世論調査

「産児制限に関する世論調査」

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和44年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
産児制限(とくに妊娠中絶)に関する一般女性(有配偶者)の意識と実態を明らかにし,政府施策の参考にする。

・調査項目
(1) 計画産児に対する基本的な考え方
a 希望する子供の数
b 計画産児に対する態度
(2) 産児制限の実態
a 受胎調節
b 不妊手術
c 妊娠中絶
(3) 妊娠中絶に対する考え方
a 妊娠中絶に対する基本的態度
b 妊娠中絶の現状に対する意見
(4) 優生保護法に関する知識

・調査対象
(1) 母集団 全国20歳以上50歳未満の有配偶の女性
(2) 標本数 3,000人
  抽出方法 層化2段無作為抽出法

・調査時期 昭和44年11月25日〜昭和44年11月30日

・調査方法 調査員による面接聴取(一部記入法)(注)
(注):産児制限の実態に関する質問は秘密調査とし,対象者自身が記入し封筒に入れたものを回収した。

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,597人(86.6%)
(2) 調査不能数(率) 403人(13.4%)
 
−欠票内訳−
転居 45 拒否 71
長期不在 37 配偶者離死別 9
一時不在 205 その他 13
住所不明 23    
(計403)
  (注):秘密調査の無記入票が9(0.3%)あるが,有効回収数に含めた。

・性・年齢別回収結果
性・年齢別回収結果




調査票


Q1 お子さんはいらっしゃいますか。……何人ですか。
 
(21.3) 1人 →Q2へ
(43.8) 2人 →Q2へ
(20.5) 3人 →Q2へ
(5.3) 4人 →Q2へ
(1.5) 5人 →Q2へ
(0.6) 6人以上 →Q2へ
(0.9) いない →Q4へ



Q2 男のお子さんですか,女のお子さんですか。(M.A.)
 
(70.8)
(66.9)



Q3 お子さんは何歳ですか。(M.A.)
 
(32.2) 0〜3歳
(27.2) 4〜6歳
(36.1) 7〜12歳
(21.0) 13〜15歳
(22.0) 16〜19歳
(17.1) 20歳以上



Q4 お子さんはあと何人ぐらいほしいと思いますか。
 
(67.7) ほしくはない(できない)
(15.9) 1人
(10.2) 2人
(3.0) 3人
(0.3) 4人
(0.1) 5人
(0.1) 6人以上
(1.0) 何人でもよい
(1.6) 不明



Q5 産児制限をして計画的に子供を作るという考えについて,あなたはどう思いますか。お宅の場合もぜひそうしたいと思いますか,そうは思いませんか。
 
(69.2) ぜひそうしたい →SQ1へ
(20.1) そうは思わない →SQ2へ
(10.7) 不明 →Q6へ



SQ1 ぜひそうしたいと思うのはどうしてですか。(M.A.)
 
(21.3) 母体の健康のため →Q6(1)へ
(13.9) 生活が困るから →Q6(1)へ
(4.5) 家がせまいから →Q6(1)へ
(11.1) 生活の便宜上(手が足りないから) →Q6(1)へ
(25.0) 生活を向上させたいから →Q6(1)へ
(18.6) 子供に高い教育をつけたいから →Q6(1)へ
(4.8) その他 →Q6(1)へ
(2.1) 不明 →Q6(1)へ



SQ2 どうしてですか。(M.A.)
 
(8.5) 制限はしなくても子供ができる心配はない
(4.8) 産児制限は自然に反する(子供はさずかりものだから)
(0.8) 面倒だから
(4.4) もう(次の)子供を欲しいと思っているから
(1.5) その他
(1.3) 不明



Q6(1) 〔回答票1〕ところで,産児制限の方法を大きくわけるとこの3つがありますが,このようなことをご存じでしょうか。(ア)はどうでしょうか。……「受胎調節(妊娠調節)」
 
