (ア) テレビ,ラジオのつけっぱなしをやめたり,見る時間をへらす
    (73.9) (イ) 不必要な電灯はこまめに消す
    (54.7) (ウ) 部屋の暖房は,暖房しすぎないように心掛ける
    (23.4) (エ) マイカーの使用をなるべくひかえる
    (30.9) (オ) 入浴は家族全員が間をあけないようにすませる
    (24.4) (カ) 冷蔵庫の扉の開閉を少なくする
    (35.6) (キ) 湯沸器や風呂などの口火をつけたままにしない
    ( 1.8) その他
    ( 9.5) 特に心がけているものはない
    ( 0.5) わからない

    Q3 〔回答票3〕 政府は,エネルギー政策として,このようなことをおこなっています。あなたが,この中で特に力を入れてほしいと思っているのはどれでしょうか。2つまであげてください。(M.A.)
    (N=2,438)
    (35.3) (ア) 新しいエネルギーの開発
    (12.3) (イ) 原子力発電の推進
    (29.0) (ウ) 石油供給の確保
    ( 7.4) (エ) 家庭内での省エネルギー運動
    ( 9.4) (オ) 国,地方公共団体,企業などでの省エネルギー運動の推進
    (45.0) (カ) 便乗値上げ,買い占めなどの防止
    (39.0) (キ) 物価,インフレ対策
    ( 0.7) その他
    ( 5.2) ない,わからない
    (M.T.=183.4)


    Q4  現在,政府は省エネルギー運動として,室内の暖房温度のめやすを設けて協力を呼びかけていますが,その温度は何度以下だと思いますか。(F.A.)〔回答をそのまま記入し,該当する項目に○をつける〕
    (N=2,438)
    (20.0) 18度以下
    (14.6) 19度以下
    (19.8) 20度以下
    ( 2.1) 21度以下
    ( 7.6) その他
    (36.0) わからない

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和54年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)