世論調査

「選挙(棄権)に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和49年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
選挙での棄権に対する一般国民の意識を明らかにして,今後の施策の参考資料とする。

・調査項目
(1) 棄権に対する考え方
(2) 棄権の防止方法
(3) 政治に対する関心度

・調査対象者
(1) 母集団全国 20歳以上の者
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和49年7月9日〜昭和49年7月15日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 新情報センター

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,523人(84.1%)
(2) 調査不能数(率) 477人(15.9%)
 
−欠票内訳−
転居 44 長期不在 71 一時不在 199
住所不明 43 拒否 93 その他 27
        477

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果



調査票


Q1 あなたは,新聞を毎日読んでいますか,時々読む程度ですか,それともほとんど読んでいませんか。
 
(73.3) 毎日読む
(19.4) 時々読む
(7.3) ほとんど(全然)読まない



Q2 〔回答票1〕ところで,あなたは,政治の動きにどの程度関心をお持ちですか,この中ではどうでしょうか。
 
(12.0) (ア) 非常に関心がある
(54.9) (イ) ある程度関心がある
(27.1) (ウ) あまり関心がない
(4.2) (エ) 全然関心がない
(1.8)   不明



Q3 次に,選挙のとき棄権することについておうかがいします……。「棄権することは,国民の義務の違反である」という意見がありますが,あなたは,そう思いますか,そうは思いませんか。
 
(55.3) そう思う
(34.9) そうは思わない
(9.8) 不明



Q4 「行楽や旅行に出かける」という理由で,棄権する人がいますが,このような棄権は,さけるべきだと思いますか,やむを得ないと思いますか。
 
(68.3) さけるべきだ
(24.8) やむを得ない
(6.9) 不明



Q5 「適当な候補者がいない」とか「適当な政党がない」という理由で,棄権する人がいますが,このような棄権は,さけるべきだと思いますか,やむを得ないと思いますか。
 
(48.2) さけるべきだ
(41.3) やむを得ない
(10.5) 不明



Q6 「自分一人が投票しなくても,結果に影響がない」という理由で,棄権する人がいますが,このような棄権は,さけるべきだと思いますか,やむを得ないと思いますか。
 
(78.0) さけるべきだ
(13.8) やむを得ない
(8.1) 不明



Q7 「今の政治には期待がもてない」という理由で棄権する人がいますが,このような棄権はさけるべきだと思いますか,やむを得ないと思いますか。
 
(55.7) さけるべきだ
(31.8) やむを得ない
(12.5) 不明



Q8 「棄権することも,政治に対する1つの意思表示である」という考え方がありますが,あなたも,そう思いますか,そうは思いませんか。
 
(36.3) そう思う
(44.3) そうは思わない
(19.3) 不明



Q9 では,棄権した人には,一般的に,現状の政治や社会などに,満足している人が多いと思いますか,それとも不満をもっている人が多いと思いますか。
 
(1.6) 満足している人が多い
(52.7) 不満を持っている人が多い
(29.2) どちらともいえない
(16.5) わからない



Q10 〔回答票2〕棄権を少なくするには,どうすればよいと思いますか,この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(19.5) (ア) 不在者投票の方法を簡素化する
(16.5) (イ) 投票所をふやす
(33.8) (ウ) 選挙の重要性をPRする
(12.2) (エ) 投票時間を延長する
(27.6) (オ) 選挙の重要性を子どもの時から教える
(4.9)   その他
(9.1)   不明
  (M.T.=133.7)



Q11 〔回答票3〕ところで,参議院選挙の投票率は,一般に衆議院選挙の投票率よりも低くなっていますが,その原因はどこにあると思いますか,この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(18.9) (ア) 参議院は,衆議院より権限が低いから
(16.0) (イ) 参議院の必要性に疑問があるから
(40.7) (ウ) 人柄,人物などのわからない(なじみがうすい)候補者が多いから
(15.6) (エ) 地元の利益になることが少ないから
(10.8) (オ) PRが足りないから
(2.3)   その他
(22.7)   不明
  (M.T.=126.9)



<フェース・シート>

F1 〔性別〕
 
(48.6)
(51.4)



F2 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(18.9) 20〜29歳
(27.0) 30〜39歳
(23.6) 40〜49歳
(15.8) 50〜59歳
(14.8) 60歳以上



F3 〔職業〕あなたのご職業は何ですか。
 
<自営者>
(7.3) 農林漁業
(10.3) 商工サービス業
(1.3) 自由業
<家族従業者>
(5.3) 農林漁業
(3.1) 商工サービス業・自由業
<被傭者>
(2.5) 管理職
(1.9) 専門技術職
(14.7) 事務職
(16.3) 労務職
<無職>
(28.5) 無職の主婦
(2.0) 学生
(6.9) その他の無職



F4 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退,在学中は卒業とみなす)
 
(7.2) 小卒(未就学)
(35.8) 旧高小・新中卒
(43.6) 旧中・新高卒
(12.8) 旧高専大・新大卒
(0.6) 不明



F5 〔回答票4〕〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか,この中ではどうでしょうか……ボーナスを含め,税込みでお答え下さい。
 
(2.5) (ア) 50万円未満
(2.1) (イ) 50万円〜70万円未満
(5.7) (ウ) 70万円〜100万円未満
(16.2) (エ) 100万円〜150万円未満
(24.2) (オ) 150万円〜200万円未満
(19.6) (カ) 200万円〜300万円未満
(6.4) (キ) 300万円〜500万円未満
(2.3) (ク) 500万円以上
(20.9)   不明



世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和49年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)