(95.2) 知っている
(4.8) 知らない



Q6(2) 〔回答票1〕(イ)はどうでしょうか。……「不妊手術」
 
(92.0) 知っている
(8.0) 知らない



Q6(3) 〔回答票1〕(ウ)はどうでしょうか。……「妊娠中絶(堕胎)」
 
(98.2) 知っている
(1.8) 知らない



Q7 〔回答票2〕では,あなたは「妊娠中絶」についてはどう思いますか。この中であなたのお気持に一番近いものを1つ選んでください。
 
(11.2) (ア) 絶対許せない →SQへ
(29.0) (イ) 悪いことだと思う →SQへ
(48.5) (ウ) よいことだとは思わないがやむをえない →SQへ
(1.7) (エ) 悪いことだとは思わない →Q8へ
(7.0)   一概にいえない →Q8へ
(2.6)   わからない →Q8へ



SQ 許せないことだ,悪いことだ,あまりよくないと思われるのはなぜですか。(M.A.)
 
(6.2) 神や自然の摂理に反する
(34.1) 人間性に反する(生命の尊重,かわいそう)
(5.7) (上記)以外の道徳的理由
(1.4) 法律で禁じられている
(56.4) 母体の健康をそこなう
(3.2) その他
(4.2) 不明



Q8 日本では外国とくらべて妊娠中絶が非常に多いといわれていますが,あなたは,このような中絶が多いことは重大な社会問題だと思いますか,それともそれほど問題にすることはないと思いますか。
 
(52.0) 重大な社会問題 →SQへ
(9.0) 問題にすることはない →Q9へ
(24.5) 一概にいえない →Q9へ
(14.5) わからない →Q9へ



SQ どういう点で重大な問題だと思いますか。(M.A.)
 
(12.3) 人口問題(人口が減少する)
(21.4) 道徳上の理由
(26.9) 母体の健康や人権を守るため
(1.2) その他
(2.5) 不明



Q9 〔回答票3〕日本で現在のように中絶が多いのはなぜだと思いますか,この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(21.3) (ア) 中絶を制限する法律がゆるやかだから
(41.5) (イ) 親が自分自身の生活を第一に考えるから
(30.8) (ウ) 中絶に対する罪悪意識がうすいから
(23.1) (エ) 一般に性道徳が乱れたから
(2.8)   その他
(11.2)   わからない



Q10 〔回答票4〕あなたは,妊娠中絶はどういう場合なら認めてもよいと思いますか,この中の1つ1つについて,認めてもよいと思うか,認めるべきでないと思うかをお答えください。
 
(認めてもよい) (認めるべきでない) (わからない)    
(95.0) (2.3) (2.7) (ア) 悪質の遺伝やらい病のおそれのある場合
(95.1) (1.9) (3.0) (イ) 母体の健康をいちじるしく害するおそれがある場合
(83.6) (5.5) (10.9) (ウ) 暴行や脅迫によって妊娠した場合
(52.4) (28.7) (18.9) (エ) 生活保護を受けなければならないほど貧しい場合
(18.4) (63.9) (17.7) (オ) それほどではないが,家計が苦しい場合
(15.0) (67.6) (17.4) (カ) 親が生みたくないと思った場合



Q11 〔回答票5〕妊娠中絶を少なくするための対策としては,とくにどういうことに力を入れたらよいと思いますか,この中から1つだけ選んでください。
 
(10.8) (ア) 法律できびしく制限する
(73.5) (イ) 正しい受胎調節の知識の普及
(7.6) (ウ) 道徳意識の昂揚
(0.3)   その他
(0.5)   対策の必要なし
(7.2)   わからない



Q12 あなたは「優生保護法」という法律があることをご存じですか。
 
(51.9) 知っている →SQへ
(48.1) 知らない →F1へ



SQ 優生保護法ではどんなことがきめられているかご存じですか……どんなことですか。(M.A.)
 
