世論調査

交通事故に関する管理者の意識調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和42年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
交通事故に関する企業の管理者の意識を調査し,交通安全対策の参考資料とする。

・調査項目
(1) 交通問題に対する管理者の一般的関心
ア 交通事故に対する関心
イ 企業の経営と交通事故
ウ 交通法規のPR媒体
(2) 交通違反や交通事故に対する認識
ア 交通違反の頻度と種類
イ 交通違反に対する態度
ウ 交通事故の責任に対する認識
エ 交通違反や交通事故はどの程度問題視されているか
(3) 運転者の管理
ア 雇用の際の違反歴,事故歴調査
イ 教育訓練の状況
ウ 罰金,損害賠償金の本人負担制
エ 管理者の義務についての認識
(4) 交通安全対策に対する要望

・調査対象
(1) 母集団東京都および大阪府の従業者数100人以下で5台以上の自動車を使用している企業(ただし建設業,製造業,卸売小売業,サービス業にかぎる)の本社,本店において運転者を管理すべき地位にある者
(2) 標本数東京都 1,000
大阪府 1,000
(3) 抽出法層別2段無作為抽出法

・調査時期 昭和43年2月20日〜昭和43年3月1日

・調査方法 留置法(調査票を調査対象者のところに留め置き,対象者が記入した後回収する)

・調査実施委託機関東京都 社団法人輿論科学協会
大阪府 大阪輿論調査研究所

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 東京都 919人(91.9%)
大阪府 895人(89.5%)
(2) 回収不能数(率) 東京都 81人(8.1%)
大阪府 105人(10.5%)
  −欠票内訳−
東京都 拒否44 所在地不明13 移転,倒産,休業中10
責任者不在 6 その他 8
計81
大阪府 拒否62 所在地不明18 転移,倒産,休業中 8
責任者不在 7 その他10
計105



調査票

Q1 テレビ、ラジオの番組や新聞の記事で交通事故のことを報道していますが、あなたは交通事故に関する番組や記事を気を付けて見たり聞いたりしていますか、あまり関心がありませんか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(91.4) (90.9)   気をつけて見たり聞いたりしている
(1.8) (1.9)   あまり関心がない
(6.7) (7.0)   どちらとも言えない
(-) (0.1)   不明



Q2 あなたは日頃あなたの会社の運転者の帰りが遅い時などに「事故を起こしたのではないか」と不安に思うことが多いでしようか、ときどきはありますか、そういうことはほとんどありませんか
〔備考〕 この調査で「運転者」というのは業務のために会社の自動車を運転する従業員のことです
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(37.3) (33.7)   多い
(52.9) (54.4)   ときどきある
(9.6) (11.2)   ほとんどない
(0.2) (0.7)   不明



Q3 全体として見て、交通事故の中では歩行者に責任(過失)がある場合と運転者に責任がある場合と、両方同じに責任がある場合と、3つに分けるとどれが一番多いと思いますか
〔備考〕 世間一般の問題としてお考え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(6.5) (5.9)   歩行者に責任
(25.6) (26.3)   運転者に責任
(65.1) (65.9)   両方同じ責任
(2.8) (1.9)   わからない



Q4 今の警察の交通取り締まりについてあなたの御意見は次の中ではどれでしようか
〔備考〕 全般的印象でお答え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(38.6) (37.3)   もつと厳しくすべきだ
(51.4) (44.8)   現在程度でよい
(6.2) (11.6)   厳しすぎる
(3.8) (6.5)   わからない



Q5 率直に言つて、あなたの会社の運転者は日頃どの程度交通違反をしていると思いますか、次の中ではどうでしようか。……取り締まりを受けたかどうかに関係なくお答え下さい
〔備考〕 「交通違反」をするというのは「事故」を起こすこととはちがいます 事故にならない違反を含めてお答え下さい(以下同じ)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(1.6) (1.5)   よく交通違反をする
(39.4) (42.2)   ときどき交通違反をする
(53.4) (50.9)   交通違反をすることはあまりない
(4.9) (4.2)   交通違反をすることはまつたくない
(0.7) (1.1)   不明



