世論調査

婦人の就業に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和40年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
未就業婦人の就業希望および就業婦人の不満等を調査し,施策の参考とする。

・調査項目
(1) 就業状況,就職経験
(2) 就職希望の有無
(3) 希望条件,施策に関する要望
(4) 就業者(被傭者)の不満等

・調査対象
(1) 母集団 全国の20才〜59才の女
(2) 標本数 9,058人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出法
注 本調査は「国民生活に関する世論調査」に付帯して行なつた。したがつて,調査対象者は,全国の20才以上の者を母集団として層別2段無作為抽出法で抽出した2万人の対象者のうち20才〜59才の女性だけを取り出したものである。
・調査時期 昭和41年1月22日〜昭和41年2月4日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 7,639人(84.3%)
(2) 調査不能数(率) 1,419人(15.7%)
 
・年齢別回収結果

年齢 標本数回収数回収率
20〜29歳2,5181,98278.7%
30〜39歳2,6402,24685.1 
40〜49歳2,2311,94187.0 
50〜59歳1,6691,47088.1 
9,0587,63984.3 




調査票

<フエイス・シート>
F1 〔性別〕
 
(-)  
(100.0)  



F2 〔年令〕 あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(25.9)   20〜29才
(29.4)   30〜39才
(25.4)   40〜49才
(19.2)   50〜59才
(-)   60〜64才
(-)   65〜69才
(-)   70才以上



F3 〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退は卒業とみなす)
 
(13.1)   小卒(未就学)
(47.5)   旧高小・新中卒
(34.8)   旧中・新高卒
(4.3)   旧高専大・新大卒
(0.2)   不明



F4 〔本人職業〕 あなたの職業は何ですか。
 
(2.8)   自営者 農林漁業
(3.5)   自営者 商工鉱サービス業
(0.8)   自営者 その他
(0.2)   被傭者 管理職
(1.3)   被傭者 専門技術職
(7.0)   被傭者 事務職
(10.3)   被傭者 労務職
(16.0)   家族従業者 農林漁業
(8.4)   家族従業者 商工鉱サービス業,その他
(45.7)   無職 無職の主婦
(3.4)   無職 失業者,その他
(0.6)   無職 学生



F5 〔世帯内の地位〕 (主として)お宅の生活を支えているのはどなたでしようか,あなたですか。ほかの方ですか。
 
(8.7)   対象者本人 →F6へ
(…)   本人以外 →SQへ



SQ 家事担当者(家計のきりもりをしている人)はどなたでしようか,あなたですか,ほかの方ですか。
 
(71.1)   対象者本人
(20.2)   本人以外



F6 〔未・既婚〕 あなたは結婚していらつしやいますか。……ご主人(奥さん)は健在ですか。
 
(12.5)   未婚
(78.2)   有配偶
(9.2)   離別・死別
(0.1)   不明



F7 〔世帯主職業〕 (主として)お宅の生活を支えている方の職業は何ですか。
 
(20.7)   自営者 農林漁業
(18.8)   自営者 商工鉱サービス業
(2.5)   自営者 自由業
(3.3)   被傭者 管理職
(6.2)   被傭者 専門技術職
(19.9)   被傭者 事務職
(25.6)   被傭者 労務職
(2.9)   その他



F8 (回答票10)〔世帯収入〕 お宅の収入は,家族全部合わせて,月平均およそどれくらいになりますか,この中ではどうでしようか。……ボーナスや現物収入(農家の自家消費分を含む)も忘れずに含めて下さい。なお,税金は除いて,保険の掛金や積立貯金などは除かないで下さい。
 
(…)   1万円未満
(…)   1万円〜1万円5千円未満
(…)   1万5千円〜2万円未満
(6.0)   2万円〜2万5千円未満
(9.5)   2万5千円〜3万円未満
(17.8)   3万円〜4万円未満
(15.3)   4万円〜5万円未満
(11.3)   5万円〜6万円未満
(8.5)   6万円〜8万円未満
(4.4)   8万円〜10万円未満
(5.7)   10万円以上
(15.3)   わからない,答えたくない



F9 〔家族の人数〕 ご家族はあなたも含めて何人ですか。(使用人は含めない)
 
(…)   1人
(…)   2人
(…)   3人
(…)   4人
(…)   5人
(…)   6人
(…)   7人以上( 人)



F10 〔住宅の状況〕 お宅のおすまいは持家ですか,借家ですか……
 
(…)   持家
(…)   県(都道府)営住宅,市(町村)営住宅
(…)   公団住宅(協会住宅)
(…)   給与住宅(社宅,公務員住宅)
(…)   民間の借家
(…)   借間
(…)   不明