(15.2) どんな場合に妊娠中絶をしてよいかきめられている
(5.5) どんな場合に不妊手術をしてもよいかきめられている
(4.1) 受胎調節や不妊手術をする医者の資格についてきめられている
(2.9) その他,ばく然と妊娠中絶や不妊手術のことを決めているというもの
(2.3) 優生保護相談所のことについてきめられている
(0.9) その他
(26.2) 知らない,不明



<フェース・シート>

F1 〔年齢〕あなたは満でおいくつですか。
 
(5.1) 20〜24歳
(20.0) 25〜29歳
(23.4) 30〜34歳
(19.3) 35〜39歳
(17.7) 40〜44歳
(14.5) 45〜49歳



F2 〔本人職業〕あなたはなにかお仕事についていらっしゃいますか。……どんなお仕事ですか。
 
<自営業>
(1.8) 農林漁業
(3.5) 商工サービス業,自由業
<被傭者>
(3.2) 事務系
(7.4) 労務系
<家族従業>
(13.6) 農林漁業
(9.4) 商工サービス業,自由業
<無職>
(60.7) 主婦
(0.3) その他



F3 〔学歴〕あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。
 
(4.1) 小学卒(未就学)
(46.1) 旧高小・新中卒
(45.4) 旧中・新高卒
(4.4) 旧高専大・新大卒
(0.0) 不明



F4 〔健康状態〕あなたは健康な方ですか,それともあまり健康な方ではありませんか。
 
(68.6) 健康な方
(22.2) 普通(どちらともいえない)
(9.2) あまり健康な方ではない



F5 〔配偶者の有無〕ご主人はご健在ですか。
 
(100.0) 健在 →F6へ
(-) 離別・死別 →F11へ



F6 〔夫の健康状態〕ご主人は健康な方ですか,それともあまり健康な方ではありませんか。
 
(83.5) 健康な方
(13.2) 普通(どちらともいえない)
(3.3) あまり健康な方ではない



F7 〔結婚年数〕結婚なさってから何年になりますか。
 
(2.2) 1年未満
(4.1) 2年未満
(4.4) 3年未満
(11.7) 3〜5年
(24.1) 6〜10年
(19.7) 11〜15年
(13.3) 16〜20年
(20.4) 21年以上
(0.1) 不明



F8 〔夫の年齢〕ご主人は満でおいくつですか。
 
(-) 20歳未満
(1.1) 20〜24歳
(10.9) 25〜29歳
(21.3) 30〜34歳
(21.6) 35〜39歳
(18.9) 40〜44歳
(14.4) 45〜49歳
(11.9) 50歳以上



F9 〔夫の職業〕ご主人の職業はなんですか。
 
<自営者>
(14.9) 農林漁業
(22.5) 商工サービス業,自由業
<被傭者>
(30.2) 事務系
(32.0) 労務系
<無職>
(0.5) 学生,その他



F10 〔夫の学歴〕ご主人が最後に卒業された学校はどちらですか。
 
(3.2) 小卒(未就学)
(42.6) 旧高小・新中卒
(37.9) 旧中・新高卒
(16.2) 旧高専大・新大卒
(0.2) 不明



F11 〔住宅の状況〕お宅のおすまいは持家ですか,借家ですか……。
 
(67.1) 持家
(2.4) 県(都道府)営住宅,市(町村)営住宅
(1.3) 公団住宅(公社住宅)
(7.3) 給与住宅(社宅,公務員住宅)
(18.6) 民間の借家
(3.3) 借間
(-) 不明



F12 〔部屋数〕お宅には,部屋はいくつありますか……台所で食事ができるようになっている場合は,台所も一間に数えてください。
 
(3.8) 1間
(15.1) 2間
(19.5) 3間
(18.3) 4間
(16.9) 5間
(10.5) 6間
(6.0) 7間
(9.8) 8間以上
(-) 不明



F13 〔家族数〕ご家族は,あなたも含めて,何人ですか。(使用人は含めない)
 
(0.1) 1人
(5.9) 2人
(17.7) 3人
(34.3) 4人
(21.2) 5人
(12.3) 6人
(8.5) 7人以上
(-) 不明



F14 〔回答票6〕〔世帯収入〕お宅の収入は,ご家族全部合わせて,月平均およそどれくらいになりますか。この中ではどうでしょうか……。ボーナスや税金,保険の掛金等も含めてください。
〔記入票を渡して説明〕産児制限の実態についての質問がこの用紙に書いてありますので,あてはまる答にマルをつけてください。書き終りましたら封筒に入れてのりづけしてお渡しください。
 
