世論調査

「沖縄県民の意識に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査インデックスへ 昭和48年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査目的
復帰一年後の県民の生活意識や沖縄の振興開発についての考え方要望などを調査して施策の参考とする。

・調査項目
(1) 生活意識
(2) 沖縄振興開発計画について
(3) 政府に対する要望

・調査対象者
(1) 母集団 沖縄県に居住する20歳以上の男女個人
(2) 標本数 2,000人
(3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和48年6月21日〜昭和48年6月30日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 新情報センター

・回収結果
(1)
有効回収数
全体
本島
先島
 
1,634
1,352
282
(回収率) (81.7%) (81.9%) (80.8%)
(2) 調査不能数(率) 366人(18.3%)
  (注)抽出率は先島で他の2倍とした。そのため集計にあたっては他の地区の数は2倍に重みづけた。従って,本報告書では有効回収数=2,986として全体のパーセントを算出してある。

(3)欠票内訳−
転居 72人 住所不明 70人
長期不在 52 拒否 30
一時不在 106 その他 36
    366

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果




調査票

新情報センターから世論調査に伺いました。日常生活上の,身近な問題について,ご意見をおききしたいと思います。お忙しいところ突然で恐れ入りますが,よろしくご協力くださいますようお願いいたします。では早速ですが……
Q1 あなたは新聞を,毎日ごらんになっていらっしゃいますか。
 
(55.7) ほとんど毎日みている
(22.7) 時々みる
(21.6) ほとんど(全然)みない・不明



(生活)
Q2 〔回答票1〕生活のことについてお伺いしますが,お宅の生活程度は,世間一般からみて,この中のどれに入ると思いますか。
 
(0.8)
(6.4) 中の上
(62.6) 中の中
(20.3) 中の下
(4.7)
(5.3) 不明



Q3 〔回答票2〕あなたは,今後,生活のどのような面に特に力を入れたいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
 
(30.4) 食生活
(3.2) 衣生活
(11.3) 電気器具・家具・自動車などの耐久消費財の面
(23.3) 住生活
(13.7) レジャー・余暇生活
(18.1) ない・不明



Q4 〔回答票3〕お宅の収入と比較して,物価の上昇をどのように感じていらっしゃいますか。この中で一番近いのはどれでしょうか。
 
(27.9) 物価の上昇が大きく,生活をきりつめなければならない
(31.4) 物価の上昇に追いついてゆくのが精一杯で,生活を向上させるゆとりはない
(26.8) 生活は向上しているが,物価の上昇で将来への備えが心細い
(4.5) 物価が上昇してもあまり心配なことはない
(9.4) 不明



Q5 〔回答票4〕あなたは生活費のうちで,日頃最も負担が重いと感じている費目は何でしょうか。この中ではどれでしょうか………2番目は何でしょうか。
 
(1番目) (2番目)    
(22.3) (7.9) 主食費  
(27.6) (13.8) 副食費  
(1.8) (4.8) し好食品費  
(4.5) (9.0) 衣料費  
(7.2) (7.1) 住居費  
(4.2) (8.3) 光熱水道費  
(5.1) (9.6) 教育費  
(1.2) (2.8) 教養娯楽費  
(1.3) (3.1) 交通通信費  
(2.0) (3.4) 医療保険費  
(9.8) (10.8) 交際費  
(0.3) (0.5) その他  
(2.3) (1.3) 負担に思っているものはない (1番目に「負担に思っているものはない」を選択した場合Q6へ飛ぶ)
(10.3) (5.0) 不明  



(沖縄の振興開発計画)
Q6 話はかわりますが,国の金融機関で,「沖縄振興開発金融公庫」という名前を聞いたことがありますか。
 
(48.8) 聞いたことがある →SQ1へ (N=1,458)
(51.2) 聞いたことがない →Q7へ  



SQ1 〔回答票5〕沖縄振興開発金融公庫の融資内容はこのようになっています。あなたは借りてみようと思いますか。この中ではどうでしょうか。
 
(16.6) 借りたい →SQ2へ  
(21.4) 条件によっては借りたい(利子や期間) →SQ2へ (N=554)
(9.8) 資金は借りたいが公庫から借りるつもりはない →Q7へ  
(35.7) 別にお金の必要はないので借りるつもりはない →Q7へ  
(6.0) すでに借りている →SQ2へ (N=88)
(10.5) 不明 →Q7へ  



SQ2 〔回答票5〕(Q6−SQ1で「借りたい,条件によっては借りたい」者に)借りてみようと思うのはどの貸付でしょうか。(M.A.)
 
