世論調査

「公害問題に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査インデックスへ 昭和48年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査目的
公害・自然破壊等の環境問題に対する一般国民の対応,意識および要望等を調査して,今後の施策の参考とする。

・調査項目
(1) 公害の被害状況と被害への対応
(2) 自然破壊と自然の重要性についての認識
(3) 公害および自然破壊の原因についての認識
(4) 公害問題に対する意識
(5) 公害紛争に対する意識
(6) 公害に対する不安感と展望
(7) 公害・自然保護対策に対する意識と要望

・調査対象者
(1) 母集団 全国20歳以上の者
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和48年10月3日〜昭和48年10月9日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 (株)社会調査研究所

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,540人(84.7%)
(2) 調査不能数(率) 460人(15.3%)
 
−不能内訳−
転居 83 長期不在 72 一時不在 106
住所不明 29 拒否 106 その他(病気など) 64

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果



調査票

Q1 あなたは,身近に公害の影響を感じているものがありますか。それは何ですか。(M.A.)
 
(25.1) 大気の汚染(排気ガス,排煙)
(16.7) 水質(川や海)の汚濁(汚染)
(24.6) 騒音,振動
(1.7) 地盤沈下
(14.4) 悪臭
(1.0 ) 土壌汚染
(9.2) 食品(添加物,汚染)
(8.0) ゴミ,廃棄物
(2.6) 医薬品の副作用
(6.9) 自然の破壊
(3.7) その他
(39.2) 特にない,わからない



Q2 あなたは,「公害対策基本法」という法律があることを知っていますか……。一般に「公害基本法」ともいわれていますが。
 
(51.9) 知っている
(48.1) 知らない



Q3 〔回答票1〕公害対策基本法では,ここにあげているもので,相当の範囲の人が被害を受けている場合を「公害」として扱っておりますが,あなたは,最近5年間にこのような公害で被害を受けたことがありますか。………この中ではどうでしょうか。………2つ以上ある場合は,主なものを1つだけあげて下さい。
 
(10.2) (ア) 大気の汚染 →SQ1aへ
(6.5) (イ) 水質(川や海の汚濁) →SQ1aへ
(15.8) (ウ) 騒音 →SQ1aへ
(2.4) (エ) 振動 →SQ1aへ
(1.0) (オ) 地盤沈下 →SQ1aへ
(8.3) (カ) 悪臭 →SQ1aへ
(0.4 ) (キ) 土壌汚染 →SQ1aへ
(55.3)   被害を受けているものはない,わからない →SQ1bへ



SQ1a ○○の発生源は何でしょうか。……発生源が2つ以上ある場合は,主なものを1つだけあげて下さい。(N=1,135)
 
(31.6) 事業活動(事務所,工場,工事現場など)
(42.5) 交通機関(自動車,電車,航空機など)
(10.7) 下水,ゴミなど都市生活
(4.8) 近隣の私生活
(5.0) 原因が複合していて,特定出来ない
(2.9) その他
(2.5) わからない



SQ1b 今後あなたは,公害の被害をうけることはないだろうと思いますか。ことによったら受けるかもしれないと思いますか。かならず受けるようになると思いますか。(N=2,540)
 
(7.7) 公害の被害を受けることはない →Q4へ
(32.8) ことによったら受けるかも知れない →Q4へ
(6.1) かならず受けるようになる →Q4へ
(8.7) わからない →Q4へ



SQ2 ○○のためにどんな影響を受けましたか……。(健康を害したという者に)そのために医者にかかりましたか。(M.A.)(N=1,135)
 
<本人が健康を害した>
(3.9) 医者にかかった
(13.7) かからない
<家族が健康を害した>
(4.1) 医者にかかった
(99.3) かからない,わからない
   
(8.2) 動植物の被害
(4.1) 財産の被害
(66.4) 感覚的心理的被害(くさい,うるさい,不愉快など)
(5.4) その他
(8.5) わからない



SQ3 〔回答票2〕そのような被害について,どのようなことをなさいましたか。電話や手紙によるものや代表者が行ったものも含めて下さい。(M.A.)(N=1,135)
 
(12.9) (ア) 自治会,町内会,対策協議会などで話し合った →SQ4aへ
(6.8) (イ) 公害の発生源の責任者に対して抗議を申し入れ,交渉などをした →SQ4aへ
(4.1) (ウ) 知事,市町長村長などの地域の責任者,世話役にあっせんをたのんだ →SQ4aへ
(2.5) (エ) 保健所,警察署に対策(取締り)を要望したり陳情した →SQ4aへ
(4.3) (オ) 都道府県庁市区役所,町村役場に対策(取締り)を要望したり陳情した →SQ4aへ
(1.6) (カ) 環境庁,厚生省,通産省などの国の機関やその出先機関に対策(取締り)を要望した →SQ4aへ
(75.8) (キ) なにもしなかった →SQ4bへ



