世論調査

「子供のしつけなどに関する母親の意識」

内閣総理大臣官房広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和45年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
子供のしつけ全般と児童相談・家庭教育について,小・中学生をもつ母親の意識と態度を調査し,施策の参考資料とする。

・調査項目
(1) 子供のしつけ全般に対する母親の意識・態度
1
子供との対話
2
しつけの担当者・夫婦協力・家族への注文
3
しつけの重点
4
しつけの方法
5
しつけの変化
6
しつけと勉強
7
しつけの今昔
(2) 児童相談,家庭教育などに関する母親の認識・態度
1
児童相談
2
家庭教育学級
3
教育テレビ番組

・調査対象者
(1) 母集団 全国の小・中学生の母親
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法
(4) 調査時期 昭和45年8月28日〜昭和45年9月3日

・回収結果
(1) 有効回収数(率) -人(-%)
(2) 調査不能数(率) -人(-%)
 
−欠票内訳−
転居
-
住所不明 -
長期不在
-
拒否 -
一時不在 - その他 -
(計-人)


調査票


Q1(1) あなたのお子さんについてお聞きしますが,お子さんは何人いらっしゃいますか。
 
(12.4) 1人
(50.5) 2人
(26.5) 3人
(7.2) 4人
(2.0) 5人
(1.5) 6人以上



Q1(2) お子さん1人1人についてお伺いしたいのですが,お子さんは男のお子さんですか,女のお子さんですか……学校は何年生ですか。(男)
 
(15.0) 未就学
(9.4) 1年−小学校
(9.4) 2年−小学校
(9.5) 3年−小学校
(8.4) 4年−小学校
(8.0) 5年−小学校
(9.8) 6年−小学校
(8.9) 1年−中学校
(8.5) 2年−中学校
(8.7) 3年−中学校
(19.9) 義務教育終了
(21.2) 男の子はいない



Q1(3) お子さん1人1人についてお伺いしたいのですが,お子さんは男のお子さんですか,女のお子さんですか……学校は何年生ですか。(女)
 
(13.3) 未就学
(9.2) 1年−小学校
(7.9) 2年−小学校
(8.8) 3年−小学校
(8.2) 4年−小学校
(9.1) 5年−小学校
(8.6) 6年−小学校
(7.6) 1年−中学校
(7.7) 2年−中学校
(7.6) 3年−中学校
(17.3) 義務教育終了
(26.1) 女の子はいない



Q2 ご主人はご健在ですか……。
 
(96.5) 有配偶
(3.5) 離別・死別



〔子供のしつけ〕
Q3 子供のしつけのことについてお聞きしますが,一般的にいって,あなたが子どもだった頃の家庭と,この頃の家庭とでは,子どものしつけはどちらがよく行なわれていると思いますか。
 
(27.2) このごろの方がよく行なわれている
(41.4) 「昔」の方がよく行なわれていた
(8.8) 同じ
(18.2) 一概にいえない
(4.4) わからない



Q4(1) 一般的にいって,この頃の家庭では,小・中学校に行っている子供に「家庭で学校の勉強をさせること」と「家庭でしつけをすること」とではどちらに力を入れている傾向があると思いますか。まず中学校へ行っている子供の場合はいかがでしょうか。
 
(48.6) 学校の勉強
(18.0) しつけ
(11.5) 同じ
(11.9) 一概にいえない
(10.0) わからない



Q4(2) 一般的にいって,この頃の家庭では,小・中学校に行っている子供に「家庭で学校の勉強をさせること」と「家庭でしつけをすること」とではどちらに力を入れている傾向があると思いますか。では小学校へ行っている子供の場合はいかがでしょうか。
 
