世論調査

不動産広告に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和40年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
不動産広告に対する国民の印象を調査して、不当景品類及び不当表示防止法の運用の参考とする。

・調査項目
(1) 不動産広告に対する信用の程度
ア 不動産広告に対する一般的な印象
イ 広告媒体別にみた信用の程度
ウ 広告に載つている表示(価格、距離、造成工事など)の受け取り方
(2) 不動産広告の内容と実際とのくい違いについて
(3) 不動産広告で注意してみる表示

・調査対象
(1) 母集団東京都 東京都居住の20才以上の者
大阪府 大阪府居住の20才以上の者
(2) 標本数東京都 1,000人
大阪府 1,000人
(3) 抽出法層別二段無作為抽出

・調査時期東京都 昭和41年1月28日〜昭和41年2月2日
 大阪府 昭和41年2月10日〜昭和41年2月16日

・調査方法 調査員による訪問面接

・調査実施委託機関東京都 社団法人 輿論科学協会
大阪府 大阪輿論調査研究所

・回収結果
(1) 有効回収数(率)東京都 763(76.3%)
大阪府 792(79.2%)
(2) 調査不能数(率)東京都 237(23.7%)
大阪府 208(20.8%)



調査票

Q1 あなたは最近の宅地の分譲広告は2,3年前にくらべて良くなつたと思いますか。悪くなつたと思いますか。変わらないと思いますか。
 
東京 大阪  
(15.5) (12.6)   良くなつた
(12.1) (18.6)   少しはよくなつた
(25.7) (21.4)   変わらない
(9.2) (6.0)   悪くなつた
(37.6) (41.4)   わからない



Q2 一般に宅地の分譲広告は信用できると思いますか。信用できないと思いますか。
 
東京 大阪  
(6.0) (10.3)   信用できる
(63.2) (42.2)   信用できない
(22.9) (30.9)   どちらともいえない
(7.9) (16.6)   わからない



Q3 (回答票1)宅地の分譲広告はいろいろなものに出ていますが,このようなものに出ている広告のうち,あなたが信用できると思うものがあればあげて下さい。(M.A.)
 
東京 大阪  
(52.6) (48.7)   テレビ,ラジオ
(29.0) (28.6)   日刊新聞
(1.0) (1.5)   スポーツ新聞
(1.6) (1.2)   週刊誌
(1.7) (1.2)   チラシ,折込み広告
(7.6) (7.3)   ポスター,車内吊りポスター
(13.4) (10.1)   信用できるものはない
(19.1) (31.4)   わからない
  (東京 M.T.=126.0)(大阪 M.T.=130.0)



Q4 (回答票1)それではこの中に出ている広告のうち信用できないと思うものがあればあげて下さい。(M.A.)
 
東京 大阪  
(5.5) (7.0)   テレビ,ラジオ
(7.6) (11.2)   日刊新聞
(14.0) (14.3)   スポーツ新聞
(23.1) (35.1)   週刊誌
(70.1) (51.5)   チラシ,折込み広告
(21.2) (15.6)   ポスター,車内吊りポスター
(21.5) (33.3)   この中にはない,わからない
  (東京 M.T.=163.0)(大阪 M.T.=168.0)



Q5 広告の中には,よく不動産業者が受けた知事の登録番号または免許番号が書いてありますがあなたはこの事をご存じですか。
 
東京 大阪  
(48.2) (26.0)   知つている →SQへ
(51.8) (73.8)   知らない →Q6へ



SQ 免許または登録を受けている不動産業者の出す広告については,都道府県が広告内容を監督していると思いますか。監督していないと思いますか。
 
東京 大阪  
(15.3) (8.2)   監督している
(23.5) (10.2)   監督していない
(9.4) (8.8)   わからない



Q6 あなたは,宅地の分譲広告に「駅から歩いて10分」と書いてある場合,その土地までは,ほんとうに歩いて10分で行けると思いますか。
 
東京 大阪  
(2.9) (12.3)   大体行けると思う →Q7へ
(87.2) (68.3)   行けないと思う →SQへ
(10.0) (19.0)   わからない →Q7へ



SQ 実際には,大体どのくらいの時間がかかると思いますか。
 
東京 大阪  
(5.4) (6.8)   15分以内
(20.1) (36.4)   20分以内
(37.0) (18.4)   30分以内
(7.6) (2.2)   40分以内
(5.4) (0.5)   60分以内
(3.4) (…)   60分以上
(8.4) (4.4)   わからない



