世論調査

青少年の居住地選択に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和42年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
一般青少年の居住地選択に関する考え方を調査し,将来の人口移動予測の参考資料とする。

・調査項目
(1) 居住の実態と将来の移住の見通し
(2) 居住地選択の理由

・調査対象
(1) 母集団 全国の15歳以上25歳未満の未婚者で中学校を卒業した者
(2) 標本数 10,000人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出法

・調査時期 昭和42年11月7日〜昭和42年11月16日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 7,655人(76.6%)
(2) 調査不能数(率) 2,345人(23.5%)
 
−欠票内訳−
転居 741 長期不在 403 一時不在 657
住所不明 165 拒否 182 その他 197
計2,345
・性・年齢別回収結果
性・年齢 標本数回収数回収率 性・年齢 標本数回収数回収率
15〜17歳1,4691,24584.8% 15〜17歳1,4521,26987.4%
18〜19歳1,301  97274.7  18〜19歳1,4241,14780.5 
20〜24歳2,2391,46665.5  20〜24歳2,0941,55674.3 
不明   11    -  - 不明   10    -  -
5,0203,68373.4  4,9803,97279.8 



調査票

<フエース・シート>
F1 〔性別・長男か〕
 
(48.1)   →SQへ
(51.9)   →F2へ



SQ 男の兄弟の中であなたが一番年上ですか。
 
(24.0)   長男
(24.1)   長男以外の男



F2 〔年令(10月31日現在)〕 今年の10月31日にあなたのお年はいくつですか。
 
(4.8)   15歳
(13.5)   16歳
(14.5)   17歳
(15.3)   18歳
(12.4)   19歳
(12.1)   20歳
(7.3)   21歳
(6.5)   22歳
(7.4)   23歳
(6.1)   24歳
(-)   その他 →(調査非該当)



F3 〔未既婚の別〕 あなたは結婚していますか。
 
(100.0)   未婚
(-)   既婚 →(調査非該当)



F4 〔在学・学歴・進学希望〕 あなたは学校に行つていますか……(全日制の高校ですか),(4年制の大学ですか),(昼間ですか,夜間ですか)
(注 予備校,青年学級,職業訓練所,経営伝習農場,料理学校,タイピスト学校等の各種学校は除く)
 
(55.4)   在学せず 在学していない →SQ1へ
(0.0)   在学中 通信制大学 →F5へ
(0.7)   在学中 大学(夜間) →F5へ
(5.6)   在学中 大学(昼間),大学院 →F5へ
(0.4)   在学中 短期大学(夜間) →F5へ
(1.3)   在学中 短期大学(昼間),高等専門学校 →F5へ
(0.1)   在学中 通信制高校 →SQ2へ
(2.1)   在学中 定時制高校 →SQ2へ
(34.4)   在学中 全日制高校 →SQ2へ
(-)   在学中 中学 →(調査非該当)



SQ1 学歴をお聞きしたいのですが……(高卒ですか,中卒ですか),(大学は4年制の大学ですか)
(注 高校中退は中卒,大学中退は高卒)
 
(22.3)   中卒 →F5へ
(30.5)   高卒 →F5へ
(1.3)   短大卒,高専卒 →F5へ
(1.3)   (4年制)大学卒 →F5へ



SQ2 あなたは高校を卒業したあと,大学に進学するつもりですか,就職するつもりですか。
 
(12.3)   進学する
(18.2)   就職する
(0.4)   就職し,大学夜間部へ行く
(0.7)   就職も進学もしない
(5.0)   きめていない,不明



F5 〔本人職業・職種〕 あなたは職業についていますか,どんな仕事ですか。……(現在の仕事に関して,何か特別な資格を持つていますか)
(O.A.……具体的に記入した上で該当欄にマルをする)
(注 臨時のアルバイトだけしている場合は無職とする)
(注 サービス業とは,旅館,パチンコ店,クリーニング店,理髪店,風呂屋等を言う。)
 