(33.7) 学校の勉強
(33.3) しつけ
(14.5) 同じ
(12.1) 一概にいえない
(6.4) わからない



Q5 子供のしつけの面では,家庭と学校のどちらが中心的な役割を果たすべきだと思いますか。
 
(66.1) 家庭
(11.3) 学校
(12.2) 同じ
(8.1) 一概にいえない
(2.3) わからない



Q6 お宅では,お子さんにしつけは主にどなたがなさっていますか。
 
(3.5)
(68.9) 私(対象者自身)
(22.9) 私達夫婦
(3.0) 祖父母
(0.7) その他
(1.0) 不明



Q7 (Q2で「有配偶」の者に)お宅では,お子さんのしつけについて,ご夫婦で話し合うことがよくありますか,そうでもありませんか。
 
(29.5) よく話し合う →SQへ
(46.3) ときどき話し合う →SQへ
(22.2) あまりない →Q8へ
(2.1) 全然ない →Q8へ



SQ ご主人とあなたとでは,お子さんのしつけについてご意見が一致しないことがありますか,そんなことはありませんか。
 
(7.5) 一致しないことが多い
(58.7) たまには一致しないことがある
(33.3) ほとんど意見は一致する
(0.5) 不明



Q8 お宅では,お子さんが成長するにつれてしつけ方を変えていますか。
 
(29.0) 成長につれて変えている
(34.4) 自然に変っている
(32.8) 別に変えていない
(3.8) わからない



Q9(1) 〔調査確認〕男の子と女の子の両方がいるか。(Q1(2)参照)
 
男の子と女の子の両方がいる →Q9(2)へ
それ以外 →Q10へ



Q9(2) お宅では,男の子と女の子とでは,しつけの方針を変えていますか。
 
(24.8) 男女別に変えている
(27.7) 自然に変っている
(43.3) 別に変えていない
(4.2) 不明



Q10(1) 〔調査員確認〕抽出された子どもの性別・学年を記入する(調査要領およびQ1(2)を参照)(男)
 
(5.5) 1年−小学校
(6.2) 2年−小学校
(6.1) 3年−小学校
(5.2) 4年−小学校
(5.2) 5年−小学校
(6.5) 6年−小学校
(6.6) 1年−中学校
(5.6) 2年−中学校
(5.6) 3年−中学校



Q10(2) 〔調査員確認〕抽出された子どもの性別・学年を記入する(調査要領およびQ1(2)を参照)(女)
 
(5.8) 1年−小学校
(5.0) 2年−小学校
(5.8) 3年−小学校
(4.8) 4年−小学校
(6.0) 5年−小学校
(6.0) 6年−小学校
(4.9) 1年−中学校
(4.6) 2年−中学校
(4.6) 3年−中学校



Q10(3) 小学校(中学校)○年のお子さんは一番上のお子さんですか。……(一番上でなければ)何番目のお子さんですか。
 
(48.7) 1番上
(34.0) 2番目
(11.8) 3番目
(3.1) 4番目
(1.2) 5番目
(1.2) 6番目以下



Q11 そのお子さんについて伺いますが,そのお子さんはその日にあった出来事のような日常的なことをあなた(やご主人)によく話しますか,そうでもありませんか。
 
(48.1) よく話す
(28.0) ときどき話す
(21.2) あまり話さない
(2.5) 全然話さない
(0.2) わからない



Q12 お宅でそのお子さんをしつけるときには,どんなことに力を入れていますか。2つか3つあげて下さい。(O.A.一発言内容を筆記した後,該当項目にマルをする。)
 
(19.6) ことばづかい
(6.2) 食事・排せつなどの作法
(26.7) 身のまわりの始末,整理整とん,あとかたづけ,そうじ
(7.3) 服装,みだしなみ
(8.1) 先生のいうことを聞く
(4.6) こづかい,物の使い方
(5.2) 約束の時間を守ること
(26.3) 人にめいわくをかけないこと
(10.9) 家庭で行なう学習
(3.0) テレビ・ラジオの視聴や読書
(0.9) おけいこごと,趣味
(2.0) 弟妹の世話
(4.4) 親子兄弟の相互関係
(1.0) 家庭のだんらん
(0.4) 誕生日・クリスマスなどの家庭行事
(4.9) 家事の手伝い,アルバイト
(0.2) 宗教や法事,まつりごと
(11.3) 友達づきあい
(1.1) グループ・クラブなどサークルへの参加
(0.6) 社会奉仕など
(21.5) 礼儀作法など
(6.3) 公衆道徳(規範意識)
(13.7) その他
(10.5) わからない



Q13(1)(1) では,そのしつけの方法について伺いますが,あなたはそのお子さんをしつけるときには,どちらかといえばきびしくしつける方ですか,あまくしつける方ですか。
 
(35.9) きびしい方
(45.9) どちらともいえない
(18.1) あまい方



Q13(1)(2) (Q2で「有配偶」の者に)では,ご主人はどうでしょうか。
 
(25.0) きびしい方
(35.3) どちらともいえない
(36.6) あまい方
(3.1) わからない



Q13(2)(1) しつけには,言って聞かせたり,手本をやってみせたりなどの方法がありますが,あなたは,そのお子さんに言って聞かせるときには,どちらかといえばやさしく言ってきかす方ですか,きつくしかりつける方ですか。
 
