世論調査

老人福祉に関する世論調査

内閣府政府広報室
世論調査トップページへ 世論調査(全調査表示)へ 昭和40年度調査インデックスへ


調査の概要
・調査の目的
高令者の健康診断に対する認識,住宅に関する希望等を調査し,施策の参考とする。

・調査項目
(1) 健康診断について
(2) 住宅問題について
(3) 施策に関する要望

・調査対象
(1) 母集団 全国の60才以上の者
(2) 標本数 3,067人
(3) 抽出方法 層別2段無作為抽出法
注 本調査は「国民生活に関する世論調査」に付帯しておこなった。調査対象者は全国の20才以上の者を母集団として層別2段無作為抽出法で抽出した2万人の対象者のうち60才以上の者だけを取り出したものである。
・調査時期 昭和41年1月22日〜昭和41年2月4日

・調査方法 調査員による面接聴取

・調査実施委託機関 社団法人 中央調査社

・回収結果
(1) 有効回収数(率) 2,607人(85.0%)
(2) 調査不能数(率) 460人(15.0%)
 



調査票

<フエイス・シート>
F1 〔性別〕
 
(51.4)  
(48.6)  



F2 〔年令〕 あなたのお年は満でおいくつですか。
 
(-)   20〜29才
(-)   30〜39才
(-)   40〜49才
(-)   50〜59才
(34.1)   60〜64才
(31.5)   65〜69才
(34.4)   70才以上



F3 〔学歴〕 あなたが最後に卒業された学校はどちらですか。(中退は卒業とみなす)
 
(…)   小卒(未就学)
(…)   旧高小・新中卒
(…)   旧中・新高卒
(…)   旧高専大・新大卒



F4 〔本人職業〕 あなたの職業は何ですか。
 
(…)   自営者 農林漁業
(…)   自営者 商工鉱サービス業
(…)   自営者 その他
(…)   被傭者 管理職
(…)   被傭者 専門技術職
(…)   被傭者 事務職
(…)   被傭者 労務職
(…)   家族従業者 農林漁業
(…)   家族従業者 商工鉱サービス業,その他
(…)   無職 無職の主婦
(…)   無職 失業者,その他
(…)   無職 学生



F5 〔世帯内の地位〕 (主として)お宅の生活を支えているのはどなたでしようか,あなたですか,ほかの方ですか。
 
(…)   対象者本人 →F6へ
(…)   本人以外 →SQへ



SQ 〔家事担当者〕(家計のきりもりをしている人)はどなたでしようか,あなたですか,ほかの方ですか。
 
(…)   対象者本人
(…)   本人以外



F6 〔未・既婚〕 あなたは結婚していらつしやいますか……ご主人(奥さん)は健在ですか。
 
(…)   未婚
(…)   有配偶
(…)   離別・死別



F7 〔世帯主職業〕 (主として)お宅の生活を支えている方の職業は何ですか。
 
(34.1)   自営者 農業漁業
(…)   自営者 商工鉱サービス業
(…)   自営者 自由業
(…)   被傭者 管理職
(…)   被傭者 専門技術職
(…)   被傭者 事務職
(…)   被傭者 労務職
(9.3)   その他



F8 (回答票10)〔世帯収入〕 お宅の収入は,家族全部合わせて,月平均およそどれくらいになりますか,この中ではどうでしようか。……ボーナスや現物収入(農家の自家消費分を含む)も忘れずに含めて下さい。なお,税金は除いて,保険の掛金や積立貯金などは除かないで下さい。
 
(…)   1万円未満
(…)   1万円〜1万5千円未満
(…)   1万5千円〜2万円未満
(…)   2万円〜2万円5千円未満
(…)   2万円5千円〜3万円未満
(13.8)   3万円〜4万円未満
(10.7)   4万円〜5万円未満
(7.7)   5万円〜6万円未満
(4.9)   6万円〜8万円未満
(…)   8万円〜10万円未満
(…)   10万円以上
(26.9)   わからない,答えたくない



F9 〔家族の人数〕 ご家族はあなたも含めて何人ですか。(使用人は含めない)
 
(4.2)   1人
(14.0)   2人
(11.1)   3人
(10.1)   4人
(18.7)   5人
(20.7)   6人
(21.2)   7人以上( 人)



F10 〔住宅の状況〕 お宅のおすまいは持家ですか,借家ですか……
 
(83.9)   持家
(1.5)   県(都道府)営住宅,市(町村)営住宅
(0.6)   公団住宅(協会住宅)
(2.3)   給与住宅(社宅,公務員住宅)
(9.2)   民間の借家
(2.3)   借間
(0.3)   不明



F11 〔部屋数〕 お宅には部屋はいくつありますか……台所で食事ができるようになつている場合は台所も1間に数えて下さい。
 
(3.0)   1間
(9.6)   2間
(16.0)   3間
(21.6)   4間
(19.6)   5間
(13.3)   6間
(7.7)   7間
(8.7)   8間以上
(0.4)   不明



F12 (調査員判断)〔生活程度〕
 
(4.1)  
(16.3)   中の上
(43.4)   中の中
(26.4)   中の下
(9.6)  
(0.3)   不明



F13 (調査員記入)〔高令者世帯の階層区分(福祉事務所調べ)〕
 
(19.3)   被保護世帯,市町村民税非課税世帯
(40.7)   所得税非課税世帯
(30.9)   所得税課税世帯
(9.1)   不明



〔Ⅱ高令者の生活について〕(Q24〜Q30は60才以上の人に聞く)
Q24 あなたの健康状態はいかがですか。
 
(77.8)   健康,普通 →Q25へ
(18.8)   寝たり起きたりぶらぶらしている →SQ1へ
(2.0)   ほとんど寝たきり →SQ1へ
(1.4)   不明 →SQ1へ



SQ1 病気ですか,別に病気ではありませんか。
 
(13.5)   病気 →SQ2へ
(4.5)   どちらとも言えない →Q25へ
(4.3)   病気ではない →Q25へ



SQ2 医師の治療を受けていますか。
 
(11.4)   受けている →Q25へ
(2.0)   受けていない →SQ3へ



SQ3 なぜですか。(M.A.)
 