(12.6) 生業資金貸付(独立して事業をしている人やしようとしている人に)
(70.2) 住宅資金貸付(個人の家や貸家・アパートなどを建てようとする人に)
(5.2) 農林漁業資金貸付(農林漁業を営む人に)
(7.8) 中小企業資金貸付(製造業などの中小企業を営む人に)
(2.9) 環境衛生資金貸付(飲食店や理容・美容・クリーニング業などを営む人に)
(0.2) 医療資金貸付(病院や診療所を開こうとする人に)
(0.4) 産業開発資金貸付(電力・海運など大きな事業をする企業に)
(3.6) 借りたいと思うものはない



SQ3 〔回答票5〕(Q6−SQ1で「すでに借りている」者に)借りていらっしゃるのはどの貸付でしょうか。(M.A.)
 
実数  
(13人) 生業資金貸付
(48) 住宅資金貸付
(6) 農林漁業資金貸付
(12) 中小企業資金貸付
(1) 環境衛生資金貸付
(6) 医療資金貸付
(-) 産業開発資金貸付
(-) その他
(4) 不明



Q7 では,「沖縄振興開発計画」ということばを聞いたことがありますか。
 
(47.3) 聞いたことがある →SQ1へ (N=1,411)
(52.7) 聞いたことがない →Q8へ  



SQ1 〔回答票6〕その内容をどの程度ご存知ですか。(N=1,213)
 
(4.4) 本・新聞・雑誌・テレビの解説などでくわしく知っている →SQ2へ
(36.1) 新聞・雑誌・テレビ・ラジオのニュースなどで概要は知っている →SQ2へ
(45.5) 名前だけは聞いたことがある →SQ2へ
(14.0) わからない →Q8へ



SQ2 「沖縄振興開発計画」について何かご意見があればお聞かせ下さい。(F.A.)〔回答を具体的に記入し,該当する項目にマルをつける。〕(M.A.)
 
(3.5) 本土資本の規制
(1.2) 社会資本の整備
(3.1) P.Rの不足
(2.6) 企業の誘致
(2.7) 徹底的な実行
(5.9) 地域住民(県民)の声の尊重
(8.5) 自然保護・公害防止
(1.5) 実現の危険視
(3.3) その他
(17.3) 不明
(54.4) 意見を述べなかった



Q8 〔回答票7)沖縄県の,農業を発展させるためにはどうしたらよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
 
(14.9) さとうきび・パインアップルにしぼって,生産性の向上をはかれば十分だと思う
(53.0) さとうきび・パインアップルは現在程度にとどめて,畜産・野菜・果樹など多角的に振興する必要があると思う
(11.9) 一概にいえない
(2.3) その他
(18.0) わからない



Q9 〔回答票8〕では,沖縄県の工業はどうしたらよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
 
(12.5) 県民生活は,豊かにならなくてもよいから,工業は立地しない方がよいと思う
(56.8) 県民生活を豊かにするためには,公害防止に万全の策を講じて,必要な工業立地をはかる方がよいと思う
(9.6) 一概にいえない
(1.2) その他
(20.1) わからない



Q10 〔回答票9〕観光開発はどうしたらよいと思いますか。この中ではどうでしょうか。
 
(24.1) 観光客はあまりこないで,観光収入は伸びなくてもよいから,美しい自然をそのままにしておく方がよいと思う
(51.1) 観光客を多く受け入れ,観光収入を伸ばすため,自然との調和をはかりつつ,観光施設を整備する方がよいと思う
(7.3) 一概にいえない
(0.5) その他
(17.0) わからない