(27.9) やさしく言って聞かす
(52.1) 両方
(20.0) きつくしかりつける



Q13(2)(2) (Q2で「有配偶」の者に)ではご主人はどうでしょうか。
 
(34.0) やさしく言って聞かす
(41.3) 両方
(17.4) きつくしかりつける
(7.4) わからない



Q13(3)(1) では,あなたは,そのお子さんに手本をやって見せるときには,どちらかといえばわかるまでくりかえしやって見せる方ですか,多少わかれば1回か2回やって見せてすます方ですか。
 
(22.8) 何べんもくりかえしてやって見せる
(48.6) 1回か2回やってすます
(28.6) どちらともいえない



Q13(3)(2) (Q2で「有配偶」の者に)ではご主人はどうでしょうか。
 
(17.3) 何べんもくりかえしてやって見せる
(37.5) 1回か2回やってすます
(35.7) どちらともいえない
(9.5) わからない



Q13(4)(1) あなたは,そのお子さんをしつけるときに,たたいたり押入れに入れたりなど体罰を与えることがよくある方ですか,ときどきある方ですか,それともほとんどない方ですか。
 
(4.5) よくある
(29.2) ときどきある
(66.3) ほとんど(全然)ない



Q13(4)(2) (Q2で「有配偶」の者に)ではご主人はどうでしょうか。
 
(2.4) よくある
(20.6) ときどきある
(75.4) ほとんど(全然)ない
(1.6) わからない



Q13(5)(1) あなたは,お子さんをしつけるときに何かほうびを与えたり,お子さんの望みをかなえてあげたりすることがよくありますか,ときどきですか,あまりない方ですか。
 
(7.6) よくある
(42.2) ときどきある
(50.3) あまり(全然)ない



Q13(5)(2) (Q2で「有配偶」の者に)ではご主人はどうでしょうか。
 
(8.3) よくある
(38.8) ときどきある
(55.3) ほとんど(全然)ない
(2.6) わからない



Q14 〔調査員確認〕Q1(1)を参照して子どもの人数を確認し,1人か2人以上かによって質問文が変わる。1人→あなたはお子さんのしつけについてどちらかといえばうまくいっているように思いますか,そうは思いませんか。2人以上→ところでお宅には○人のお子さんがいらっしゃいますが,あなたはお子さん全員のしつけについてどちらかといえばうまくいっているように思いますか,そうは思いませんか。
 
(31.1) うまくいっていると思う →Q15へ
(57.8) まあまあだと思う →SQへ
(11.1) うまくいっていないと思う →SQへ



SQ では,お子さんのしつけについて,何かまよったり,どうしたらよいか解らなくなるようなことが,よくありますか,たまにはありますか,それともそういうことはあまりない方ですか。
 
(9.0) よくまよったり解らなくなったりする
(51.4) たまにまよったり解らなくなったりする
(39.7) まよったり解らなくなることはない



Q15 お子さんのしつけに関し,ご主人やほかの家族の方に対して,何かもっとこうしてほしいというようなことがありますか。
 
(26.5) ある →SQ1へ
(73.5) ない →Q16へ



SQ1 それはご主人に対してですか,その他のご家族の方に対してですか。
 
(72.9) 主人
(14.4) 父母
(7.6) 主人と父母
(4.4) その他
(0.7) 不明
(M.T=145.2)



SQ2 それは,どんなことですか(O.A.一発言内容を筆記した後,該当項目にマルをする)
 
(8.2) 一貫した基本方針をしっかり持ってほしい
(10.3) 相談した問題に対してはもっと関心を示してほしい
(6.6) 気がついたことをどんどん自分に助言してほしい
(8.5) 細かいことでも積極的に子供をしつけてほしい
(17.5) 大事なことはあまやかさないで徹底的にしつけてほしい
(10.8) 自分の方針やしつけたいと思っていることにもっと協力してほしい
(6.3) あまり細かいことなどをうるさく言わないでほしい
(6.4) 率先して模範を示してやってほしい
(16.0) 子どもともっと接触してやってほしい
(8.0) なにも言わないので少しは何か言ってほしい
(20.7) あまりあまやかしたりかわいがったりしないでほしい
(4.7) 言行を一致させてほしい
(5.1) あまりがんこにならないでほしい
(4.4) 子どもの前で私(母親)の悪口を言ったり落度を指摘したりしないでほしい
(9.2) その他
(2.6) わからない