(-) (ア) 1万1千円未満
(1.5) (イ) 1万1千円〜3万円未満
(18.1) (ウ) 3〜5万円未満
(31.7) (エ) 5〜8万円未満
(17.3) (オ) 8〜10万円未満
(11.9) (カ) 10〜15万円未満
(4.5) (キ) 15〜20万円未満
(3.4) (ク) 20万円以上
(11.5)   わからない,答えたくない



F15 〔生活程度〕〔調査員判断〕
 
(3.0)
(17.9) 中の上
(57.7) 中の中
(20.0) 中の下
(1.2)
(0.1) 不明



F16 〔対象者の協力状況〕〔調査員判断〕
 
(61.3) (どちらかといえば)協力的
(35.0) 普通(どちらともいえない)
(3.7) (どちらかといえば)非協力的



<秘密調査記入票>

質問1 あなたは,現在,受胎調節(妊娠調節)を実行していますか,以前に実行したことがありますか。
 
(46.7) 現在実行している →質問2へ
(24.4) 現在は実行していないが以前に実行したことがある →質問3へ
(28.3) 全然実行したことがない →質問3へ
(0.7) (無記入) →質問3へ



質問2 現在どんな方法で受胎調節を行なっていますか。下にあげていない方法の場合は,「その他」のカッコ内に具体的にお書きください。2つ以上の方法を併用している方は,それぞれにマルをつけてください。
 
(13.5) 萩野式
(3.7) 基礎体温法
(29.0) コンドーム
(1.3) ペッサリー
(2.2) ゼリー
(2.6) 錠剤
(4.3) 避妊リング
(2.4) 性交中絶(膣外射精も含む)
(0.3) 洗滌法
(0.3) 経口避妊薬
(0.7) その他
(0.3) (無記入)



質問3 あなたかご主人は不妊手術(輪卵管や輪精管をしばったりして長期間妊娠しないようにする手術)を受けていますか。
 
(7.8) 自分が不妊手術を受けている →質問4(ア)へ
(1.7) 主人が不妊手術を受けている →質問4(イ)へ
(89.3) どちらも受けていない →質問5へ
(1.2) (無記入) →質問5へ



質問4(ア) あなたが手術を受けたのは何歳頃ですか。
 
(-) 19歳以前
(0.4) 20〜24歳
(2.0) 25〜29歳
(3.2) 30〜34歳
(1.5) 35〜39歳
(0.4) 40〜44歳
(0.1) 45〜49歳
(0.0) 忘れた
(0.2) (無記入)



質問4(イ) ご主人が手術を受けたのは何歳頃ですか。
 
(0.1) 19歳以前
(0.1) 20〜24歳
(0.1) 25〜29歳
(0.7) 30〜34歳
(0.3) 35〜39歳
(0.3) 40〜44歳
(0.1) 45〜49歳
(0.0) 50歳以後
(-) 知らない
(0.1) (無記入)



質問5 あなたは今までに妊娠中絶(堕胎,子供をおろす)の手術を受けたことがありますか。
 
(41.9) 受けたことがある →質問6へ
(57.0) 受けたことがない →質問17へ
(1.1) (無記入) →質問17へ



質問6 何回受けましたか。
 
(21.9) 1回
(11.9) 2回
(4.8) 3回
(1.1) 4回
(0.9) 5回以上
(0.3) 忘れた
(1.0) (無記入)



質問7 手術を受けたのはいつですか……昭和40年以後手術を受けた方は,各年ごとに何回受けたか回数を記入してください。
 
(22.1) 昭和40年以後は手術を受けなかった
<昭和40年>
(5.5) 1回
(0.3) 2回
(0.1) 3回
(-) 4回
(-) 5回以上
<昭和41年>
(4.1) 1回
(0.4) 2回
(0.1) 3回
(-) 4回
(-) 5回以上
<昭和42年>
(3.6) 1回
(0.4) 2回
(-) 3回
(-) 4回
(-) 5回以上
<昭和43年>
(3.8) 1回
(0.2) 2回
(0.1) 3回
(-) 4回
(-) 5回以上
<昭和44年>
(3.0) 1回
(0.1) 2回
(-) 3回
(-) 4回
(-) 5回以上
   