Q11 県の経済開発のためには,農業・工業・観光産業のうちでは,どれにもっとも力を入れるべきだと思いますか。
 
(28.7) 農業
(14.9) 工業
(32.1) 観光産業
(2.0) その他
(22.4) わからない



Q12 〔回答票10〕基地が返還された場合の跡地利用についてお伺いします。跡地の利用について次のような考えがありますが,あなたの考えはこのどちらに近いでしょうか。
 
(17.2) 地主の私有財産だから,都市計画など公共事業には関係なく,自由に売買や賃借をしてもよい
(39.1) 県や市町村の公共事業に必要な用地は,優先的に買収できるようにした方がよい
(15.9) 一概にいえない
(0.9) その他
(26.9) わからない



(生活環境の将来志向)
Q13 〔回答票11〕このような公共施設の中で,まず第一に整備すべきだと思うものはどれでしょうか。二番目はどれでしょうか。
 
(一番)   (二番) (計)  
(33.9)   (9.5) (43.4) 道路
(5.4)   (6.0) (11.4) バスなどの交通機関
(3.4)   (3.0) (6.4) モノレール(軌道)など新しい交通機関
(2.0)   (1.8) (3.8) 上水道
(4.8)   (7.0) (11.8) 下水道
(6.8)   (7.6) (14.4) 学校・幼稚園などの教育施設
(8.6)   (11.7) (20.3) 保育所・老人ホームなどの社会福祉施設
(16.4)   (20.2) (36.6) 病院・保健所・診療所などの医療施設
(1.4)   (3.9) (5.3) 図書館・公民館・公会堂などの文化施設
(6.5)   (14.0) (20.5) 公園や子どもの遊び場などの施設
(0.7)   (2.0) (2.7) 河川や海岸などの防災施設
(0.6)   (0.2) (0.8) その他
(3.1) →Q14へ (1.4) (4.5) 別にない
(6.2) →Q14へ (2.7) (8.9) わからない



Q14 県内の医療問題について伺いますが,病院の設備や診療所,保険などで,これからやって(して)ほしいと思うことがありますか。
 
(64.9) ある →SQへ (N=1,939)
(35.1) ない →Q15へ  



SQ どんなことでしょうか。(F.A.)〔回答を具体的に記入し,該当する項目にマルをつける。〕(M.A.)
 
(11.2) 離島に医者をおく
(23.2) 国立や公立の病院を作る
(10.7) 医療機関の設備の改善
(25.0) 医師・看護婦を増やす
(8.4) 医師・看護婦の質の向上
(2.7) 保険の普及
(8.4) 医療費の軽減
(18.1) 夜間医療の充実(診療時間の延長)
(18.0) 救急医療の拡充
(1.2) 難病者治療の充実
(5.2) 老人医療の充実
(1.0) 成人病・健康管理のための対策
(2.2) その他
(6.4) 不明
(5.7) とくにない



Q15 では,教育についてはどうでしょうか。これからやってほしいと思うことが何かありますか。
 
(50.5) ある →SQへ (N=1,509)
(49.5) ない →Q16へ  



SQ どんなことでしょうか。(F.A.)〔回答を具体的に記入し,該当する項目にマルをつける。〕(M.A.)
 
(15.3) 義務教育の施設の拡充
(9.4) 義務教育の施設の拡大
(3.5) 教員の増員
(15.8) 教員の資質の向上
(5.5) 大学の充実
(2.9) 高校の充実
(16.6) 教育内容の向上
(12.7) 学力の向上
(9.9) 本土との格差の是正
(8.4) 学費の援助
(11.7) その他
(15.6) 特にない・不明



Q16 では,犯罪の防止など治安問題はどうでしょうか。これからやってほしいと思うことが何かありますか。
 
(63.7) ある →SQへ (N=1,903)
(36.3) ない →Q17へ  



SQ どんなことでしょうか。(F.A.)〔回答を具体的に記入し,該当する項目にマルをつける。〕(M.A.)
 
