世論調査

「LPガスの保安に関する世論調査」

内閣府政府広報室

世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和52年度調査インデックスへ



調 査 の 概 要
  • 調査の目的
    ガスの保安に関する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。

  • 調査項目
    (1)ガス器具取扱いの際に注意していること
    (2)ガス漏れ経験の有無と応急処置
    (3)ガス漏れ警報器の普及状況と設置しない理由
    (4)LPガスの特徴についての周知状況など

  • 調査対象
    (1) 母集団 全国20歳以上の男女
    (2) 標本数 3,000人
    (3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

  • 調査時期  昭和52年11月9日〜昭和52年11月15日

  • 回収結果
    (1) 有効回収数(率) 2,459人(82.0%)
    (2) 調査不能数(率) 541人(18.0%)

    −不能内訳−
    転居 49 長期不在 51 一時不在 234
    住所不明 44 拒否 131 その他
    32

  • 性・年齢別回収結果

    性・年齢別回収結果




    調 査 票
    〔ガス漏れ〕
    Q1 〔回答票1〕 あなた自身としては,ふだんプロパンガスや都市ガスをどの程度お使いですか。
    (78.7) (ア) よく使う →Q2へ
    (14.6) (イ) たまに使う →Q2へ
    ( 6.7) (ウ) ほとんど,全く使わない(燃料としてガスは使っていない) →Q3へ

    Q2 〔回答票2〕 あなた自身としては,ガス器具を扱う際に,この中で気をつけていらっしゃることがあればあげて下さい。(M.A.)
    (N=2,295)
    (71.0) (ア) 着火したかどうかの確認
    (40.3) (イ) 完全燃焼の青い炎かどうかの確認
    (38.6) (ウ) 立ち消えしていないかどうか確認
    (68.6) (エ) 就寝前,外出前に元栓を閉めたかどうかの確認
    (54.3) (オ) 使用後に器具栓を閉めたかどうかの確認
    (31.9) (カ) 換気状態の確認
    (33.2) (キ) ゴム管が古くないかどうかの確認
    ( 1.3) この中では気をつけていることはない
    ( 0.7) わからない

    Q3 〔回答票3〕 お宅では,つぎのような原因で,ガス漏れがあったことがありますか。(M.A.)
    ( 4.1) (ア) 火が着いたかどうかを,確認しなかった →SQへ
    ( 9.7) (イ) 風や煮こぼれのために,立ち消えてしまった →SQへ
    ( 1.1) (ウ) 器具栓を完全に閉めなかった →SQへ
    ( 3.4) (エ) ゴム管が古かった →SQへ
    ( 0.6) (オ) 器具の操作を誤った →SQへ
    ( 1.1) (カ) ゴム管のはめこみの不完全 →SQへ
    ( 1.5) (キ) 器具・配管の不備 →SQへ
    ( 0.6) (ク) その他 →SQへ
    (79.7) (ケ) ガス漏れはなかった →Q4へ
    ( 2.2) わからない →Q4へ

    (Q3で(ア)〜(ク)と答えた者に)
    SQ  その際ガス漏れはどんなことから発見されたのですか。自由におっしゃって下さい。(F.A.)(M.A.)
    (N=444)
    (12.8) 火がついていないのを見て
    (74.3) においから
    ( 3.8) 警報器から
    ( 3.6) ゴム管を点検していて
    (16.4) その他
    ( 0.9) わからない

    (全員に聞く)
    Q4  あなたは,室内のガス漏れに気がついた時,応急処置としてどうされますか。いくつでも結構ですから,おっしゃって下さい。(F.A.)(M.A.)
    (55.6) 器具栓・元栓をすぐ閉にする
    (72.8) 窓や戸をすべて開ける
    ( 7.4) ホウキなどで畳をこすらない程度で外に追い出す
    (11.4) 付近に火の気があったらすぐ消す
    (19.4) 換気扇をまわす
    ( 1.3) 使用している電気器具の電源を切る
    ( 2.0) むやみに電源を切ったり入れたりしない
    (14.4) ガス会社(市町村の公営も含む)やプロパンガス販売店に知らせる
    ( 1.0) 消防署などに連絡する
    ( 4.7) その他
    ( 4.8) わからない