F11 〔部屋数〕 お宅には部屋はいくつありますか……台所で食事ができるようになつている場合は台所も1間に数えて下さい。
 
(…)   1間
(…)   2間
(…)   3間
(…)   4間
(…)   5間
(…)   6間
(…)   7間
(…)   8間以上
(…)   不明



F12 〔調査員判断・生活程度〕
 
(2.6)  
(16.8)   中の上
(50.1)   中の中
(25.3)   中の下
(4.5)  
(0.6)   不明



〔Ⅲ 婦人の就業について〕(Q31〜Q47は60才未満の女性に聞く)
Q31 (回答票14)あなたはここに書いてあるような資格や特技をお持ちですか。……ここに書いてないものでも就職に役立つ資格や特技があればおつしやつて下さい。(M.A.)
 
(1.1)   医師など
(2.0)   栄養士など
(3.4)   教員など
(1.2)   交換手
(0.1)   会計士など
(4.1)   タイプなど
(0.2)   翻訳など
(13.2)   洋裁など
(3.8)   茶など
(4.6)   その他( )
(71.6)   ない
  (M.T.=105.3)



Q32 あなたのご職業は……〔フエイス・シートの職業欄を参考に確認する〕
 
(49.7)   無職 →Q37へ
(18.9)   被傭者 →Q33へ
(31.4)   自営者,家族従業者 →(調査終了)



Q33 あなたは現在の職業について,困つていることか不満に思つていることがありますか……どんなことでしようか。(M.A.)
(N=1,443)
 
(28.8)   給与
(11.4)   給与以外の労働条件
(5.7)   仕事の内容
(4.6)   職場の人間関係
(2.1)   家族内の問題
(5.6)   その他( )
(50.0)   ない
  (M.T.=108.2)



SQ 〔調査員記入〕Q33の答で「職場での男女の差別」に触れたか。
(N=1,443)
 
(5.9)   職場での男女の差別に触れた
(94.1)   触れない(不満なし)



Q34 あなたは職業と家庭の仕事とが両立しないために悩んでいらつしやいますか,そのような悩みはほとんどありませんか……時には悩むこともありますか。
(N=1,443)
 
(9.1)   悩んでいる
(20.4)   時にはある
(56.4)   ほとんどない
(14.1)   どうとも言えない・不明



Q35 あなたは当分は今の勤めを続けるつもりですか,ほかの勤め先にかわりたいという気持はありますか,それとも勤めをやめたいとお考えですか。
(N=1,443)
 
(82.0)   当分続ける →Q36へ
(4.8)   かわりたい →(調査終了)
(5.2)   やめたい →(調査終了)
(8.0)   どうとも言えない →(調査終了)



Q36 今の職業のほかに何か職業を見つけてかけもちでやりたいと思いますか……そのような希望はありませんか。
(N=1,443)
 
(7.4)   かけもちでやりたい →(調査終了)
(66.9)   かけもちの希望なし (やりたくない) →(調査終了)
(6.7)   どうとも言えない →(調査終了)
(1.0)   現にかけもち →(調査終了)



Q37 あなたは去年の12月に内職とか臨時に働きに出るとか何か収入になる仕事をしましたか。
(N=3,794)
 
(19.1)   した
(78.5)   しない
(2.4)   不明



Q38 あなたはこれまで職業についた経験がありますか……どんな仕事ですか。(M.A.)
(N=3,794)
 
(20.2)   一般事務員
(10.9)   工場での軽作業(工員)
(7.6)   店員
(8.7)   技術や資格を要する職業(美容師,看護婦,教師など)
(5.4)   雑務
(4.8)   その他
(44.4)   経験なし
  (M.T.=102.0)



Q39 あなたは,パートタイムの仕事も含めて,何か適当な仕事があれば勤めに出てもよいと思いますか,勤めに出る気持はありませんか。
(N=3,794)
 
(32.0)   出てもよい →Q40へ
(60.6)   出る気持はない →(調査終了)
(7.4)   どちらとも言えない →(調査終了)



Q40 勤めに出たいとお考えになるのは何故ですか……何かはつきりした目的がありますか……どんなことでしようか。(M.A.)
(N=1,214)
 