(12.9) 街のチンピラ等の取締り
(5.4) あきす・窃盗などの取締り(畑どろぼうを含む)
(6.5) 強盗など凶悪犯の取締り
(16.9) 暴力団の取締り
(7.6) 交通違反の取締り
(29.4) 青少年犯罪の取締り
(1.3) デモなどの集団暴力の取締り
(5.8) 麻薬の取締り
(8.8) 売春の取締り
(11.1) 米兵の暴力・犯罪の取締り
(14.9) 夜間の安全の確保
(5.3) 検挙率の向上
(9.9) その他
(13.8) 特にない・不明



(社会意識)
Q17 〔回答票12〕ところで,個人の生活と社会についてこのような考え方がありますが,あなたの考えはどの意見に一番近いでしょうか。
 
(24.2) 国や社会のことはあまり考えてもしかたがないから,自分自身の生活の充実に専心したい
(31.0) 国や社会のことに目を向けたいと思うが,それだけの余裕はない
(26.8) 個人の生活も国や社会の問題とは切り離せないから,国や社会のことにも積極的に取り組んでいきたい
(18.0) 不明



(行政全体に対する意識)
Q18 県に対して,今まず第一に力を入れてほしいと思うことがありますか。(あるという者に)どんなことでしょうか。(M.A.)〔回答を聞いて,該当する項目にマルをつける。「その他」に該当する場合にはカッコの中に具体的に記入する。〕
 
(54.1) 物価対策
(5.2) 失業対策
(14.8) 医療制度・施設の充実
(3.0) その他の社会福祉制度の充実
(12.2) 道路の整備
(4.9) 交通・通信機関の整備
(2.1) 水・電力資源の開発
(4.9) 教育施設の整備
(0.3) その他社会資本の整備
(1.2) 企業の誘致
(2.6) 治安の維持
(1.2) 観光施設の充実
(7.8) 土地買占め対策
(2.0) 沖縄県の振興開発計画の実施
(0.7) 既存企業の援助
(1.2) 離島の振興
(1.6) 海洋博の準備
(1.5) その他の経済開発・援助
(8.5) 農業対策
(8.7) 公害防止・自然保護
(6.0) 米軍基地の撤去
(0.7) 災害援助
(3.4) その他
(23.3) ない・わからない



Q19 では国に対して,今まず第一に力を入れてほしいと思うことがありますか。(あるという者に)どんなことでしょうか。(M.A.)〔回答を聞いて,該当する項目にマルをつける。「その他」に該当する場合にはカッコの中に具体的に記入する。〕
 
(51.2) 物価対策
(4.8) 失業対策
(12.1) 医療制度・施設の充実
(4.3) その他の社会福祉制度の充実
(6.6) 道路の整備
(2.6) 交通・通信機関の整備
(1.4) 水・電力資源の開発
(3.9) 教育施設の整備
(1.1) その他社会資本の整備
(0.9) 企業の誘致
(0.9) 治安の維持
(1.1) 観光施設の充実
(8.8) 土地買占め対策
(2.6) 沖縄の振興開発計画の実施
(1.1) 既存企業の援助
(1.6) 離島の振興
(1.7) 海洋博の準備
(3.4) その他の経済開発・援助
(7.4) 農業対策
(12.2) 公害防止・自然保護
(6.7) 米軍基地の撤去
(0.6) 災害援助
(4.8) その他
(26.5) ない・わからない


<フェース・シート>

F1 〔性別〕
 
(48.7)
(51.3)



F2 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(19.7) 20〜29歳
(11.2) 30〜34歳
(12.5) 35〜39歳
(14.5) 40〜44歳
(10.0) 45〜49歳
(14.7) 50〜59歳
(17.4) 60歳以上



F3 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退・在学を含む)
 