SQ4a 〔回答票3〕その結果はどうなりましたか。この中からあげて下さい。(N=257)
 
(12.4 ) (ア) 満足な解決が得られた
(12.4 ) (イ) 不満だが,一応解決した
(26.9) (ウ) 解決しないが,多少改善された
(25.5) (エ) 全然改善されなかった
(18.5) (オ) 交渉中で,まだ結果が出ていない
(4.4)   わからない



SQ4b 被害をうけてもなにもしないのは,どうしてですか。(M.A.)(N=1,135)
 
(36.5) それほどの被害ではないからがまんできる,この程度ならやむ得ない
(5.8) 発生源がはっきりしない,対策がない
(10.6) どこに苦情を申し入れてよいかわからない
(10.3) 申し入れても本気で取りあげてくれない,時間がかかる
(1.5) 解決の見通しがついている
(10.7) 忙しい,面倒
(7.2) その他
(4.5) わからない



Q4 〔回答票4〕ところで,公害問題をひきおこしている大きな原因は何だと思いますか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(23.0) (ア) 社会資本の不足(例えば,下水道の不足)
(16.9) (イ) 技術開発のおくれ
(12.4) (ウ) 法律の不備
(50.3) (エ) 企業の責任感の不足
(30.6) (オ) 行政機関の取り組み方が不十分
(26.2) (カ) 都市計画の不備
(2.7)   その他
(12.4)   わからない



Q5 〔回答票5〕あなたは,公害が自分や家族に及ぼす影響や不安について,どのように感じていますか。この中ではどうでしょうか。
 
(9.8) (ア) すでに,自分や家族の健康がおかされているのではないかと不安を感じている
(32.2) (イ) このような状態では,自分や家族の健康がおかされるかもしれないと不安を感じる
(15.6) (ウ) 将来,生まれる子供に悪い影響があらわれるかもしれないと不安を感じる
(37.5) (エ) 特に不安は感じていない
(4.8)   わからない



Q6 今まで,公害についていろいろ伺いましたが,それでは次に,自然が破壊されたり,そこなわれていると身近に感じていることはありませんか……。どのようなことですか。(M.A.)
 
(24.1) 空気の汚れ(青空がなくなった)
(11.8) 植物が育たない(花が咲かない・葉が枯れる)
(35.2) 河川,海,湖などの水の汚れ
(13.5) 山や丘などの地形の変化
(21.7) 緑が少なくなった(林や田畑が少なくなった)
(20.5) 魚,昆虫,鳥獣の減少
(2.1) その他
(24.1) ない
(6.0) わからない



Q7 〔回答票6〕最近,自然保護が問題となっておりますが,自然が大切だと思うのはどうしてでしょうか。この中から1つだけあげてください。
 
(29.3) (ア) 自然は人間の心にうるおいを与える
(56.9) (イ) 人間が生きていくためには,自然と人間との共存が必要
(1.7) (ウ) レクリエーションの場を確保する
(0.6) (エ) 科学や学術上重要
(6.0) (オ) 災害の防止
(0.2)   その他
(5.2)   わからない



Q8 〔回答票7〕自然が破壊されたり,そこなわれる原因としては,このようなものがあげられておりますが,一般的に考えて,この中で特に大きな問題だと思うのはどれでしょうか。(M.A.)
 
(24.9) (ア) 宅地,別荘地の造成
(26.2) (イ) 観光道路,宿泊施設,レジャー施設などの建設
(52.9) (ウ) 工場の誘致,工場の排出する公害物質
(21.5) (エ) 家庭から排出されるゴミや汚水
(14.9) (オ) 自然や風景を楽しむ利用者のモラルの低さ
(42.5) (カ) 自動車の排気ガス
(0.7)   その他
(5.4)   わからない



Q9 〔回答票8〕最近,水銀やPCBなどで,サカナが汚染されてきているといわれていますが,あなたはそのようなことを見聞きして,サカナを食べる態度は変わりましたか,この中ではどうでしょうか。
 
(6.5) (ア) 食べないようにしている
(14.7) (イ) 産地,魚の種類によっては食べないようにしている
(29.3) (ウ) 食べる量を減らしている
(3.6) (エ) 内臓,あぶら身はできるだけ食べないようにしている
(39.1) (オ) 気にせずに食べている
(5.3) (カ) 前から魚はほとんど食べない
(0.9)   その他
(0.6)   わからない



Q10 〔回答票9〕経済発展と環境の保護の関係について,このような2つの考え方がありますが,あなたのお考えはこの中のどちらに近いでしょうか。
 
(19.8) (ア) 多少公害が出たり,自然が失なわれても,経済活動が盛んになり,生活水準が上昇し,生活が便利になる方がよい
(49.7) (イ) 経済活動が多少犠牲になって,生活水準が低下し,生活が不便になっても,公害をなくし,自然を守るようにした方がよい
(24.7)   一概にいえない
(5.8)   わからない



Q11 〔回答票10〕公害対策基本法では,このようなものによる被害を「公害」としておりますが,このほかにも「公害」として扱った方がよいと思うものがありますか……。どんなものですか。(M.A.)
 
