世論調査

「中小企業に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和44年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
中小企業経営主に,将来の見通し,経営上の問題点等を調査し,今後の中小企業に対する施策の参考資料とする。

・調査項目
(1) 中小企業の先行き
(2) 事実上の問題点
(3) 政府の施策への要望

・調査対象
(1) 母集団 全国20歳以上の中小企業の経営主(注1)
(2) 抽出方法 層化2段無作為抽出法
 
注1 本調査は「国民生活に関する世論調査」に付帯して行なった。 調査対象者は全国の20歳以上の者を母集団として層別2段無作為抽出した20,000人の 対象者のうち,中小企業の経営主だけをとりあげたものである。

・調査時期 昭和45年1月22日〜昭和45年2月4日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 1,503人

・調査対象者特性
 
<年齢別>
20〜29歳 8% (116)
30〜39歳 26 (397)
40〜49歳 25 (381)
50〜59歳23(339)
60歳以上18(270)
  100% 1,503人
<業種別>
製造業 26% (385)
卸小売業 40 (595)
サービス業 26 (404)
その他 8 (116)
不明 0 (3)
  100% (1,503)
<規模別>
従業員数    
1〜5人 81% (1,223)
6〜20 15 (224)
21〜50 2 (36)
51〜300 1 (10)
不明 1 (10)
  100% (1,503)
<業種別規模>
製造業    
1〜20人 24% (357)
21〜300人 2 (26)
卸小売業    
1〜5人 35 (525)
6〜50人 5 ( 67)
サービス業    
1〜5人 22 (332)
6〜50人 4 (67)
その他    
1〜5人 5 (88)
6〜50人 2 (26)
不明 1 (15)
  100% (1,503)




調査票


(中小企業問題)
Q1 お宅の仕事は何でしょうか。
 
(25.6) 製造業
(39.6) 卸小売業
(26.9) サービス業
(7.7) その他
(0.2) 答えない



Q2 お宅のお仕事をしている人は,家族従業員を含めて,何人ですか。
 
(81.4) 1〜5人
(14.9) 6〜20人
(2.4) 21〜50人
(0.7) 51〜300人
(-) 301人以上
(0.7) 答えない



Q3 あなたは現在の仕事をやっていく上で,なにか困っていることがありますか……どんなことでしょうか。(M.A.)
 
(20.3) 事業資金が足りない
(34.9) 人手が足りない
(11.6) 商品の売行が悪い,客が少ない
(14.2) 事業の競争相手が多過ぎる
(11.0) 原材料や仕入商品の値上り
(11.7) 従業員の人件費が高い
(4.0) その他
(24.4) ない



Q4 〔回答表1〕ところで,最近の経済的な条件は大きく変わりつつあるといわれていますが,この中であなたの仕事に影響があると思われるものがありますか,……どれとどれでしょうか。(M.A.)
 
(4.7) (ア) 先進国や後進国の製品や企業が日本や世界に進出し,日本商品のうれゆきを鈍らせている
(13.5) (イ) 人口が移動し,都市化や過疎化が進んでいる
(17.6) (ウ) 生活様式や好みが変化している
(31.5) (エ) 中学卒・高校卒の働き手が少なくなっている
(43.0) (オ) ない,不明



Q5 あなたは,今やっておられる商売はこれから先も十分続けていかれると思いますか,それとも先行きの見通しは暗いと思いますか。
 
(56.3) 十分続けていかれる
(25.6) 見通しは暗い
(18.1) わからない



Q6 あなたの仕事は,お子さんについでもらいたいと思っていますか,別にそうは思っていませんか。
 
(31.9) 子供についでもらいたい →SQへ
(49.6) そうは思わない →Q7へ
(18.4) わからない →Q7へ



SQ 子供さんがお仕事をついでくれる目安がついていますか。
 
(18.6) 大体めやすはついている
(8.3) めやすはついていない
(5.1) わからない



Q7 中小企業対策として,政府にこのようなことをしてもらいたいと思っていることがありますか……どんなことですか。(M.A.)
 