(0.1)   近くに病院がないから
(0.5)   医療費の支払いが困難だから
(1.0)   今さら治療を受けても仕方がないから
(-)   加持祈祷を受けているから
(0.3)   その他( )
(0.2)   理由なし,答えない
  (M.T.=2.1)



Q25 あなたは去年1年間に健康診断をお受けになりましたか。
 
(56.5)   受けた →SQ1へ
(43.5)   受けない →SQ3へ



SQ1 ご自分から進んでお受けになつたのですか。
 
(44.8)   進んで受けた →〔調査員記入〕へ
(11.7)   そうではない →SQ2へ



SQ2 自分から進んで受ける気にならなかつたのはどうしてですか。(O.A.)
 
  →〔調査員記入〕へ



SQ3 なぜ健康診断をお受けになりませんでしたか。(M.A.)
 
(24.1)   健康であるから必要ない
(3.8)   病気療養中だから
(1.9)   健康診断があることを知らなかつたから
(0.7)   近くに病院がないから
(0.9)   費用が払えない(高い)から
(5.5)   出かけるのがめんどうだから
(2.7)   今さら受けても仕方がないから
(3.1)   その他
(5.2)   理由なし,答えない



〔調査員記入〕 家族(幼児を除く)が対象者のそば(面接の場)に居るか居ないか。
 
(43.9)  居る
(56.1)  居ない



Q26 (回答票11)あなたは今お住いのことで何か困つていることがありますか,この中であなたにあてはまるものがありましたらおつしやつて下さい。このほかに何かありますか。(M.A.)
 
(7.8)   家が狭くて困つている
(14.2)   家がいたんで来たので困つている
(3.3)   環境が悪くて困つている
(1.7)   家賃が高くて困つている
(0.7)   借家をあけ渡すように言われて困つている
(1.2)   子供の家が遠いので困つている
(3.4)   その他( )
(71.3)   困つていることはない
  (M.T.=103.6)



Q27 もしあなたの希望するような老人ホームがあつたら,あなたは老人ホームにはいりたいと思いますか。
 
(9.0)   はいりたい →SQへ
(80.9)   はいりたくない →Q28へ
(10.1)   老人ホームを知らないから答えられない,わからない →Q28へ



SQ できれば今すぐにでもはいりたいと思いますか。
 
(3.1)   今すぐにでもはいりたい
(5.9)   そうは思わない



Q28 あなたは今お子さんと一緒に暮らしていらつしやるのですか,お一人ですか……どなたとお暮らしになつていますか。
 
(81.5)   子と同居 →SQ1へ
(2.6)   子以外の親族 →SQ3へ
(10.4)   配偶者と二人暮し →SQ3へ
(4.2)   同居者なし (一人暮し) →SQ3へ
(1.3)   その他( ) →SQ3へ



SQ1 あなたは,できればお子さんと別居したいと思つていますか。
 
(4.5)   思つている →SQ2へ
(74.3)   思つていない →Q29へ
(2.3)   答えない →Q29へ



SQ2 別居することができないのは適当な家が見つからないからですか,そうではありませんか。
 
(1.4)   (主として) 家がないから →Q29へ
(2.8)   そうではない →Q29へ
(0.3)   答えない →Q29へ



SQ3 あなたは,できればお子さんと一緒に暮らしたいと思つていますか。
 
(6.7)   思つている →SQ4へ
(6.1)   思つていない →Q29へ
(1.7)   答えない →Q29へ
(4.0)   子は居ない →Q29へ



SQ4 お子さんと一緒に暮らすことができないのは適当な家がないからですか,そうではありませんか。
 
(0.6)   (主として)家がないから
(5.8)   そうではない
(0.3)   答えない



Q29 (回答票12)ここに書いてあるようなことで,今あなたが希望していることがありますか,どんなことですか……このほかに何かありますか。(M.A.)
 
(10.0)   仕事をしたい
(4.7)   もう少し楽な仕事に変わりたい
(3.3)   もう仕事をやめたい
(1.3)   家事の切り盛りをしたい
(4.0)   身の廻りの世話をしてくれる人がほしい
(6.4)   茶のみ相手・話し相手がほしい
(2.2)   老人向きの食事がほしい
(11.0)   もつとこづかいがほしい
(2.6)   その他( )
(62.6)   ない,答えない
  (M.T.=108.1)



Q30 (回答票13)年とつた人達のための政策として,この中のどれに一番力を入れてほしいと思いますか。1つだけおつしやつて下さい。
 
(40.7)   年金をふやしてほしい
(2.6)   仕事をあつせんしてほしい
(5.4)   老人ホームや住宅をふやしてほしい
(19.9)   気軽に医者にかかれるようにしてほしい
(31.5)   ない,答えない



Copyright©2012 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)