世論調査

「余暇に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和50年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
余暇に関する国民の意識を調査し,各種施策の参考とする。

・調査項目
(1) 余暇の有無
(2) 仕事と余暇の関係
(3) 余暇の過し方
(4) 整備してほしい余暇施設

・調査対象者
(1) 母集団  全国20歳以上の者
(2) 標本数 5,000人
(3) 抽出法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和50年6月19日〜昭和50年6月25日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人情報センター

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 4,164人(83.3%)
(2) 調査不能数(率) 836人(16.7%)
 
−不能内訳−
転居 106 長期不在 90 一時不在 403
住所不明 44 拒否 123 その他(病気など) 70

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果




調査票


Q1 余暇についてお伺いします。自由に使える時間を「余暇」といっていますが,あなたの余暇は十分ありますか。それとも足りませんか。
 
(29.2) 十分ある
(33.6) 十分ではないがまあまあだ
(19.4) 少し足りない
(15.1) 全然足りない
(2.7) わからない



Q2 〔回答票1〕ところで,あなたご自身は,仕事と余暇についてふだんどのように考えていますか。この中であなたのお考えに近いものを1つだけあげて下さい。
 
(6.0) (ア) 仕事1本に打ち込み,余暇はあまり必要ではない
(24.4) (イ) 仕事には人一倍打ち込み,余暇も人一倍活用したい
(48.3) (ウ) 仕事は人並にやり,余暇も楽しみたい
(11.0) (エ) 仕事もやるが,余暇を楽しむことに,より重きをおきたい
(0.5)   その他
(9.8)   わからない



Q3 〔回答票2〕では,働いている時間(労働時間)と収入の関係について,ふだんどのように考えていらっしゃいますか。この中であなたのお考えに近い方をおっしゃって下さい。(しいていえばどちらでしょうか。)
 
(28.6) (ア) 労働時間が今より長くなっても,収入がふえる方を望む
(24.7) (イ) 収入がふえることよりも,労働時間が短くなることを望む
(34.6)   一概にいえない
(12.2)   わからない



Q4 もし,休日がふえるとすれば,「週休2日」になるのと,「まとまった休暇がいつでもとれる」ようになるのとでは,どちらがよいと思いますか。
 
(28.3) 週休2日
(35.2) まとまった休暇
(22.0) 一概にいえない
(14.5) わからない



Q5 〔回答票3〕仮りに,休みの日が今より増え,余暇が多くなったら,あなたはどのように過したいと思いますか。この中で1番目に何をして過したいですか……2番目はどれでしょうか。
 
1番目 2番目    
(44.2) (14.0) (ア) のんびり休養する(テレビ・ラジオを見聞,茶のみ話,家族とのだんらんなど)
(3.7) (6.8) (イ) 自宅の周辺で軽い運動を楽しむ(キャッチボール,ラジオ体操,散歩など)
(2.4) (3.9) (ウ) 碁,将棋,麻雀,パチンコ,競馬,競輪など勝負ごとをする
(7.6) (10.5) (エ) 遊園地やハイキング,ドライブなど日帰りの行楽に出かける
(11.6) (11.8) (オ) 泊りがけの国内旅行をする
(1.2) (1.4) (カ) 海外旅行をする
(5.1) (5.9) (キ) ボーリング,ゴルフ,スキー,水泳,釣り,登山などのスポーツを自分でする
(1.6) (4.5) (ク) 音楽会,演劇,展覧会,スポーツ,映画,講演会などにでかける
(3.5) (6.5) (ケ) 読書,音楽,茶道,写生など趣味を楽しむ
(9.5) (14.6) (コ) 趣味的な軽作業をする(手芸,園芸,ペットの世話など)
(1.5) (2.1) (サ) 研究,技術の習得などにつとめる
(0.8) (1.6) (シ) 地域や社会のための活動をする
(1.1) (0.9) その他
(6.2) (15.2) わからない



Q6 〔回答票4〕では,余暇のための施設としては,どのような施設を整備してほしいと思いますか。この中で1番目に整備してほしいのはどれでしょうか……2番目はどれでしょうか。
 
1番目 2番目    
(23.6) (9.9) (ア) 国民休暇村,国民宿舎,国民保養センター
(11.3) (8.7) (イ) 自然休養林,自然公園,海中公園
(8.4) (8.2) (ウ) 自然歩道,ハイキングコース,サイクリングコース
(2.8) (4.1) (エ) 観光道路,観光地の駐車場
(8.2) (7.6) (オ) ユースホステル,青年の家,老人いこいの家
(4.2) (4.9) (カ) 社会教育施設(図書館,公民館など)
(3.0) (6.1) (キ) 文化施設(博物館,美術館,文化会館など)
(8.3) (10.1) (ク) 体育施設(体育館,運動場,バレーコート,野球場,プールなど)
(8.3) (9.8) (ケ) こどもの国,児童遊園,児童公園,児童館
(0.6) (0.6)   その他
(10.4) (11.3) どれでもよい
(10.9) (18.6) わからない



<フェース・シート>

F1 〔性別〕
 
(45.8)
(54.2)



F2 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(8.9) 20〜24歳
(11.6) 25〜29歳
(24.9) 30〜39歳
(20.9) 40〜49歳
(16.7) 50〜59歳
(17.0) 60歳以上



F3 〔職業〕あなたのご職業はなんですか。(仕事の内容がわかるように記入したうえで,該当する番号に○をつける。)
 
<自営業>
(7.4) 農林漁業
(11.0) 商工サービス業
(0.8) 自由業
<家族従業者>
(6.1) 農林漁業
(4.8) 商工サービス業・自由業
<被傭者>
(1.4) 管理職
(0.6) 専門技術職
(13.4) 事務職
(18.0) 労務職
<無職>
(27.3) 無職の主婦
(1.4) 学生
(7.8) その他の無職



F4 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
 
(44.8) 小卒(未就学)・旧高小・新中卒
(43.5) 旧中・新高卒
(10.5) 旧高専大・新大卒
(1.1) 不明



F5 〔未既婚〕あなたは結婚していらっしゃいますか。
 
(81.0) 既婚
(7.4) 離死別
(11.7) 未婚



F6 〔世帯内の地位〕あなたと世帯主との関係をお聞きしたいのですが……主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,ほかのかたですか。
 
(42.6) 対象者本人(実質上の世帯主)
(57.4) 対象者本人以外




F7 〔回答票5〕〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか……ボーナスも含め,税込みでお答えください。
 
(1.2) (ア) 50万円未満
(1.4) (イ) 50万円〜70万円未満
(4.4) (ウ) 70万円〜100万円未満
(12.7) (エ) 100万円〜150万円未満
(17.5) (オ) 150万円〜200万円未満
(14.2) (カ) 200万円〜250万円未満
(11.8) (キ) 250万円〜300万円未満
(10.2) (ク) 300万円〜500万円未満
(3.8) (ケ) 500万円以上
(22.7)   不明



世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和50年度調査インデックスへ



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)