世論調査

「覚せい剤に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和50年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
一般国民の覚せい剤の害悪に対する認識を把握し,その乱用の防止のための対策の基礎資料とする。

・調査項目
(1) 覚せい剤という言葉の周知度
(2) 覚せい剤との接触
(3) 覚せい剤の乱用対策
(4) 覚せい剤と麻薬の弊害の認識
(5) 麻薬,覚せい剤の名称別周知度

・調査対象者
(1) 母集団 全国の20歳以上の者
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和50年6月13日〜昭和50年6月19日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 新情報センター

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,468人(82.3%)
(2) 調査不能数(率) 532人(17.7%)
 
−不能内訳−
転居 69 長期不在 62 一時不在 243
住所不明 39 拒否 89 その他 30

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果




調査票


Q1 覚せい剤についてお聞きします。あなたは覚せい剤という言葉をご存じですか。
 
(87.2) 知っている →Q2へ
(12.8) 知らない →Q9へ



Q2 〔回答票1〕何によって,覚せい剤という言葉を知りましたか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)(N=2,151)
 
(73.4) (ア) 新聞
(79.8) (イ) テレビ・ラジオ
(30.5) (ウ) 本・雑誌など
(6.2) (エ) ポスター・パンフレットチラシなど
(2.0) (オ) 講演会,座談会など
(10.5) (カ) 人から
(1.3)   その他
(2.2)   わすれた
  (M.T.=205.9)



Q3 〔回答票2〕あなたは,覚せい剤を人からすすめられたことがありますか。この中ではどうでしょうか。(N=2,151)
 
(97.6) (ア) すすめられたことはない →Q4へ
(1.6) (イ) すすめられたが使わなかった →SQへ
(0.7) (ウ) 実際に使ったことがあるが,すぐ止めた →Q4へ
(0.0) (エ) 中毒になった経験がある →Q4へ
(-) (オ) 現在使っている →Q4へ



SQ 〔回答票3〕使わなかったのは,どのような理由からですか。この中ではどうでしょうか。(N=34)
 
(-) (ア) すすめられ方が弱かったから
(29.4) (イ) 気がすすまなかったから
(-) (ウ) お金がなかったから
(38.2) (エ) 何となく怖かったから
(17.6) (オ) 幻覚から狂暴性になり,精神分裂症となることを知っていたから
(8.8) (カ) 警察に捕まるから
(2.9)   その他
(2.9)   不明



Q4 あなたは,覚せい剤の実物を,直接ごらんになったことがありますか。(N=2,151)
 
(8.2) ある →SQへ
(91.8) ない →Q5へ



SQ 〔回答票4〕実物を直接ごらんになったのは,どのような場所でしたか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)(N=176)
 
(26.7) (ア) 病院,医・薬学の大学及び研究所,製薬会社,薬局など
(5.7) (イ) 学校(上記(ア)を除く)
(20.5) (ウ) 職場(上記(ア)を除く)
(12.5) (エ) 風俗営業,喫茶店,飲食店,トルコ風呂など
(17.6) (オ) 知人の家など個人宅(病院,薬局を除く)
(10.8)   その他
(14.8)   わすれた
  (M.T.=108.5)



Q5 〔回答票5〕仮りの話で恐れ入りますが,もし,ご家族のどなたかが,覚せい剤に関係したり,関係がありそうだと知った場合,あなたはどのようにすると思いますか。この中ではどうでしょうか。(N=2,151)
 
(3.5) (ア) しばらく様子をみる
(0.4) (イ) そのまま放っておく
(76.6) (ウ) やめるように説得する
(12.3) (エ) 保健所か警察に届ける
(7.2)   わからない



Q6 〔回答票5〕では,もし,友人や知人が覚せい剤に関係したり,関係がありそうだと知った場合,あなたはどうすると思いますか。この中ではどうでしょうか。(N=2,151)
 
(5.8) (ア) しばらく様子をみる
(2.2) (イ) そのまま放っておく
(71.6) (ウ) やめるように説得する
(12.6) (エ) 保健所か警察に届ける
(7.8)   わからない



Q7 〔回答票6〕覚せい剤の乱用を防ぐ対策について,どのようにお考えになりますか。この中ではどうでしょうか。(N=2,151)
 
(3.6) (ア) ほとんどの人には関係のない問題であるから,特別の対策は必要でない
(31.7) (イ) 覚せい剤のおそろしさについて,もっと啓発活動を展開すべきである
(53.4) (ウ) 啓発活動のみならず,強力な取締りをすべきである
(11.3)   わからない



Q8 〔回答票7〕ところで,覚せい剤と麻薬について,どのように思っていますか。この中ではどうでしょうか。(N=2,151)
 
(4.6) (ア) 覚せい剤は,麻薬より,なおりも簡単でこわくない
(18.2) (イ) 覚せい剤は,精神分裂症をおこし,なおりにくいので,ある意味では,麻薬よりこわい
(36.4) (ウ) 覚せい剤は,麻薬と同じような作用や禁断症状がある
(40.7)   わからない



Q9 〔回答票8〕この中で,あなたがご存じの名前がありましたら,いくつでもおっしゃって下さい。(M.A.)
 
(53.2) (ア) 大麻
(71.1) (イ) モルヒネ
(64.5) (ウ) ヘイロン
(17.9) (エ) コカイン
(22.4) (オ) L.S.D.
(67.9) (カ) ヒロポン
(8.3) (キ) トルエン
(89.7) (ク) シンナー
(5.5)   知っているものはない
  (M.T.=400.5)



<フェース・シート>

F1 〔性別〕
 
(46.7)
(53.3)



F2 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(20.7) 20〜29歳
(22.8) 30〜39歳
(23.2) 40〜49歳
(16.7) 50〜59歳
(16.6) 60歳以上



F3 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とみなす)
 
(8.4) 小卒(未就学)
(40.4) 旧高小・新中卒
(37.9) 旧中・新高卒
(12.1) 旧高専大・新大卒
(1.3) 不明



F4 〔未既婚〕あなたは結婚していらっしゃいますか。
 
(89.7) 既婚(離死別を含む)
(10.3) 未婚



F5 〔回答票9〕〔本人収入〕では,あなたご自身の収入は,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか。……ボーナスを含め税込みでお答えください。
 
(7.8) (ア) 50万円未満
(3.9) (イ) 50万円〜70万円未満
(7.3) (ウ) 70万円〜100万円未満
(10.9) (エ) 100万円〜150万円未満
(9.4) (オ) 150万円〜200万円未満
(6.8) (カ) 200万円〜250万円未満
(4.7) (キ) 250万円〜300万円未満
(2.7) (ク) 300万円〜500万円未満
(1.5) (ケ) 500万円以上
(35.0)   収入はない
(10.0)   不明



世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和50年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)