(49.8)   〔無職〕 無職 →SQへ
(3.5)   〔家族従業および自営主〕 農業 →Q1へ
(2.3)   〔家族従業および自営主〕 商業・サービス業 →Q1へ
(1.1)   〔家族従業および自営主〕 製造・加工業 →Q1へ
(0.5)   〔家族従業および自営主〕 その他 →Q1へ
(0.5)   〔被傭者〕 教師 →Q1へ
(3.2)   〔被傭者〕 公務員(事務職員)(公社・公団等の職員を含む) →Q1へ
(0.3)   〔被傭者〕 (頭脳的)技術者(理工系大学の卒業者等) →Q1へ
(3.4)   〔被傭者〕 特殊技能者(大学卒の学歴を要しない資格・免許の所有者。看護婦,理容師,美容師,調理師,運転手等) →Q1へ
(6.2)   〔被傭者〕 商業・サービス業の普通店員,給仕 →Q1へ
(11.3)   〔被傭者〕 工場労働者(工員,機械工等。熟練工を含む) →Q1へ
(12.7)   〔被傭者〕 民間会社,商店等の事務職員 →Q1へ
(3.3)   〔被傭者〕 その他A(車掌,セールスマン,巡査,タイピスト,パンチャー,エレベーターガール,その他の単純労働) →Q1へ
(1.9)   〔被傭者〕 その他B(以上のどれにも該当しない特殊な職種) →Q1へ



SQ あなたは将来の就職先が決まつていますか。(家業を継ぐ予定ですか)
 
(4.9)   就職先が内定している
(1.2)   家業を継ぐ予定
(43.7)   まだ決まつていない(上記以外)



Q1 話は変わりますが,あなたは将来もずつとこの市(町村)に住むつもりですか,ほかの市(町村)に移りたいと思いますか。 (注 東京都は区部全体を一つの市と考える。)
 
(25.3)   移りたい →SQ1(A)へ
(44.3)   現在の市町村にずつと住むつもり →Q2へ
(30.3)   考えていない,わからない →SQ1(B)へ



SQ1 (回答票1)(A) あなたは将来どこに住みたいと思いますか。この中ではどれですか,一つだけ言つて下さい。
(B) あなたは将来どんな所に住みたいと思いますか。ばくぜんとした希望でもあればこの中から一つだけ言つて下さい。
 
(10.8)   東京(区部),横浜市,およびその通勤圏内
(8.6)   大阪市,京都市,神戸市,およびその通勤圏内
(1.6)   名古屋市およびその通勤圏内
(4.7)   札幌市,仙台市,広島市,福岡市,北九州市,およびその通勤圏内
(2.9)   県庁のある市(上記以外)
(2.5)   人口20万人〜30万人ぐらいの市(上記以外)
(2.8)   人口5万人〜10万人ぐらいの市(上記以外)
(2.9)   町および村(上記以外)
(5.3)   都会
(3.6)   いなか
(9.9)   希望なし,不明 →Q2へ



SQ2 (回答票2)なぜその市(町村)に住みたいのですか,この中にあてはまるものがありましたら第1の理由と第2の理由を言つて下さい。
 
〔第1の理由〕 〔第2の理由〕  
(16.7) (5.3)   仕事(就職先)があるから,よい就職口が多いから,収入が多いから
(17.5) (11.8)   便利な生活ができるから,文化的生活ができるから
(1.1) (2.7)   娯楽が多いから
(7.4) (7.6)   自由があるから,他人に干渉されないから
(13.0) (12.6)   夢があるから,何となく希望が持てるから
(6.0) (7.7)   知的向上の機会と刺激があるから
(2.9) (3.9)   通勤が楽だから,通勤が楽になるから
(1.7) (1.8)   住宅事情
(1.2) (0.8)   結婚するため(婚約者がそこに住んでいるから)
(0.2) (0.7)   よい結婚相手を見つけることが出来るから
(6.4) (2.2)   郷里だから,親元だから
(3.0) (4.0)   親類が居るから,知人,友人が居るから
(8.6) (9.3)   落ちついた生活ができるから
(7.9) (10.2)   空気がよいから,緑が多いから,自然に親しめるから
(6.5) (13.1)   該当なし(その他の理由による)不明



