世論調査

明治百年記念に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和42年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
一般国民の抱いている明治百年に対する関心と評価を調査して,政府施策の参考とする。

・調査項目
(1) この百年間のわが国の歩みに対する関心と評価
ア 日本の歴史に対する関心
イ 明治百年記念の知識
ウ 時代評価 −明治,大正,昭和−
エ 百年間の歩みで誇りに思うこと
オ 百年間の歩みで反省すべきこと
(2) 明治維新,明治時代について
ア 明治維新に学ぶこと
イ 明治の日本人と現代の日本人
(3) 将来への展望
ア 国民は今後何を心がけるべきか
イ 政府は何に力を入れるべきか

・調査対象
(1) 母集団 全国の20歳以上の男女
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出法

・調査時期 昭和43年3月27日〜昭和43年3月31日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,438人(81.3%)
(2) 調査不能数(率) 562人(18.7%)
 
−欠票内訳−
転居 72 長期不在 120 一時不在 206
住所不明 50 拒否 80 その他 34
計562

・性・年齢別回収結果
性・年齢 標本数回収数回収率 性・年齢 標本数回収数回収率
20歳〜  298  18562.1% 20歳〜  408  32479.4%
30歳〜  362  27174.9  30歳〜  433  37787.1 
40歳〜  302  24882.1  40歳〜  342  30488.9 
50歳〜  217  18283.9  50歳〜  195  17991.8 
60歳以上  242  20082.6  60歳以上  190  16888.4 
不明    7    -  - 不明    4    -  -
1,4281,08673.3  1,5721,35286.0 



調査票

〔明治百年記念について〕
Q1 あなたは日本の歴史に関心がありますか。
 
(54.1)   ある →SQへ
(45.9)   ない →Q2へ



SQ (回答票1)特にどの時代に関心がありますか,この中から一つだけおっしゃって下さい。
 
(2.0) 奈良時代以前
(4.3) 奈良時代,平安時代(源平の争いまで)
(3.8) 鎌倉時代,室町時代(南北朝の対立から戦国時代まで)
(7.3) 安土桃山時代(信長,秀吉の時代),江戸時代
(26.3) 明治維新(幕末の尊王攘夷運動を含む)以後現在まで
(10.5)   特に関心のある時代はない



Q2 次に,明治,大正,昭和のそれぞれについて,あなたの全般的な評価をお聞きします。明治時代の日本の歩みは,全体として,良かったと思いますか,良くなかったと思いますか。
 
(50.7)   良かった
(6.3)   良くなかった
(18.5)   どちらとも言えない
(24.5)   わからない



Q3 大正時代の日本の歩みは,全体として,良かったと思いますか,良くなかったと思いますか。
 
(24.1)   良かった
(17.9)   良くなかった
(28.9)   どちらとも言えない
(29.2)   わからない



Q4 昭和の初めから昭和20年までの日本の歩みは,全体として,良かったと思いますか,良くなかったと思いますか。
 
(12.5)   良かった
(58.2)   良くなかった
(15.3)   どちらとも言えない
(14.0)   わからない



Q5 昭和20年から現在までの日本の歩みは,全体として,良かったと思いますか,良くなかったと思いますか。
 
(50.3)   良かった
(17.7)   良くなかった
(22.4)   どちらとも言えない
(9.6)   わからない



Q6 (回答票2)あなたは,この2つのマークがそれぞれ何のマークかご存じですか……何のマークですか。(M.A.)
 
(5.0) 明治百年シンボルマーク
(42.8) 日本万国博シンボルマーク
(56.2)   どちらも知らない



Q7 ところで,今年は明治百年記念の年ですが,ご存じですか。
 
(91.6)   知っている
(8.4)   知らない



Q8 この百年間の日本の歩みについて,日本人が誇りに思ってよいことは何だと思いますか。(O.A.)



Q9 この百年間の日本の歩みについて,日本人が反省しなければならないことは何だと思いますか。(O.A.)



Q10 日本の近代化のあけぼのとなった明治維新を推進した人達から,現在の日本人が何か学ぶべきことがあると思いますか。
 
(47.9)   ある →SQへ
(8.8)   ない →Q11へ
(43.3)   わからない →Q11へ



SQ どんなことですか。(O.A.)



