世論調査

「労働時間・週休2日制に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和54年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    国民の労働時間および週休2日制についての意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)労働時間の短縮
    (2)週休2日制
    (3)金融機関の週休2日制
    (4)公務員の週休2日制

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の者
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和54年8月10日〜昭和54年8月16日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,412人(80.4%)
    (2) 調査不能数(率) 588人(19.6%)

    −不能内訳−
    転居 59 長期不在 108 一時不在 270
    住所不明 23 拒否 111 その他
    17

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    Q1 〔回答票1〕 あなたは,仕事と余暇の関係について,ふだんどのように考えていますか。この中であなたのお考えに近いものを1つだけあげて下さい。
    ( 8.2) (ア) 仕事一本に打ち込み,余暇はあまり必要ではない
    (21.0) (イ) 仕事には人一倍打ち込み,余暇も人一倍活用したい
    (52.9) (ウ) 仕事は人並みにやり,余暇も楽しみたい
    (10.4) (エ) 仕事もやるが,余暇を楽しむことに,より重きをおきたい
    ( 1.7) その他
    ( 5.9) わからない

    Q2 〔回答票2〕 あなたは,仕事(家事,勉強)以外では,どんなときに一番”生きがい”を感じますか。この中からあなたのお気持に近いものを1つだけあげて下さい。
    (19.2) (ア) スポーツや趣味に打ち込んでいるとき
    (21.5) (イ) 友人や仲間とつき合っているとき
    (31.1) (ウ) 家族といるとき
    ( 9.0) (エ) 他人にわずらわされず一人でいるとき
    ( 0.7) (オ) 親しい異性といるとき
    ( 5.6) (カ) 自分の向上につとめているとき
    ( 4.0) (キ) 社会のために役立つことをしているとき
    ( 2.5) (ク) 何もしていないとき
    ( 2.1) その他
    ( 4.3) わからない

    Q3  あなたは,外国に,日本人は働き過ぎるという批判のあることをご存じですか。
    (86.7) 知っている →SQへ
    (13.3) 知らない →Q4へ

    SQ  あなたは,そのような批判について,その通りだと思いますか,そのようなことはないと思いますか。
    (N=2,091)
    (58.9) そのとおりだと思う(当を得ている)
    (24.3) そのようなことはないと思う(当を得ていない)
    (11.6) なんとも思わない
    ( 5.2) わからない

    Q4  あなたは,わが国の労働者の労働時間は,欧米諸国の労働時間に比べて長いと思いますか,短いと思いますか。
    (53.7) 長いと思う →SQへ
    (21.5) 同じ位だと思う →Q5へ
    ( 1.1) 短いと思う →Q5へ
    (23.7) わからない →Q5へ

    SQ  では,あなたは,わが国の労働者の労働時間は,近年欧米諸国の労働時間に近づいてきたと思いますか,まだ近づいていないと思いますか。
    (N=1,296)
    (44.5) 近づいてきたと思う
    (42.4) まだ近づいてきていないと思う
    (13.0) わからない

    Q5  ところで,あなたのご職業はなんですか。〔具体的に記入して,下の該当する項目に○をする。〕
    <自営業>
    ( 7.3) 農林漁業 →Q7へ
    (12.4) 商工サービス業 →Q7へ
    ( 1.9) 自由業 →Q7へ
    <被傭者>
    ( 1.5) 管理職 →Q6へ
    ( 2.0) 専門技術職 →Q6へ
    (14.2) 事務職 →Q6へ
    (19.7) 労務職 →Q6へ
    <家族従業者>
    ( 2.8) 農林漁業 →Q7へ
    ( 4.1) 商工サービス業 →Q7へ
    ( 0.2) 自由業 →Q7へ
    <無職>
    (26.3) 無職の主婦 →Q7へ
    ( 1.1) 学生 →Q7へ
    ( 6.5) その他の無職 →Q7へ

    〔被傭者に聞く〕
    Q6  あなたは,ご自分の労働時間は,長い方だと思いますか,短かい方だと思いますか。
    (N=901)
    (38.8) 長い方だと思う →SQ1へ
    ( 8.0) 短かい方だと思う →Q7へ
    (50.7) 長くも短くもない →Q7へ
    ( 2.4) わからない →Q7へ