Q6 〔前問で「よく交通違反をする」「ときどき交通違反をする」「交通違反をすることはあまりない」と回答した方だけお答え下さい〕あなたの会社の運転者がする違反はどんな違反が多いと思いますか(該当するものがあればいくつでも丸をつけて下さい)
〔備考〕 比較的多いと思うものをお答え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(51.3) (47.3)   速度違反
(4.2) (7.4)   追越し違反
(11.1) (13.3)   通行区分違反
(66.2) (58.9)   駐停車違反
(13.1) (22.1)   一時停止違反
(-) (0.2)   灯火違反
(5.0) (10.4)   乗車・積載違反
(2.8) (5.6)   信号無視
(2.1) (1.6)   免許証不携帯
(0.5) (0.7)   酒酔い運転
(0.3) (0.3)   過労運転
(9.8) (8.6)   その他(一方通行違反右折禁止違反など)
(1.6) (2.2)   不明



Q7 あなたは、あなたの会社の運転者が(勤務中に)、交通規則に違反した運転をすることについてどう思いますか。あなたの気持は次の中ではどれに近いでしようか
〔備考〕 ふだん犯しがちな違反についてお答え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(67.1) (69.9)   交通違反は危険な行為であるからぜつたいしてはいけないと思う
(0.1) (0.3)   多くの人が違反しているのだから、それほど悪いことだとは思えない
(2.9) (3.0)   緊急の用事がある場合はある程度の違反はやむをえないと思う
(10.9) (10.5)   道路交通法令の規定や規制が実情に合つてないから違反するのもやむをえないと思う
(5.3) (4.1)   多少違反しても事故にならない範囲でできるだけ能率的に運転するのが良いと思う
(13.6) (12.1)   一概に言えない、答えられない



Q8 あなたの会社でかりに「1年間に何回か事故を起こしたら、解雇するかまたは配置転換して自動車の運転をやめさせる」という規則を作ると仮定します。その場合あなたなら、次の中のどの基準を採用しますか
〔備考〕 事故の程度は中程度とお考え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(0.4) (0.3)   1年に15回以上事故を起こしたら解雇または配置転換する
(3.5) (2.2)   1年に10回以上事故を起こしたら解雇または配置転換する
(15.5) (11.5)   1年に5回以上事故を起こしたら解雇または配置転換する
(6.5) (5.5)   1年に4回事故を起こしたら解雇または配置転換する
(27.4) (27.2)   1年に3回事故を起こしたら解雇または配置転換する
(15.6) (20.6)   1年に2回事故を起こしたら解雇または配置転換する
(2.8) (2.9)   1年に1回事故を起こしたら解雇または配置転換する
(0.5) (0.7)   2年に1回事故を起こしたら解雇または配置転換する
(27.7) (30.4)   決められない



Q9 またかりに、「1年間に何回か交通違反をして、罰金や免許停止の処分を受けたら、解雇するかまたは配置転換して自動車の運転をやめさせる」という規則を作ると仮定します。その場合、あなたなら次の中のどの基準を採用しますか
〔備考〕 事故にならない違反と考えて下さい 処分の対象とならない軽い違反は除いて考えて下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(1.1) (0.9)   1年に15回以上処分を受けたら解雇または配置転換する
(7.3) (5.1)   1年に10回以上処分を受けたら解雇または配置転換する
(23.4) (20.9)   1年に5回以上処分を受けたら解雇または配置転換する
(8.6) (7.5)   1年に4回処分を受けたら解雇または配置転換する
(24.4) (25.1)   1年に3回処分を受けたら解雇または配置転換する
(7.3) (9.7)   1年に2回処分を受けたら解雇または配置転換する
(1.2) (1.1)   1年に1回処分を受けたら解雇または配置転換する
(0.4) (0.4)   2年に1回処分を受けたら解雇または配置転換する
(26.3) (29.2)   決められない



Q10 ところであなたの会社では、運転者が勤務中に交通違反をして罰金をとられた時には、運転者に払わせますか、会社が払つてやりますか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(44.0) (53.3)   運転者が払う →Q11へ
(16.6) (14.1)   会社が払う →Q11へ
(38.8) (30.9)   場合による →SQへ
(0.5) (1.7)   不明 →Q11へ



SQ どんな場合に誰が払うかをどういう方針で決めますか、(具体的に記入して下さい)



