世論調査

医療保険に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和42年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
医療機関の利用の実態,医療保険制度の諸問題に関する意見等を調査して施策の参考とする。

・調査項目
(1) 医療機関の利用の実態
(2) 医療保険について
ア 保険給付の範囲,給付率等に関する意見
イ 政府管掌健康保険の赤字対策に関する意見

・調査対象
(1) 母集団 全国の家族数2人以上の普通世帯の世帯主
(2) 標本数 3,000人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出方法

・調査時期 昭和42年6月24日〜昭和42年6月28日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,521人(84.0%)
(2) 調査不能数(率) 479人(16.0%)
 
−欠票内訳−
転居 47 長期不在 80 一時不在 226
住所不明 49 拒否 56 その他 21
計479

・年齢別回収結果

年齢 標本数回収数回収率
20〜29歳 232 19985.8%
30〜39歳 846 70182.9 
40〜49歳 803 68885.9 
50〜59歳 607 51284.3 
60歳以上 462 42191.9 
不明  50   -  -
1465116579.5 



調査票

Q1 お宅の生計をおもに支えている方はあなたですか。
 
(94.7)   本人が生計をおもに支えている →Q2へ
(5.3)   そうではない →SQへ



SQ ではお宅の生計をおもに支えているのはどなたですか。(O.A.)
<注>実質上の世帯主(生計をおもに支えている人)が名簿上の人と違う場合は,名簿にかいてあつた人の名前を一線で消し,この質問でわかつた実質上の世帯主の名前を記入し,新しく書き入れた対象者に以下の質問をする。



Q2 あなたはこの1年間に,病気やケガをして医者にかかつたり売薬を使つたりしたことがありますか,そういうことは全然ありませんか……歯医者は別ですが。
 
(53.2)   ある →Q3へ
(46.5)   ない →Q16へ



Q3 一番最近では,どんな病気やケガで医者にかかつたり売薬を使つたりしましたか……2つ以上ある時は主なものを1つだけ言つて下さい。
 
(0.6)   伝染病・寄生虫病
(0.2)   ガン
(1.0)   アレルギー性疾患等
(1.2)   血液・造血器の疾患
(0.1)   精神病等
(5.8)   神経系・感覚器の疾患
(4.9)   循環器系の疾患
(15.4)   呼吸器系の疾患
(11.4)   消化器系の疾患
(1.2)   性尿器系の疾患
(-)   妊娠・分娩・その合併症
(1.8)   皮膚等の疾患
(2.7)   骨・運動器の疾患
(4.0)   事故・中毒
(2.0)   その他
(1.4)   不明



Q4 その病気(ケガ)では医者にかかつたのですか,それとも売薬ですませたのですか。
 
(44.0)   医者にかかつた →Q8へ
(9.5)   売薬ですませた →Q5へ



Q5 その病気(ケガ)で何日くらい仕事を休んだり寝こんだりしましたか(していますか)。
 
(6.9)   休まない
(0.8)   1日以下
(1.3)   2日または3日
(0.3)   4日以上6日まで
(0.2)   1週間以上2週間まで
(0.2)   2週間以上1ヵ月まで
(-)   1ヵ月以上3ヵ月まで
(-)   3ヵ月以上
(0.0)   不明



Q6 では,あなたはこの1年間に,病気やケガをして医者にかかつたことがありますか。
 
(1.4)   ある →Q7へ
(8.1)   ない →Q16へ



Q7 一番最近では,どんな病気やケガで医者に行つたのですか……2つ以上ある時は主なものを1つだけ言つて下さい。
 
(-)   伝染病・寄生虫病
(-)   ガン
(0.0)   アレルギー性疾患等
(0.1)   血液・造血器の疾患
(-)   精神病等
(0.1)   神経系・感覚器の疾患
(0.1)   循環器系の疾患
(0.4)   呼吸器系の疾患
(0.3)   消化器系の疾患
(-)   性尿器系の疾患
(-)   妊娠・分娩・その合併症
(0.0)   皮膚等の疾患
(0.1)   骨・運動器の疾患
(0.1)   事故・中毒
(0.0)   その他
(-)   不明



Q8 その病気(ケガ)では,何日くらい仕事を休んだり,寝込んだりしましたか(していますか)。
 
(19.4)   休まない
(2.7)   1日以下
(6.1)   2日または3日
(2.3)   4日以上6日まで
(4.2)   1週間以上2週間まで
(2.7)   2週間以上1ヵ月まで
(3.3)   1ヵ月以上3ヵ月まで
(3.9)   3ヵ月以上
(0.6)   不明



Q9 その病気(ケガ)の時は開業医の医者にみてもらつたのですか(みてもらつていますか),それともベッド数が20以上ある大きな病院にかかつたのですか(かかつていますか)。
 