    Q5  お宅では,ガス漏れ警報器を設置していますか。
    (14.4) 設置している →Q6へ
    (84.2) 設置していない →SQへ
    ( 1.5) わからない →Q6へ

    SQ 〔回答票4〕 どうして,ガス漏れ警報器を設置されていないのですか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (N=2,070)
    (29.1) (ア) ガスに対して,常に安全な対策をとっているから
    (23.2) (イ) ガス会社(市町村の公営も含む)やプロパンガス販売店が点検してくれるので
    (12.4) (ウ) ガス漏れはまず起こらないと思っているから
    ( 2.8) (エ) 警報器は役に立たないから
    ( 3.1) (オ) 警報器の値段が高いから
    ( 5.2) (カ) 警報器のあることを知らなかったから
    (27.6) (キ) 何となく
    ( 7.1) (ク) その他
    ( 4.3) わからない

    Q6 〔回答票5〕 ところで,お宅ではガス器具を主にどんな店でお買いになりますか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
    (44.3) (ア) プロパンガス販売店
    (30.7) (イ) ガス会社・サービス店
    ( 1.5) (ウ) 配管工事専門店
    ( 2.6) (エ) 住宅機器専門店
    ( 5.6) (オ) スーパー・百貨店
    (12.3) (カ) 一般電器店
    ( 7.4) その他
    ( 3.3) わからない

    Q7 〔回答票6〕 あなたは,ガス器具の取扱い説明書や注意書きを,どの程度お読みになりますか。この中ではどうでしょう。
    (46.0) (ア) よく読む方
    (34.4) (イ) 少しは読む方
    (18.1) (ウ) 読まない方
    ( 1.5) わからない

    〔プロパンガス〕
    Q8  ところで,お宅では,プロパンガスと都市ガスのどちらをお使いですか。
    (65.9) プロパンガス →Q9へ
    ( 0.8) 両方使っている →Q9へ
    (32.5) 都市ガス
    ( 0.7) どちらも使っていない →フェース・シートへ
    ( 0.2) わからない →フェース・シートへ

    Q9 〔回答票7〕 プロパンガスにはいろいろな特徴がありますが,あなたが知っていらっしゃることを,この中からいくつでも結構ですから,選んで下さい。(M.A.)
    (72.0) (ア) 空気より重く,下方にたまること
    (27.7) (イ) 発熱量(カロリー)が都市ガスより大きいこと
    (45.6) (ウ) 容器の中では液体であること
    (17.9) (エ) プロパンガス自体に毒性はないこと
    (80.0) (オ) においがあること
    ( 6.3) どれも知らない

    Q10  お宅では,最近1年間にプロパンガス販売店,または点検を専門とするところの人から,配管やガス器具などの調査・点検を受けたことがありますか。
    (81.7) ある
    (13.0) ない
    ( 5.3) わからない

    Q11 〔回答票8〕 あなたは,プロパンガス販売店や市町村・消防署などから配布されたプロパンガスについてのチラシやパンフレットを,どの程度お読みになりますか。この中ではどうでしょう。
    (31.7) (ア) よく読む方
    (36.4) (イ) 少しは読む方
    (11.0) (ウ) チラシやパンフレットを見たことはあるが,ほとんど読まない
    (17.4) (エ) チラシやパンフレットは見たことがない
    ( 3.4) わからない

    <フェース・シート>
    F1  (性別)
    (40.6)
    (59.4)

    F2  (年齢)あなたのお年は,満でおいくつですか。
    (17.9) 20〜29歳
    (25.1) 30〜39歳
    (24.4) 40〜49歳
    (16.6) 50〜59歳
    (10.9) 60〜69歳
    ( 5.1) 70歳以上

    F3  (職業)あなたのご職業は何ですか。
    <自営業>
    ( 8.0) 農林漁業
    ( 2.9) 小売業
    ( 7.1) その他の商工サービス業
    ( 1.2) 自由業
    <家族従業>
    ( 3.6) 農林漁業
    ( 1.1) 小売業
    ( 2.3) その他の商工サービス業
    ( 0.2) 自由業
    <被傭者>
    ( 1.3) 管理職
    ( 3.1) 専門技術職
    (11.7) 事務職
    (16.5) 労務職
    <無職>
    (32.4) 主婦
    ( 8.7) その他の無職

