世論調査

一日内閣に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和42年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査対象
(1) 母集団 全国の20才以上の者
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出法

・調査時期 昭和42年6月22日〜昭和42年6月26日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,500人(83.3%)
(2) 調査不能数(率) 500人(16.7%)
 
−欠票内訳−
転居 116 長期不在 87 一時不在 158
住所不明 43 拒否 72 その他 24
計500

・性・年齢別回収結果

性・年齢 標本数回収数回収率 性・年齢 標本数回収数回収率
20才〜 337 21764.4% 20才〜 384 31281.3%
30才〜 375 29979.7  30才〜 386 33987.8 
40才〜 298 25986.9  40才〜 330 29990.6 
50才〜 202 17486.1  50才〜 230 20689.6 
60才〜 238 21690.8  60才〜 193 17992.7 
不明  15   -  - 不明  12   -  -
1465116579.5  1535133587.0 



調査票

Q28 〔調査票5〕話は違いますが,政府の各省庁では,大臣などが地方に出向いて一般の人の意見を聞くために,このような公聴会を毎年行なつていますが,この中であなたがご存知のものがありますか。(M.A.)
 
(13.7)   一日厚生省「厚生大臣が現地の声を聞く会」
(6.4)   一日中小企業庁
(9.4)   一日経済企画庁「現地の声を聞く会」
(57.6)   一日内閣「国政に関する公聴会」
(5.2)   一日行政管理庁「行政民主化懇談会」
(5.5)   移動農林省「農林水産行政総合懇談会」
(6.0)   一日建設省
(5.4)   一日通産省
(10.6)   一日自治省「地方自治に関する公聴会」
(36.9)   知つているものはない



〔調査員記入〕
 
  Q28で「一日内閣」をあげた者→SQ1へ
  Q28で「一日内閣」をあげない者→SQ5へ



SQ1 では,これまでに実際に一日内閣の中継放送をテレビで見たり,ラジオで聞いたりしたことがありますか。
 
(40.6)   中継放送を見たり聞いたりした
(17.0)   そういうことはない,忘れた



SQ2 一日内閣で意見をのべる人は,一般から希望者を募集してその中から選んでいます。あなたはこのことをご存じですか。
 
(30.2)   知つている
(27.4)   知らない



SQ3 あなたは,総理大臣をはじめ各省の大臣が地方に出向いて,一般の人の意見を聞くための一日内閣のような公聴会は,これからも聞いた方がよいと思いますか,その必要はないと思いますか。
 
(49.0)   聞いた方がよい
(5.8)   その必要はない
(2.9)   わからない



SQ4 今後もこのように総理や大臣が出席する公聴会を聞いていけば,実際に政治の上にかなりよい効果が上がつてくると思いますか,少しはよい効果が上がつてくると思いますか,それともそういうことは期待できないと思いますか。
 
(10.7)   かなり効果が期待できる→Q29へ
(31.3)   少しは効果が期待できる→Q29へ
(11.6)   期待できない→Q29へ
(4.0)   わからない→Q29へ



SQ5 これまで政府では,総理大臣をはじめ各省の大臣が地方に出向いて一般の人の意見を聞くため,一日内閣のような公聴会を開いてきましたが,あなたは一日内閣のような公聴会はこれからも開いた方がよいと思いますか,その必要はないと思いますか。
 
(26.6)   開いた方がよい
(3.3)   その必要はない
(12.5)   わからない



SQ6 今後もこのように総理や大臣が出席する公聴会を聞いていけば,実際に政治の上にかなりよい効果が上がつてくると思いますか,少しはよい効果が上がつてくると思いますか,それともそういうことは期待できないと思いますか。
 
(5.4)   かなり効果が期待できる
(18.0)   少しは効果が期待できる
(5.2)   期待できない
(13.9)   わからない



Q29 最後に政府に対する要望についてお伺いしますが,あなたが日頃政府に対してこうしてほしいと思つていることが何かありますか,……どんなことですか。(M.A.)
 
(56.5)   物価引下げなどの生活の安定
(32.4)   減税
(29.7)   社会保障
(13.9)   農漁村対策
(7.8)   金融緩和など中小企業対策
(8.0)   完全雇用,失業対策
(20.7)   住宅問題
(4.9)   産業振興,国土開発
(3.6)   貿易振興
(14.8)   生活環境の整備
(18.6)   教育問題
(8.4)   地域格差の是正,辺地対策
(26.8)   よい政治を,明るい政治を,などと要望するもの(公約実行,汚職をなくせなど)
(7.8)   その他( )
(16.4)   要望はない,わからない



<フェース・シート>
F1 [性別]
 
(46.6)  
(53.4)  



F2 [年齢] あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(21.2)   20〜29才
(25.5)   30〜39才
(22.3)   40〜49才
(15.2)   50〜59才
(15.8)   60才以上



F3 [支持政党] あなたは自民党,社会党,民社党,公明党,共産党の中でどの政党を支持しますか。
 
(39.6)   自民党
(23.5)   社会党
(4.4)   民社党
(2.9)   公明党
(1.0)   共産党
(28.7)   ない・わからない



F4 [職業] あなたのお仕事は何ですか。
 
(10.5)   自営 農林漁業
(12.0)   自営 商工サービス業,その他
(6.7)   家族従業 農林漁業
(4.3)   家族従業 商工サービス業,その他
(2.4)   被傭者 管理職
(14.1)   被傭者 事務職,専門技術職
(14.4)   被傭者 労務職
(27.0)   無職 主婦
(1.1)   無職 学生
(7.5)   無職 その他



F5 [学歴]あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。
 
(10.3)   大学,短大卒(旧高専)
(35.2)   高卒(旧中,高女)
(43.2)   中卒(旧高小)
(11.2)   小卒以下



F7 [生活程度](調査員判断)
 
(2.5)  
(16.2)   中上
(60.0)  
(19.7)   上下
(1.6)  



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)