    SQ1  あなたは,あなたの現在の労働時間をもっと短縮してほしいと思いますか,思いませんか。
    (N=350)
    (75.4) 短縮してほしい →SQ2へ
    (22.0) そうは思わない →SQ4へ
    ( 2.6) わからない →Q7へ

    SQ2 〔回答票3〕 労働時間を短縮する方法としては,1日当りの労働時間を短縮する方法と,日曜日や祝日などのほかに休日を増やす方法とがありますが,あなたはどちらの方がよいと思いますか。
    (N=264)
    (48.1) (ア) 休日を増やす方がよい →SQ3へ
    (36.0) (イ) 1日当りの労働時間を短縮する方がよい →Q7へ
    (15.9) (ウ) 一概にいえない →Q7へ
    ( -) わからない →Q7へ

    SQ3  その場合には,週休2日制のように定期的に休める方がよいと思いますか,それとも何日かまとめて休める方がよいと思いますか。
    (N=127)
    (61.4) 定期的に休める方がよい
    (32.3) まとめて休める方がよい
    ( 4.7) 一概にいえない
    ( 1.6) わからない

    SQ4  それはなぜですか。あなたのお考えをお聞かせ下さい。(F.A.)〔発言内容を記入した後,該当項目に○をする。(M.A.)〕
    (N=77)
    (29.9) 現在の労働時間で満足しているから
    (27.3) 収入が減るから(残業手当などが減るから)
    (19.5) 仕事の性質上,自分で労働時間を調節できるから
    ( 7.8) 労働時間の短縮より,労働の質を高める方が先だから
    (22.1) その他
    ( 1.3) わからない
    (M.T.=107.8)


    〔全員に〕
    Q7  最近,週休2日制がかなり普及してきましたが,一般的にいって,あなたは,このような傾向をよい傾向だと思いますか,よくない傾向だと思いますか。
    (60.7) よい傾向 →SQ1へ
    (17.2) よくない傾向 →SQ2へ
    (22.1) わからない →Q8へ

    SQ1  よい傾向だと思うのは,どのようなことからですか。(F.A.)〔発言内容を記入した後,該当項目に○をする。(M.A.)〕
    (N=1,464)
    ( 3.8) 先進国は実施しており,世界的すう勢であるから
    ( 7.0) 社会の情勢が実施する方向にあるから
    (31.5) 精神的,肉体的疲労が回復するから
    (10.2) 勤労意欲が高揚し,能率があがるから
    ( 4.4) 仕事の機械化・合理化が進み,働く時間が少なくてもよいから
    (31.8) 余暇を活用し,充実した生活ができるから
    (12.3) 家庭サービス,子供の相手ができるから
    (12.8) 日本人は働き過ぎるから
    ( 7.7) その他
    ( 4.1) わからない
    (M.T.=125.4)


    SQ2  よくない傾向だと思うのは,どのようなことからですか。(F.A.)〔発言内容を記入した後,該当項目に○をする。(M.A.)〕
    (N=416)
    (15.1) 日本人はもっと働くべきで,時期尚早であるから
    ( 4.8) 残業,休日出勤の増加など労働強化になるから
    (18.3) 所得(残業手当,日給)が減少するから
    (24.5) レジャー費などの支出が増加するから
    (29.6) 現在程度の休日があれば十分で,暇をもてあますから
    ( 2.2) 子供や夫の世話がふえるから
    ( 5.5) 経済発展が阻害されるから
    (18.3) その他
    ( 1.9) わからない
    (M.T.=120.2)


    Q8 〔回答票4〕 現在わが国では,約7割の勤労者が,なんらかの形で週休2日制となっていますが,あなたは,このことについてご存知ですか。
    (19.9) (ア) かなり知っている
    (43.1) (イ) 大体知っている
    (27.4) (ウ) あまり知らない
    ( 9.5) (エ) 全然知らない