Q11 あなたの会社の運転者が勤務中に事故を起こして、被害者に対し、損害賠償をすることになつた場合に、事故を起こした運転者にその経費を(一部でも)負担させることがありますか
〔備考〕 保険や事故準備積立金で払う分は別です。対人賠償も対物賠償も含めて下さい、ただし、自分が乗つていた自動車(貴社の自動車)の修理代は除きます
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(25.2) (28.8)   ある →SQへ
(74.8) (71.2)   ない(全額会社がはらう。保険金がたりない分は会社がはらう) →Q12へ



SQ どんな場合ですか、(具体的に記入して下さい)



Q12 あなたの会社では将来運転者が大きな事故を続けて起こして、そのために経営が困難になるということがあり得ると思いますか。あり得ないと思いますか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(44.7) (41.9)   あり得る
(30.1) (26.6)   あり得ない
(25.1) (31.5)   どちらとも言えない、わからない



SQ そのことがいつも気になつていますか、ふだんはあまり気にかけてはいませんか。
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(20.6) (24.8)   いつも気になつている
(7.1) (5.8)   ふだんは気にかけていない
(17.1) (11.1)   時どき気になる
(-) (0.2)   不明



Q13 運転者が非常に疲れた状態で運転をして交通事故を起こすことがあります。過労の原因としては私生活によるものと勤務によるものとが考えられますが、一般的に言つて過労運転の責任は主として雇い主と運転者のどちらにあると思いますか、(どちらの場合が多いと思いますか)
〔備考〕 あなたの会社だけでなく世間一般の問題としてお答え下さい(Q14も同じ)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(14.9) (14.6)   主として雇い主
(52.2) (50.3)   主として運転者
(25.4) (27.7)   両方同じ
(7.5) (7.4)   わからない



Q14 酒酔い運転者についても、運転者個人の責任に帰せられるものと会社(雇い主)の監督不十分によるものとがありますが、あなたは一般的にいつて酒酔い運転の責任は主として雇い主と運転者のどちらにあると思いますか、 (どちらの場合が多いと思いますか)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(3.5) (4.6)   主として雇い主
(90.4) (82.9)   主として運転者
(5.2) (10.8)   両方同じ
(0.9) (1.7)   わからない



Q15 次に道路交通法のことでお聞きします。現在の道路交通法では、「安全運転管理者、その他自動車の運行を直接管理する地位にある人」の義務として次のような規定があります。あなたがこれまでにご存じだつたものはどれでしようか、(ご存じだつたもの全部に丸をつけて下さい)
備考:「特定大型自動車」とは、道路交通法の規定による大型自動車で、次のいずれかに該当するものをいいます。
1 車両総重量が11トン以上のもの
2 最大積載量が6.5トン以上のもの
3 乗車定員が30人以上のもの
4 砂利(砂および玉石を含む)、砕石、土またはレデイミツクストコンクリートの運搬を業とする者が、その運搬の用に供しているもの
5 一定量以上の火薬類を積載しているもの
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(95.2) (96.9) 雇用運転者に無免許運転を命じ、または雇用運転者が無免許運転をすることを容認してはならない
(95.3) (95.9) 雇用運転者が酒に酔つたり、過労、病気などのために正常な運転ができないおそれがある状態で運転を命じ、または雇用運転者がそのような状態で運転することを容認してはならない
(69.9) (74.5) 「大型免許を受けており、年令が21歳以上で運転経験が3年以上あること」という条件に合わない雇用運転者に特定大型自動車の運転を命じ、またはその雇用運転者が特定大型自動車を運転することを容認してはならない
(90.8) (92.3) 積載重量、積載容量の積載制限規定に違反して運転することを雇用運転者に命じ、または雇用運転者がそのような運転をすることを容認してはならない
(1.6) (2.3)   どれも知らなかつた



Q16 前問の回答番号ア〜エの規定には罰則がありますが、あなたは罰則があることをはつきりご存じでしたか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(65.7) (63.4)   はつきり知つていた
(8.7) (11.3)   よく知らなかつた
(23.9) (23.0)   ア〜エの一部については罰則があることを知つていた