(11.7) 日照防害
(2.3) 通風防害
(6.1) 電波妨害
(27.6) 有害食品
(14.2) 医薬品による被害
(22.3) ゴミ・廃棄物の氾濫
(3.4) その他
(24.3) ない
(25.0) わからない



Q12 〔回答票11〕あなたは,これからさき,公害がどうなっていくと思いますか。この中ではどうですか。
 
(53.5) (ア) ますますひどくなる
(33.8) (イ) 今の状態が続く
(8.0) (ウ) だんだん減っていく
(4.7)   わからない



Q13 〔回答票12〕公害の被害をこうむった人達が,企業に対して,補償金や公害防止施設の改善を要求し,それらがいれられない場合,実力で工場を封鎖する例が最近見られますが,これについてどう思いますか。あなたのお考えは,この中のどちらに近いでしょうか。
 
(56.0) (ア) あくまでも当事者同士の話し合いで解決をはかるのが望ましい
(33.8) (イ) 場合によっては実力行使もやむ得ない
(1.5)   その他
(8.7)   わからない



Q14 〔回答票13〕公害紛争が当事者同士でうまく解決できない場合には,どのような解決方法が最もよいと思いますか。
 
(15.4) あくまでも当事者同士で解決をはかる
(7.7) 議員や有力者の仲介で解決をはかる
(14.6) 市町村や都道府県等の仲介で解決をはかる
(38.3) 都道府県の公害審査会や公害等調整委員会のような公害紛争処理機関で解決をはかる
(12.0) 裁判所に訴える
(0.6) その他
(11.3) わからない



Q15 〔回答票14〕新幹線や空港や高速自動車道路やゴミ処理施設などの公共施設の建設の際に,公害問題のことで紛争がおきている地域がありますが,仮りに,お宅の近くにこのような公共施設が建設されることになった場合には,どのようにお考えになりますか。この中で,あなたのお気持に最も近いものを1つえらんでください。
 
(12.9) (ア) 公害問題は気掛りであるが,社会全体のためでもあり,自分たちのためになるので喜んで協力する
(40.8) (イ) 公害問題は気掛りであるが,社会全体のためにやむ得ないので,しかたなく協力する
(22.4) (ウ) 公害問題は気掛りだし,社会全体のために自分たちだけが犠牲になることはないから,なんとなく協力したくない
(14.0) (エ) 公害問題は気掛りだし,自分たちだけが犠牲になるのはいやだから,絶対協力したくない
(9.8)   わからない



Q16 あなたがお住まいの市(区・町・村)や県(都・道・府)が,公害防止のため,企業との間に公害妨止協定を結んでいる例を,あなたはご存知ですか。
 
(27.0) 知っている →SQへ
(69.6) 知らない →Q17へ
(3.3) 結んでいる例がない →Q17へ



SQ 〔回答票15〕それは,公害防止のために役立っていると思いますか。この中ではどうでしょうか。(N=687)
 
(6.6) (ア) 非常に役立っている
(54.0) (イ) ある程度役立っている
(25.6) (ウ) あまり役立っていない
(4.9) (エ) まったく役立っていない
(8.9)   わからない



Q17 自動車の急増による大気汚染や騒音など,いわゆる自動車公害が論議されていますが,この対策として,どうしたらよいと思いますか。(M.A.)
 
(21.6) 自動車の生産を法的に制限する
(12.5) 自動車税の新設などで,自動車の所有や使用を事実上制限する
(31.0) 排気ガスや騒音の規制・取締りを強化する
(9.1) 市街地への乗り入れ制限を強化する
(41.1) 無公害自動車の研究開発
(13.9) 新しい都市交通機関の研究開発
(19.9) 国民1人1人が自動車の所有や使用を自粛する
(5.2) その他
(11.9) わからない



Q18 光化学スモッグの主な発生源は,何だと思いますか。(「複合汚染」と答えた者には,主な発生源は,「自動車の排気ガス」だと思いますか,「工場の排煙」だと思いますか,と問い直す。)
 
(52.9) 自動車の排気ガス →SQaへ
(24.1) 工場の排煙 →SQbへ
(1.7) その他 →SQbへ
(21.4) わからない →SQbへ



SQa 〔回答票16〕もし,あなたが,光化学スモッグ対策のため,自動車の運転や利用の制限を求められた場合には,協力しますか。それとも協力しませんか。この中ではどうでしょうか。(N=1,343)
 