(31.7)   開業医(診療所)
(12.3)   病院
(1.2)   両方
(0.2)   不明



Q10 その病気(ケガ)ではどのくらいの期間医者にかかつていましたか(いますか),入院した場合には入院期間も含めてお答えください。おおまかな日数で結構です。
 
(3.5)   1日
(8.2)   2日または3日
(4.8)   4日以上6日まで
(7.4)   1週間以上2週間まで
(5.0)   2週間以上1ヵ月まで
(5.6)   1ヵ月以上3ヵ月まで
(9.9)   3ヵ月以上
(1.0)   不明



Q11 その病気(ケガ)のときには,あなたは医者のところにかよいましたか(かよつていますか)。
 
(41.0)   かよつた →SQへ
(4.4)   かよわない →Q12へ



SQ 医者に行つた時の待ち時間はどれぐらいでしたか。
 
(11.3)   10分以内
(15.0)   10分をこえ30分以内
(8.2)   30分をこえ1時間以内
(3.8)   1時間をこえ2時間以内
(2.4)   2時間をこえる
(0.4)   不明



Q12 その病気(ケガ)で医者に治療をうけた時の感じでは,医者は忙がしすぎると思いますか,そうは思いませんか。
 
(20.3)   忙がしすぎる
(15.6)   そうは思わない
(7.5)   一概に言えない
(2.0)   わからない



Q13 その病気(ケガ)で医者にかかつた時,あなたは医者からもらつた薬は全部使いましたか,少しは残しましたか,それともかなり残しましたか。
 
(30.3)   全部使つた
(10.0)   少しは残した
(2.3)   かなり残した
(2.7)   不明(薬をもらわない)



Q14 あなたはその病気(ケガ)で医者にかかつた時,保険のきかない薬を使つてもらつたことがありますか,そういうことはありませんか。
 
(5.3)   ある
(40.1)   ない



Q15 では,その病気(ケガ)で医者にかかつている時,あなたは医者に「ビタミン剤や強肝剤などの保健薬を欲しい」と言つたことがありますか。
 
(4.5)   ある
(40.9)   ない



(全員に)
Q16 話はかわりますが,あなたはちよつとした病気でも医者にかかるほうですか,それともよほどのときでないと医者にはかかりませんか。
 
(25.0)   ちよつとした病気でもかかる →SQ1へ
(64.3)   よほどのときでないとかからない →SQ2へ
(10.8)   どちらともいえない(ふつう,わからない) →Q17へ



SQ1 ちよつとした病気でも医者にかかるようにしているのはどうしてですか。(M.A.)
 
(2.9)   売薬より安くつく,保険がきくから →Q17へ
(16.5)   医者にかかつた方が安全 →Q17へ
(10.7)   医者にかかつた方が早くなおる →Q17へ
(1.9)   その他( ) →Q17へ
(-)   不明 →Q17へ



SQ2 よほどのときでないとかからないのはどうしてですか。(M.A.)
 
(25.9)   医者に行くのが面倒
(9.7)   売薬で良く効く薬がある
(7.5)   医者がきらいだから
(1.0)   良い医者がないから
(4.0)   医者に行くとお金がかかるから
(10.6)   医者に行く時間がないから
(6.7)   医者に行くと待時間が長いから
(17.8)   その他
(1.9)   不明



Q17 (回答票1)人によつては,自分の身体の具合の悪い時には「あの先生にみてもらうんだ」とふだんから医者をきめていますが,あなたはどうですか……かかりつけの医者をきめていますか,とくにきめていませんか,あなたの場合はこの中ではどれにあたりますか。
 
(48.4)   かかりつけの先生(医者)をきめている →Q18へ
(17.5)   かかりつけの病院や診療所はきめているが,どの先生にみてもらうかまではきめていない →Q20へ
(34.1)   どの病院診療所に行くかもきめていない,その時による(わからない) →Q20へ



Q18 その医者は開業医や診療所の医者ですか,それとも病院の医者ですか。
 
(43.3)   開業医(診療所)の医者
(5.0)   病院の医者
(0.1)   不明



Q19 あなたがその先生を「かかりつけ」の医者にしているのはどういう理由からですか。(M.A.)
 