(48.4)   家計を支える,家計のたしにする
(38.4)   暮しを豊かにする,貯蓄をふやす,こづかいにする
(13.3)   特定の目的のために貯蓄する(子供の教育資金,老後の生活資金,住宅資金,旅行資金など)
(5.8)   社会生活の経験を得るため,社会に役立つことがしたい
(4.1)   技術や能力を生かしたい
(13.9)   ひまだから,遊んでいるともつたいない
(2.1)   その他( )
(2.6)   はつきりした目的はない
  (M.T.=128.6)



Q41 あなたは,もし適当な仕事が見つかれば,今すぐにでも(例えば来月からでも)勤めに出ることができますか,今すぐには勤めに出ることはできませんか。
(N=3,794)
 
(11.3)   今すぐにでも勤められる →Q42へ
(20.0)   今すぐにはできない →SQへ
(0.7)   不明 →(調査終了)



SQ 何故ですか。(M.A.)
(N=758)
 
(45.5)   乳幼児が居るから →(調査終了)
(14.0)   子供の教育上好ましくないから →(調査終了)
(5.1)   手のかかる病人,老人がいるから →(調査終了)
(21.1)   るす番,家事をする者が居ないから →(調査終了)
(10.2)   体の具合が悪いから →(調査終了)
(2.4)   夫(家族)の理解がないから →(調査終了)
(5.8)   今すぐ勤める気はない →(調査終了)
(7.9)   その他( ) →(調査終了)
(1.6)   理由なし,不明 →(調査終了)
  (M.T.=113.6)



Q42 どんな種類の職業がよろしいでしようか。(M.A.)
(N=428)
 
(21.0)   事務員
(8.4)   店員
(24.1)   手先の軽作業(工場での)
(11.2)   軽い肉体労働(雑役)
(8.4)   特定の技術を要する仕事
(22.4)   単に軽い仕事,やさしい仕事などというもの
(4.9)   その他( )
(8.4)   希望なし,考えていない



Q43 あなたが働ける日は週に何日ぐらいですか。
(N=428)
 
(49.5)   毎日(月曜から土曜日まで)
(14.0)   1日〜3日
(30.8)   4日,5日
(5.6)   希望なし,考えていない



Q44(1) 勤務時間についてはどうでしようか,1日何時間ぐらい働きたいと思いますか,何時から何時までがよいでしようか。(1)始業時刻
(N=428)
 
(21.4)   8時台(以前)
(49.8)   9時以後
(23.8)   10時以後
(2.3)   13時以後
(0.2)   15時以後
(0.2)   17時以後
(2.1)   希望なし,考えていない



Q44(2) (2)終業時刻
(N=428)
 
(2.3)   12時まで
(4.7)   14時まで
(16.6)   15時まで
(38.3)   16時まで
(33.4)   17時まで
(2.1)   17時以後
(2.6)   希望なし,考えていない



Q44(3) (3)就労時間
(N=428)
 
(3.7)   3時間まで
(5.1)   4時間まで
(15.4)   5時間まで
(18.5)   6時間まで
(22.2)   7時間まで
(27.1)   8時間まで
(6.3)   8時間をこえる
(1.6)   希望なし,考えていない



Q45 もし適当な職業が見つかつたら,どのくらいの期間勤めるつもりですか。
(N=428)
 
(0.5)   1カ月以内
(0.7)   3カ月以内
(0.9)   6カ月以内
(5.4)   1年以内
(11.0)   5年以内
(56.1)   できるだけ長く
(2.6)   その他( )
(22.9)   はつきり考えていない



Q46 この1年くらいの間に本気で職を探したことがありますか。
(N=428)
 
(30.4)   ある →SQへ
(69.6)   ない →Q47へ



SQ どんな方法でお探しになりましたか。(M.A.)
(N=428)
 
(7.0)   職安に申し込んだ
(9.8)   新聞広告で
(3.3)   街頭の求人広告,ビラなど
(18.4)   知人に頼んだ
(0.9)   その他( )
(0.2)   不明
  (M.T.=39.6)



Q47 (回答票15)あなたがこれから職を見つけて勤めに出るにあたつて,希望されることがこの中にありますか。ほかにも何かありますか。(M.A.)
(N=428)
 
(15.2)   職業訓練や再教育の施設を造つてほしい
(25.9)   主婦が気軽に職業安定所に行けるようにしてほしい(女子職員を置くなど)
(9.1)   近くに保育所を造つてほしい
(3.3)   近くに乳児院を造つてほしい
(1.6)   家事使用人(家政婦)をあつせんしてほしい
(22.4)   家族の者が理解して協力してほしい
(3.3)   その他( )
(33.9)   別にない



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)