Q11 明治時代の日本人と現在の日本人と比較して,明治時代の日本人の方がすぐれていたのはどんな点だと思いますか。(O.A.)



Q12 明治時代の日本人より現在の日本人の方がすぐれているのはどんな点だと思いますか。(O.A.)



Q13 あなたは,明治時代の日本人と現在の日本人を全体として比べてみて,どちらがすぐれていると思いますか。
 
(18.2)   明治時代の人がすぐれている
(31.7)   現在の日本人がすぐれている
(39.5)   一概に言えない
(10.5)   わからない



Q14 (回答票3)この百年をふりかえって,わが国がさらに発展していくために,今後日本国民が特に心がけるべきことがこの中にありますか,いくつでもいって下さい。(M.A.)
 
(40.8) 日本国民としての誇りを持つ
(32.4) 国際的視野を身につける
(22.4) 自主独立の精神を養う
(14.2) みずから国を守る気概を持つ
(32.6) 政治に対する関心を高める
(40.1) 平和に徹する
(18.1) 日本の伝統文化を現代に生かす
(12.7) 個性を伸ばし創造力を養う
(22.4) 公徳心を高める
(15.1) 仕事に打ち込む
(32.1) 責任感に対する自覚を高める
(21.0) よりよい家庭をつくる
(0.5)   その他( )
(10.3)   ない,わからない
  (M.T.=314.7)



Q15 (回答票4)今後政府としてはとくにどの点に力を入れるべきだと思いますか,この中ではどうでしょうか。(M.A.)
 
(39.3) 恒久的世界平和の実現
(16.6) 科学技術の振興
(6.1) 低開発国への援助
(8.1) 防衛力の充実
(25.9) 民主政治の徹底
(20.3) 国民道徳の向上
(31.3) 教育の充実
(28.1) 産業,経済の発展
(44.3) 国民生活の向上
(39.5) 社会福祉の充実
(0.7)   その他( )
(10.3)   ない,わからない
  (M.T.=270.5)



Q16 あなたは明治百年の年にあたり,これから先の日本はどんな国をめざしたらよいと思いますか。(O.A.)



<フェース・シート>
F1 〔性別〕
 
(44.5)  
(55.5)  



F2 〔年令〕 あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(21.1)   20〜29歳 →F3へ
(26.6)   30〜39歳 →F3へ
(22.6)   40〜49歳 →SQ1へ
(14.8)   50〜59歳 →SQ2へ
(15.1)   60歳以上 →F3へ



SQ1 あなたは大正生まれですか,昭和生まれですか。
 
(18.7)   大正生まれ →F3へ
(4.0)   昭和生まれ →F3へ



SQ2 あなたは明治生まれですか,大正生まれですか。
 
(5.7)   明治生まれ
(9.1)   大正生まれ



F3 〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退,在学を含む)
 
(9.1)   旧高専大,新大卒
(34.5)   旧中,新高卒
(43.2)   旧高小,新中卒
(12.8)   小卒(未就学)
(0.5)   不明



F4 〔本人職業〕 あなたのご職業は何ですか。
 
(10.5)   自営者 農林漁業
(8.8)   自営者 非農林漁業
(15.4)   被傭者 管理職,専門技術職,事務職
(13.8)   被傭者 労務職(農林漁業の労務者を含む)
(8.0)   家族従業 農林漁業
(3.2)   家族従業 非農林漁業
(29.5)   無職 主婦
(10.7)   無職 その他



F5 〔世帯内の地位〕 お宅の生活を主として支えているのはあなたですか(世帯主)。……家計のきりもりをしているのはあなたですか(主婦)。
 
(39.3)   世帯主 →F7へ
(40.0)   主婦 →F6へ
(20.7)   その他 →F6へ



F6 〔実質上の世帯主の職業〕 お宅の生活を主として支えている方の職業は何ですか。
 
(23.7)   自営者 農林漁業
(18.7)   自営者 非農林漁業
(28.6)   被傭者 管理職,専門技術職,事務職
(25.5)   被傭者 労務職
(3.5)   無職



F7 現在同居なさっているご家族の中に,明治生まれの人がいらっしゃいますか。
 
(52.5)   明治生まれの人がいる
(47.5)   いない



F8 〔生活程度〕(調査員判断)
 
(3.2)  
(17.7)   中の上
(57.0)   中の中
(19.6)   中の下
(2.5)  



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)