(8.7) 旧高専大・新大卒
(27.6) 旧中・新高卒
(36.0) 旧高小・新中卒
(22.0) 小卒・(未就学)
(5.7) 不明



F4 〔本人職業〕あなたの職業は何ですか。〔具体的に記入する〕
 
<自営者>
(9.7) 農林漁業
(10.8) 商工サービス業(各種小売店・飲食店・理髪店・アパート業など)
自由業(開業医・弁護士・僧侶・芸術家・助産婦など)
<被傭者>
(1.6) 管理職(官公庁の課長以上・民間会社や団体の部長以上の者)
(14.4) 専門技術職(病院勤務医師・研究所研究員・裁判官・技師など)
事務職(事務系の勤め人・教員・新聞記者・タイピストなど)
(19.1) 労務職(店員・工員・運転手・ウエイトレスなど)
<家族従業者>
(4.4) 農林漁業
(1.9) 商工サービス業・自由業
<無職>
(23.2) 無職の主婦
(2.0) 学生
(12.9) その他の無職(失業者・隠居・恩給生活者・その他)



F5 〔未既婚〕あなたは結婚していらっしゃいますか。
 
(76.7) 既婚(有配偶) →SQへ (N=2,586)
(9.9) 既婚(離死別) →SQへ  
(13.4) 未婚 →F6へ  



SQ お子さんがいらっしゃいますか。(「いる」者に)就学前ですか,義務教育ですか,高校ですか,それとも大学ですか。(M.A.)
 
(24.1) 就学前
(43.7) 義務教育中(小・中学校)
(27.3) 高校在学中
(11.3) 大学在学中
(42.1) 学校は卒業した
(4.2) 子供はいない



F6 〔世帯内の地位〕あなたのご家庭の生活を主として支えていらっしゃるのはどなたですか。
 
(33.8) 対象者本人(実質上の世帯主)
(66.2) 対象者本人以外



SQ 〔世帯主職業〕お宅の生活を主として支えている方の職業は何ですか。
 
(16.7) 農林漁業
(17.0) 商工サービス業
(3.5) 自由業
(5.2) 管理職
(5.9) 専門技術職
(19.3) 事務職
(28.8) 労務職
(3.6) 無職



F7 家計のきりもりをしている人(家事担当者)はどなたですか。
 
(41.4) 対象者本人(家事担当者)
(58.6) 対象者本人以外


F8 〔土地提供〕お宅では,米軍や自衛隊の基地として提供している土地がありますか。
 
(8.7) ある
(91.3) ない


F9 〔所属団体〕〔回答票13〕あなたはこの中にあるような団体や組合に加入していますか。(M.A.)
 
(19.6) 内会・自治会・部落会
(20.6) 婦人会・青年会・老人クラブ
(22.7) PTA
(12.3) 農協・農協婦人部
(11.1) 労働組合・職員組合
(5.0) 通り会・商工組合などの同業団体
(4.9) 郷友会
(16.5) 模合
(1.0) その他
(28.5) いずれにも加入していない
(6.7) わからない


F10 〔疾病の有無〕あなたを含めて,ご家族の中で,この1年の間にけがや病気で医者にかかった方がいらっしゃいますか。(M.A.)
 
(15.6) 本人がかかった
(44.1) 家族がかかった
(45.2) だれもかからなかった



F11 〔世帯収入〕〔回答票14〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか。この中ではどうでしょうか……ボーナスを含め,税込みでお答え下さい。
 
(7.6) 50万円未満
(11.4) 50万円〜70万円未満
(19.0) 70万円〜100万円未満
(16.7) 100万円〜150万円未満
(9.7) 150万円〜200万円未満
(6.2) 200万円〜300万円未満
(1.2) 300万円〜500万円未満
(0.6) 500万円以上
(27.6) 不明


F12 〔生活程度〕(調査員判断)
 
(2.9)
(19.0) 中の上
(53.7) 中の中
(21.0) 中の下
(3.4)



世論調査トップページへ 世論調査インデックスへ 昭和48年度調査インデックスへ

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)