(31.4) 金融対策
(30.6) 税制措置
(17.8) 労働力対策
(6.7) 経営指導
(2.4) 技術指導
(2.4) その他
(33.9) なし,不明



<フェース・シート>

F1 〔家族人数〕ご家族は,あなたも含めて,何人ですか。(使用人は含めない。)
 
(3.5) 1人
(8.8) 2人
(16.3) 3人
(26.5) 4人
(21.1) 5人
(13.1) 6人
(10.3) 7人以上



F2 〔職業〕あなたのご職業は何ですか。
 
<自営者>
(9.5) 農林漁業
(9.0) 商工サービス業
(1.4) 自由業
<被傭者>
(1.5) 管理職
(2.6) 専門技術職
(12.3) 事務職
(16.3) 労務職
<家族従業者>
(7.3) 農林漁業
(3.9) 商工サービス業,自由業
<無職>
(26.7) 主婦
(1.6) 学生
(8.0) その他の無職



F3 〔世帯内の地位〕あなたの世帯主との関係をお聞きしたいのですが,……主としてお宅の生活を支えていらっしゃるのはあなたですか,ほかのかたですか。
 
(41.6) 対象者本人(実質上の世帯主) →F5へ
(58.4) 対象者本人以外 →F4へ



F4 〔世帯主職業〕(主として)お宅の生活を支えている方のご職業は何ですか。
 
<自営者>
(20.6) 農林漁業
(17.7) 商工サービス業
(2.5) 自由業
<被傭者>
(4.2) 管理職
(5.7) 専門技術職
(19.9) 事務職
(25.2) 労務職
   
(4.1) 無職



F5 〔家事担当者〕家計のきりもりをしているのはあなたですか,ほかの方ですか。
 
(37.0) 対象者本人(家事担当者)
(21.4) 対象者本人以外



F6 〔回答表2〕〔収入〕お宅の収入は,ご家族全部あわせて,去年1年間でおよそどれくらいになりましたか,この中ではどうでしょうか……ボーナスは含め,税こみでお答え下さい。
 
(2.8) (ア) 30万円未満
(5.5) (イ) 30万〜50万円未満
(11.6) (ウ) 50万〜70万円未満
(19.6) (エ) 70万〜100万円未満
(18.6) (オ) 100万〜150万円未満
(8.8) (カ) 150万〜200万円未満
(4.1) (キ) 200万〜300万円未満
(1.7) (ク) 300万〜500万円未満
(0.6) (ケ) 500万〜1000万円未満
(0.2) (コ) 1000万円以上
(26.5) (サ) 不明



F7 〔収入の増減〕お宅の去年の収入はおととしよりふえていますか,減っていますか,変りませんか。
 
(62.0) ふえている
(21.0) わからない
(8.3) へっている
(8.7) 不明



F8 〔貯蓄〕お宅の収入のうち,貯蓄にまわす分は何割ぐらいですか……保険の掛金も忘れずに含めて下さい。
 
(35.5) 1割未満
(24.5) 1〜2割未満
(7.6) 2〜3割未満
(3.6) 3割以上
(28.8) 不明



F9 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退は卒業とする)
 
(11.3) 小卒(未就学)
(43.9) 旧高小・新中卒
(35.5) 旧中・新高卒
(8.7) 旧高専大・新大卒
(0.5) 不明



F10 〔年齢〕あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(20.2) 20〜29歳
(25.4) 30〜39歳
(21.7) 40〜49歳
(15.4) 50〜59歳
(15.4) 60歳以上



F11 〔性別〕
 
(45.2)
(54.8)



F12 〔生活程度〕〔調査員判断〕
 
(2.4)
(16.5) 中の上
(53.9) 中の中
(22.8) 中の下
(4.0)
(0.4) 不明

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)