Q7 宅地の分譲広告によく出ている「駅前現地案内所」は,分譲地の最寄りの駅の前にあると思いますか。それとも最寄りの駅にはないと思いますか。
 
東京 大阪  
(32.8) (26.3)   最寄りの駅にある
(29.5) (25.5)   最寄りの駅にない
(37.7) (47.9)   わからない



Q8 「造成工事完備」または「施工済み」と広告してあるとき,その土地の造成工事はいちおう終つていると思いますか,まだ工事中だと思いますか。
 
東京 大阪  
(10.5) (15.9)   終つている
(54.9) (48.7)   工事中
(34.6) (35.4)   わからない



Q9 不動産業者がおこなう造成工事の状態は買い手がすぐ家を建てられる様になつていると思いますか。かなり手を加えなければならない状態だと思いますか。それとも造成工事はほとんどおこなわれていない状態だと思いますか。
 
東京 大阪  
(7.9) (12.5)   すぐ家が建てられる
(49.8) (49.3)   かなり手を加えねばならない
(7.3) (3.1)   造成工事はほとんどおこなわれていない
(35.0) (34.4)   わからない



Q10 交通の便のよい土地が手頃な値段で分譲広告をしてある場合,あなたはその土地をその価格で買えると思いますか。買えないと思いますか。
 
東京 大阪  
(10.5) (13.7)   買える →Q11へ
(68.8)   買えない。一概にいえない →SQへ
(35.6)   買えない →SQへ
(21.0)   一概にいえない →SQへ
(20.7) (29.2)   わからない →Q11へ



SQ それは広告の土地に案内されないと思うからですか。それとも広告の土地に案内されるが値段が広告のものより高いと思うからですか。
 
東京 大阪  
(6.7) (7.8)   広告の土地に案内されない
(45.9) (32.3)   広告の土地に案内されるが値段が高い
(3.0) (4.9)   その他( )
(13.2) (13.1)   わからない



Q11 (回答票2)分譲広告に出ている土地を買う契約をしたところ,その土地は広告のものより悪い内容や条件のものであつた場合,誰に責任があると思いますか。この中ではどうでしようか。(M.A.)
 
東京 大阪  
(69.2) (59.8)   そのような広告を出した宅地業者に責任がある
(9.0) (10.2)   そのような広告文案を作成した広告代理店に責任がある
(4.7) (3.0)   そのような広告を放送,掲載,折込んだ側に責任がある
(47.2) (45.0)   そのような広告にだまされた契約者本人に責任がある
(8.1) (18.1)   わからない
  (東京 M.T.=138.2)(大阪 M.T.=136.1)



Q12 あなたはここ数年間に宅地業者の分譲地を見に行つたことがありますか。
 
東京 大阪  
(21.6) (15.9)   ある →SQ1へ
(78.4) (84.1)   ない →SQ3へ



SQ1 (回答票1)それは宅地の分譲広告を見て行つたのですか。
この中ではどうでしようか。
 
東京 大阪  
(1.2) (2.0)   テレビ,ラジオ
(4.6) (2.7)   日刊新聞
(0.1) (0.1)   スポーツ新聞
(0.1) (0.0)   週刊誌
(3.7) (0.8)   チラシ,折込み広告
(1.2) (1.0)   ポスター,車内吊りポスター
(8.9) (7.5)   分譲広告は見ないでいつた →SQ6へ
(1.8) (1.5)   不明(忘れた) →SQ6へ



SQ2 分譲地の状況や値段は広告と合つていましたか,大分違つていましたか。
 
東京 大阪  
(2.4) (1.7)   合つていた →SQ6へ
(2.6) (2.9)   少し違つていた →SQ6へ
(5.0) (1.5)   大分違つていた →SQ6へ
(0.9) (1.3)   わからない →SQ6へ



SQ3 あなたは近い将来土地をお買いになる予定がありますか。
 
東京 大阪  
(9.2) (7.4)   ある
(69.2) (76.0)   ない



SQ4 宅地の分譲広告を関心を持つてごらんになつていますか。
 
東京 大阪  
(17.2) (15.6)   いる
(61.2) (68.4)   いない →Q13へ



SQ5 (回答票1)どの広告を特に関心を持つてごらんになつていますか。 この中ではどうでしようか。
 
東京 大阪  
(6.4) (5.8)   テレビ,ラジオ
(6.9) (7.3)   日刊新聞
(0.1) (0.1)   スポーツ新聞
(0.4) (0.2)   週刊誌
(3.3) (0.7)   チラシ,折込み広告
(2.6) (0.8)   ポスター,車内吊りポスター
(0.5) (0.5)   その他
(0.5) (-)   わからない



〔SQ1の人全部,SQ4で「いる」の人に〕
SQ6 あなたは宅地の分譲広告のどういう点に注意してごらんになりますか。(M.A.)
 
