世論調査

「省エネルギーに関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和54年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    省エネルギーについての認識や政府への政策・要望について国民の意見を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)省エネルギーについての関心
    (2)日常生活での省エネルギー
    (3)エネルギー不足についての認識
    (4)省エネルギー政策への協力

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和54年8月10日〜昭和54年8月16日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,412人(80.4%)
    (2) 調査不能数(率) 588人(19.6%)




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 エネルギーの節約について伺います。最近,エネルギーの節約(省エネルギー)について,いろいろいわれていますが,あなたは,このことについて関心がありますか。
    (29.1) (ア) 非常に関心がある
    (54.1) (イ) 関心がある
    (14.1) (ウ) あまり関心がない
    ( 0.9) (エ) まったく関心がない
    ( 1.7) わからない

    Q2 〔回答票2〕 では,あなたは日常生活の中で,このようなことを心がけていますか,心がけていませんか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (53.9) (ア) テレビ,ラジオのつけっぱなしをやめたり,見る時間をへらす
    (66.8) (イ) 不必要な電灯はこまめに消す
    (24.2) (ウ) クーラーの使用をなるべくひかえる
    (21.4) (エ) マイカーの使用をなるべくひかえる
    (24.0) (オ) 入浴は家族全員が間をあけないようにすませる
    (21.6) (カ) 冷蔵庫の扉の開閉を少なくする
    (29.3) (キ) 湯沸器などガス器具の口火をつけたままにしない
    ( 1.2) その他
    (11.7) 特に心がけているものはない
    ( 0.9) わからない
    (M.T.=254.8)


    Q3  あなたは,今お見せしたことのほかに,日頃から,もっとエネルギーを節約できるものがあるとお考えになっていることがありますか。
    (64.9) ある →SQへ
    (18.4) ない →Q4へ
    (16.6) わからない →Q4へ

    SQ 〔回答票3〕 それはどんなことでしょうか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=1,566)
    (39.0) (ア) テレビの放送時間を短縮する
    (19.9) (イ) ガソリンスタンドの日曜・休日の休業を推進する
    (49.4) (ウ) 広告灯,ネオンサインなどの点灯時間を短縮する
    (42.1) (エ) マイカー通勤を自粛する
    ( 9.2) (オ) スーパー,大型店の閉店時刻をくり上げる
    (26.8) (カ) ビルの冷暖房を規制する
    (31.6) (キ) 風俗営業や深夜飲食店営業の閉店時刻をくり上げる
    (17.6) (ク) 映画館その他の興行場の営業時間を短縮する
    (19.5) (ケ) ゴルフ練習場,ボーリング場等の終業時刻をくり上げる
    ( 5.0) その他
    ( 2.4) わからない
    (M.T.=262.3)


    Q4  「日本は,現在すでに,石油供給不足,電力不足,ガソリン不足などのエネルギー不足に直面している」という意見があります。あなたは,この意見について,そう思いますか,思いませんか。
    (70.9) そう思う →Q5へ
    (14.3) 思わない →SQへ
    (14.8) わからない →Q5へ

    SQ 〔回答票4〕 では,石油供給不足,電力不足,ガソリン不足などのエネルギー不足は,将来どのくらいたつとくると思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (N=344)
    (17.2) (ア) 5,6年後
    (23.3) (イ) 10年後
    (20.6) (ウ) 20年後
    (13.4) (エ) エネルギー不足はこない
    (25.6) わからない

    Q5 〔回答票5〕 あなたは,政府が省エネルギー運動,新しいエネルギーの開発などのエネルギー政策を行う場合,この政府のエネルギー政策に協力しますか,協力しませんか。この中ではどうでしょうか。
    (32.3) (ア) 大いに協力する
    (59.7) (イ) ある程度は協力する
    ( 2.1) (ウ) あまり協力しない
    ( 0.6) (エ) 協力しない
    ( 5.3) わからない

    Q6 〔回答票6〕 政府は,エネルギー政策として,このようなことをおこなっています。あなたは,この中で特に力を入れてほしいと思っているものはどれでしょうか。2つまであげて下さい。(M.A.)
    (46.4) (ア) 新しいエネルギーの開発
    (14.3) (イ) 原子力発電の推進
    (21.3) (ウ) 石油供給の確保
    ( 8.8) (エ) 家庭内での省エネルギー運動
    (12.6) (オ) 企業,官庁,デパートなどでの省エネルギー運動
    (43.8) (カ) 便乗値上げ,買い占めなどの防止
    (32.2) (キ) 物価,インフレ対策
    ( 0.4) その他
    ( 6.0) ない,わからない
    (M.T.=185.9)


    <フェース・シート>
    F1  新聞閲読時間 あなたは,新聞を1日平均何分くらいお読みになりますか。
    ( 8.0) ほとんど読まない
    (21.1) 15分未満
    (33.7) 15分以上30分未満
    (26.3) 30分以上1時間未満
    ( 5.8) 1時間以上1時間30分未満
    ( 4.4) 1時間30分以上
    ( 0.6) わからない

    F2  テレビ視聴時間 あなたは,ふだん,テレビを1日に何時間くらいごらんになっていますか。
    ( 3.2) ほとんど見ない
    (13.6) 1時間未満
    (29.5) 1時間以上2時間未満
    (27.7) 2時間以上3時間未満
    (14.1) 3時間以上4時間未満
    (11.4) 4時間以上
    ( 0.6) わからない

    F3  性別
    (45.4)
    (54.6)

    F4  年齢 あなたのお年は満でおいくつですか。
    (18.9) 20〜29歳
    (25.7) 30〜39歳
    (22.7) 40〜49歳
    (17.2) 50〜59歳
    (10.9) 60〜69歳
    ( 4.6) 70歳以上

    F5  学歴 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退,在学を含む)
    ( 7.1) 小卒(未就学)
    (32.3) 旧高小新中卒
    (45.6) 旧中新高卒
    (14.4) 旧高専大新大卒
    ( 0.5) 不明

    F6  世帯内の地位 あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが・・・・・・主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,ほかのかたですか。
    (46.0) 対象者本人(実質上の世帯主) →F8へ
    (54.0) 対象者本人以外 →F7へ

    F7  世帯主職業 (主として)お宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。
    <自営者>
    (10.9) 農林漁業
    (17.2) 商工サービス業
    ( 2.8) 自由業
    <被傭者>
    ( 3.5) 管理職
    ( 4.8) 専門技術職
    (23.0) 事務職
    (28.9) 労務職
    <無職>
    ( 6.8) 無職

    F8  家事担当者 家計のきりもりをしているのはあなたですか,ほかのかたですか。
    (49.1) 対象者本人(家事担当者)
    (50.9) 対象者本人以外

    F9  自家用車 お宅では自家用車をお持ちですか。(2輪車を除く)
    (63.6) 持っている
    (36.4) 持っていない

    F10 〔回答票7〕 世帯収入 お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答え下さい。
    ( 3.1) (ア) 100万円未満
    ( 4.5) (イ) 100万円〜150万円未満
    ( 6.1) (ウ) 150万円〜200万円未満
    ( 9.6) (エ) 200万円〜250万円未満
    (15.0) (オ) 250万円〜300万円未満
    (17.4) (カ) 300万円〜400万円未満
    (10.3) (キ) 400万円〜500万円未満
    (12.6) (ク) 500万円以上
    (21.4) 不明

    F11  居住地(調査員判断)
    (61.5) 住宅の多い地区
    ( 3.3) 工場の多い地区
    (12.5) 商店・その他の事業所の多い地区
    (21.1) 農山漁村地区
    ( 1.6) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和54年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)