    F4  (学歴)あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学は卒業とみなす)
    ( 8.6) 小卒(未就学)
    (38.3) 旧高小新中卒
    (42.2) 旧中新高卒
    (10.3) 旧高専大新大卒
    ( 0.6) 不明

    F5  (世帯内の地位)あなたと世帯主のかたとの関係をお聞きしたいのですが・・・・・・主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのは,あなたですか,ほかのかたですか。
    (40.6) 対象者本人(実質上の世帯主) →F8へ
    (59.4) 対象者本人以外 →F6へ

    F6  (世帯主職業)主としてお宅の生活を支えていらっしゃる方のご職業は何ですか。
    <自営業>
    (15.0) 農林漁業
    ( 4.5) 小売業
    (13.6) その他の商工サービス業
    ( 2.6) 自由業
    <被傭者>
    ( 3.5) 管理職
    ( 6.0) 専門技術職
    (22.5) 事務職
    (26.2) 労務職
    <無職>
    ( 0.9) 主婦
    ( 5.3) その他の無職

    F7  (家事担当者)家計のきりもりをしているのは,あなたですか,ほかのかたですか。
    (N=1,461)
    (44.5) 対象者本人(家事担当者)
    (55.5) 対象者本人以外

    F8 〔回答票9〕 (世帯収入)お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか・・・・・・。ボーナスを含め税込みでお答え下さい。
    ( 4.6) (ア) 〜100万円未満
    ( 6.1) (イ) 100万〜150万円未満
    ( 9.5) (ウ) 150万〜200万円未満
    (14.8) (エ) 200万〜250万円未満
    (18.0) (オ) 250万〜300万円未満
    (18.1) (カ) 300万〜500万円未満
    ( 6.4) (キ) 500万円以上
    (22.4) わからない

    F9  (居住年数)あなたは,ここ(現在住んでいるところ)にお住みになって,何年になりますか。
    ( 4.7) 1年未満
    (10.0) 1〜3年未満
    ( 9.6) 3〜5年未満
    (15.1) 5〜10年未満
    (60.2) 10年以上
    ( 0.3) わからない

    F10 〔回答票10〕 (家屋構造)お宅の家屋の構造は,この中のどれでしょうか。
    (62.2) (ア) 1戸建て木造
    (13.5) (イ) 1戸建て木造モルタル
    ( 1.8) (ウ) 1戸建て鉄筋
    ( 1.1) (エ) 1戸建てその他
    ( 7.8) (オ) 共同住宅木造
    ( 5.9) (カ) 共同住宅木造モルタル
    ( 6.1) (キ) 共同住宅鉄筋
    ( 1.1) (ク) 共同住宅その他
    ( 0.5) (ケ) その他
    ( 0.1) わからない

    F11 〔回答票11〕 (アルミサッシの使用)お宅には,アルミサッシの窓や戸がありますか。
    (27.0) (ア) 窓や戸はすべてアルミサッシである
    (41.7) (イ) 窓や戸の一部はアルミサッシである
    (31.1) (ウ) アルミサッシの窓や戸はない
    ( 0.2) わからない

    F12 〔回答票12〕 (使用ガス器具)お宅では,この中のどんなガス器具をお使いですか。(M.A.)
    (72.3) (ア) ガスコンロ
    (43.0) (イ) ガスレンジ
    (51.8) (ウ) ガス炊飯器
    (14.0) (エ) ガスオーブン
    (61.9) (オ) ガス湯沸器
    (17.9) (カ) ガスストーブ
    (46.3) (キ) ガス風呂
    ( 1.7) (ク) その他
    ( 1.0) (ケ) どれも使っていない
    ( 0.2) わからない

    F13  (居住地環境)調査員判断
    (27.8) 農林漁業地区
    (56.9) 住宅地区
    (12.3) 商業地区
    ( 2.2) 工業地区
    ( 0.7) その他

    世論調査トップページへ世論調査(全調査表示)へ昭和52年度調査インデックスへ

  • Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

    内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)