(43.9) (ア) 喜んで協力する
(45.1) (イ) やむを得ず協力する
(4.6) (ウ) あまり協力したくない
(1.5) (エ) 協力しない
(4.8)   わからない



SQb 〔回答票16〕では,仮に自動車の排気ガスが,光化学スモッグの一因だとして,もし,あなたが,光化学スモッグ対策のため自動車の運転や利用の制限を求められた場合には,協力しますか。それとも協力しませんか。この中ではどうでしょうか。(N=1,197)
 
(32.9) (ア) 喜んで協力する
(39.8) (イ) やむを得ず協力する
(7.9) (ウ) あまり協力したくない
(2.3) (エ) 協力しない
(17.1)   わからない



SQa+SQb 〔回答票16〕(SQa+SQb)
 
(38.7) (ア) 喜んで協力する
(42.6) (イ) やむを得ず協力する
(6.2) (ウ) あまり協力したくない
(1.9) (エ) 協力しない
(10.6)   わからない



Q19 公害や自然破壊などを防ぐ環境保護対策を早急に進めるためには,多額の費用が必要ですが,あなたは,そのために国民1人1人の経済負担がふえてもやむをえないと思いますか。それとも国民の負担がふえるのならば,環境保護対策がおくれてもやむをえないと思いますか。
 
(45.2) 国民1人1人の経済負担がふえてもやむを得ない
(9.8) 環境保護対策がおくれてもやむをえない
(35.6) 一概にいえない
(9.4) わからない



Q20 〔回答票17〕政府の公害や自然保護対策への組み方は,数年まえとくらべて,積極的だと思いますか。それとも消極的だと思いますか。
 
(10.6) (ア) 積極的
(34.0) (イ) どちらかといえば積極的
(28.5) (ウ) どちらかといえば消極的
(14.9) (エ) 消極的
(12.0)   わからない



Q21 〔回答票18〕公害や自然保護対策として,政府はどのようなことに力を入れてほしいと思いますか。この中で最も力を入れてほしいものはどれですか。2番目はどれですか。
 
(1番目) (2番目)    
(21.9) (8.3) (ア) 法律などで規制をさらにきびしくする
(10.6) (10.9) (イ) 取締りや監視をきびしくする
(30.2) (11.5) (ウ) 人間尊重を最優先とした政治を行なう
(12.0) (13.7) (エ) 公害・自然保護に対する行政を強化する
(2.4) (4.8) (オ) 環境庁の権限を大きくする
(1.9) (4.7) (カ) 地方自治体の権限を大きくする
(5.4) (13.5) (キ) 公害・自然保護対策の予算をふやす
(4.9) (12.3) (ク) 公害防止技術や自然保護の研究開発
(0.5) (1.8) (ケ) 国際協力
(2.8) (8.3) (コ) 環境問題を学校教育や社会教育に取り入れる
(0.3) (0.4)   その他
(7.2) (9.7)   わからない



<フェース・シート>

F1 〔性〕
 
(46.5)
(53.5)



F2 〔年齢〕
 
(20.9) 20〜29歳
(27.0) 30〜39歳
(23.1) 40〜49歳
(9.1) 50〜54歳
(1.8) 55歳
(5.0) 56〜59歳
(13.0) 60歳以上



F3 〔本人職業〕あなたの職業は何ですか。
 
<自営者>
(7.2) 農林漁業
(9.1) 商工サービス業
(2.5) 自由業
<家族従業者>
(4.2) 農林漁業
(3.7) 商工サービス業
(0.8) 自由業
<被傭者>
(2.2) 管理職
(3.2) 専門技術職
(11.7) 事務職
(17.6) 労務職
<無職>
(30.2) 主婦
(1.3) 学生
(6.3) その他



F4 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学中は卒業とする)
 
(9.3) 小卒(未就学)
(38.1) 旧高小・新中卒
(40.3) 旧中・新高卒
(12.3) 旧高専大・新大卒
(0.1) 不明



F5 〔居住地〕〔調査員判断〕
 
(60.2) 住宅地区
(2.3) 工場地区
(11.4) 商店地区
(24.6) 農山漁村地区
(1.6) その他



F6 あなたの家には自動車やオートバイがありますか。
 
(60.2) ある →SQへ
(39.8) ない →F7へ



SQ あなたはその自動車やオートバイを運転していますか。(N=1,528)
 
(49.3) する
(50.7) しない



F7 (F3で,被傭者に)あなたは仕事で会社などの自動車やオートバイを運転していますか。(N=881)
 
(27.5) する
(72.5) しない



世論調査トップページへ 世論調査インデックスへ 昭和48年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)