    Q9  あなたは,わが国で週休2日制を採用する企業は,今後も増えると思いますか,それとも今後は増えないと思いますか。
    (73.7) 今後も増えると思う →SQへ
    ( 8.9) 今後は増えないと思う →Q10へ
    (17.4) わからない →Q10へ

    SQ 〔回答票5〕 それはなぜでしょうか。この中ではどうですか。(M.A.)
    (N=1,778)
    (15.2) (ア) 週休2日制を採用することは世界のすう勢だから
    (41.6) (イ) 社会の情勢が実施する方向にあるから
    (24.9) (ウ) 労働者の福祉の向上のために必要だから
    (31.7) (エ) 仕事の機械化・合理化が進み,働く時間は少なくてもよいから
    (17.5) (オ) 電気などのエネルギーを節約する必要があるから
    ( 4.7) (カ) 海外での「働き過ぎ」批判にこたえるためにも必要だから
    ( 1.3) その他
    ( 4.0) わからない
    (M.T.=140.9)


    Q10 〔回答票6〕 話は変りますが,お宅では,銀行や信用金庫などの金融機関をよく利用する方ですか,あまり利用しない方ですか。
    (26.2) (ア) よく利用する(月に5回以上利用する場合) →SQへ
    (38.7) (イ) ときどき利用する(月に4回以下利用する場合) →SQへ
    (30.5) (ウ) あまり利用しない(2〜3か月に1回程度の場合) →Q11へ
    ( 4.6) (エ) 全然利用しない →Q11へ

    SQ 〔回答票7〕 では,土曜日にはどうですか。銀行や信用金庫などを利用することがありますか。
    (N=1,565)
    (12.8) (ア) よくある
    (35.5) (イ) ときどきある
    (41.7) (ウ) あまりない
    (10.0) (エ) 全然ない

    Q11  欧米先進国のほとんどの国では,銀行などの金融機関は土曜日を閉店とする週休2日制となっていますが,あなたはこのことをご存知でしたか。
    (26.6) 知っていた
    (73.4) 知らなかった

    Q12  金融機関が土曜日を閉店とする週休2日制をとり入れることについては,今年の6月衆議院の大蔵委員会で,政府に対し,早急に必要な措置を講じるよう決議されています。あなたはこのことを見たり聞いたりしたことがありますか。
    (21.6) 見聞きしたことがある
    (20.1) 見聞きしたような気がする
    (50.5) 見聞きしたことはない
    ( 7.8) わからない

    Q13  金融機関の週休2日制について,あなたのお考えをお聞かせ下さい。金融機関の土曜日を閉店とする週休2日制については,すでに一般の企業において週休2日制がかなり普及していることや,世界の主要国で実施していることを考えれば,わが国でも実施してもよいと思いますか,思いませんか。
    (41.7) そう思う →SQ4へ
    (25.2) そうは思わない →SQ1へ
    (21.9) 一概にいえない →SQ1へ
    (11.2) わからない →SQ1へ

    SQ1  金融機関の土曜日を閉店とする週休2日制については,ふだんの日の時間延長や夜間金庫を増やすなど,利用者の立場を考えた方法がとられるならば,実施してもよいと思いますか,思いませんか。
    (N=1,407)
    (26.5) そう思う →SQ2へ
    (26.0) そうは思わない →SQ3へ
    (26.9) 一概にいえない →SQ4へ
    (20.6) わからない →SQ4へ

    SQ2  その場合,あなたは,金融機関がどのような方法をとればよいと思いますか。(F.A.)〔発言内容を記入した後,該当項目に○をする。(M.A.)〕
    (N=373)
    (42.4) 平日の営業時間を延長すればよい →SQ4へ
    (40.8) 預金の引き出し,預け入れができればよい →SQ4へ
    ( 3.8) 両替ができればよい →SQ4へ
    ( 8.8) その他 →SQ4へ
    (12.3) わからない →SQ4へ
    (M.T.=108.0)