(24.7)   近いから,急の病気の場合便利だから
(9.9)   親切丁寧だから
(17.5)   以前から知つているから,自分の身体をよく知つているから
(7.2)   診療が上手だから,以前にかかつてよかつたから
(3.3)   医者と患者の立場を離れた個人的な知り合いだから,知人の紹介で
(3.9)   その他( )
(1.5)   とくに理由はない



Q20 「医療費」には健康保険の掛金とか,医者への支払いとか,薬を買う代金とかいろいろありますが,お宅では毎月の「医療費」は相当の負担になつていますか,大したことはありませんか。おおまかな感じで結構ですからお答えください。
 
(26.8)   相当の負担 →Q21へ
(73.2)   大したことはない(わからない) →SQへ



SQ 今後お宅のどなたかが病気になつて医者にかかるようになつても,医療費の心配はありませんか。
 
(37.0)   心配だ(少しは気になる)
(28.0)   全然心配ない
(8.1)   わからない



Q21 (回答票2)最近日本では,国民全体の使う医療費は年々多くなつていますが,この原因としてはこのようなことが考えられています。あなたはこの中ではどれが一番大きな原因だと思いますか。
 
(13.4)   医学技術の進歩
(20.4)   衛生思想の向上
(14.7)   成人病などの増加
(20.1)   受診・受療の過剰
(31.3)   わからない



Q22 (回答票3)次に医者にかかるときの保険のことについてお伺いします。
あなたはどの保険に入つていますか,この中からお答え下さい。
 
(18.5)   健康保険組合 →Q23へ
(14.4)   政府管掌の健康保険 →Q23へ
(0.0)   船員保険 →Q23へ
(1.8)   日雇労働者健康保険 →Q23へ
(12.4)   各種共済組合 →Q23へ
(50.3)   国民健康保険 →Q23へ
(2.2)   保険に加入していない →SQへ
(0.4)   不明 →Q23へ



SQ 失礼ですが,あなたは生活保護を受けていますか。
 
(0.8)   生活保護を受けている →F1へ
(1.4)   受けていない →F1へ



Q23 あなたは保険の掛金として,どのくらい出しているかご存じですか……大体で結構ですが,いくらぐらい出していますか。
( 円ぐらい)
 
(73.8)   金額を答えたもの →SQへ
(24.0)   金額を答えないもの →Q24へ



SQ 現在程度の掛金ならば保険に入つている方がよいと思いますか,それとも現在程度の掛金では高すぎるので,保険はない方がよいと思いますか。
 
(60.7)   (高いけれど)保険に入つている方がよい
(5.5)   保険はない方がよい
(6.1)   一概に言えない
(1.4)   わからない



  (調査員記入)
 
(14.4)   Q22で「政府管掌健康保険」のもの →Q24へ
    Q22で「政府管掌健康保険」以外のもの →Q28へ



Q24 あなたは今,政府管掌健康保険が大きな赤字になつていることを知つていますか。
(N=363)
 
(73.0)   知つている →Q25へ
(27.0)   知らない →Q28へ



Q25 赤字をなくす方法としては「保険料の掛金を多くする方法」と「医者に行つた時,そのつど支払う患者負担を多くする方法」とがありますが,あなたはどちらがよいと思いますか。
(N=363)
 
(20.4)   保険の掛金を多くする方法 →Q27へ
(24.5)   患者負担を多くする方法 →Q26へ
(8.5)   この2つを兼ねる方法 →Q27へ
(19.6)   わからない →Q27へ



Q26 (回答票4)健康保険の被保険者本人の患者負担については,このような改正案が考えられていますが,この中で選ぶとすればどれがよいでしょうか。
(N=363)
 
(5.8)   かかつた治療費に2割とか3割といつた一定割合をかけた金額を患者負担とする方法
(8.5)   かかつた治療費の額にかかわらず,一定額(初診の時200円とか,薬一日分につき15円といつた一定額)を患者負担とする方法
(6.3)   治療費が500円以下の時は治療費の全額を患者負担とし,500円をこえるときは500円までを患者負担とする方法
(3.9)   わからない



Q27 この外に赤字をなくす方法としては,国の補助金を多くする方法がありますが,この場合には多少税金が重くなるかもしれません。あなたは多少税金が重くなつても補助金を多くした方がよいと思いますか,そうは思いませんか。
(N=363)
 
(36.1)   多少税金が重くなつても補助金を多くした方がよい
(23.4)   そうは思わない
(13.5)   わからない



Q28 あなたは医者にかかるとき,保険による治療では十分な治療がしてもらえないと思いますか,そうは思いませんか。
(N=2,465)
 
(24.3)   保険では十分でない →SQへ
(61.8)   そうは思わない →Q29へ
(13.9)   わからない →Q29へ



SQ 保険で十分な治療を受けるようにするためには,医者にかかつたときの患者負担を多くするか,日頃の掛金を多少高くすることが必要となりますが,そのようになつてもいいから保険で十分な治療をしてもらえるようにしてもらいたいと思いますか,そうは思いませんか。
(N=2,465)
 