Q17 安全運転管理者などにこのような義務(Q15の回答欄ア〜エの規定)を課することについてどう思いますか、賛成ですか、反対ですか
〔備考〕 運転者自身は当然罰せられます
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(80.2) (74.4)   賛成
(7.3) (8.2)   反対
(10.0) (12.1)   一概に言えない →SQへ
(2.5) (5.4)   不明



SQ (御意見を具体的に記入して下さい)



Q18 あなたは道路交通法など自動車に関係のある法令が改正された時にはそのことを何によつて知ることが多いでしようか(主なものだけ。ただし、2つ以上あつてもかまいません)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(17.8) (15.3)   会社の運転者その他の従業員から
(1.5) (2.0)   知人、家族から
(60.6) (62.2)   警察の催す講習会で
(54.7) (64.6)   交通安全協会の知らせ
(4.0) (2.9)   警察官から直接聞く
(10.7) (12.4)   業界紙、同業者団体からの知らせ
(68.8) (47.5)   新聞、テレビ、ラジオの報道によつて
(7.6) (7.3)   ポスター、チラシ、ビラなどによつて
(1.5) (2.1)   その他( )
(0.2) (0.2)   主なものなし



Q19 交通事故を防止するために警察ではいろいろなことをやつていますが、あなたはこの中ではどれに力を入れるべきだと思いますか、おもなものを二つだけあげて下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(58.1) (58.7)   自動車、オートバイなどのスピード違反や無免許運転、酔払い運転などの交通違反をきびしく取り締まる
(21.2) (21.7)   警察官を多く街頭に出して交通整理や交通指導を行なう
(33.5) (34.1)   信号機や横断歩道など交通安全のための施設を整備する
(20.1) (23.9)   運転免許試験をきびしくする
(21.0) (20.4)   交通事故をおこした運転者の再教育に力を入れる
(4.7) (7.2)   運転者を使つている事業主の監督を厳重にする
(40.9) (29.6)   一般の人を集めて、交通法規を教えたり、交通安全のための実地教育をする
(0.2) (0.7)   特になし



Q20 その他に交通事故防止について、何かふだん考えておられること、当局に要望することなどがありましたら、具体的に記入して下さい



〔次に調査結果の分析データとして、いくつかお聞きします〕
Q21 あなたは自動車の運転免許はお持ちでしようか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(86.5) (86.3)   持つている
(13.5) (13.7)   持つていない



Q22 あなたの会社では、運転者に安全運転意識を持たせるために、教育や訓練や訓示のようなことを何か行なつていますか。どんなことですか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(68.1) (66.5)   行なつている →SQへ
(29.5) (28.6)   行なつていない →Q23へ
(2.4) (4.9)   不明 →Q23へ



SQ (内容、回数等を具体的に記入して下さい)



Q23 あなたの会社の自家用自動車には強制保険以外に自動車保険をつけていますか
〔備考〕 強制保険というのは自動車損害、賠償責任保険のことです。このほかに、いわゆる任意保険をつけているかどうかをお答え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(86.7) (86.5)   全部の自動車につけている →SQ1へ
(10.3) (10.3)   一部の自動車につけている →SQ1へ
(2.9) (3.1)   全部の自動車につけていない →Q24へ
(…) (0.1)   不明 →Q24へ



SQ1 どんな保険ですか、つけているもの全部に丸をつけて下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(95.4) (95.3)   対人賠償保険 →SQ2へ
(80.0) (79.7)   対物賠償保険 →Q24へ
(51.6) (52.7)   車両保険 →Q24へ
(33.7) (34.6)   傷害保険 →Q24へ



SQ2 対人賠償保険の保険金額はいくらですか。(自動車によつて違う場合は最高の保険金額をかけている自動車の分を記入して下さい)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(3.9) (2.0)   490万円以下
(9.9) (5.6)   500万円
(7.4) (3.7)   510〜990万円
(60.2) (73.3)   1,000万円
(3.9) (2.2)   1,010〜1,490万円
(2.2) (2.3)   1,500万円
(3.3) (0.9)   1,510〜1,990万円
(3.8) (4.4)   2,000万円
(0.9) (0.9)   2,010万円