東京 大阪  
(24.8) (21.9)   価格
(3.9) (6.6)   支払方法
(25.4) (18.4)   通勤時間,交通の便
(18.0) (17.8)   土地の環境(地域,土地柄)
(5.1) (4.1)   商店
(7.5) (3.7)   学校
(0.5) (1.8)   レクリエーシヨン施設
(7.5) (3.6)   造成工事
(8.0) (4.2)   電気施設
(9.8) (5.3)   水道施設
(9.3) (5.3)   下水施設
(2.2) (0.2)   その他( )
(2.5) (0.8)   わからない
  (東京 M.T.=124.5)(大阪 M.T.=93.7)



Q13 あなたは「不当景品類及び不当表示防止法」という法律をご存じですか。
 
東京 大阪  
(28.7) (19.8)   知つている →SQへ
(71.3) (80.2)   知らない →F1へ



SQ この法律では「広告や宣伝には実際より品質や性能がよいように誇張したことを書いたり,他の会社の品物と同じ程度のものを非常によい品物であるかのように広告,宣伝することを禁止している」のですが,あなたはそういうことまでご存じでしたか。
 
東京 大阪  
(20.7) (13.6)   知つていた
(8.0) (9.8)   知らなかつた



<フエース・シート>
F1 〔性別〕
 
東京 大阪  
(49.7) (48.7)  
(50.3) (51.3)  



F2 〔年令別〕
 
東京 大阪  
(28.8) (25.9)   20代
(27.7) (26.9)   30代
(19.4) (17.6)   40代
(13.0) (13.0)   50代
(11.1) (16.6)   60才以上



F3 〔本人職業別〕
 
東京 大阪  
(1.3) (2.4)   農林漁業自営主
(10.7) (8.6)   商工サービス自営主
(6.8) (7.7)   管理,専門職
(19.8) (12.9)   事務職
(15.1) (21.5)   労務職
(0.3) (1.0)   農林漁業家族従業
(3.1) (3.2)   商工サービス家族従業
(29.1) (29.8)   無職の主婦
(7.6) (10.3)   その他の無職
(6.2) (2.6)   その他( )



F4 〔世帯主職業〕
 
東京 大阪  
(…) (…)   農林漁業
(…) (…)   商工サービス業
(…) (…)   管理,専門職
(…) (…)   事務職
(…) (…)   労務職
(…) (…)   無職
(…) (…)   その他



F5 〔世帯内の地位〕
 
東京 大阪  
(…) (…)   世帯主
(…) (…)   主婦
(…) (…)   その他の世帯員



F6 〔家族数〕
 
東京 大阪  
(…) (…)   1人
(…) (…)   2人
(…) (…)   3人
(…) (…)   4人
(…) (…)   5人
(…) (…)   6人以上



F7 〔家屋形態〕
 
東京 大阪  
(…) (…)   持家
(…) (…)   借家(一戸建)
(…) (…)   公営、公団住宅
(…) (…)   給与住宅
(…) (…)   民営の木造アパート
(…) (…)   寮・寄宿舎
(…) (…)   借間
(…) (…)   その他( )



F8 〔部屋数〕
 
東京 大阪  
(…) (…)   1間
(…) (…)   2間
(…) (…)   3間
(…) (…)   4間
(…) (…)   5間
(…) (…)   6間
(…) (…)   7間
(…) (…)   8間以上



F9 〔本人学歴〕
 
東京 大阪  
(21.6) (10.0)   大学(旧高専)卒
(43.8) (40.9)   高校(旧中)卒
(34.6) (49.1)   中卒以下



F10 〔生活程度〕(調査員判断)
 
東京 大阪  
(3.0) (4.3)  
(21.0) (19.4)   中上
(48.5) (51.0)  
(22.1) (23.4)   中下
(5.4) (1.9)  



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)