(17.3)   十分な治療をしてもらえるようにしてもらいたい
(4.9)   そうは思わない
(2.0)   わからない



Q29 (回答票5)あなたは今の制度ではこのようなものも保険がきくことになつていることをご存知ですか。
(N=2,465)
 
(58.5)   (1つでも)知つている →SQへ
(41.5)   全然知らない →Q30へ



SQ (回答票5)この中で,保険の対象からはずして患者負担にしてもよいと思うものがありますか……どれですか。(M.A.)
(N=2,465)
 
(9.1)   医者の往診料
(9.8)   入院中の食事代
(11.4)   保健薬(ビタミン剤,強肝剤など
(34.2)   ない
(3.8)   わからない



  (調査員記入)
 
    Q22で「健康保険組合」「政府管掌健康保険」「船員保険」「日雇労働者健康保険」「各種共済組合」のもの →Q30へ
    Q22で「国民健康保険」「不明」のもの →Q32へ



Q30 家族が医者にかかつた場合には,被保険者本人がかかつた場合と違つて,医者の窓口で治療のつど患者負担金を支払うようになつていますが,あとで保険からかえしてくれる場合があります。あなたが入つている保険では,支払つた金額の全額をかえしてくれますか,一部だけかえしてくれますか,それとも全然かえしてくれませんか。
(N=1,188)
 
(4.9)   全額かえす →Q31へ
(35.9)   一部かえす →SQへ
(37.8)   全然かえさない →SQへ
(21.4)   不明 →Q31へ



SQ (回答票6)被保険者本人と家族とでは,医者の窓口で支払う患者負担の取扱が違つていますが,この問題についてこのような意見があります。あなたはこの中ではどの意見がよいと思いますか。
(N=1,188)
 
(20.2)   現在どおり被保険者と家族とでは差別があるようにしておく
(17.3)   被保険者本人も多少患者負担を出し,家族の患者負担を少なくして,患者負担の割合は誰でも同じにする
(19.3)   被保険者本人には今までどおり患者負担は出さず,そのかわり保険の掛金を多少高くして,家族の患者負担を少くするか,ないようにする
(6.7)   どれもよくない
(9.6)   わからない



Q31 現在医者から治療を受けた場合,医療機関の窓口に直接支払う金額だけがわかるだけで,治療に要した総金額はわかりませんが,あなたは治療に要した総金額を知りたいと思いますか,別に知りたいとは思いませんか。
(N=1,188)
 
(57.8)   知りたい
(42.2)   知りたいとは思わない



Q32 では最後に,あなた自身の気持として,医者にかかるときの保険についてもつとこうしてもらいたいと思うことがありましたら,どんなことでも結構ですからおつしやつてください。(O.A.)



<フェース・シート>
F1 [性]
 
(91.9)  
(8.1)  



F2 [年齢]
 
(7.9)   20〜29才
(27.8)   30〜39才
(27.3)   40〜49才
(20.3)   50〜59才
(16.7)   60才以上



F3 [学歴]
 
(10.6)   旧高専大 新大卒
(28.2)   旧中 新高卒
(52.2)   旧高小 新中卒
(8.5)   小卒以下
(0.4)   不明



F4 [本人職業]
 
(21.4)   自営者 農林漁業
(22.2)   自営者 工・鉱・商サービス業
(2.1)   自営者 その他
(3.3)   被傭者 管理職
(21.0)   被傭者 事務職,専門技術職
(24.8)   被傭者 労務職
(0.9)   家族従業 農林漁業
(0.6)   家族従業 工・鉱・商サービス
(3.7)   無職 無職
(0.0)   無職 学生



F5 [家族数]
 
(12.3)   2人以下
(17.8)   3人以下
(25.1)   4人
(19.5)   5人
(13.5)   6人
(6.6)   7人
(3.5)   8人
(1.2)   9人
(0.5)   10人以上



F6(a) [家族の特殊事状] お宅には乳幼児(学令前)の方がいますか。
 
(30.1)   いる
(69.9)   いない



F6(b) 65歳以上の老人の方がいらっしゃいますか。
 
(29.5)   いる
(70.5)   いない



F6(c) お宅には1ヶ月以上自宅で療養している方がいらっしゃいますか。
 
(9.4)   いる
(90.6)   いない



F7 [医療機関までの所要時間]
 
(57.2)   10分以内
(18.8)   10分をこえ20分以内
(15.6)   20分をこえ40分以内
(4.7)   40分をこえ1時間以上
(3.3)   1時間をこえる
(0.4)   わからない



F8 [生活程度](調査員判断)
 
(2.9)  
(18.8)   中の上
(57.0)  
(18.0)   中の下
(3.3)  



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)