世論調査

「動物の保護に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和49年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査項目
(1)

愛玩動物の飼育について

(2) 動物を飼うときの注意について
(3) 野生動物を愛玩用として飼うことについて
(4) 動物を実験の材料として使うことについて
(5) 動物虐待に対する罰則についての周知
(6) 動物愛護週間について

・調査対象
(1) 母集団 全国20歳以上の者
(2) 標本数 2,000人
(3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和49年11月24日〜昭和49年11月30日

・調査方法 調査員による面接聴取

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 1,626(81.3%)
(2) 調査不能数(率) 374人(18.7%)



調査票


Q1 〔回答表〕あなたは動物を飼うのが好きなほうですか,嫌いなほうですか。この中ではどうでしょうか。
 
(13.0) (ア) 大好き
(50.0) (イ) 好きなほう
(27.0) (ウ) 嫌いなほう
(6.0) (エ) 大嫌い
(4.0)   わからない
  (計100)



Q2 あなたの家庭では,犬やねこなどの愛玩動物(ペット)を飼っていますか。……(「飼っていると」答えた者に)それはどんな動物ですか。(M.A.)
 
<飼っている>
(20.2) →Q4へ
(13.0) ねこ →Q4へ
(0.1) さる →Q4へ
(0.7) うさぎ →Q4へ
(13.6) 鳥類 →Q4へ
(8.7) 魚類 →Q4へ
(0.2) 昆虫類 →Q4へ
(0.4) 爬虫類 →Q4へ
(0.6) その他 →Q4へ
(58.3) 飼っていない →Q3へ
  (M.T.=115.8)



Q3 〔回答表〕(前問で「飼っていない」と答えた人に)では以前にあなたの家庭で飼ったことがありますか……これから飼いたいと思いますか。この中ではどうでしょうか。(N=948)
 
(11.8) (ア) 以前に飼ったことがある……今後は飼うつもり
(33.3) (イ) 以前に飼ったことがある……今後は飼うつもりはない
(15.0) (ウ) 以前に飼ったことがある……わからない
(3.8) (エ) 以前に飼ったことはない……今後は飼うつもり
(25.3) (オ) 以前に飼ったことはない……今後も飼うつもりはない
(8.0) (カ) 以前に飼ったことはない……わからない
(2.7)   わからない
  (計100)



Q4 あなたは家庭で犬やねこなどの動物を飼うときに注意しなければならないことは,どんなことだと思いますか。……一番注意しなければならないことを1つだけおっしゃって下さい。
 
(9.0) 動物の本能・習性をよく理解して飼うこと
(1.0) 動物をでき愛しないようにして飼うこと
(8.0) 動物の健康に充分気をつけて飼うこと
(6.0) 動物の訓練・しつけをよく行うこと
(6.0) 一時的ななぐさみの気持で飼わないこと
(55.0) 人に迷惑をかけないように飼うこと
(4.0) 動物の種類に応じた適正な施設をととのえて飼うこと
(2.0) その他
(9.0) わからない
  (計100)



Q5 では,あなたは一般的にみて,家庭で犬やねこなどの動物を飼っている人は,そのような注意をまもって飼っていると思いますか。そうは思いませんか。
 
(28.0) 注意をまもって飼っている
(34.0) そうは思わない
(27.0) 一概に言えない
(11.0) わからない
  (計100)



Q6 つぎに,家庭で飼っている犬やねこなどの動物が,いろいろの事情で飼えなくなった場合には,あなたは,どうするのが一番よいと思いますか。
 
(37.0) 保健所に持っていく
(41.0) 新たな飼い主をさがす
(2.0) 犬・ねこ病院(獣医)のところへ持っていく
(5.0) 動物愛護団体へ持っていく
(1.0) その他
(14.0) わからない
  (計100)



Q7 〔回答表〕現在,ワニや熊などの野生動物を愛玩用として飼う人がいますが,これらの野生動物を飼うことについて,次のような2つの意見のうち,あなたのお考えに最も近いのは,どれでしょうか。
 
(30.4) (ア) 正しい飼い方をすれば飼ってもよい
(51.4) (イ) 正しい飼い方をしても,危害を加えたりする心配があるので飼うべきではない
(10.5)   一概に言えない
(7.6)   わからない
  (計100)



Q8 〔回答表〕犬やねこなどの動物を実験の材料として使うことについて,あなたはどう思いますか,次のような2つの意見のうち,あなたのお考えに最も近いものはどれでしょうか。
 
(50.9) (ア) 人間の役立つことだから,麻酔などにより苦しませないようにすれば,動物を実験の材料として使うこともやむを得ない
(23.1) (イ) 人間の役に立つこととはいえ動物を実験の材料として使うべきではない
(18.1)   一概に言えない
(7.9)   わからない
  (計100)



Q9 犬やねこを捨てたりいじめたりすると,法律で,3万円以下の罰金又は科料に処せられることを,あなたはご存じですか。
 
(36.0) 知っている
(64.0) 知らない
  (計100)



Q10 9月20日から9月26日までの1週間「動物愛護週間」が行われましたが,あなたはこのことを見たり聞いたりしたことがありますか。……(「見たり聞いたりしたことがある」と答えた者に)それは何によって見たり聞いたりしましたか。
 
<見たり聞いたりしたことがある> (64.0)
(40.0) テレビ
(4.0) ラジオ
(21.0) 新聞
(5.0) 県市町村の広報誌
(8.0) ポスター
(3.0) その他
(81.0) 計(M.T.)
<見たり聞いたりしたことがない> (36.0)
  (計100)

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)