    SQ3  それはなぜですか。あなたのお考えをお聞かせ下さい。(F.A.)〔発言内容を記入した後,該当項目に○をする。(M.A.)〕
    (N=366)
    (36.6) 金融機関はサービス機関だから →Q14へ
    (18.0) 中小企業では週休2日制が普及していないから →Q14へ
    (35.8) 預金の出し入れができないので,現金保管が不便になるから →Q14へ
    ( 3.3) 両替ができなくなるから →Q14へ
    ( 2.2) ローンの相談は土曜日の午前中が最も便利だから →Q14へ
    (18.3) その他 →Q14へ
    ( 4.1) わからない →Q14へ
    (M.T.=118.3)


    SQ4 〔回答票8〕 銀行や信用金庫などの金融機関が土曜日閉店の週休2日制を採用するためには,「銀行法」の改正が必要となります。そこで,かりに銀行法が改正された場合,金融機関が週休2日制を実施する時期について,あなたのお考えをお聞かせ下さい。この中ではどうでしょうか。
    (N=2,046)
    ( 9.0) (ア) 銀行法改正と同時に実施すべきだ
    (20.1) (イ) 銀行法改正後は,一般企業の週休2日制の普及や世論の動向をみながら,なるべく早い時期に実施するのが望ましい
    (27.2) (ウ) 銀行法改正後,一定の期間をおいて実施するのが望ましい
    (14.5) 一概にいえない
    (29.2) わからない

    Q14 〔回答票9〕 ところで,あなたは,ふだん役所を訪問したり,利用したりすることがありますか。
    ( 9.5) (ア) よくある
    (32.5) (イ) 時々ある
    (39.5) (ウ) あまりない
    (18.1) (エ) ほとんど(全く)ない
    ( 0.3) 不明

    Q15 〔回答票10〕 次に公務員の週休2日制について伺います。公務員の週休2日制については,当面は,「役所の窓口を開いたままで,月に1回程度土曜日に職員が交替で休む方式をとり入れる」という考え方があります。・・・・・・これを4週5休制といいますが・・・・・・。あなたは,この考え方についてどう思いますか。この中ではどうでしょうか。
    (38.9) (ア) 賛成
    (30.3) (イ) 行政サービスの急激な低下や公務員の増加を招かない場合には賛成
    (18.0) (ウ) 反対
    ( 0.7) その他
    (12.0) わからない

    Q16 〔回答票11〕 では,公務員の週休2日制について,「土曜日の役所の窓口を閉める方式を採用する」という考え方についてはどうでしょうか。あなたは賛成しますか,反対しますか。この中ではどうでしょうか。
    (14.7) (ア) 毎週土曜日に窓口を閉める(毎週閉庁方式)でも賛成 →SQ1へ
    (11.4) (イ) 1週おきに土曜日に窓口を閉める(隔週閉庁方式)なら賛成 →SQ1へ
    (14.7) (ウ) 月に1回土曜日に窓口を閉める(月1回閉庁方式)なら賛成 →SQ1へ
    ( 1.8) (エ) 夏期(7〜9月)のみ,(ア),(イ),(ウ)のいずれの閉庁方式でも賛成 →SQ1へ
    (40.5) (オ) 反対 →SQ2へ
    ( 0.9) その他 →Q17へ
    (16.0) わからない →Q17へ

    SQ1 〔回答票12〕 それはなぜですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=1,027)
    ( 5.5) (ア) 外国の週休2日制は,ほとんど役所の窓口を閉める方式だから
    (33.9) (イ) 民間の週休2日制も閉店方式が多いから
    (30.1) (ウ) わが国の週休2日制を一層普及させるために官庁や銀行が率先して閉庁(閉店)方式を導入すべきだから
    (15.0) (エ) 省資源,省エネルギーになるから
    ( 4.0) (オ) 海外からの「働き過ぎ」批判に答えることになるから
    (16.4) (カ) 職員を増やさないで済むから
    ( 6.0) その他
    ( 6.3) わからない
    (M.T.=117.1)