〔児童相談〕
Q16 話は少し変りますが,お宅ではお子さんのしつけも含めて,性格や行動や養育などの問題で,困ったり,だれかに相談したいような気持になったことがありますか。
 
(19.5) ある →SQ1へ
(80.5) ない →Q17へ



SQ1 〔回答票1〕それは,どんなことですか,この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(32.1) (ア) こどものしつけ方や親子関係のことなど
(37.4) (イ) こどもが内気であるとか,乱暴しやすいなど,性格のこと
(7.3) (ウ) こどもの知識の発達のおくれのこと
(2.6) (エ) こどもが手足や耳,目など身体の不自由なこと
(5.1) (オ) こどもが友達と遊べない,学校へ行けないなどのこと
(5.7) (カ) こどもが悪い友達とつき合ったり,夜遊びしたりすること
(0.4) (キ) こどもが養育できず,施設や里親にあずけるなど,養護のこと
(17.0)   その他
(5.1)   わからない,忘れた
  (M.T=112.9)



SQ2 そのようなときに,どなたかへ相談したことがありますか,それとも自分の家庭の中だけでおさまりましたか。
 
(55.8) 相談したことがある →SQ3へ
(39.8) 家庭の中でおさまった →Q17へ
(2.8) その他 →Q17へ
(1.6) 忘れた →Q17へ



SQ3 どこへ相談に行きましたか。(M.A.)
 
(17.4) 親,兄弟,親戚など
(22.0) 知人,友人,近隣の人など
(1.4) 民生委員,児童委員,母子相談員
(63.1) 学校,先生(幼稚園を含む)
(4.6) 病院,医師
(1.1) 教育研究所
(0.4) 保健所
(4.3) 公立の児童相談所
(-) 大学の児童相談室
(0.4) 民間の児童相談室
(0.7) 福祉事務所および家庭児童相談室
(0.4) 警察にある少年相談所や交番,保護司,少年補導員
(0.4) 公民館
(-) 少年鑑別所,家庭裁判所
(-) デパートや街頭で開かれる臨時の児童相談
(1.4) 宗教関係の人や宗教関係の施設
(1.8) その他
(-) 忘れた,わからない
(M.T=119.1)



Q17 あなたは「公立の児童相談所」があることをご存じですか。
 
(52.6) 知っている →SQ1へ
(47.4) 知らない →Q18へ



SQ1 どのようなことをするところか知っていますか。
 
(22.9) よく知っている
(48.8) ばくぜんと知っている
(28.3) 名前は聞いたことがあるが内容はよく知らない



SQ2 どこにあるかご存じですか。
 
(29.6) 知っている
(70.4) 知らない



SQ3 〔回答票2〕ところで,公立の児童相談所に対してあなたはどのようなイメージをお持ちですか,この中から2つか3つ選んで下さい。(M.A.)
 
(7.5) (ア) 明かるいところ
(4.3) (イ) 暗いところ
(24.3) (ウ) 親切なところ
(17.8) (エ) 気軽にいけるところ
(22.1) (オ) お役所的なところ
(22.8) (カ) チョット行きにくい所
(18.8) (キ) 秘密が守られるところ
(1.4)   その他
(26.5)   わからない
  (M.T=145.5)



Q18 それでは「家庭児童相談室」という名前をご存じですか。
 
(30.2) 知っている →SQへ
(69.8) 知らない →Q19へ



SQ どのようなことをするところかご存じですか。
 
(15.7) よく知っている
(41.7) ばくぜんと知っている
(42.6) 名前は聞いたことがあるが内容は知らない



〔家庭教育学級〕
Q19 あなたは「家庭教育学級」というのがあるのをご存じですか。
 
(43.5) 知っている →SQ1へ
(56.5) 知らない →SQ2へ



SQ1 あなたは,家庭教育学級に参加したことがありますか。
 
(46.1) ある
(53.9) ない



SQ2 家庭教育学級は,主として父親や母親に,家庭教育のこと,たとえば子どものしつけや性格,家庭内の人間関係などについて,近くの公民館や小学校などで(市・区・町・村)が主催して開かれているものですが,あなたは,家庭教育学級に(こんごも)参加してみたいと思いますか。
 
(54.0) 参加してみたい →SQ3へ
(46.0) 参加したいとは思わない →Q20へ



SQ3 〔回答票3〕どのような内容について習いたいと思いますか,この中から2つか3つ選んで下さい。(M.A.)
 