(3.0) (無記入)



質問8 はじめて手術を受けたのは最初の妊娠のときですか。
 
(7.1) 最初の妊娠のとき
(32.4) 2回目以後の妊娠のとき
(1.6) 忘れた
(0.8) (無記入)



質問9 はじめての手術を受けた時はおいくつでしたか。
 
(0.5) 19歳以下
(8.6) 20〜24歳
(18.2) 25〜29歳
(10.1) 30〜34歳
(3.1) 35〜39歳
(0.3) 40歳以上
(1.1) (無記入)



質問10 次に,中絶したときの事情について伺います。(2回以上中絶したことがある方は一番最近行なった中絶についてお答えください。)中絶したのは受胎調節(妊娠調節)に失敗したためですか,それともその時は受胎調節はしていなかったのですか。
 
(19.5) 受胎調節に失敗した →質問11へ
(21.3) 受胎調節はしていなかった →質問12へ
(1.2) (無記入) →質問12へ



質問11 その時はどんな方法で受胎調節を行なっていたのですか。
 
(8.0) 萩野式
(1.1) 基礎体温法
(8.4) コンドーム
(1.1) ペッサリー
(1.1) ゼリー
(1.1) 錠剤
(0.6) 避妊リング
(0.8) 性交中絶(膣外射精も含む)
(0.2) 洗滌法
(0.0) 経口避妊薬
(0.4) その他
(0.3) (無記入)



質問12 中絶をしたのはどうしてですか。次のうち主な理由にマルをつけてください。1つだけでなくて結構です。(「その他」の場合はカッコ内に具体的にお書きください。)
 
(0.2) 生活保護をうけるほど生活が苦しかったから
(3.1) 生活保護をうけるほどではないが,生活が苦しかったから
(3.0) 住宅事情から(家がせまいから,借間や借家だったから)
(9.9) 病弱で,産むと健康が害されるおそれがあったから
(0.5) 子供への悪い遺伝が心配だったから
(-) 暴行などによる妊娠だったから
(0.8) 正式な結婚をしていなかったから
(19.1) 計画外の妊娠だったから,まだ(これ以上)子供をほしくなかったから
(7.3) その他
(1.0) 無記入



質問13 中絶は,あなた自身が希望して行なったのですか,誰かにすすめられて行なったのですか。
 
(32.6) 自分の希望(主人と相談して)
(2.3) 自分は希望しなかったが,主人や家族などにすすめられて
(6.7) 医者の診断の結果
(0.6) 無記入



質問14 中絶の後で,次のようなことが起りましたか,このようなことは起りませんでしたか。
 
(1.3) 不妊症になった(3年以上子ができなかった。)
(1.9) 習慣性流産をおこすようになった(流産のくせができた)
(0.5) 子宮外妊娠をおこした
(38.2) このようなことは起こらなかった(無記入)



質問15 また,中絶の直後からしばらくの間,何か身体の変調をおこしましたか。次の中であてはまるものにマルをつけて下さい。
 
(2.3) 月経異常
(2.6) 下腹痛
(2.5) めまい
(3.5) 頭痛
(0.5) 不感症
(1.8) 全身倦怠(だるい)
(0.5) ノイローゼ
(31.6) 別に変調は起こさなかった



質問16 あなたの経験から,中絶についてとくにお感じになっていることがありましたら,下の空欄にお書きください。



質問17 いろいろご協力ありがとうございました。最後に,この調査についての御感想をお伺いします。この調査についてどう思いましたか。次の中であてはまるものにマルをつけてください。
 
(3.8) 非常に答えにくかった
(17.2) 答えにくい点もあった
(46.2) 特に答えにくいと思う点はなかった
(31.3) 全然答えにくいとは思わなかった
(1.5) (無記入)

Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)