    SQ2 〔回答票13〕 それはなぜですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=978)
    (50.1) (ア) 国民に対するサービスが低下する恐れがあるから
    (12.6) (イ) 民間に比べ時期尚早だから
    (15.7) (ウ) 公務員の労働条件は,民間会社に勤務する人とは別個に考えるべきだから
    (36.7) (エ) 公務員は今でも恵まれているから
    (22.2) (オ) 公務員は能率よく仕事をしていないようだから
    ( 5.0) その他
    ( 2.2) わからない
    (M.T.=144.6)


    <フェース・シート>
    F1  新聞閲読時間 あなたは,新聞を1日平均何分くらいお読みになりますか。
    ( 8.0) ほとんど読まない
    (21.1) 15分未満
    (33.7) 15分以上30分未満
    (26.3) 30分以上1時間未満
    ( 5.8) 1時間以上1時間30分未満
    ( 4.4) 1時間30分以上
    ( 0.6) わからない

    F2  テレビ視聴時間 あなたは,ふだん,テレビを1日に何時間くらいごらんになりますか。
    ( 3.2) ほとんど見ない
    (13.6) 1時間未満
    (29.5) 1時間以上2時間未満
    (27.7) 2時間以上3時間未満
    (14.1) 3時間以上4時間未満
    (11.4) 4時間以上
    ( 0.6) わからない

    F3  性別
    (45.4)
    (54.6)

    F4  年齢 あなたのお年は満でおいくつですか。
    (18.9) 20〜29歳
    (25.7) 30〜39歳
    (22.7) 40〜49歳
    (17.2) 50〜59歳
    (10.9) 60〜69歳
    ( 4.6) 70歳以上

    F5  学歴 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退,在学を含む)
    ( 7.1) 小卒(未就学)
    (32.3) 旧高小新中卒
    (45.6) 旧中新高卒
    (14.4) 旧高専大新大卒
    ( 0.5) 不明

    F6  世帯内の地位 あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが・・・・・・主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,ほかのかたですか。
    (46.0) 対象者本人(実質上の世帯主) →F8へ
    (54.0) 対象者本人以外 →F7へ

    F7  世帯主職業 (主として)お宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。
    <自営者>
    (10.9) 農林漁業
    (17.2) 商工サービス業
    ( 2.8) 自由業
    <被傭者>
    ( 3.5) 管理職
    ( 4.8) 専門技術職
    (23.0) 事務職
    (28.9) 労務職
    <無職>
    ( 6.8) 無職

    F8  金融機関勤務者 お宅には,銀行や信用金庫などの金融機関にお勤めの方はいますか。(M.A.)
    ( 1.1) 対象者本人が金融機関に勤めている
    ( 3.5) 家族が金融機関に勤めている
    (95.4) いずれもいない
    (M.T.=100.0)


    F9  公務員 お宅には,公務員の方はいますか。(国家公務員,地方公務員ともに含む)(M.A.)
    ( 4.5) 対象者本人が公務員
    (10.6) 家族に公務員がいる
    (85.3) いずれもいない
    (M.T.=100.5)


    F10 〔回答票14〕 利用金融機関 お宅で主に利用なさっている金融機関は,この中のどちらですか。(M.A.)
    (68.1) (ア) 銀行
    (26.0) (イ) 信用金庫 信用組合
    (37.6) (ウ) 郵便局
    (20.8) (エ) 農協
    ( 0.7) その他
    ( 1.7) ない,わからない
    (M.T.=154.9)


    F11 〔回答票15〕 世帯収入 お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。・・・・・・ボーナスを含め,税込みでお答え下さい。
    ( 3.1) (ア) 100万円未満
    ( 4.5) (イ) 100万円〜150万円未満
    ( 6.1) (ウ) 150万円〜200万円未満
    ( 9.6) (エ) 200万円〜250万円未満
    (15.0) (オ) 250万円〜300万円未満
    (17.4) (カ) 300万円〜400万円未満
    (10.3) (キ) 400万円〜500万円未満
    (12.6) (ク) 500万円以上
    (21.4) 不明

    F12  居住地(調査員判断)
    (61.5) 住宅の多い地区
    ( 3.3) 工場の多い地区
    (12.5) 商店・その他の事業所の多い地区
    (21.1) 農山漁村地区
    ( 1.6) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和54年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)