(15.7) (ア) 家庭教育の意義と役割(家庭の機能)
(23.9) (イ) 家庭の人間関係(親子,兄弟の役割)
(13.1) (ウ) 家庭の生活と子供の生活,家庭の文化継承
(17.8) (エ) 子供の発達(身体的,精神的)
(25.4) (オ) 子供の性格形成,習慣
(21.0) (カ) 子供の進路指導
(12.0) (キ) 子供の健康
(7.1) (ク) 子供の安全教育
(12.7) (ケ) 子供の情操教育
(5.9) (コ) 子供の純潔教育
(5.4) (サ) 子供の勤労と金銭教育
(19.1) (シ) 家庭教育と学校教育
(11.2) (ス) 子供の交友関係
(1.9) (セ) 子供とマスコミ
(5.6) (ソ) 公衆道徳(市民性)
(14.5) (タ) 働く母親と家庭教育
(1.1)   その他
(6.3)   わからない
  (M.T=219.8)



Q20 あなたは「親の目・子の目」というテレビ番組があることをご存じですか。
 
(22.9) 知っている →SQ1へ
(77.1) 知らない →F1へ



SQ1 あなたはその番組をご覧になったことがありますか。
 
(61.7) ある →SQ2へ
(38.3) ない →F1へ



SQ2 ではご覧になったときには,いつもお子さんと一緒でしたか。
 
(10.9) いつも一緒
(45.0) ときどき一緒
(31.3) 本人のみ
(12.8) 忘れた



<フェース・シート>

F1 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(3.5) 29歳以下
(23.3) 30歳〜34歳
(37.3) 35歳〜39歳
(23.6) 40歳〜44歳
(9.0) 45歳〜49歳
(3.4) 50歳以上



F2 〔本人学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(在学・中退を含む)
 
(6.1) 小卒
(50.9) 新中卒・旧高小卒
(39.6) 新高・高女卒
(3.3) 新大(短大)・旧高専大卒
(0.1) 不明



F3 〔本人職業〕あなたは,なにかお仕事をお持ちですか。
 
(44.2) 持っている →SQへ
(55.8) 無職の主婦 →F4へ



SQ どんなお仕事をお持ちですか。
 
(4.7) 事務職
(10.3) 労務職
(15.9) 農林漁業
(9.3) 商工サービス業
(4.0) その他



F4 〔夫の年齢〕(Q2で有配偶の者に)ご主人のお年は満でおいくつですか。
 
(0.3) 29歳以下
(8.8) 30歳〜34歳
(32.0) 35歳〜39歳
(32.8) 40歳〜44歳
(16.4) 45歳〜49歳
(6.8) 50歳〜54歳
(2.4) 55歳〜59歳
(0.4) 60歳以上



F5 〔夫の学歴〕(Q2で有配偶の者に)ご主人が最後に卒業された学校はどちらですか。(在学・中退を含む)
 
(4.0) 小卒
(46.1) 新中・旧高小卒
(34.1) 新高・旧中卒
(15.4) 新大(短大)・旧高専大卒
(0.4) 不明



F6 〔夫の職業〕(Q2で有配偶の者に)ご主人の職業は何ですか。
 
自営業・家族従業
(19.2) 農林漁業
(19.1) 商工サービス業
(2.9) 自由業
被傭者
(5.3) 管理職
(7.0) 専門技術職
(20.0) 事務職
(25.5) 労務職
(1.1) 無職



F7 〔同居者〕あなたがた親子のほかに一緒に暮している方がいますか……どなたですか。(M.A.)
 
(16.9)
(30.6)
(6.2) 兄弟(こどもからみたおじ,おば)
(2.7) その他
(61.7) 一緒に暮らしていない



F8 〔住居の状況〕お宅のおすまいは持家ですか,借家ですか……
 
(72.8) 持家
(3.7) 県,市営住宅
(2.8) 公団・公社住宅
(13.4) 民間の借家
(5.4) 社宅・給与住宅
(1.7) 借間
(0.2) その他



F9 〔居住地〕〔調査員判断〕
 
(52.1) 住宅地
(4.9) 工場街
(9.3) 商店街
(32.6) 農山漁村
(0.7) 盛り場
(0.4) その他



F10 生活程度〔調査員判断〕
 
(1.8)
(17.4) 中の上
(62.6) 中の中
(16.2) 中の下
(1.9)
(0.1) 不明

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)