Q2 あなたは今ご両親と一緒に住んでいますか,親元を離れてこの市(町村)に来たのですか。
 
(87.8)   親と一緒に住んでいる →F6へ
(11.4)   親元(郷里)を離れて来た →SQへ
(0.7)   親は居ないが子供の時からここに住んでいる →F6へ
(0.1)   不明 →F6へ



SQ (回答票3)あなたがこの市(町村)に来た理由は何ですか,この中にあてはまるものがありましたら第1の理由と第2の理由を言つて下さい。
 
〔第1の理由〕 〔第2の理由〕  
(46.5) (6.6)   仕事(就職先)があるから,よい就職口が多いから,収入が多いから
(2.2) (4.7)   便利な生活ができるから,文化的生活ができるから
(0.3) (1.0)   娯楽が多いから
(4.1) (6.6)   自由があるから,他人に干渉されないから
(7.6) (9.1)   夢があるから,何となく希望が持てるから
(2.0) (7.6)   知的向上の機会と刺激があるから
(2.4) (4.8)   通勤が楽だから,通勤が楽になるから
(1.3) (1.3)   住宅事情
(0.1) (0.6)   結婚するため(婚約者がそこに住んでいるから)
(0.1) (0.5)   よい結婚相手を見つけることが出来るから
(1.4) (0.3)   郷里だから,親元だから
(7.7) (9.4)   親類が居るから,知人,友人が居るから
(0.7) (2.3)   落ちついた生活ができるから
(0.6) (1.3)   空気がよいから,緑が多いから,自然に親しめるから
(14.0) (1.6)   よい学校(大学)があつたから,学校(大学)にはいるため
(9.0) (33.4)   該当なし(その他の理由による),不明



<フエース・シート>
F6 〔父の職業・職種〕 あなたのお父さんの職業は何ですか。……どんなお仕事ですか。
(父が死亡した場合は生前の職業を聞く。父が無職の場合は無職となる前の職業を聞く。)(O.A.)
(具体的に記入した上で該当する回答にマルをする)
(注 サービス業とは,旅館,パチンコ店,クリーニング店,理髪店,風呂屋等を言う。)
 
(25.3)   自営者 農業
(1.3)   自営者 漁業
(16.2)   自営者 商業・サービス業
(5.9)   自営者 製造・加工業
(3.0)   自営者 その他
(0.2)   被傭者 〔優先分類〕 商船乗組員
(0.4)   被傭者 〔優先分類〕 漁船乗組員
(1.8)   被傭者 〔優先分類〕 教師
(1.2)   被傭者 〔優先分類〕 学者(大学の教授等)
(0.2)   被傭者 〔優先分類〕 開業医でない医者
(5.4)   被傭者 〔民間企業職員〕 課長以上の役付(管理職)
(8.3)   被傭者 〔民間企業職員〕 係長以下の事務職員
(2.2)   被傭者 〔民間企業職員〕 (頭脳的)技術者
(15.4)   被傭者 〔民間企業職員〕 その他(販売員,工員,店員,技能者等)
(2.7)   被傭者 〔公務員(公社,公団の職員を含む)〕 課長以上の役付(管理職)
(5.6)   被傭者 〔公務員(公社,公団の職員を含む)〕 係長以下の事務職員
(0.7)   被傭者 〔公務員(公社,公団の職員を含む)〕 (頭脳的)技術者
(2.8)   被傭者 〔公務員(公社,公団の職員を含む)〕 その他(販売員,工員,店員,技能者等)
(2.7)   その他 その他(分類不能)



F7 〔居住地〕(調査要領を参照して調査員が記入)
 
(18.4)   東京(区部),横浜市,およびその通勤圏内
(12.0)   大阪市,京都市,神戸市,およびその通勤圏内
(4.9)   名古屋市およびその通勤圏内
(5.6)   札幌市,仙台市,広島市,福岡市,北九州市,およびその通勤圏内
(9.4)   県庁のある市(上記以外)
(10.5)   人口10万人以上の市(上記以外)
(15.3)   人口10万人未満の市(上記以外)
(23.1)   町村(上記以外)
(0.6)   不明



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)