Q24 あなたの会社では、最近一年間に運転者がここに書いてあることをどれかしましたか。該当するものがありましたら全部丸をつけて下さい
〔備考〕 事故の被害者となつた場合は除きます
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(0.8) (0.4)   過労運転による事故を起こした
(2.1) (1.7)   酒酔い運転による事故を起した
(34.3) (33.3)   その他の原因で事故を起こした
(39.7) (44.5)   スピード違反で罰金その他の処分を受けた
(3.7) (9.2)   乗車人員、積載重量、積載容量の規定に違反して罰金その他の処分を受けた
(2.5) (1.1)   酒酔い運転で罰金その他の処分を受けた
(1.6) (1.0)   無免許運転で、罰金その他の処分を受けた
(33.5) (41.3)   上記以外の交通違反で、罰金その他の処分を受けた
(6.0) (8.0)   原因は知らないが、事故を起こしたことがある
(5.4) (11.2)   内容は知らないが、交通違反で罰金その他の処分を受けたことがある
(20.7) (10.3)   どれもない



Q25 あなたの会社では新たに運転者を雇う時に、その人が交通違反をして処分を受けたことがあるか、交通事故を起こしたことがあるかどうか調べますか
〔備考〕 「自動車の運転ができる者」という条件で新しい職員を採用する場合についてお答え下さい
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(65.6) (74.0)   調べる
(19.9) (14.6)   調べない
(14.5) (11.4)   運転経験者を採用することはない



SQ どんな方法で調べますか、(該当するものにいくつでも丸をつけて下さい)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(47.4) (48.2)   本人に聞く
(55.3) (62.2)   免許証を見る
(15.7) (22.2)   前の勤務先に聞く
(2.1) (2.9)   運転者の友人、近所の人などに聞く
(0.1) (1.2)   その他(具体的に記入して下さい)



Q26 あなたの会社の事業の種類は何でしようか、(2種以上を兼ねている場合はおもな方一つだけ丸をつけて下さい)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(12.0) (16.3)   建設業
(23.5) (33.4)   製造業
(57.0) (42.6)   卸売小売業
(6.6) (7.0)   サービス業
(0.9) (0.7)   その他( )



Q27 あなたの会社では自家用自動車を何台使つていらつしやいますか、(原動機付自転車は含めませんが、2輪自動車については、3輪、4輪車と同様に実際の台数を他の自動車と合わせて計上して下さい。)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(3.2) (3.8)   4台以下
(16.2) (12.8)   5台
(15.3) (12.3)   6台
(13.4) (14.3)   7台
(11.4) (8.5)   8台
(8.7) (9.3)   9台
(19.8) (25.8)   10〜14台
(12.0) (12.8)   15台以上



Q28 あなたの年齢はおいくつでしようか、(満年齢)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(12.7) (11.8)   20代
(43.1) (39.4)   30代
(28.0) (30.9)   40代
(12.9) (13.2)   50代
(…) (4.5)   60代
(3.3) (0.1)   70歳以上



Q29 あなたの学歴をお聞きしたいのですが。最後に卒業された学校はどちらでしようか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(16.1) (14.9)   小卒旧高小卒、新中卒
(49.1) (59.4)   旧中卒、新高卒
(34.8) (25.7)   旧高専、大学卒、新大学卒(大学院を含む)



Q30 従業者数(貴社の本支店工場等を含めた全従業者数、ただし、臨時雇を除く)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(45.7) (39.0)   30人以下
(25.7) (28.9)   31人〜50人
(28.6) (32.1)   51人〜100人(約100人)



Q31 あなたの社内での地位は、次のどれに該当しますか
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(16.2) (15.5)   社長
(16.3) (12.8)   総務部長
(9.8) (11.1)   総務課長
(16.0) (10.5)   営業部長、事業部長
(13.8) (12.2)   営業課長、事業課長
(2.5) (0.8)   販売部長
(2.8) (3.6)   販売課長
(22.5) (33.5)   その他(具体的に記入して下さい)



Q32 あなたはあなたの会社の「安全運転管理者」ですか、(道路交通法第74条の2に基く安全運転管理者のことです)
(東京都 N=919)(大阪府 N=895)
 
東京都 大阪府  
(70.0) (69.6)   安全運転管理者である
(30.0) (30.1)   安全運転管理者ではない
(…) (0.3)   不明



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)