世論調査

「海外移住に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和45年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
一般国民の海外移住に対する関心と知識を調査し,その推移を明らかにして施策の参考とする。

・調査項目
(1) 海外での就業の希望
(2) 海外移住に対するイメージ
(3) 海外移住に関する知識
(4) 海外移住に対する今後の方針

・調査対象
(1) 母集団 全国20歳以上の男女
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和45年7月30日〜昭和45年8月5日

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,439人(81.3%)
(2) 調査不能数(率) 561人(18.7%)
 
−欠票内訳−
転居
70
住所不明 42
長期不在
123
拒否 86
一時不在 215 その他 25
(計561人)



調査票


Q1 最近多くの日本人が海外に出かけいろいろな職業で働いていますが,あなたも外国で働きたいという気持がありますか,別にそのような気持ちはありませんか。(N=2,439)
 
(14.0) 外国で働きたいという気持がある →SQへ
(86.0) 外国で働きたいという気持はない →Q2へ
  (計100)



SQ 〔回答表〕(「ある」と答えた者に聞く)外国で働くとしたらどのような形で働きたいと思っていますか。この中ではどうでしょうか。
(3.0) 独立の商工業者として
(3.0) 青年海外協力隊などの技術協力要員として
(3.0) 日本の官庁会社などの駐在員として
(2.0) 独立の農業者として
(2.0) 外国の会社に就職して
(2.0) その他,考えていない,不明



Q2 (「外国で働く気がある」と答えた者に聞く)あなたが外国で働こうという時,公けの機関から,なにか援助や便宜をはかってもらいたいと思うことがありますか……どんなことですか。(M.A.)
 
  (海外就業希望者を100%とした場合)  
(7.0) (50.0) 資金貸与その他の金銭的援助
(5.0) (33.0) 語学研修その他の研修講習会
(4.0) (29.0) 受入れのあっせん
(3.0) (18.0) 海外事情の情報提供
(2.0) (14.0) 帰国後の身分保証
(0.0) (3.0) その他
(3.0) (21.0) ない,不明
(M.T.=24.0) (M.T.=168.0)  
(回答者=14) (回答者=100)  



Q3 また,最近海外移住する人は毎年4,500人程度いますが,この人数はあなたの感じとして意外と多いと思いますか,意外と少ないと思いますか。
 
(32.0) 意外と少ない
(26.0) 意外と多い
(23.0) 大体そんなものだ
(19.0) 不明
  (計100)



Q4 この海外移住する人達は,国内では暮らしが立たないから行く人が多いと思いますか,海外で大いに働きたいという人が多いと思いますか。((注)36年1月実施調査 対象者20,000人 回収数17,103(85,5%))
 
今回 36年(注)  
(60.0) (35.0) 海外で大いに働きたいという人が多い
(16.0) (27.0) 暮らしが立たないから行く人が多い
(24.0) (38.0) 不明
(計100) (計100)  



Q5

〔回答表〕この中で,日本の移住者を歓迎しているのはどこの国とどこの国だと思いますか。(M.A.)((注)40年1月実施調査 対象者20,000人 回収数16,145(80,7%))

 
今回 40年(注)  
(81.0) (64.0) いずれかの国をあげたもの
(73.0) (58.0) ブラジル
(22.0) (5.0) カナダ
(21.0) (11.0) アルゼンティン
(20.0) (10.0) アメリカ
(11.0) (3.0) メキシコ
(11.0) (2.0) オーストラリア
(10.0) (6.0) パラグアイ
(9.0) (3.0) タイ
(8.0) (3.0) チリ
(19.0)
(MT=185.0)
(36.0)
(MT=102)
わからない
(計100) (計100)  



Q6 あなたは海外へ移住する人々のために講習会が開かれたり,海外へ移住した人々のために日本側が融資を行うなどの援助をしていることをご存じですか。
 
(39.0) 知っている
(61.0) 知らない
  (計100)



Q7 〔回答表〕海外移住に関しては,国や都道府県として,今後どうしたらよいと思いますか。この中で,あなたのお考えに近いものを一つあげて下さい。
 
今回 40年  
(36.0) (24.0) 海外移住を積極的に進め移住希望者には資金その他の便宜をはかる
(27.0) (29.0) 海外移住を積極的には進めないが移住希望者には資金その他の便宜をはかる
(6.0) (5.0) 移住希望者は自由に移住させるが,資金その他の便宜ははからない
(2.0) (4.0) 移住希望者はなるべく出さない方がよい
(29.0) (38.0) わからない
(計100) (計100)  



Q8 〔回答表〕あなたは海外移住は,今後どのようなことを主な目的として行うべきだと思いますか。この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(31.0) 青少年の夢や希望をかなえる
(27.0) 国際親善,文化交流
(25.0) 日本人の国際性を高める
(24.0) 移住者個人の生活の向上
(21.0) 日本の人口過剰穏和
(18.0) 日本および日本人の国際的地位を高める
(15.0) 経済協力(低開発国援助)
(7.0) 貿易額増加等による経済的寄与
(1.0) その他
(25.0) わからない
  (M.T.=194.0)

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)